スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成ジェネレーションズ


 今度は映画の感想を。
 昨日最後にも触れましたが、面白かったです。
 前回のようなリスペクトの欠片もない、とか全然ない。
 むしろ逆。
 リスペクトの塊でした。
 そうなのよ。
 客演やるならこれぐらいはやって欲しいのよ。
 ジェネシス前のMOVIE大戦は、それぞれの話を後で繋げる構成でした。
 前作…今回でいえばゴースト、そのアフターストーリーが一遍。
 今作…今回でいうエグゼイド、その話が一遍。

 そして、二つに登場した共通の敵を、二人のライダーが合流して倒す構成でした。
 それを、ジェネシスが取っ払った。
 なので、「創世記」と付けたんでしょう。新しくこの構成でいこうということだったのでは。
 でも、初手から話が雑も雑。
 何考えてんだかさっぱり分からん。
 そこをすっぱり改めてきたので好感大であります。
 ちゃんと先輩してましたしね。
 一応ジェネシスで進兄さんとタケルくんは交流がありました。
 その関係はきっちり維持されている辺りは脚本家さん頑張った。
 もう少し触れたいけど紙数が尽きましたので、明日さらに(ぇー


本日のオチ
 晴人さんも良かったよね。妙にごつくなってたけど(笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。