コミックマーケット75

 まず初日。家。体調悪くて何も出来ず。
 二日目。挨拶に。その後行った人と晩飯。
 三日目。サークル参加。その後晩飯。
 四日目。見送りと駄弁り。
 以上終了。

 ………短すぎる!
 思いっきり要約するとこういうことになったわけだ!
 でもま、これじゃ味気ないので詳細。
 初日は行きませんでした。とりあえず二日目に行くことを決めていたし企業はお任せ状態だったのでスルーで。終わった後で一部で行われていた決起集会的な集まりぐらい参加したかったんですが、最大の障害に阻まれました(ヒント;給料日は30日だった)。

 二日目は挨拶回りがメイン。木名瀬さんに誘われ右近さんと三人で丸戸さんのところにご挨拶。
 まぁ私お渡し出来るもの何一つなかったんだけどな!だって新刊届くの翌日だったんだもん!
 というわけで挨拶後しばらくお話させていただきました。毎回ありがとうございます。そろそろ出すかコピー誌の一つぐらいは!
 その後は界隈のお知り合いさんに。仮面の男さん美鈴まさきさんかさぎ修羅さん御無川峻さんすなふさん。あとは店番していたじんぐじんぐ。
 Suさんに企業ブツをいただいたりした後池袋に移動。途中翌日打ち合わせがある木名瀬さんと別れ、ハンバーグ食った後コーヒー飲んで駄弁った。翌日の本番に備えて早め引き上げ。

 三日目。
 朝五時起床。やれば出来る子。
 電車乗り込み出立6時50分。これが計算ミスだった…会場到着8時半。
 送った荷物の回収と設置作業終了した時点で9時15分ほど。東4~6への挨拶タイム終了のお知らせ。ごめんなさいたっぺさんごめんなさいるろおさん…
 でも1~3なら大丈夫ということで挨拶回り。

木名瀬さんぐったり。美鈴さんとまてつやさんは元気そう。委託する「恋楯」本をお渡し。お願いしますー。
せいるさんと文月さんいない。どこか行ってんだろうなぁ。
道化童子さんはスリムキープ。心なしか肩身狭そうでした。元気なかったなー。もっとも昔から元気そうな印象いやいや何でもない。
久慈さんは知り合いというか友人たちの中で一番ぐったりしていました。前回は挨拶だけだったけど今回は少しお話出来た。また荒みトークしたいけどネットでもタイミングが合わないんだよなぁ。頑張る。
じろ~さんは設置作業中で忙しそうだったので挨拶のみ。その後スペース行けなかったのが心残りです。
右近さんは元気一杯でチラシ蒔いてました。実にふぁっきんです。

 両隣が小説サークルで心強い。でも何故か両方とも「なのはさん+フェイトさん」でした。僕そんなカップリング全然書いてないよ!
 開場からまったりと、時々慌ただしく。少しだけ待機列モドキ。ちょっと嬉しい瞬間。
 全種まとめ買いの方もちらほら。すごく嬉しい瞬間。
 女の子お客様お買い上げ。超嬉しい瞬間。

SuさんうぃんぐさんLockianさんおりくらさんじんぐじんぐポン太さん修羅さんすなふさん仮面さん峻さん倦怠感さん久々野さんとーるさんみやびんさんが挨拶に。とても嬉しい瞬間。ローレルさんもすっちーさんも感謝です。あにくんさんもどっぐまんさんもありがとうございました。

 意地でも会場に着そうにないふいんき(何故か変換以下略)のDEEPBLUEさんメールを受けこあとるさん離脱。
 Suさんが店番代わってくれたので行けなかったところにご挨拶。

るろおさんは影も形もないと思うので(50分完売らしいし)たっぺさんのところに新刊持ってご挨拶。強引に本を押しつけてきました(えー)。
せいるさんとも実に久方ぶりのご挨拶。風見さんによろしくお伝えください。

 気がつけばなのはさんの新刊ほぼ完売。あらびっくり。
 そして恋楯の方も8割以上。びっくり。そして委託先では完売。さらにびっくり。というかもう少し委託すりゃよかったかもしれない(笑)。
 委託受けていた修羅さんの本も三冊売れた。びっくり。

 閉会。お疲れ様でした。
 いい加減現実に目を戻そうよ自分。ということで撤収作業。閉会拍手した段階で何一つ撤収準備をしていないオチ。
 仮面さんにゴミ片付けを、Suさんに荷物発送を、久々野さんに梱包手伝いをさせてしまいました。外道過ぎるというかマジすんませんでした。ありがとうございました。
 そしてSuさんに打ち上げ会場の予約をしてもらってしまった。本人製麺オフなのに。駄目過ぎるだろ自分。
 5時前に会場脱出。打ち上げ参加組でも別場所に荷物を預けてあるまてつやさんポン太さんは一足先に離脱済み。修羅さんも離脱済み…だと思う。残った面子は全員りんかい線に。

大井町で製麺オフ参加のSuさんと製麺オフ参加はしないけどLockianさんが離脱。ありがとうございました。
新宿でぐったりさんの木名瀬さんとお別れ。良いお年を。

 残った私仮面さん久々野さんうぃんぐさんは池袋に。ロッカーに荷物を叩き込み

……タペストリーが入らない(今回今までのポスターではなくタペストリーを頼みました)。しょうがないから箱から出して中身だけ突っ込む。

 箱を適当に処分。付き合わせてすみませんでしたというか今日謝ってばかりだな自分。
 打ち上げ会場は6時から豚道楽。お馴染みの店ですがここんところご無沙汰でした。恋しかった(笑)。
 ポン太さんから「既に店の前にいますので」との電話を受け見せの前に。六時ちょっと前。後は修羅さんのみ。電話を入れてみる。

「自分もう店います」なんですとー!って本当にいやがった!(笑)

 後はもう飲んだり食ったり喋ったり。カテゴライズすると「東方系」「ゲーム系」「エロゲ系」「文芸系」「スポーツ系」が主である人たちなので共通する話題を探すのが大変であるというかもう早々に諦めたというかそんな余裕ないわ!
 というわけで方々でお馴染みカオストーク。先日仮面さんが日記で言われていたことを話題にしようと思っていたのも後の祭り。ごめんまた今度。
 中京組のタイムリミットに合わせて解散。いつもならその後喫茶店で二次会とかいきますが、まぁ翌日帰省の人もいますし疲労も溜まっていたので頃合い。一人頭5000円弱。意外といってなかった。あれだけ食ったのになぁ。

 四日目。
 帰還するこあとるさんと帰還前に延々と伯爵でトークタイム。じっくり話が出来るのはこの時間のみなので、総力戦です。
 もっとも時間があまりなく、もう少し時間が欲しかったのも本音。夏は無理っぽいのでもう少しじっくり話したかったなぁ。
 その後は「四日目何かやりませんか」とメッセージくれたおりくらさんとまぁお話するだけでも、と思い待機。合間にTwitter覗いたら昨日自分らが打ち上げたのと同じ店で右近さんが集まりをやるためにこっちに着ていることを知り、とらのあなで待ち構えて無理矢理ルノアールに引きずり込んだ。いや勿論コーヒーぐらい奢ったさ。
 おりくらさん来るまで色々と話をし、おりくらさんが到着した後も色々と話をしてました。
 帰省する前に2008年の二郎食い納めで池袋に来ていたSuさんを甘言で引きずり込み、店の閉店時間まであれこれ話に花を咲かせておりました。
 ルノアールで解散した後はおりくらさんと二人でラーメン食べ納めイン四天王。オーガスト談義。9時過ぎにお別れして帰途につきました。これにて2008年のコミケ完結。

今年一年も色々ありました。実りもあれば猛省しないといけないこともありました。
悪いところを潰しつつより良い実りを得るためにも行動を起こしていきたいと思います。
お付き合いありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
                                                  もりたとおる



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその11 ’08完結編

 今日はコミケ三日目です。
 ですが、そこいらは明日一気に。エロゲ振り返りが終わらないのでそちらを一気に終わらせる。
 んじゃ数があるのでちゃちゃっといきましょか。

 23本目。ef ~the first tale~

 そこいらにありがちな青春群像を思いっきり壮大に仕上げたゲーム、で良いのかしら。
 嫌いじゃないんですが、ここまで大上段に構えられると要らん期待抱いてしまうのでやや拍子抜け。
 もっとも、本番は優子さんの物語。つまりは後半部分ということなのでしょう。前半だけじゃ何とも言えない。
 でも、高い買い物させられるんだから、こんな尻切れで終わらせるのはどーよ(笑)。

 24本目。Bullet Butlers

 「あやかしびと」で男キャラの良さを引き出したこのブランドがさらにそこを突き詰めた、というわけじゃないでしょうが最終的な評判はそれに落ち着いた感が。
 でもちゃんとヒロインがヒロインしているので良いんじゃないかしら。そして主人公が主人公しててとてもよろしいです。最初は「あやかし」には劣ると思っていましたが、甲乙つけ難い。

 25本目。リトルバスターズ!エクスタシー

 無印に蛇足っただけだろ、と思いきや、思っていた以上に良い「補足」でした。三人のヒロインも意外とすんなり受け入れられた。というかざざざの謙吾様すきすきー、からどうNTR展開するのかと思ったらあまりにも意外な設定持ってきて噴いた。
 まぁ沙耶につきます。卑怯なED作りやがって…ダイスキだ。

 26本目。さかあがりハリケーン

 ねこにゃん氏の新作、という形で先行発表され、シナリオが某方だろうと期待されていた中、違うライターさんで落胆した人もいらっしゃった作品。そして終えた後も芳しくない評価が一部で溢れました。
 が、自分がやってみた感じでは良作。某方路線を求めた人には合わないかもしれませんが、ライターさんがかつて担当したタイトルをプレイした人たちからは逆に高評価な気がします。私もさかハリ以前の作品プレイしたくなった。
 特に穴もない印象。全てのシナリオにおいて平均点以上だったと思いますというか私の中での平均点は軽くクリアしている。色々な意味でハル最強。

 27本目。3days -満ちてゆく刻の彼方で-

 パズルゲームみたいだった。何度も何度も殺されて。その中から殺されない選択肢を選び抜きたどり着く真相。
 前半の焦れ焦れから後半のトップギアへのギャップが竜頭蛇尾を際だたせているような気がする。
 主題歌は好き。でもそれ以外は?と問われると何もないかもしれない(笑)。一番好きなCGはパッケにもなっているたまきが携帯持ってるやつ。あれはちょっと泣ける。 

 28本目。クロノベルト

 元々これのOPが格好良くてプレイしたかったために「バレバト」終わらせたという。
 良いクロスオーバーでした。部分的に涙目キャラがいましたがパワーバランスとかあるししょうがない。
 九鬼先生とベアトリスが会話しているシーンはちょっと笑った。トーちんが弾けすぎ。会長萌えキャラ加速化。ファン心理を的確に突いたというかなんというか。
 不満あるのはただ一カ所。リックが○○○を○○させた時は「バレバト」でも流れたあの名曲なのに、双七くんのあのシーンでどうして「虚空のシズク」にしなかったのかなぁ!「to the edge」も良い曲だとは思うけどあそこは「虚空のシズク」だろ!

 最後。29本目。夜明け前より瑠璃色な

 自分的には上の曲の方が好きなんですが、全体的には下の曲の方が好かれているっぽい。

 周囲の優しい人たちに愛されたせいか、どうも主人公が頼りなく、そこが逆にヒロインの魅力を引き立てている印象が。自分はどちらかというと「はにはに」の直樹くんの方が好きですけれど。
 前作までの「ぶっ飛び設定は後半に露見」から「ぶっ飛び設定最初からお披露目」路線に転換したみたいですが相変わらず絵のほのぼのっぷりに緊迫感皆無(笑)。そこが魅力なんだから良いの。
 良い感じな終わらせ方ですが、頭の中に同じような終わらせ方だった「○○○○」の○○美エンドがちらついたのはしょうがない。後あのロゴオチに腰砕けた。 
 2月には補完というか完全版のようなモノが出ますが、きっとプレイすることでしょう。気になるぞシンシア。


本日のオチ。
 オーガストに始まりオーガストに終わった2008年エロゲライフ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

30日火曜日東3ホールエ51b「緑翠庭園」

 昨日は何事もなく終えられたのでしょうか。
 何で未来形みたいな書き方をしているんだ、とお思いでしょうがそれも致し方ないと思っていただけると助かります。
 何故ならこれは未来日記。書いているのは28日つまり冬コミ開催すらしていないのです。だって今まだ8時前だし。
 この時期というかコミケ時期は色々忙しくかけずり回るので、時間がある時に固め打ちをしているのです。
 特に出来事系や社会ニュース系のようにあまり時間をおくと自分的に取り上げる気が失せてしまうネタではないので問題ない。
 今絶賛今年プレイしたエロゲを振り返ったりしてますからね…んなもんいつ書いても大丈夫だし。SS書く時間を少し割けばよゆー。

 というわけで、今回は恒例となりました冬コミ情報です。
 今回も「リリカルなのは」で取っていますから当然なのはさんの新刊が出ます。
 今現在「リリカルなのはSNS」で様々な会話系SSを書いていますが、その中でも一番ノリノリで書けるシリーズに「V2N」というのがありまして。ヴィータさんとヴィヴィオさんとなのはさんの頭から取ってます。つまり三人がメインのほのぼの話です。
 まぁ大体ヴィヴィオさんの遊びにヴィータさんが付き合ってそれをなのはさんがこっそりと隠し撮りしている展開だったりしますが(笑)。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9303/v2na.html
 今回そのシリーズの大がかりなものを、というコンセプトで始めたのに何故かアリサさんとヴィヴィオさんがバトる展開に(笑)。
 本ではシリアス系が多いんですが今回はどたばた系です。ペラい本ですのであっという間に終わります。予算足りなかったのごめんなさい。
 タイトルは「V2NA」です。

 そして実は今回はもう一冊出してしまいます。頑張った。
 てか、今絶賛サイトのTOP画ですしTwitterのアイコンですしmixiのTOP画でもあったりしますのでおわかりかと思いますが(笑)。
 こちらは「恋する乙女と守護の楯」の小説本です。先日釘宮理恵嬢の声でPS2版が発売されたタイトル。

 そういえば小説版の上巻も出ていましたっけ。下巻は2月予定らしいですが。
 実はAXLさんの「恋楯」の次の作品、今年発売され先日こちらでも「振り返る」で取り上げた「プリンセスフロンティア」(ニコで紹介しましたが後にtube見つけたので差し替えてます)とのクロスオーバーにもなっています。一応分からなくても楽しめるようにはしたつもりですけども、知っているともっと楽しめるかも!
 こちらのタイトルは「旅する乙女と守護される楯」となっています。何でそんなタイトルかというと、乙女たちが旅をして本来守護する楯が守護されちゃうからです(笑)。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9303/tatewin.html
 ということでお待ちしております。場所はタイトルにもあるとおり東の3ホールエの51bです。「エ」リア51と覚えておけばバッチリ!(えー)

本日のオチ。
 さて、看板作らないとなぁ…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその10

 さて祭りが始まりました。
 自分界隈は初日企業狙いという人が大半です。
 私も行けたら企業狙うんですが…まぁ想像すれ。
 大きな騒動がなければ何よりですが、どうなったのやら。
 んじゃさくさく振り返りましょう。

 20本目。「てとてトライオン!」。

 HD綺麗すぐる。
 これはもう、あれです。完全にお祭りを楽しむゲーム。感動とかそういうのは要らないよなー、楽しいから良いの、って感じです。
 だから「遙かに仰ぎ、麗しの」路線を期待した人からは辛い評価を受けているようです。なのでそゆのを求めている人には向きません。
 バカンスを純粋に楽しんだ、プレイ後はまさしくそんな感じ。

 21本目。「キラ☆キラカーテンコール」。

 これはもう完全に「第二文芸部のその後」を描いた後半部分のみをやりたいがために進めたというオチ。
 正直新生の子たちにも主人公たちにも最初から最後まで魅力感じないままでした。先代のインパクトはでかすぎた。
 後半部分も脇で支え続けた村上たちがメインなため、それほど活躍の場はないんですが、ない分余計に魅力的で。
 前半の鬱憤を一気に晴らせて嬉しかったりしました。ごめん新生好きな人。

 22本目。「ピリオド」。

 一時ハンバーグ食いまくったのはこのゲームが元凶です(笑)。
 シナリオのクオリティにばらつきがあったような気がしますが、ま、いいかと思わせてくれる作品でした。どうしてだろう。
 まぁ敢えてツッコミを入れさせてもらうとしたら、神様に一生に一度だけのお願いをしたのは一人だけという(笑)。
 一人どうしようもなく幼い年上の先生がいます。存在自体が反則です。いやむしろ反俗です。

本日のオチ。
 よーし、明日は振り返らないで宣伝しちゃうぞー(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその9

 明日は祭りの初日であります。
 つまり今日は前日ということで設営とかあったりします。
 空っぽな倉庫に夢と希望と背徳と、様々な想いで彩られる空間の下ごしらえをしてもらうわけです。
 設営参加の方々、ご苦労様です。
 本番も参加なされるとは思いますが、怪我などなさいませぬようご注意を。
 その後会場のどこかに潜り込んだりとか近辺に潜伏したりしないでちゃんと家やベースキャンプに戻って明日に備えてくださいましな。
 何度となく書いていることですが、くれぐれも会場周りで徹夜とかしないように。
 別に興奮して眠れなくて家やホテルで徹夜する分には一向に構いません。漫喫でも何でも。会場近くにさえいなければ。
 ただ徹夜して体調壊して会場でぶっ倒れたりしないように。買った本を読むのと同じように、家に帰るまでもしくは診療所に着くまで我慢しましょう。

 と、恒例のことを書き込んで振り返りにいきます。17本目。「いつか、届く、あの空に。」

 萌え路線だと思っていたら

 ごらんの有様だよ!(ある意味正しい使い方である)。
 このタイトルの最大の功労賞は「お主人ちゃん」というフレーズを生み出したシナリオライターのお朱門ちゃんだろう(笑)。
 ツッコミどころ満載の話でしたが、楽しめました。個人的には「ナーサリィ」より好み。

 18本目いきます。「彼女たちの流儀」

 いつかはプレイしようと思っていたタイトルでした。今年のエロゲをやる気になるイヤーを逃したらまた積み上げ状態から崩せないタイトルだったんじゃないかと。
 最初にプレイしたヒロイン涼月さんがきっつい性格していたのでプレイもきっつかったんですが、やっていくとあら不思議。このゲームで一番のお気に入りに。
 後は涼森ちさとさんの演技ですねー、引き込まれた。
 すっかり大好きな一本となっております。

 今日はもう一本いっとくか!19本目。「あやかしびと」。

 影さんが推しまくっていたのをずっと気にしてはいたんですが、長いと聞いていたので敬遠していまして。でも今年はエロゲをやる気になっていた年なのでこちらも一念発起してプレイ。
 うん、こりゃ確かに面白かった。学園生活がやや間延びしているっぽく感じたこともありましたが、双七くんの夢を叶えてあげるという意味でも良かったんじゃないかしら。
 幼い頃の双七というか涼一を支えた九鬼先生と神沢での先生加藤教諭は「世界三大先生」と言われております。主にニコで。
 家庭用ゲームの「東京魔神学園」シリーズとか好きな人なら楽しめる。後初期のニトロが好きだった人とか。

本日のオチ。
 今日から三日間だけ、夜中に大雨降って強風になったりしないかしら。主にお台場限定で。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその8

 仕事納めてまいりました。
 というか、一日仕事だったはずなのに午前中で追い出されたよ!
 仕事なかったからなぁ…
 そんなわけで今年も一年、無事首を切られることもなくお仕事しました。
 いい加減なんとかしないと首は切られなくても首が回らなくなりそうなんだよなぁ。
 来年はなんとかしよう。

 というわけで振り返ります15本目。「さくらシュトラッセ」。

 なんというか…まぁ萌え系にカテゴライズされるもので実際可愛い人たちが可愛いところを見せてくれるお話だったんですがー…
 個人的にはちょーっと冗長過ぎたというか退屈に感じた面もありました。
 あまりメリハリがなかったと言いましょうか、まぁ多分そこが良いんだろうなと思ったり。
 インパクトは桜川シュトラッセさんことかりん嬢のぶっ飛び具合が全部持ってった感じですかねー。真っ先に思い出すのがあの「きゃっほう!」ですし(笑)。
 こちらもお好みで、という感じです。軽いのを長く楽しみたい人向け。 

 そして16本目。「るいは智を呼ぶ」。

 これは自分的にかなりツボにキタタイトルです。まてつやさんも相当キタみたいですが(笑)。
 きっかけはTwitter。繋がっている人たちがやたらと取り上げていたので気になって。
 んで、手にした後で値段が急激に上昇して焦った(笑)。
 「呪い」を持って生まれた少女たちが一人また一人と集まって仲間になり、色々する話です(笑)。
 倦怠感さん曰く「ちょっと西尾維新っぽい」ということですが、分かる気もする。
 主人公の智ちんが最近定番化しつつある「女装主人公」ですが、これがまた無理のない設定を作り上げているんだ見事なまでに(笑)。
 この話が面白いのは「色々とひっくり返る」ところです。ネタバレになるので触れませんが、その辺り面白かった。
 人を選ぶタイトルですが、私に近い感性をお持ちの方にはお勧め出来るかと。

本日のオチ。
 いかん、二本ずつ紹介じゃ年内に終えられん!というか冬コミの宣伝が出来ん!(えー

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその7

 今年も後一週間です。
 クリスマスイブという名の祭り(と言っても過言じゃなかろうなぁ)が終わると途端に今年も終わりだなぁ、としみじみしてしまうのです。
 頭に流れるのはほぼ毎年必ず取り上げるような気がするユニコーンの名ナンバー「雪が降る町」。
 碌なことがない一年ですが、良いことだって少なからずあった年ではあると思います。
 来年こそは、という気持ちを年が明けたら今年こそは、と常に思うようにして色々挑んでみたいなぁと。
 ま、そこいらは年明け辺りに課題というか抱負という形で書くかもしれませんが書かないかもしれません。
 もっとも、私及び私と近しい趣味をお持ちの方々は、まだ年末最後のお祭りが終わらない限りは年が終わらないわけで。
 一応準備は殆ど終えました。見本誌票に書き込みも終えたし登録票に捺印も済ませた。
 小銭は両替済みだし後は挨拶回り用のサークルチェックぐらい。
 土壇場でコピー誌作ろうか、なんてことを思わなければ慌てふためくこともないでしょう。

 んじゃ、今年のエロゲ振り返ります。13本目。「ゴア・スクリーミング・ショウ」。

 きっかけは多分デンカレの主題歌を何かのきっかけで…多分ニコかな、で聞いて興味が湧いたところから。
 ブランドのカラーからダーク系なイメージがあります。実際ややダーク。とはいえ、純愛要素もあるから侮れない。
 怖さはあまり感じられませんでしたが、グロいところもあることはある。
 お勧め出来るかと言われると困る作品です。萌えとかに拘る人はやらん方が良い。
 きっかけとなった主題歌はもう一時毎日聴いていました。さすがに今はもう飽きてたまにしか聴かん(笑)。

 そして14本目。世間では「やっちまった」感漂いまくりんぐだった「つよきす2学期」。

 まー、言われてもしょうがなわなぁ、てな出来でしたなこれ。勿体ないというかなんというか。
 正直無印版+(みにきす)追加ヒロインその1+(2学期)追加ヒロインその2,という形にした方が良かったんじゃなかろうか(笑)。
 瀬麗武さんはまぁまぁ良かったと思うのです。でも、他がなぁ…姫は実は悪くなかったと思いましたがー…他がなぁ。
 主題歌は無印版よりも好みですが…他がなぁ(しつこい)。
 というわけで瀬麗武さんが気に入ったら彼女だけやってみればよろしいかと。他は…お好みで。

本日のオチ。
 しかし、これ(つよきす)まだ出そうな気がしてならんのですが…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその6

 クリスマスイブですよ。
 世間じゃそうなっているんです。
 キャッキャウフフな時間を過ごしている人もいるはずなんです。
 何やってるんでしょう自分は。
 まぁそうしなきゃいけない決まりがあるわけでもなし。
 みんなが休んでいる間に仕事をしている人がいるように、みんなが戯れている間に一人で頑張る人もいるわけですよ。
 ということで自分を納得…させられるわけもありませんが無い物ねだりをしてもしょうがありません。
 やるべきことをやりましょう。
 …………果たしてこんな日記書くことがやるべきことなのか?と言われると凹むので勘弁してください。
 そんなわけでクリスマスイブなんてそんなの関係ねー!(リバイバル2007年流行語)とばかりに昨日の続きです。

 11本目ですね。「プリンセスフロンティア」。
 昨日取り上げた「こなゆき ふるり」同様の北側寒囲氏のシナリオ作品です。
 同じAXLブランドからリリースされた「キミの声がきこえる」はAXL好きの知人友人の中でも一番のお奨めタイトルと言われていたので、そのライターさんの作品ということで期待しておりました。
 んでやってみたわけですが、テンポ良くというか小気味よく物語が進み、各キャラクター良い味を出していてとても楽しめました。
 ただ、終わらせ方がちょっとなー、と思わないこともありませんでしたが、まぁこんなもんかなぁという気もするので複雑です。
 自分的には肌に合ったブランドとなりました。新作も買うよ!

 そして12本目。「G線上の魔王」。

 やっぱりHDは綺麗ね。
 私は「車輪」をすっ飛ばしてこっちが初あかべぇタイトルというか初るーすタイトルと言うか。ともかく初であります。
 読めるところもあるしちょっと無理があるところもあったように思えますが、全体通しては大満足なタイトルでした。
 特にかわしまりのさんの魅力が存分に発揮されていたので嬉しさ倍増であります。
 話はちょっと逸れますが、鍵作品好きの人を「鍵厨」とかTYPE-MOON作品好きの人のことを「型月厨」とか呼ぶ人がいます。
 ニコとかでエロゲのOP動画を観ていると「G線上の魔王」に対し「車輪に比べて駄目」だの「ねーわ」だのと妙に批判的なコメントが目立ちます。
 あかべぇさんの場合は「車輪厨」と呼ばれる人が多いってことなのかしらね。 

本日のオチ。
 あまり神神言われると構えてしまうので勘弁願いたいんですけどねぇ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロその5

 しまった縮めすぎた!
 昨日は夕方にえらい勢いで降ってくださりました。風邪引いたら呪ってやろうかと思いましたがどうにか無事。
 夜と予報で言われていたので油断した。精度はまだまだというところでしょうか。まぁしょうがないけども。
 そして一気に寒気もやってまいりました。お陰で室内が寒くて参りました。ギブギブ。
 でもまだストーブもファンヒーターも炬燵も出さず。電気毛布も活用せず。委員長は承認せず。
 そろそろ出さないとしんどいかもしれませんけどね。
 いよいよ祭典が近付いてきました。一応粛々と準備は進めています。
 在庫は既に発送しましたし、後は細かいものを揃えるぐらいかな。
 先日某方が「今から100円玉を用意している」と言っておられました。こうやってテンションを高めていくというのも一つの手かと感心したものです。
 小銭の用意は既に出来ているので、後は新刊の見本誌に貼り付ける見本誌票と登録票に書き込んで捺印するぐらいかしら。時間があったらコピー誌作りたいですけどもー。

 とま、そんな近況を入れてから振り返るのだった。
 九本目。「フォセット」。

 やっと今年のタイトル登場だよ!(嘘です。単に先日リニューアルパッケージ版が出たってだけです)
 「この青空に約束を」では「丸戸シナリオ一本だけ」「パルフェ」では「由飛と恵麻姉さんのシナリオがない」と、不満がないこともなかったりもしますが、それでも丸戸氏担当の四本がとてもよろしかったので満足なのでした。
 「この青空」サイドにはねこにゃん氏原画の新作「さかあがりハリケーン」のシナリオライターである木緒なち氏が作られたストーリーもあります。良い話です。
 でもやっぱり「パルフェ」の三本カトレア+2と里伽子の話が良かったなぁ…両作品好きな人にはお勧めでありますというか里伽子や玲愛のファンはやらないと損するわ。

 そして十本目。「こなゆき ふるり」。

 十本目にしてようやく今年発売されたエロゲが登場しました(笑)。
 舞台を田舎にした作品の物語では定評がある(と伝え聞いた)北側寒囲氏+ブルームハンドルの新作です。
 とはいえ、正直イマイチでした…同時期に発売された「プリンセスフロンティア」に持って行かれたような印象が(同時期にプレイした自分にも問題はあるかもしれない)。
 物語のキーだと思っていたカーリングが、シナリオによってはあっという間に忘れ去られるってのは宣伝に問題なかったか箒持ち手。
 絵は綺麗ですし主題歌もさすがアイ○ス声優、良い歌だと思います。でも個人的には前作「秋のうららの」の主題歌「星に願いを」の方が好きです。脱線失礼。
 あと、まぁこればっかりはしょうがないかもしれませんが、もう少しちゃんと男描きませんかぺこさんや(笑)。
 メインの三人よりもサブの二人の方が好みだったりするのは仕様ですか。実際サブの一人冴子さんは夏コミで個別ゲーム作られましたからなぁ…お奨めは…お好みでということで。

本日のオチ。
 今年風音声ヒロインに年上キャラがやたらと多いので密かに「かざねぇ」と呼んでいる私ですが、そういえば「こなふる」もそうだったな(名義違うけどね)…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振りかエロゲその4

 段々雑になっていくタイトルなのだった。もっともこれ以上縮めると訳分からなくなるので今後は最後までこれで。
 一応自分のところも少し落ち着き気味なので、ひょーっとするとあと二本ぐらいは今年中に終わるかもしれません。
 ま、多分紹介がおっつかないので来年に回すと思いますが(笑)。
 しかしまぁ、今年は妙に頑張ったなぁ我ながら。
 昨年目標に到達出来なかった分の意地が炸裂したと言いましょうか。
 お陰でSSがおざなりに…とほほー。
 来年はこのペースを維持しつつSSを書く時間もキープするように心がける!
 …そしてアニメ消化が出来なくなるオチ(えー)。
 ま、もう少し来年の話は先送りにしましょう。

 では振り返ります七本目。「ゆのはな」。

 やっと去年のタイトルまで時間が流れていたっていうのにごらんの有様だよ!
 これまた「処女はお姉さまに恋してる」同様数度のPC不調の煽りを受けて終えるのに時間がかかったタイトルです。
 昨年プレイした「遙かに仰ぎ、麗しの」より前にプレイしたかったんですが結局「かにしの」を先にやってしまったのでした。なんか締まらんなぁ。
 小難しいこと考えずに楽しんでプレイした作品です。新作「しろくまベルスターズ」が「ゆのはな」スタッフなのでこちらも今から楽しみ。
 とはいえ、もうあまり覚えてないんだよなぁ(笑)シナリオでもキャラでも椿さんがお気に入りでした。あとほなにー(笑)。

 そして八本目。「キラ☆キラ」。

 「CARNIVAL」や「SWAN SONG」でファンの多い瀬戸口氏のエロゲシナリオ引退作…で良いのかしら。私にとっても初瀬戸口作品です。
 氏のシナリオ作品の中では一番とっつきが良いと思います。まぁOP観たら「CARNIVAL」の方が取っつきやすいかもしれませんが。
 前半と後半でがらりと印象が変わるシナリオが一つありますが、それ以外は最初から最後までノリの良いバンドライフを堪能出来る話です(笑)。
 その印象が変わるシナリオが瀬戸口氏の真骨頂なのかなー、まだ甘いのかどうなのかは他の作品やってみないと分かりませんけれども。
 躍動感のある片倉氏の原画。やや「アイマス」っぽい仕上がりにしたような気が私にはしましたが(笑)、時折画面に出て来る主人公の鹿君の絵が表情豊かすぎて逆に違和感が(笑)。性格を考えるとあそこまで表情豊かとは思えなかったもので(笑)。
 音楽はロックンロールです。実にロックンロールです。ノリノリです。楽しいです。
 あんな高校生活過ごしたかったなぁ、と思わせてくれる作品でした。面白かった。
 
本日のオチ。
 そして今年のGWに購入したd2bメッセンジャーバッグを未だに袋から出していないことを思い出す。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振り返ればエロゲ3

 段々タイトルをつけるのが面倒になってきたシリーズ。
 この分だと最後の辺りは「ふ」とかで終わるかもしれない(ひでぇ)。
 まぁそこまで引っ張ることもないでしょうから多分「振り返」ぐらいまでで止まるんじゃないかしら。
 いい加減冬コミ宣伝ページを作らないといけないのに、何やってんでしょうねこいつ。
 一応23日は宣伝日記にするつもりです。だって仕事休みだから。
 そして今年も一人で過ごすクリスマスですよ!ずっと一人ですよ!これはもう自慢よね!(ごめん意味が分からない)
 このネタを引きずると鬱になるので始めたいと思います。

 まず今年五本目。「ひまわりのチャペルできみと」。

 これtubeなかったのです。仕方なくニコから。
 最近すっかりラノベ書きとなっている竹井10日学長率いるmarronの数年ぶりの新作。テキスト原画含めてひっじょーに人を選ぶ仕上がりとなっております。
 時間かけて作られただけあってテキストはとても長く、知らないままでも全然問題ないような舞台背景も恐らく相当細かく詰めて作られているんだろうなぁ、という気が。
 声はありませんが、テキストのテンポを考えると声を入れることでリズムが崩れそうな気がするので良い選択じゃないかと。でもドラマCD出たら買いますが。まだ出ませんかホビボックスさん。
 気に入ったキャラが軒並み個別シナリオないというのは嫌がらせなのかそれとも心配りなのか迷うところです(この人の特徴として、ヒロインを苛め倒すというものがあるもので)。
 このタイトルはもう本当に好き嫌いが別れると思います。なのでお奨めはつけません。個人的にはシナリオはとても満足したんですが、システムが…marronの宿命か。次こそシステムなんとかしてください。

 六本目です。「そして明日の世界より」。

 「ひまチャき」の後がこれかよ!(笑)
 終末系の物語です。隕石により人類の大半が死滅してしまう、その数ヶ月前の小さな島の物語。
 ニコではすっかり「健速乙」で定着してしまった健速氏のシナリオです。氏のエロゲシナリオデビュー作の「こなたよりかなたまで」の路線の延長線上にある物語という印象。
 「こなかな」は遠くないうちに死を迎える彼方くんの物語ですが、こちらは遠くないうちに死を迎える主人公の周り全ての人たちの物語です。
 植田亮さんの原画、背景、そしてテキスト。全てを含めた上で「綺麗なお話」と感想したと思います。今もそう思ってる。
 正直パニック度が低すぎて逆に戸惑いましたけども(主人公の母親以外は割とあっさりと隕石落下を受け入れちゃうので)。
 でも物語の締め括り、特に最後の写真とか大好きです。etudeは次回作を早く発表すると良いと思います。
 
本日のオチ。
 今日取り上げた二本は昨年の下半期に発売されたものです。よーし!大分近付いてきたぞー!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

強力なかもと

 冬本番を迎えようとしております。
 まだそれほど寒いと思うこともないこともない日々ではありますが、これからはいよいよシャレにならんぐらいに「寒っ」と感じる日々となることでしょう。
 そして、この時期になると私は無性にとある店に行きたくなります。
 そう、知っている人は知っている、ひょっとすると聞いたことぐらいはあるかもしれないけどないかもしれないところ。
 「蒙古タンメン中本」であります。
 真っ赤なタンメンが売りのお店。つまり「滅茶辛いタンメンのお店」なのだった。
 自分辛いのは好きですし辛党であるとは思いますが、過激なまでに辛い方が良いというわけではありません。あくまでも「ほどほど」です。
 例えを出すならココイチのカレー。冬以外は三辛を常としております。冬でも四辛。
 とまぁ微妙に辛党な私が二の足を踏む、そんなお店です。
 いやま、辛いだけじゃなくて美味いのよここ。でも辛さが際立っているため、中々行きにくいのです。

 でも冬なら行ける!

 というわけで行ってきました。折角なので方々でラーメンを食していて二郎にも行き慣れているSuさんを誘ってみた。
 さすがに胃腸とか辛いの弱そうな人は誘えないからなぁ。あの人なら大丈夫だろうということで。
 んで、二人して食ってきたわけですが……正直侮りすぎていた。
 さすがにきつかったー!途中ギブしようかと本気で考えた。
 何しろ頼んだ「味噌卵麺」はこの店の中でも二番目に辛いもの(らしい)。その名に恥じない辛さでした。
 これでも一応防御策として、バター入れたりネギを足したりしたんだけど、それでもきつかった。
 横ではSuさんが同じくヘヴィな表情で食しておられました。
 それでもどうにか双方食べ終えました。
 しかし相変わらず美味かった。この店の中毒性の高さは間違いなく辛さ+味である。
 その後はしばらく放浪し(だってすぐに喫茶店入って座る気になれなかったんだもん)、Suさんご執心の喫茶店をスルーしてルノアールに。ご執心喫茶店は今度ABCとか中本リベンジの後にしよう。
 ケーキ食ったりオーガストの話をしたりF&Cの話をしたり更新見たりしながら過ごしておりました。ここのルノアールは本当に良いな。
 当初22時ぐらいに解散、というつもりだったのですが結局23時まで付き合わせてしまいました。ごめんなさい。楽しかったもんでつい…

 そんな一日。

本日のオチ。
 ……………近いうちにまた誰か誘って行ってこようかなぁ(味を占めた?それともどこか壊れた?(前者です))


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振り返ればエロゲがあった今年のことイン・トーキョー!その2

 埼玉在住ですが(なにー)。
 そんなわけで昨日同様今年プレイしたエロゲをOPと共に振り返ってみます。
 昨日紹介した二タイトルは今年出たタイトルじゃないんですけどな!
 おまけに前年から年をまたいでプレイしているタイトルだったり。
 ま、新規タイトルよりも積みの方が多いので仕方ない。
 というわけで、いってみます。

 三本目。これも古いタイトルです。「FOLKLORE JAM」。

 丸戸史明+HERMITの第一弾。もっとも、企画主導が丸戸氏ではない分氏の色はやや抑えめな印象が。
 とはいえ、メインヒロインの維月さんは見事なまでに丸戸ヒロインですが(やった人なら分かってくれると信じたい)。
 氏の同人誌「時空のデーモン めもらるクーク」の最新刊(夏に出たやつ。もうすぐまた新刊出るようですが)が「都市伝説」を素材にしているのでこれを思い出してしまったのは私だけではないでしょう。うん、ないんじゃないかな。
 クセのある原画さんなので、その辺りはお好みでどうぞ。

 続いて四本目。
 これも古いタイトルだよ!「Quartett!」。

 ずっと方々から「やれよやれよ」言われていたタイトルですが、「短いからとっととやれ」の「短いから」が引っかかってプレイしていなかったタイトルです。
 いやほら、短いなら急いでやらなくても良いかなぁと思ってしまったのですよ当時は!
 先日ニコ動で「エロゲカンタービレ」と書いてあって噴いた。お前らは時々私のツボを突くな!
 確かに短いんですが、労力というかものすごく凝縮されているという印象があります。
 いやもうね、大好きですよ私このタイトル。
 やっぱりメイかなぁ。見た目に騙されるというかなんというか(笑)。
 テンポが良いので余計に短く感じるのかもしれません。もう一度あのシステムでリトルウイッチ作品をプレイしたいという気持ち、私も分かります。
 以上本日も二本取り上げ。

本日のオチ。
 このまま今年終了までこれで行くか!(えぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

振り返ればエロゲがあった。その1

 今年も残り半月を切りました。
 そろそろ年末の追い込み業務にも落ち着きが見られ、まったりとしている人もいるのではないでしょうか。
 学生さんたちも冬休みを心ゆくまで堪能している人もいることでしょう。
 印刷所の人たちは死ぬ思いかもしれません。遅延常連の人、印刷所の人を過労死させないようにな。
 そんな時期になっているので、方々で「今年を振り返る企画」がぽつぽつと。
 ネタが切れたら便乗しようと思っておりますが、独自にやるという手もあるなぁと思うのでした。
 そんなわけで、今年プレイしたエロゲを振り返ってみようかと思うその1です。
 現在もローテーションで六本動いています。なのでそのうち数本は今年中に終わるかもしれません。
 因みに現在は「夜明け前より瑠璃色な」「リトルバスターズ!エクスタシー」「キミの声がきこえる」「3days」「車輪の国、向日葵の少女」「クロノベルト」「さかあがりハリケーン」がローテ(「車輪」はインストしたばかりで「クロノベルト」はシナリオ一つ終わらせたまま封印。ローテから消えたらその中に)。
 前二本はもうすぐ終わりそうですけど、こちらはまだ色々とやることが残っているので年内終了は無理かもしれない。

 では軽く振り返ります一本目。「オーガストファンBOX」。

 実はかなり前に買っていたタイトルでした。ですが一本目の「バイナリィ・ポット」が未プレイだったためプレイを躊躇していたり(実は未だにやっていない)。
 気にしないでプレイを進めましたが、基本ミニシナリオ集がメインなので、合間に一本ずつのんびりプレイしていたので年を越したタイトルです。つまり昨年もやっていた。
 各タイトルのファン向けに特化しているというか、普通これ単体で買おうと思う人はいないだろうなぁ…ま、とにかく元のタイトルと比べて違和感なかったのが良かったなと。「はにはに」とはそれほど間を置かず出たタイトルなので「はにはに」は当然ですが「プリホリ」も違和感なかったので良しであります。もりたさんは「プリホリ」からオーガストに入りました。
 値段も安かったし意外とボリュームあったし、ファンならお得かも。

 二本目。「処女はお姉さまに恋してる」。

 二度のPC沈黙という悲劇を乗り越え、ようやく終えたタイトル。これも年越してます。
 私的にキャラメルBOXというブランドは地味に気になるブランドで、次に何を出してくるのか全く読めないところです。その四作目がこちら。
 長かったけど共通ルートが多いので、一人終えると割とあっさり全部終わった感が。
 年下組と貴子さんかしら。紫苑さんは個別に入ると魅力が消えた印象があります。設定上ああなるのは読めるんだけど、初登場の時に比べてインパクトが弱かったような。
 女装系主人公の代表格と呼ぶ人もいるようで。本人が穏やかな性格をしている上、ある意味諦めの境地に達しているため、その辺りの戸惑いが弱いのはやや残念め。そう言う意味では妙子さんには実に楽しませていただきました(脱線失礼)。
 今日はこの二本を。明日もネタがなかったらこの線で。

本日のオチ。
 そして現在今年フルコンプさせたゲームが24本である。一日二本紹介すれば12日は稼げるな!(えー 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ゆじゅでじゅ

 現在「さかあがりハリケーン」をローテの合間に入れて進めております。
 この作品、割とテンポ良く進むのでやっていて楽しいというか小気味が良いです。
 いや実際楽しいですよ。
 ねこにゃん氏のCGがとても木緒氏のシナリオにマッチしているというか、表情やポーズが多彩で良いなぁと。
 丸戸氏と組んでいた時はここまで立ちCGバリエーションなかったと記憶しております。いやま、表情の変化はありましたけどポーズはそれほどなかったような。
 代わりにイベント画があまりないので、辛口エロゲプレイヤーから見るとその辺りは評価厳しめのようで。
 私は現在奈都希→柚→ハル(途中)と進んでいますが、物足りないと思うことはないかも。立ちポーズのバリエーションのせいでしょうかしらね。少ないとあまり感じさせません。
 ねこにゃん氏の絵ということで、どうしても丸戸作品と比較されてしまうようです。特に「この青空に約束を」が引き合いに出されているような。
 なんとなくですが、「それは舞い散る桜のように」好きの人が「SHUFFLE!」に同様の期待をしていた頃のことを思い出させると言いましょうかというか自分がそうだった。
 実際かなり丸戸作品を意識したシナリオになっているような気がしますが、私自身まだ木緒氏が手がけている「サナララ」や「ナツメグ」辺りをプレイしていないので何とも言えなかったりして。
 唯一触れたのが「フォセット」の中にある「わたしのかけら」(「この青空に約束を」サイドの茜メインのシナリオ)ぐらいなんですよねぇ。
 あれを叩き台にしたかどうかはさておき、悪くないと思います。というか私的には好きよこのゲーム。
 エロゲ初心者向けという印象があるタイトルです。実際学園もののエロゲやりたい、という人には奨められるタイトルです。
 感動は薄いですし泣けるかと言われるとそれほど泣けるものではありません。
 ですけれど、話に無茶がないし、無理矢理にまとめているということもないです。きっちり丁寧にまとめてあります(今のところは)。
 大体初心者に感動的大作、なんて奨めたら後が大変だよ(笑)。
 どっぷりのめり込んで抜け出せなくなるじゃないか(笑)。
 そういう意味でも初心者向けです。感動は薄いけど楽しめますし、人気どころの声優さんも入れてますしねぇ。「アイマス」系の声優さんも二名おられますからそっち方面でも人に勧めやすいかもしれない。とある人曰く「声優ゲーと言えるかも」だそうですし。自分はそこいら良く分からんが。
 そんな感じで楽しんでおります。小難しい解釈をする必要もありませんし、ラノベ読んでいるような感覚でプレイしています。
 今のローテがヘヴィ系多いのでちょうど良い箸休め的スタンス(良い例えが浮かばなかったんですが、決して悪い意味で書いているわけではないのだ)。

本日のオチ。
 だからヘヴィ系のゲームが進まない進まない(笑

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

蕎麦に黄身のパワー

 慣れ、というものがあります。
 麻痺してくると言っても良いかもしれない。
 最初はきついと思っていても、慣れてくると感覚が麻痺してくるというか、それほどきつくなくなってくると。
 まぁ、どうしても慣れないこともありますけれども。
 それでも続けていけば多少は耐性がついてくるといいましょうか。
 初期ほど打たれ弱くはない、かもしれないなぁ。
 ネットに繋いで早数年、自分のサイトを持って数年日記をブログにして数年、昔は更新一つにしても時間食いまくりましたが今ではあっと言う間に終わります。
 慣れってすごいなぁ。
 とはいえ、良いことばかりでなく、悪いこともあるとは思うのだった。
 例えば辛いモノ。
 私はココイチのカレー、通常は三辛を食します。
 それほど辛党というわけでもありませんが、三辛ぐらいがちょうど良いと思って毎回頼みます。とはいえ、冬場は四辛にしてますが。だって寒いから辛さで誤魔化そうかなってな感じで。
 そのせいか、一辛や二辛は物足りなくなっておりまして。これって麻痺、しちゃってるのかなぁ、と。
 つい最近ですが、八神はやてさんや遠坂凛さんの中の人のラジオ内発言で騒ぎが起こりましたが、あれも普段の過激言動に慣れている人は聞き流して終わることだと思いました。
 リスナーさんたちも発言した方も、これぐらいならいつものこと、というスタンスだったのでしょう。
 でも、聞き慣れない人からすると度を過ぎている、と思った結果が騒ぎとなったのかなあ、みたいな?
 自分なんかも多分こういう感じで麻痺しちゃっていることがあるのかなぁと思ってみたり。
 抜け目なく粗を探したりする人たちも、そうやって麻痺しちゃってるのかなと思ったりもしました。
 なんか嫌だなぁそういう濁った応酬は(笑)。
 出来るだけ控えたいなと改めて感じましたとさ。

本日のオチ。
 足下がお留守になってませんか?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カップラーメンライフ

 最近昼休みの時間があまり取れません。
 通常であれば、一時間は取れるはずなんですが、最近では取れて40分という状態。
 こうなると、店に行く余裕が見事なまでに消し飛びます。
 職場の食事嬢は以前も書きましたが、最悪に近い部類なので時間がないと本当に辛い。
 気を緩めて押っ取り刀で店に行くと満席で、空くまでかなりかかります。
 なので、以前は少し歩いて食べに行ってたんですが、時間が短縮されているため、食べている時間がなくなりました。
 仕方なくコンビニ便りになるわけですが、これはこれでまた激しいバトルが展開されます。
 まずおにぎりが速攻消えます。定番ものですら消えゆく我が通い付けコンビニ。
 そして弁当が消えていく。回転が良いのか入れる数が少ないのか、はたまた私が店を出てしばらくした後に配送が来るのか。とにもかくにもモノがない。
 となると、最後の切り札は真紅もといジャンクフードかカップラに頼ることとなる。
 ジャンクフードを昼飯代わりにするのは自分的にせつない気持ちになるので、カップラに頼ります。
 因みにサンドイッチはありますが、これまた好みなものはなくなっているのだった。てーか残ったもんは高いのばっかりなのは何故だ。
 まぁサンドイッチは良いのです。今はカップラのお話。
 昨今の値上げ事情を思い知らされています。ちょっと前までは1,5倍系やカップヌードルの大判って158円とかだったのに、今は195円とかなんだよなぁ。
 最近ガソリンは下がったのでこっちも下げてもらいたいけど絶対無理なのは分かっているので我慢します。
 ということで、すっかり昼はカップラーメンライフであります。この際だから日替わりで取っ替え引っ替え食って店のカップラ完全制覇したろうか。
 焼きそばとかパスタとかの湯切り系は面倒だからパスってます。
 というか、職場に戻るのが面倒なので、つい店の近くで済ませちゃうクセがついてしまいまして。路上にお湯捨てる気にはさすがになれませんからなぁ。捨てるやつもいるみたいですが。
 んでその場で食って店のゴミ箱に捨てて職場に戻るというパターンが。ああ侘びしいなあコンチクショウ!(笑)
 早く一時間休憩に復帰したいもんです…花月でラーメン食いたいわ…

本日のオチ。
 大丈夫!今にきっと良いことがある!と良いなぁ…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

忠臣蔵

 でお馴染みな日。
 別に何もしませんけども(笑)。
 カタログ一昨日買ってきました。
 とりあえず袋からは出した。まだ中身は見ていない。
 そしてそろそろ冬の祭典準備を本格化させないと。
 ま、やることなんざ在庫を宅急便に預かってもらうぐらいですが。
 直搬とか出来ない環境なので、ペリカンに頼んでおかないといけないのだった。しかも期間限定。あまり遅いと直搬の刑。
 そんなわけで、在庫を引っ張り出さないといけないわけですが、その上に積み重ねられた本やらエロゲやらを退かさないといけないのだった。
 となると、ついでに掃除、ということになりますが、それなら年末でもあるし、いっそ大掃除とかやろうと考えたりもします。
 するだけですけども!だって面倒臭いし!
 というわけでうだうだやっているだけで進まないのであった。
 もう入稿も終わらせているので、気が向いたらコピー誌でも作ろうかな、というところです。
 今から絵をお願いするのも気が引けるし、出すとしても表紙活字になるかもしれませんが。
 気が向いたら何か書きます。今やっている「さかあがりハリケーン」も書けないこともない。
 後は年賀状ですかね。
 アナログの方も考えないといけませんが、年賀メッセージ用のおまけもそろそろ進めておきたいかも。
 何しろ今年というかもうすぐ去年になるやつは、出し終えるのにかなり時間かけたからなぁ。
 それだけではない。夏の時もかなり遅かったぞ!
 ………すんませんマジすんません…
 とにかく、同じ轍を踏まないようにしたいと思います! 

本日のオチ。
 思うだけなら簡単ですから!(えー

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

出先監督

 字が違う、という指摘が来そうだがこれで合っている。
 何故なら「出先」の話をするからだッ!
 …いやもうね、家、駄目。
 誘惑が多すぎるのです。色々な意味で誘惑が。
 具体的に何があるかというと…

寝る

 これが一番でかい!(えー)
 やはりなんのかんの言いつつも、どこかで休息を求めているっぽいのです。
 だからか、ちょっとふらーっとなるとすぐ寝ている。
 まぁ、昔に比べて自力でベッドに辿り着くぐらいはやるようですが(以前はその場ばったりだった)。
 でも、貴重な時間を睡眠に費やすのはなんとなく屈辱!(なんでだ)
 「らき☆すた」でこなたも言ってましたけど勿体ないんですよ!
 とはいえ、家にいるとつい眠気に身を委ねてしまうのが辛い。
 そういうことで「出先」の話になるわけですが…
 地元の近場にテキスト打つのに適した喫茶店が存在しないのがなぁ。
 一応ドトールはありますが、ドトールは居心地が悪いというか落ち着かん。
 せめてルノアールとかあれば良いのに。でもさすがにこんなところに店は出さんわなぁ。
 ならば代替えで何かあれば…と思いつつもそもそも喫茶店らしきものが存在していないような気がしてきた!絶望した!
 先日ネカフェも潰れてしまいましたし…安息の場をぷりーずぅ!
 仕方がないので家で安眠したいと思います(ええー)

本日のオチ。
 池袋に出りゃいくらでもありますが、池袋に行くまでと家に戻るまでの時間が二時間…勿体ないじゃないか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

不具合狂想曲

 とか音楽っぽいタイトルをつけてみる。
 最近ややプレイも落ち着いてきた「クイズマジックアカデミーDS」のお話。
 なにやらバグが存在するバージョンがあるとのことで。
 先日というか結構前にそのような拍手をいただきました。
 んでま、少しだけ調べてみたんですが、これって公式に認めているのかイマイチ判断しにくい。
 公式サイトにそれ絡みの発表がないところをみると、非公式みたいですなぁ。
 個別対処ってことなのかも。そこまで詳しく調べてませんが。
 んで、自分はどうするかというと…どうしようかねぇ。
 正直大分プレイも落ち着いてきているので、別に良いかなぁと思っていたりもします。
 大体大賢者になってまたゼロからやり直すってのもなんだかなぁ、だし。
 固まっちゃってどうしようもない、なんて症状が起こったら…ってとこかしら。
 とりあえず色つき賢者になるまではそのまま放置。
 そういやもうすぐ9が出るドラクエも10はWiiで作るって発表してましたな。
 現状一番伸びそうなハードはPS3かもしれませんが、それでも爆発的普及はこのご時世であの値段を考えると難しいでしょうし、自分的には無難な判断かと。
 10が出るまでにWii買いたいと思います。
 でもそういえばまだ8をプレイしていなかったような気がする(笑)。
 それ以前に6なんか内容覚えてねーわ(笑)。
 もっとも、だからこそDSで出る6を待っているわけですが。
 因みに、私の知り合いでは評判よろしくない7、実は結構好きだったりします。
 「長くて辛い」という意見もありますが、昔「天外魔境2」で鍛えられたのは伊達じゃないってことか!(笑)

本日のオチ。
 そういや今はいろんな機種に移植されていましたっけ。今やったらあの頃に比べて長く感じられなくなってるかもしれんね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カタログ

 言わずとしれた冬の祭典用のカタログです。先週発売されました。
 でもまだ買えてません。微妙に行く時間がない。
 明日どうにか。どうにかしよう。
 一部のニュースだとアキバでは売り切れている店舗もあるそうで。
 適正な数を入荷したのかある程度の数を想定して少なめに入れたのか…どっちにしろ在庫は絶対出さないという強い意志を感じます(笑)。
 実際カタログって確か完全買い取り制ですよねぇ。不良在庫抱えると大変そうだしなぁ。特に今のご時世は。
 土曜にはカタロムの方も発売されますが、これってどっちの方が売れているのでしょうか。
 まぁまだ本の需要の方が圧倒的に多いような気もしますが、ロムの方も着実に伸びているんでしょうねぇ。
 ロムのメリットも確実にあるわけで。
 まず安い、それと軽い。保存も楽(終わったらもう資料ぐらいにしかならんけど。思い出にもなるか。その価値、プライスレス)。
 後は検索が楽とかもあるかしら。
 でもやっぱり自分は未だにカタログ派だったりします。紙媒体が好きなだけかもしれない。
 さてどこで買おうかしら。
 特典をつける商法もあちこちでやってますが、正直あまり嬉しくない特典ばかりだからなぁ。
 シンプルに何もつけない店で買うとしましょうかね。
 今回は若干ページが少ないんだか軽いんだかって話を聞きました。
 でもお値段据え置きです。2400円。
 …自分が初めてコミケカタログを買った時っていくらだったかなぁ…
 2000円していなかったような気もするんですが、もう覚えてない。
 とりあえず2500円の壁は越えないでもらいたいものです。

本日のオチ。
 次の夏辺りは2500になっているような気がして嫌だ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

見苦しぃ

 mixiが今日から対象年齢引き下げとか。
 自分も数名の方から誘われて、すでに数年が経過しており、マイミクさんも三桁に乗りました。
 表日記よりもリアルタイム度が格段に高く(もっとも今はTwitterに軍配が上がるが)、待ち合わせ連絡やらなんやらで重宝させていただいております。
 その一方で、自慢げに犯罪を語る困ったちゃんの温床になっているとも言われているわけですが、さて、これからどうなることやら。
 自分的には同じスタンスを貫くと思います。友人の友人レベルでのみの公開で。
 部分的には一部の友人も使い、状況によってはそっちの頻度をあげようかな、みたいな。
 何にせよ、予防線を張ります。
 春には実質的なオープン化になるようですし、ここいらはしっかり防衛ラインを張ろうと思います。
 mixiは一応足跡で誰が着たか分かるようになっていますが、オープンとなると得体の知れん人も来ることもあるでしょうし、無理でしょう。
 脳内反射で書く頻度が高いこのスペースです。迂闊書き込みの揚げ足を取る人も出てくることでしょう。そういう人が少なくない世界ですから。
 そんなわけで一見さんお断りな形を死守しようと思います(笑)。
 ま、実際自分はたいしたことは書いていないので読まなくても大丈夫大丈夫(笑)。
 どうしても知りたいという人はマイミクになっていただくしかありませんけれども。
 でも、誰でもウエルカムというつもりもありません(笑)。それなりに交友のある人に限りたいと思います。
 色々あるんですよ、ええ(嘆息)。
 「直接会ったことのある人じゃないと駄目」とかにはしませんけど。
 さて、それで今日から15歳でしたっけ?から参加出来るようになったようですが…制限が設けられているそうで。
 とりあえずは制限された状況の中で楽しんでってね!という感じなんですかしら。
 自分も機能の全てを活用しているわけじゃありませんからなぁ。ミュージックとか全然設定してないし。
 何はともあれ、良いコミュニケーションツールとして活用していただきたいところ。悪いツールにしないようにな!

本日のオチ。
 そして私の足跡はもうすぐ10万の大台に乗るのでした。メモリアルを踏むのは誰かしらー。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

萌えるゴミ

 いやね、わかっちゃいるのです。
 何とか減らそうと努力だってしているのです。
 それでもままならねえのです。
 そこんとこ、是非とも考慮していただきたいのです。
 迂闊にも忘れたりしたら悲惨なのです。
 というわけで燃えないゴミのお話。
 自治体によって差があると思いますが、私が住んでいるところは燃えないゴミを一ヶ月に一度だけしか、回収に着てくれません。なんてこと。
 ということなので、出来るだけゴミは出さない用に心がけてはおりますが、それでもどうしても出てしまうゴミを集めに集めて出すのであります。
 とはいえなぁ、最近分別ものが増えているので結構手間ではある。もっとも昨年見直しされた都内ではないだけマシかもしれませんが。
 そしてありがちな落とし穴として、捨てた後で気付くゴミとかあるというオチが。ここまでおやくそくを忠実に守る義務なんざなかろーに。
 燃えるゴミの方は割とこまめに捨てています。月に二度程度、なければ一度ぐらいに。
 萌えるゴミもあるんですが、これは処分に困る(笑)。
 呪われたりしそうだからなぁ(笑)。
 漁られていたりしたら嫌だなぁ(えー)。
 大丈夫大丈夫………だよ、なぁ…
 人にあげるという手もあるんですが、自分界隈の人たちはその手のものは嫌いじゃないにもかかわらず、欲しがらないという不思議時空が発生しているのでどうしようもありません。
 まぁ切り札的な発想でけーぶーくすに売っ払うという手もあるんですが、それもどうかなぁと。
 今しばらくは溜め込んでおこうと思います。それほど困ったことでなし。
 地味にうっといのは雑誌の付録のフィギュアです。
 誰かが受け取るだろうと思って放置していたらえらい数になってきて困った。

本日のオチ。
 とりあえず誰かにプレゼントだな。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カンナギ・リョーコ

 悪意の具現化、と言いましょうか。
 某作品の叩き方にげんなりした今日この頃。
 体験済みのヒロインをよってたかってフルボッコ、というと「下級生2」を思い出しますが、今回の「かんなぎ」はその比ではないような。
 まぁそりゃそうか。アニメ化もされた人気コミックですし(「下級生2」もアニメ化されたけどね)。
 しっかし、なんでそこまで嫌がるのやら。
 寧ろ少し経験のあるような人にリードしてもらって経験を積む主人公という感じの方が良いような(えー)。
 正直そこまで処女じゃないということに嫌悪感を現す連中の方が気持ち悪いです。
 良く「マンガやゲームの中ぐらい夢見させろ」的発言がありますが、描いている側はキャラクターたちの人生を追っていると思うのですよ。
 読み手の想像を超えるぐらいに過去や現在の設定や展開を作っていっていると思うのです。何せ自分ですらそれぐらいしてますもの。
 そうやって積み重ねたものが、今描かれているキャラクターでしょう。
 あれか?君らは仲良くなって付き合って、いざ行為をする、という時に彼女から「ごめんなさい、はじめてじゃないの」と言われたら逆上するのか?裏切り者呼ばわりでもするつもりなのか?
 てーかさー、本破くとかどこの子供だよっつー話ですよ。 小学生かっての。
 でも「処女じゃなかったから。裏切られたから」なんて理由で本破くような小学生怖いわっ!
 …嫌な世の中だこと………
 まぁあれだ。これで気が済んだならもう二度と関わらないで他のもん読んでなさい。
 楽しみにしている人だっているわけですよ。そう言う立場からいわせてもらえば迷惑なのだわ。
 理想の展開の漫画を追い求めるなり、自分で作って公開でもして共感を得るなりしてください。
 しっかし、こうやって悪意が直接伝わりやすいってのもネットの弊害でしょうねぇ。
 ネタのつもりでやってるのか本気でやっているのかも分かりませんが、軽い気持ちで言ったことでも相手を深く傷つけるっていう意識を持って、書き込みをしたいところ。

本日のオチ。
 エピソードのオチで「結局そういうことは何もなかったんだ、あっはっは」的オチなのかもしれないというのに(嘆息


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フリーダムフォース

 とかいうユニットがあったような気がしたけど、なんだったかしら。
 調べてみてもカオスっていて自分が考えていたものと違うような気がするものばかりだった…まぁいいや。
 ようやく原稿から解放され、フリーダムな週末が久し振りにやってきた、というだけのことですし(笑)。
 プチ燃え尽き症候群です。積極的に何かをしようという気になれません。
 まぁ一応サイト用にSS書いてはおりますが、どうにもペースが上がらない。年内に一本ぐらい上げたいんだけども。
 しょうがないので出来ることをやろうということで、部屋片付けたりしています。
 そろそろまたバックアップも取らないとなぁ。
 大掃除、なんて大上段に構えてやるよりも日頃からちょこちょこ片付けておきたいところ。でないと燃えないゴミが処分出来ん。
 しかし思うように捗りません。普段から要らんものは積極的に処分しているので、必然的に捨てられないものばかりになるのです。
 ここから先は大胆な判断が必要になってくる…うむぅ。
 こういう時はどうすべきか。
 逃避だ!(えぇー)
 というわけでゲームに逃避しました。それも全力で!

 そんなわけで以前も少しだけ取り上げた「Bullet Butlers」をフルコンプ。
 予想以上に長くて疲れた…いや面白かったんですけどね。
 相変わらず何故かよく分かりませんが中央東口氏の描くエロシーンが肌に合わない私でした。というか多分塗りが合わないんだと思う。
 同系列でいえばHERMITの塗りも苦手なんだよなぁ。どうしてだか良く分かりませんが。
 それ以外では文句つけようがありませんでした。面白かったです。
 相手の信念を自分の信念で打ち破る応酬で終始した感はありますが、それぞれの背景もちゃんと描かれていて良かったと。
 個人的にはヴァレリアのEDが一番好きです。
 お奨め出来るかと言われると迷う。世界が独特ですし、燃えを求める人なら合うかもしれない。後は声優さんが(自分がプレイした作品から考えると)意外な役どころを演じておられるので、そのギャップを楽しむのもありかと。佐本二厘さんの「おとボク」の貴子さん系ボイスとか、特に自分的には今「さかあがりハリケーン」もプレイしていますが、遠山枝里子さんの演技は良いなぁと思いました。こういう声も出せるのねこの人。
 さて、これでようやく待望の「クロノベルト」への扉が開いたよ! 

本日のオチ。
 でも次にインストするのは「車輪の国、向日葵の少女」に決めているんだけどね(「クロノベルト」はその後の予定である)!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

だんご重家族

 先日のストレス解放持ち込み歌会の時、Suさんに「今度江古田でお好み焼き食いに行きましょう」と言われまして。
 氏はとある事情により(別に深い意味はない)江古田に精通するようになりまして、んで西武線歴の長い(というか自分系界隈の人で西武池袋線沿線に住んでいるのは私だけなのだ)私に声をかけてくださったと。
 まぁちょっと前にやはり江古田の洋食屋に一緒に行ったりしていましたし、若干ではありますが駅周辺事情も分かるので声をかけやすかったのかもしれませぬ。というか人誘うにはちょっと抵抗あるところだからなぁ。鈍行しか止まらないし合間に急行や特急が走りすぎて中々鈍行でなかったりとか。
 原稿も無事片付いたのでいきましょか、とメールったところ「んじゃ金曜で」ということになり、昨日行ってきたのであります。
 とはいえ双方仕事のある身、しかも自分は比較的近い場所で働いてますが氏は遠いのだった。というわけで待ち合わせは19時辺りでというか特別決めてなかったけどまぁそれぐらいになるんじゃないかなーと。
 先に仕事が終わったので、池袋に移動してここで待つか先に現地に赴くかをポプルスさんに電話しながら考える(笑)。確認したいという旨の連絡が留守電に入っていたんだよ!
 考えた結果先に現地に行くことに。空腹が半端でなくなっていたためです。池袋は誘惑が多すぎる。ばんからとか。
 ところが、現地で私を待ち受けていたのはある意味池袋よりも卑劣な誘惑でした。

駅前に構えていた焼き団子の移動販売車から放たれる臭気が狂わせるッ!

 香ばしい匂いが食欲刺激しすぎ。いっそ食えよと思わないこともありませんでしたが、我慢の子なのです。お好み焼きが待っているのです。
 でも、このままだと何か気分的に憤懣やるかたないので、団子屋の前で待つことにしました(笑)。いやほら!気持ちは分かち合わないと!

 というところで到着したのでお店に。エロゲ声優好きには外せない店だとか?まぁここいら色々ありますしな、会社とか。
 店の中は下町的な雰囲気。街にある定食屋さんを思い浮かべていただけると分かりやすいかも。
 時間と天候の影響か、中は一組だけしかお客さんいなかった。音楽大学のキョージュとセートという感じ。
 自分で焼くのは実は初めてだったりしますが、まぁ見よう見真似で何とか。自分頼んだのは豚キムチでした。美味しかった。
 塩焼きそばとかも美味かった。メニューも豊富だしもんじゃもあるのでまた行きましょ、という流れに。というかさりげに「今度行こう」と思う店が多い街だな江古田。
 二時間程度食べたり話し込んだりしてから移動。池袋に。江古田からじゃ時間かかるので特急で帰るのです。
 そしてまだ残っていた団子屋でラス1だったパックを買う人を温かい目で見守るのだった(笑)。
 三個入りだったので一個分けてもらいましたが…ずっしりと重い本格派。美味しかったです。これが三つで200円は安い(まぁ待ち合わせの時間の辺りは1本100円だったしな)。
 みたらし団子だったんですが、当然タレが残ります。が、その残ったタレが重いという(笑)これだけで一本分ぐらい重量ないか?

 新規喫茶店探し(時間は既に夜の9時を回っているのであった)を早々に断念してとらでお買い物。そういえば「ヨスガノソラ」が発売されましたっけ。
 とらの4階でパッケを見ながらあれこれ話をしていた二人組は我々です(笑)。
 なんか妙になついタイトルがいくつかありました。適正価格で売らないと永久に売れないんじゃねーのかこいつらは。
 買い物済ませて伯爵に。前左右鏡張りのトイレがあなたをお待ちしております(笑)。
 お好み焼き屋さんでも伯爵でも、話題はある程度似通っているので一塊で紹介。
 「本を作るとしたらどんな本作りますのん?」的な話題から「とっぱら」とかぬこの話とかしてました。
 後は忘年会とか。どうしようかなぁ、空いてるのって27日ぐらいだけど…その日って冬コミ前日だからなぁ(笑)人が集まるかどうか。
 そんな感じでタイムリミットとなりました。
 実は今回全てSuさんに奢っていただいたという有り難さ。いやマジありがとうございました。
 という金曜夜のお好み焼き会合のお話。これにて締め。

本日のオチ。
 帰りの特急キャンセル待ちの列がすごかった。前もって用意しておいて良かった…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

開放感

 先日入稿を無事終えましたが、昨日振り込みも無事終えました。
 もっとも、それで本当に終わりかどうかは分からない。終わりと分かるのは印刷所さんから連絡が来た時であります。
 入稿予定日に何もなかったら「締め切り過ぎてるよ」的連絡が来るんじゃないかなと。破ったことないから分かりませんが。
 先日印刷所さんのサイトを覗いたら「年末年始イベント用合わせの申し込みは11月29日で締め切りました」と書いてあり一瞬焦ったのでありました。
 まさかアウトだったりするのかー?とか思った時期がありました。一瞬だが。
 だって「予約受け付けました。原稿お待ちしてます」メール受け取ってんじゃん自分。
 そんなわけで入稿終わらせ振り込みを終え、今日印刷所さんからお電話いただきました。
 毎回確認用に電話をもらってしまうのはどうよ自分。
 …ごめんなさい次こそは余計な仕事増やさないようにしますので…
 確認事項があることを覗けば問題なしということで、どうやら本当に冬コミ用新刊の準備は終了した模様。
 
 そして明日はカタログ発売。実は直前というかついさっきまで知らなかったのだった。
 とらのあなを通らなかったら気付かないままだっただろう。最近情報受信という意味でアンテナ低すぎる。
 毎回カタログにするかカタロムにするか迷うんですが、結局カタログ買うのです。
 明日すぐに買うというのも面倒なので、週明けにでも買いに行こう。
 一時期「別にサイトで調べりゃ目当てのサークルさんの場所分かるわけだし、いらないかな」と思った時期もあったんですけど、やっぱり必要になっちゃうんだよなぁ。
 でもかさばるんだよなー地味に。いや地味じゃねーか。
 ちゃんとひっちゃぶいておくんですけどね。
 今度綺麗に分けることが出来るようにミシン目とかつけてもらいたいものだ。
 でもそうすることでコストが増えて値段増に繋がる恐れがあるのでやっぱり良いです。
 ま、ともかくなくなる前に確保するといたしましょうか。

本日のオチ。
 最近は数をしっかりと読んで在庫を抱えないように少なめ発注かける本屋が多いっぽいからなぁ。のんびりしていたらまずいかも。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

江古田シスターズ

 最近某方の影響で江古田に降り立つ機会が増えました。
 まぁ西武線沿線居住歴がそれなりに長い私なので、どの駅だって一度ぐらいは降りた記憶があります。
 今記憶を遡った感じだと、池袋椎名町南長崎江古田桜台練馬中村橋富士見台練馬高野台石神井公園大泉学園保谷ひばりヶ丘東久留米清瀬秋津所沢までは確実に一度は降りたことがある。
 他にも豊島園(高校の最寄り駅だったんだから当然だわなぁ)もありますし新宿線の駅だって上井草や下井草、上石神井に鷺宮等、結構あるもんだなぁ。
 ま、今日は江古田ということで。
 日大芸術学部とかあるので、学生さんも結構住んでおられます。完全防音マンションとかある。
 立地的には池袋に近いこともあり、かなり便利ではないかと。池袋まで駅三つしかないし。
 ただ、開発はしにくいんじゃないかしら。駅周辺はかなりごちゃついております。
 現在西武池袋線は高架化を進めているんですが、ここいらはネックになるんじゃないかなぁ。とりあえず江古田は高架にしないのかしら。
 正直見慣れた景色が変わっていくのは少し寂しかったりもします。既に富士見台から桜台までの間は高架になっていますが、自分は下走っていた頃から乗っていたもので、高架になった時は寂しさの方が勝りました。
 そう言う意味では江古田はまだあまり変化が見られない街で嬉しかったりします。東長崎は結構あちこち手が入っているし、椎名町はちょっと見は変わっていないけど部分的に変わっているからなぁ。
 自分が以前住んでいた石神井公園も、ここ数年で大分変わってきました。遂に高架化も始めているようで(実は以前住んでいた場所が高架絡みに引っかかって立ち退きさせられたという苦い記憶もある。オノレ西武。しんだらいいのに)。
 それでもまだまだ、思い出と共に蘇る町並みも確かに存在します。
 最近ふとそういう場所と共に思い出が蘇ることが多いような気がします。
 死期でも近いのかしらね(止めんか縁起でもない)。
 江古田は思い出はあまりなかったりします。それほど足繁く通っていたわけでもなかったので。
 急行乗って通り過ぎたりとか、うっかり各停乗ってしまったため急行の通過を待ったりとかということの方が多いです。
 ゼロってわけじゃないんですが、降りたことはあまりなかったり。寧ろ練馬の方が多く降りた(そらそうだ。高校三年の時は練馬から通ってたんだから)。
 とはいえ、前述の通り最近降りる頻度が上がっております。
 ここもいずれは再開発とかされそうな気もするので、今のうちに思い出作っておこうかなと思ったりする今日この頃。


本日のオチ。
 既に駅舎改良工事の予定があったりするのだった…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

記念日

 すっかり忘れてしまっておりました。
 昨日はDSとWiiの発売記念日だったそうで。
 個人的にはどうしても今日の日を思い出してしまうのだった。
 今日はプレイステーションの発売日でした。あの「1,2,3でゲームが変わる」というコピーも懐かしい思い出です。
 そういえば「全てのゲームはここに集まる」なんてーコピーもありましたっけ。
 いやもうなんか色々懐かしいです。
 正直自分としては「FF7」が発表されるまでの期間が一番楽しかったような気が。
 PSとSSが拮抗していた時期ですからねぇ。あの頃に戻りたい…
 時は非情ですけどな。情け容赦なく流れていきます。
 「FF7」と「DQ7」の獲得で一気に飛躍し、2の登場で栄華を極めたプレイステーションですが、今はかなり苦しい戦いを強いられています。
 実際どうなるかは分かりませんが「FF13を投入しても成果は上がらないんじゃないか」というアナリストもいるとか。出てみなきゃ分からんだろうに。
 まぁぶっちゃけ市場を取り戻そうがさらに衰退しようが知ったこっちゃないんですけれども(笑)。

 こちとら痩せても枯れてもSEGAハード信者!今となっちゃどこがどうなろうと知ったことか!(えー)
 あの空回りっ振りが最高でした(自虐過ぎる)。
 あのメガドライブ時代の「我が道を行く」的ラインナップが忘れられません(いい加減忘れろよ)。
 いやもうね、前々からずっと言ってますが、SEGAがハード事業を復活させたら速攻着いていきますよ!
 ていうかいい加減「スパイクアウト」を移植しませんか名越組長(笑)。
 確かに今のSEGAはそこそこ充実しているとは思いますが、何かねー、寂しいんですよねー。
 昔のちょっと尖った感じが消え失せていると言いましょうか。
 もっと冒険して欲しい気がします。今はそこまで余裕ないのかもしれませんけれど。

本日のオチ。
 ところで僕の本命は「バーチャロン」の新作なんですが、マダー?


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

入稿完了

 ぶっちゃけもういい加減覚えろよ自分、という気持ち。
 最初にオフセット印刷をするようになってからもう五回にもなろうとしているというのに、何故忘れるか(夏と冬ぐらいしかやらないから)。
 そんなわけでお気楽に構えているまま、入稿締め切り直前になってやらないといけないことが目白押しになってきてパニックに陥るのでした。
 まずは校正作業。これで最終確認なのであります。軽くさらっと読み通し。
 もっとも、推敲は何度もしているので問題ないな…あるじゃねーかよ!
 というわけでわらわらと出て来る修正箇所。
 おまけに修正した後「ここをそう直すならこっちの方もそれに合わせないとなぁ」という箇所がいくつもいくつも。
 ようやく終了。表紙チェック。問題なし。一つ終わり。
 もう一つの校正。
 またまた出て来る修正箇所。いくつかチェック。直す。チェック。直す。
 ようやく終了。表紙チェック。問題なし。ZIPに固めて準備完了。
 ffftpを立ち上げて入稿。詳細報告メールを出して…ようやく完了!
 …まだ振り込みしてねーよ…
 というわけでこれで都合四回もやっているというのに(トータルは五回だが最初の一回は違う印刷所さんである)段取りをすっかり忘れているもりたさんでした。
 夏からまだ五ヶ月ぐらいしか経っていないというのに(夏は7月中に入稿である)…
 自分に呆れつつもなんとかかんとか終えました。
 これ、忘れないようにしておかないとなぁ(笑)。
 既にゲスト依頼を受けていた「パルフェ」の方は先日依頼主さんに渡してあるので、やっと自由の身に!
 よーしお兄さん今からでも依頼受けちゃうぞー!(えー)
 というぐらいにハイであります。これで忘年会とかも企画出来ちゃうな!鍋とか考えちゃうな!

本日のオチ。
 でも疲れたからとりあえず休ませてくださいまし…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!