スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵みに溢れて伸びゆかん光喜びを讃えよ欧美の空に

 現在ローテーションプレイをしている作品は

・キラ☆キラ
・フォセット
・さくらシュトラッセ

 の三本です。もう一本追加投入しますが、まだその態勢に入れません(意訳;追加予定タイトルをまだ手に入れていない)。
 「プリンセスフロンティア」は五本目のタイトルなので、まだ入れること叶わず。
 プレイスタイルについて文句言われることもありますが、私は「アニメ番組を観るような感覚でプレイをしている」人なのです。
 ある程度の区切りまで進め、そして別の作品に行く形。
 三十分アニメを梯子視聴するような感覚です。まぁシナリオが佳境に入れば集中させますが、日常まったり共通シーンとかはそんなスタンスでプレイしております。
 そして進捗はというと

・キラ☆キラ……○○及び千絵姉シナリオ終了
・フォセット……ファミーユサイドは手つけず、つぐみセブンは後一本
・さくらシュトラッセ……まだ序盤

 こんなところ。というかつぐみセブンの「この冬空に歌声を」はやばすぎる。素で泣きそうになりました。さすが本家担当シナリオ。
 「パルフェ」の方を後回しにした理由は実にシンプルです。思い入れが「この青空に約束を」よりも上だから。
 色々な意味で里伽子は衝撃でしたから。他のヒロインも魅力的でしたし(でも別に決して「こんにゃく」のヒロインに魅力がないわけではありませんよ?)。
 そんなわけで「好きなものは最後に食べる」性格の私としては後に回すしかないのです。
 聞いた話だと里伽子のシナリオである「里伽子抄」はとても良いらしいので、今から楽しみです。何故今までプレイしていなかったかというと、これまたシンプルに「勿体なくてプレイ出来ない」という(笑)。
 実際「この青空に約束を」も勿体ぶってプレイを遅らせておりました。気持ちを切り替えて「世界でいちばんNGな恋」は速攻プレイしましたけれど。
 しかし、これを終えてしまうとまたしばらく丸戸作品をプレイ出来ないと思うと、一気に進めるのを躊躇ってしまうのでありましたとさ。

本日のオチ
 そしてメインで取り上げようと思った「キラ☆キラ」の話が出来なくなったので明日改めて。まぁまだ千絵姉しか終えてませんけれど。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ほらね、春が来た

 かといって今日取り上げるのは「かみちゅ!」でも「うしろ髪ひかれ隊」でもない。
 フルコンプエロゲであります。タイトルは「ゆのはな」です。PULLTOPさんのちょっと前のタイトルです。
 「かにしの」の原画の前に藤原々々さん原画で作られた作品。
 楽しめました。でも自分の中に残るかと言われると迷う。部分的にしか思い出せないかもしれません。
 ただ雰囲気は好みです。周りにいい人が多い作品は良い。自分がここにいて良いと思えるし、自分も何かしてあげたいと思える私であります。
 キャラ的には椿さんがツボ。シナリオも椿さんのが好き。趣味とはいえテキスト書きしている人にはちょっと心が痛い展開になりますが、それはそれ。
 でもなぁ、こんなに簡単に20万集められたら楽でいいなぁ(笑)。
 ほなにーがエロ可愛いです。わかばがゆりしー可哀相です。
 泣ける作品というよりは心が少しだけ温かくなるような作品でした。
 ということで、次を装填です。
 「車輪の国、向日葵の少女」に向かう……つもりだったんですが、ここで急遽「こなゆき ふるり」を差し込んでみようかと(笑)。
 だって私の周囲、みんな同じシナリオさんの新作は「プリンセスフロンティア」に流れていくんですもの。不憫に思えてきたのですよ(笑)。
 ということで「車輪」は「フォセット」か「キラ☆キラ」が終わったら装填します。「さくらシュトラッセ」は当分終わりそうにない。
 後は追加で「プリンセスフロンティア」を(笑)。まぁすぐじゃありませんが。でもそんなに遠くないうちに。
 「機動戦士ガンダムOO」が一期分の放送を終了。

 不満のある人もいるようですが、私は楽しめました。いや斜めにじゃなく。
 んでラストを観て思ったんですが、これってひょっとしてこれから作られる後半部分が本来やりたかった話なんじゃないの?
 基盤を固めるために作っていたように思えてきましたよ。「マリみて」が先代薔薇様たちの話をやっていたように(作者さんは祐巳と瞳子の組み合わせが本来メインだったとどこかで読んだ記憶が)。
 続きがすごく気になる引きしてて困る。
 そして来週からは同じく気になる引きで終わった「コードギアス」の二期が始まるわけで。今度はすっきり終わるんでしょうか。まぁ今までの谷口作品がそうだったし、大丈夫でしょう多分(多分?)

本日のオチ
 しかしタイトルのガンダムが最後の最後にちらっとだけ出てくるってのはどんだけ勿体ぶらせれば気が済むんだ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

歌会3月の巻

 今日は流れをぶった切って歌会報告。
 月一恒例歌えや飲めや企画決行日です。
 今回は事前にみのりふさんが「行けるかも」と言ってくださったので、日程を調整して本日となりました。
 招集告知に応じてくださった方は後ほど。
 とはいえ予定通りには行かないのが世の中。土壇場で不参加宣言者が(まぁ当日に「ごめん行けなくなった」と言われるよりはずっと良いのですが)。

「初音島にさくらたんを観に行くんだぜ」とのこと。このロリコンめ!音夢か歌っていることりを観に行くとかにしろよ!(「D.C.2」はまだ途中なのでななかをまだ観ていません)

 んで当日。
 マジアカ5が出回りだしたので、4の時同様少し早めに家を出てプレイしながら待つことに。
 このゲーム、練習問題6問を経た後(対戦環境が整うまで予選続けられる時もあるが)予選が三回に決勝、という流れなんですが、決勝まで残ると大体15分ぐらい続けられますな。4回やって一時間。
 フェニックスに上がって初級魔術士に上がりました。フェニックス難易度たけー!
 その件を仮面さんにメールしたら「今回のフェニックスは4のドラゴンクラス」と返事が。
 そして待ち合わせ時間の11時。

……予選中(ぇー)

 遅れますとお詫びのメールをし、終わらせてから合流。理解のある人で助かりました(笑)。
 久し振りに光の麺に向かい、二人で食いつつマジアカやらの話。というか仮面さんのカードのすり減り具合は半端ではなかった。
 食後時間が少しあったのでマジアカ。私は今回はサポートに徹しておりました。三回ほどプレイした後パセラに移動。

 また無駄に広い部屋だった。申し訳ない気分。方々にそのことをメールったら右近さんが「後で行く」と言ってくれました。多謝であります。
 その後しばらく動画観つつお話。仮面さんはプチテキスト打ち(正直少し邪魔した。ごめん)。
 1時ぐらいにみのりふさん到着。でもまだ話は続く(笑)。
 右近さんが到着する3時近くまでひたすら馬鹿話していました。マイクの包装すら解いてません(笑)。しょうがないじゃないか久し振りだったんだから。
 とりあえず光樹PのIRCにおけるアイマス愛のすさまじさを教えていただきました。ありがとうみのりふP(今日は以降全ての人に「P」をつけていた)。
 みのりふさんはニコにおける三国志動画絡み(三国志が好きな方なので)、で東方についての知識を得たくなったとのこと。誰か東方に詳しくなるための素材はどんなものを集めたら良いか教えてあげてください。
 右近P(みのりふさんや私は360すら持っていませんが、この方は立派にアイマスプレイヤーです)が着てようやく歌タイム。とはいえ合間ずっと話をしていたので、今日のパセラは7割以上が会話で占められた。
 終盤milktubのスイッチが入った私と右近Pは最後の三曲をmilktubで締めた。流れは「グリーングリーン」→「キラ☆キラ」→「Like a green」Suさんとまてつやさんの不在が惜しまれました。
 今月が誕生月だったのでバースデーハニトーをゲット。美味かった。

 歌後はお買い物。右近Pがmilktubを、みのりふPは東方探し、仮面Pは本漁りということで全員が無駄なく買える可能性を秘めたとらのあなに。
 移動中にちょうど「ガンダムOO」が最終回オンエア中であることに気付き、久々に携帯のワンセグを起動。
 初めて知りましたが、まさか効果音にまで字幕が出るとは思いませんでした。何だよ「ビシュー、バシュー」って(笑)。
 そしてとんでもねぇ引きで終了。二期に期待せざるを得ないというか、本当にやりたいの二期だろ水田!(監督とシナリオの名前を混ぜてみました)
 終了後に木名瀬さん到着。Suさんの到着は7時半以降という連絡があったので飲み会場に(まだ決めてないが)。
 と、その前に私がお買い物。「マリみて」の新刊とSDカード。
 Suさんから「エロゲで欲しいの教えてください」というメール。私が「誕生月なので何かください」と言ったのを受けてのことでした。ありがとうございます。「仮面さんにも聞いてみてください」とのこと。仮面さんも今月が誕生月であります。

「だそうですが、仮面さん欲しいエロゲありますか?」
「えっと、じゃあ「さよならを教えて」を」

 何て難易度の高いもんをリクエストするんだこの人は(すさまじく高騰しているタイトルです)。

「他にはあの……」
「ゴア?」
「そう、それ。「ゴア・スクリーミングショウ」です」

 それも難易度高ぇ!(笑)そしてそれを受けての返事。

「ガラスケース系だぜ(笑)」

 そんなやりとりの後居酒屋新規開拓を狙ってみましたが失敗。さすがに池袋駅近辺の居酒屋は6時過ぎだときつい。
 みのりふさんの帰還もあるのでこうなりゃということでここんとこ毎月活用している風見さんに。入れた。良かった。
 あれやこれや頼んで食べて飲んだ。みのりふさんとは7時半経過したところでお別れ。参加ありがとうございました。また夏にでも是非。
 そして入れ違いでSuさんが到着。

 Suさんから本当にゲームいただいてしまいました。ありがたいやら申し訳ないやら。いや本当にありがとうございます。
 右近Pからは実に嬉しくないものをいただきました。本人の承諾を得たのでじんぐPの引越祝いに丸投げします。
 木名瀬Pからもいただきました。ツンデレシャツでした。今度光樹Pに会った時にでも以下略。
 アルコール摂取にやや及び腰でしたが、黒エビスに梅酒二杯と飲んだけど大丈夫でした。でもやっぱり外で飲むのは抵抗があるかなぁ。
 右近PとSuさんの青山ゆかりスイッチが入ってしまい、二人して「プリフロ早くやりてー」という心の叫び。
 今回はもう集中攻撃のようにSuさんに向けて「ロリコンはみんな○○ばいいのに」と右近Pと二人して言ってました。あんなにいただいたのに何という恩知らず(笑)。
 10時近かったので精算。一人頭4200円ほど。ホトペを使えばこんな感じというか、かなり食ったぞ今回。でもこの価格なら嬉しいかも。
 つかさすがにここんとこ連発し過ぎた。顔覚えられてるじゃねーか(笑)。まぁ三ヶ月も連続で同じ席に行けば分かるか(笑)。
 右近Pと仮面さんがジュンクに向かいエロゲーマー軍団三人は伯爵に移動(いい加減ここも顔覚えられていそうで怖い)して一時間ほどお話。正直内容覚えてねぇ(笑)。
 11時に解散。電車に同席いただいた木名瀬さんとお別れし、家路に。今回も楽しかったです。参加してくださった方ありがとうございました。

本日のおやくそく
 もりたはみなさんからの「混ぜろコノヤロウ」を心よりお待ちしております。春になり関東に来た方、是非ともご参加を(まぁある程度参加者と交流がないときつくはありますが)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲシンガー三大曲2

 そんなわけで昨日の続きです。
 エロゲの主題歌の歌い手さんのお気に入り曲を三つ選ぶ、という企画。
 最近は歌い手さんも多いですし、というのは昨日も書きましたが、どれだけの歌い手(バンドやグループも含む)がいるのかざっと挙げていきましょうか。

I've系(KOTOKOさんとかMOMOさん、川田まみさんや島宮えい子さん等々)
ave new系(「きしめん」のしゃおりさんこと佐倉紗織さんとか)
電気式華憐音楽集団
White Lips
eufonius
Ducaさん
UR@Nさん
YURIAさん
Liaさん
佐藤ひろ美さん
橋本みゆきさん
Rita(理多)さん
片桐烈火さん
霜月はるかさん
榊原ゆいさん


 他にも昨日取り上げた栗林みな実さんとかいらっしゃいますが、とりあえずはこんなところで。
 とりあえず今日も紙数がなくなってきたので(笑)デンカレだけやっておきますね。

電気式華憐音楽集団
Vampire


Distorted Pain 

Raison d'etre  

 ああ、やっぱり全部ブサイク(Black Cyc)の歌になった(笑)。

本日のオチ。
 そしてニコニコ市場のRaison d'etreのところでレーズン買ったやつがいて噴いた(こういうことするの好きよねニコの住人さんって


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲシンガー三大曲

 エロゲ声優三大役なんてーのがあるのなら、こういうのがあっても良い。
 とか思ったのですよ。
 エロゲシンガーさんも気付けばかなりおられますし。それぞれが結構歌われておられますし。
 まぁ問題は自分がそれほど詳しくないというところですが(笑)。
 それと作曲した人のこととか考えたりもしないといけないかもしれません。
 でもそんなの気にしねー!(ぇー)
 というわけで歌い手さんに絞ります。
 しかし、最近増えたからなぁ。I'veの歌姫だけ取り上げても何人もいますし。
 とはいえ、先述の通りそれほど詳しくありませんので、思いついた人のみ挙げていきます。
 まぁ今回はスルーで次回以降なんだけども(笑)。
 んじゃ軽く。

栗林みな実
Rumbling Hearts
あなたが いない…
だってMUV-LUVなんだもんっ


 ちょうどあいぽっどさんで栗の子の曲が流れてきたので、最初はこの人にしてみました。
 Rumbling Heartsは外せないでしょう。ある意味代名詞だと思う。
 あなたが いない…は「Schooldays」の曲ですが、栗の人はこういう歌に合っているイメージがあります。私だけかしら。
 最後のは明るい曲も一つぐらい、と思って。因みにアニメは抜いてます。この企画は「エロゲシンガー」としてのエロゲ曲を選んでおりますゆえ。
 アニメだと「小さな星が降りる時」とか「Crystal Energy」とか好きです。共に「舞HiMEプロジェクト」ですな。

本日のオチ。
 自分が定めている紙数(行数)が尽きたので、続きは後日(なにー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

診断結果

 まぁとっくの昔に出ておりましたが。
 そんなわけで年末に行った健康診断の結果が出まして。
 言うほど酷くはありませんでした。想像の範囲内でした。
 とはいえ、色々と指摘を受けたりもしまして。
 とりあえずそこいらは少しでもマシにしておこうと思いましたのだ。
 というか、今はとにかく先日花粉でやられた喉から始まった体調の悪化を戻しきることが大事。
 何しろまだ後遺症があるのです。外に長時間いると体調悪くなるのです。
 精神的なものが原因なんでしょうけどねぇ。
 実は現在真っ盛りに近付きつつある桜の花の下で、先日アルコールを入れてみたわけです。プチ花見イン板橋(職場の板橋は既に桜開きまくりんぐなので)。
 なんか体調悪くなりました。エビス飲んだのに。

 そんなわけで、今年は諦めるのでした。駄目すぎる。
 なんつかですね、かくん、と来るのです。そしてくらくらするのです。因みに飲んだエビスはちっさい缶一本だけよ。他にも一本用意してたのよ。
 その後喉の内側が痒く感じてくるのです。
 昨日怖々としつつ家の中でビール飲んでみましたが、特にそういう感じはなかったので、恐らく精神的なものだとは思いますが…
 まぁ近日歌会があるので、その時に軽く一杯だけ飲んで試してみます。居酒屋なので問題なかろ。
 ここんところはあまりアルコール摂取していませんというか、それほど食べてもいません。
 食が細っているってのもありますが、場を楽しむのに過度な摂取は邪魔でしかない。
 正直アルコールなくても喋っているだけで楽しいような気分になってます。まぁ美味いもんは食べたいですが。
 とか言いつつも、馬鹿騒ぎだって楽しいと思いますし、思いっきり飲みたいなと思うこともあるわけですけれど。
 でも屋外については少なくともしばらくは自重したいです。今倒れるわけにもいかん。
 
本日のオチ。
 店内に桜を置いてある居酒屋とかならどうだろう(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

JINKI、再生

 電撃大王で「JINKI」が復活。内容説明と新作を収録したワールドガイドブックとして出ております。
 まだ私エクステンドの方を全部読んだわけじゃないんですが…一応「人機」の方は読んでますが…って、あれ?全部読んだっけ?(笑)
 それはまぁともかくとして、これって「振り出しに戻る」というかエクステンドって「なかったこと」なんでしょうかね。
 とりあえずもう一度読んで復習しておきます(笑)。
 んじゃ違う復活を。
 「ローゼンメイデン」がヤングジャンプで復活。連載という形で帰ってくるようです。
 集英社の方から新装版という形でコミックスも出るようで。どうやら完全に版権を買い取った?
 とはいえ、周囲は賛否色々のようです。
 復活万歳賛成派と、何でヤンジャンなんだよ派と。
 何でヤンジャンなんだよ派の人は復活自体は嬉しいのか復活そのものも嫌なのか、どっちなんでしょうかね。
 私は純粋に嬉しかったりします。何しろ中途半端でしたし。
 恐らく週間連載は無理だと思いますが。月一ぐらいでやってくれたら良いかなぁみたいな。
 でも月一でカラーピンナップ袋とじ連載は嫌だなぁ。チャンピオンの車田星矢みたいで(笑)。
 「JINKI」もそうですけど、安住の地となってもらいたいもんだなぁと思います。いや本気で。
 少なくともこれ以上は流浪しないでください頼むから(笑)。
 まぁ作者側だって流浪したくてしているわけじゃないと思いますが(笑)。というか、受け入れ先があるだけ幸せな作品だなぁとも思えたり。
 中には放置されっぱな作品だっていくつもありますしねぇ。
 とにもかくにも、両作品の新しい物語というか仕切り直しを楽しみに待ちたいと思います。
 その前に復習をちゃんとしておいた方が良さそうです私(笑)。
 ま、リリース直前ぐらいに読み返せば良いかな(えー)。

本日のオチ。
 そして間に合わず積むという(最低だ)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

強気ッス!

 来月発売ですか。延期しないと良いけど。
 そんなわけで「つよきす」であります。
 現在発売中のTECH GIAN誌にて体験版がくっついてきています。
 そしてwebの方でも配信されたようで(とはいえTECHは「専用体験版」らしいのでどこか違うのかもしれませんが)。
 とりあえずTECHの方を購入しているので早速ゲーム中で数日プレイしてみました。
 この作品は企画とシナリオさん、及び原画担当さんが余所に行ってしまわれた後製作されているわけです。
 んでま、当然色々と言われているわけです。「シナリオが違うと駄目だろ」「絵がおかしい」まぁ要約すればこの二つに絞られるわけですが。
 私自身、タカヒロ氏+白猫氏の作品は「つよきす」のみで「姉しよ」も「姉しよ2」もプレイはしていません。
 「つよきす」のみをプレイした立場で言わせてもらえば、面白いですよ二学期の体験版。
 思い入れの深い人からすると駄目なのかもしれませんが、キャラのイメージを損ねることもないように感じました。
 元々十分にキャラが立っている作品なので、声優さんを変更したりとかしなければそれほど変なものは出てこないと思っていましたが、予想していたよりも面白いです。
 ちゃんとパロネタも豊富に入っておりますし(「ちゃんと」という表現は良いのか悪いのか)。
 会話のノリも良いですし、声優さんも変わらない調子で演技しておられますし。
 新キャラも浮くこともなく作品に溶け込んでおりますし、良いのでは?
 オリジナル至上主義な人が好む表現としては「良く出来ている二次創作」と考えていただければ理解いただけるかしら?
 私自身は先ほども言いましたが、「つよきす」を名乗って良いぐらいに良くできていると思います。豪快に時系列を吹っ飛ばした「D.C.2」とは違い、「オリジナルの直後の時系列」という茨の道を堂々と蹴散らしながら抜けていくといいましょうか(笑)。
 もっとも、オリジナルを気に入っている知り合いさんたちがまだプレイしていないため、その人がどう思っているか気になるところではあります。
 まぁその人たちが否定しても私自身ダメージありませんけど(笑)。
 でも、拘る人にはもうスタッフがオリジナルでなければどれだけ忠実にやろうと否定されちゃうんですよねぇ(笑)。
 久々にデムパなKOTOKO女史ソングを聴きつつ、来月の発売を楽しみに待ちたいと思います。


本日の期待
 EDはあの名曲を超せるのか。烈火ちんに期待。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

サファリ

 MAC用のブラウザですが、今回WIN版がリリースされました。
 周囲で「軽い軽い」言うので試しに入れてみましたが、確かに軽いなっ!
 UMPC買ったらそこに突っ込んでみるのもありかもしれないと思いました。
 まぁ当面はUMPCについては保留で。
 もう少し待てば現行より良いのが値落ちして出てくることでしょう。
 ここいらは見極め時が難しいところですが、ほどほどなところを見極めていこうと思います。
 EeePCのHD搭載版なんてーのもありそうな予感がしておりますし。
 そこそこのスペックで十分って気がしますというかノート重い。
 ここ数回お休みしておりますが、祭典の遠征や何人かでお泊まりお遊びとかでノート持って行く際重く感じてしまいまして(贅沢な話ではある)。
 そんなわけで、手に入れたら今後はUMPCを活用しようと思っております。まぁ手に入れてからのお話ですが。

 春、ということで頭の痛い時期になろうとしております。
 既に花粉で頭が痛い人も多いことかとは思いますが。
 何に頭が痛くなるかというとデスネ。
 睡魔。この一言に尽きる。
 春眠暁を覚えず。まさにその通り。昔の人は上手いこと言った。
 最近ただでさえ睡魔に襲われやすいというのに、この時期がやってくるとは…過酷。
 花粉の数倍脅威ですよ私にとっては(笑)。
 適度に睡眠をとっていても眠くなるんだから質が悪い。
 ま、微睡むのも気持ちがいいものではあります。
 ここは素直に身を任せ(こらこらこらこらっ)

本日のオチ。
 そして寝落ちて日記を後日まとめ上げ、は可能な限り避けたい。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

罪という名の追憶の罰

 復活した割には動きがないような気がする。
 サントラが復刻とのことですが、あのジャケそのまま使っても良いのかしら。版権はあると思うけれど、どうなんだろう。とか余計なことを考えてみる。
 でも一時すっげぇ高値がつきましたからねぇ「メイクシフト」は。数万ついたように記憶しております。
 あの頃もう一枚買っておこうかと思った時期もありました。買っておけばよかった。
 まぁ売らないで見せびらかすわけですが(ぇー)。だってお気に入りだったんだもんさぁ。
 その中で微妙だなと感じたのは主題歌「Days」のフル版でした。ゲーム中で流れるのはセカンドコーラスなんですが、ファーストコーラスがどうにも違和感。
 ゲーム本編のことを思うと歌詞としてはおかしくないんですけど、どうにもしっくり来なかった私です。
 でもサントラそのものはお気に入りで、ボーナストラックのYURIAさんの「style」とか大好き。
 前述の通り復刻されるそうなので、当時買えなくて悔しい思いをした人は是非とも購入してみてくださいな。
 ジャケット絵が気になるところであります。同じなのかねぇ。ついでに「21-two one-」の方のサントラも復刻すれば良いのに。
 そしてBasiLの資金稼ぎに協力をしてあげましょう(えぇー)。
 まぁNavelの件もありますし複雑ではありますが、事情もわからんのにどっちかを擁護するのもおかしな話ですし。ここはシンプルにBasiLの新作のスタッフを応援したいと思います。
 それで、新作の公開いつなんでしょう。
 可能性としてはエロゲ誌が一番高いでしょう。となるとTECHが出る21日近辺か(PUSHはNavel推してるところだから、推しにくいように思えますが)。
 もしくは電撃姫の30日近辺かしら。既にTECHは出てしまっているので、次の30日…まだかなぁ。
 まぁ多分「それ散る」が出た628前までには情報公開するとは思いますが、ひょっとすると628で解禁になるのかもしれませんね(笑)。
 とか思っていたら今月号のTECHの次号予告で気になるブランドの新作公開なんてー記事が。
 TECHはえげつねぇ固め打ち(スクープ波状攻撃)をかけてくるので、恐らくいくつかのブランドが新作出すんじゃなかろうか。
 思いつくブランドを片っ端から出してみる。

TYPE-MOON(一番ありそう。さて「月姫」クル?)
Leaf(メギドとかありますが、目立つのが一本出てしまいましたし)
アリスソフト(ハルカも出たことだし、そろそろ?)
BasiL(今日の流れで入れないわけにゃいかんだろう(笑))
オーガスト(「FA」出て間もないから、まだ早いか?)
戯画丸戸系(これも概要ぐらいは出てきそうな気がしないことも)
elf(老舗にはそろそろ大きな花火を上げてもらいたいなぁ)
F&C(老舗には以下略
「はるはろ」の見受け先(ごめん単なる願望入れた)
「がでがで」が出て結構経つのでそろそろみなとそふと

 こんな感じですかね。というか「ロミオ+松竜(敬称略)」の「アレ」の続報くれよFlyingshine。

 どんなスタッフで固められるのかはわかりませんが、何やったって前作と比較されちゃうんだし、もうこの際だし独自のやり方で前作を良い意味で超えてもらいたいなと思います。
 原画的には「つよきす」のように元絵を損ねない感じでやってもらえたら良いなと。「D.C.」はちょっとクセが強かったと感じました。まぁあくまで私自身の感覚ですが。
 ただ、もしやるなら「当時の西又さんの絵」に合わせてもらいたいです。今の絵は………ねぇ。
 本当に「けれ夜」やるかどうかも分からんというのに、どうにも気持ちが先走るのでありましたとさ。

本日のオチ。
 そして私はひたすらに「積みというあのエロゲ―の数を」数えたいと思いましたけど止めました。探すのすら面倒だし(えぇー



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲ声優三大役4

 ここのところ体調の悪化が。
 でも、どうにか今日ようやく少し持ち直してきたかなぁという感じになってきました。
 昨日一日休めたし、今日も半日仕事だったため、ちょっと前に比べると楽になった感じがします。
 なので今までは行く気にすらなれなかったゲーセンに久々に足を運び、やる気はあったけれど踏ん切りがつかなかった「マジックアカデミー5」にようやく吶喊出来ました。
 新生アミューズメントパスも購入したんですが(マジアカの限定版のやつ)、結局4のカードを使いキャラを引き継ぎました。
 んで数回プレイして見習い魔術師10級になっておきました。地元にあればもっと足繁く通うんですが、ない(泣)。
 おいてある店舗の近場の駅を探してみたところ、駅より遙か離れた圏央道側にあったりとか、アホか(笑)。
 もう少し先の駅調べてみたら、電車で二十分は行かないとないという悲劇。そこまでしてやろうってのも、って感じだしなぁ。
 頼むからもう少し人が来るような環境にしてください埼玉県。過疎りたくないならもっと何とかしてくれよぅ。東京よりゃ物価安いんだしさぁ!それ売りにして頑張れよもっと。
 でなければ都内にはあって当たり前なチェーン店がどんどん撤退してっちゃいますよ?

 数日間が開きましたが、やりましょうタイトル企画。

木葉楓=松田理沙
桂沢穂波(ゆのはな)
真田設子(恋する乙女と守護の楯)
凛・リム=ウェムス(Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-)
 ローゼンののり姉であり、TH2のいいんちょでもある人ですが、私的にはこの三人。
 というか、TH2は未だ彼女のシナリオをプレイしていないため、それほど印象がないのです。
 他にも数多く作品出ておられますが、自分がプレイした作品には意外なまでに出てこない。

草柳順子
流菜(しすたぁエンジェル)
天ヶ崎美琴(月は東に日は西に~Operation Sanctuary~)
佐藤良美(つよきす)
 おとボクの一子さんも考えましたが一瞬で消えた。というか迷ったのは「こんにゃく」の宮。どっちにしようか最後まで迷ったけど、インパクトでYPに。
 この人は名前固定なので調べるの楽で良いね(一応言っておくが三人選んだ後で他にどんな作品出ているか調べているのである。決して三人目が浮かばないから探したわけではない)。
 「しすエン」の流菜は草柳さんを知った作品なので外せません。美琴は真っ先に浮かんだキャラだから。ypことよっぴーは…僕正直グリーンデビルの穂村さんより怖い。

本日のオチ。
 まだもうちっとだけ続くんじゃ(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

それが私の宝物でした。ピッカピッカの宝物でした

 最近過去の日記を読み返さなくなったなぁ。特にジオというか今のFC2ブログで書くようになってから。
 だからひょっとすると、重複しているようなこともあるかもしれません。
 特に最近の私は自覚出来るぐらいループ現象が起こっておりまして。
 つまり「ちょっと前夢中になったことがある一定期間を経ると復活する」ことが多くなっているように思えるのです。
 そんなわけで、被っても気にしない。
 んで、何かというと今日のタイトル。正確じゃないかもしれませんが、現状これの元作品が手元にありませんのでうろ覚えです。
 「3×3EYES」の私の一番好きなシリーズ、クライマックスの台詞です。
 これがアニメ化された(OVA)際、八雲役の辻谷さんとぱい役の林原さんが二人泣きながらアフレコをしたとどこかの雑誌で読んだ覚えがありますが、実際泣ける名シーンでした。
 「3×3」はこの辺りに終わっておけば良かったのに、と未だに思う私であります。とはいえ、この先にもまだ良いシーンもありましたし、後に葉子さんとして復活する誰かさんもハーン君と出会えたりするわけですが。
 この作品のことを考えると、つい終わらせ時のことを思い出してしまう私。
 この作品から、私の「講談社って延々と引っ張るところだよなぁ」というイメージが定着したように思えます。
 勿論「好きな作品はとことんまで続いて欲しい」と思う人の気持ちもわかりますし、実際自分も以前はそう思っておりました。
 いつからだろう、終わらせ時ってあるんだなぁ、と思うようになったのは。
 今現在も「これ、もう終わらせた方がいいんじゃない?」と思える作品がいくつかあります。
 でも、確かに劣化していく作品もあるけれど、神風吹かして突然面白くなる場合もありますから、終わらせるの勿体ないって気持ちもあったりはするんですよねぇ。
 ああ、ややこしいというか面倒な性格してるわ自分(笑)。
 そういう意味では「もう「なのは」はこれ以上やらんでもいいんじゃないかなぁ」と思う自分もいたりして。それは否定しません。
 その一方で「けど、時間軸少し戻してでももう少し観てみたい」と思う自分がいるわけですよ。つまりはそういうことですな。なんて自分勝手。
 そして、すでに引っ越しのどさくさで行方不明になってしまった「3×3EYES」を読み返したいと思いつつ途方に暮れるのでありました。
 こうなったらもう一度件のシーンのところまで揃えるか。五巻だし。

本日のオチ。
 文庫化してましたっけ。してないのなら文庫化してくんないかなぁ。そうしたら全部揃えちゃうんだけど(笑)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

我らに燃ゆるのは欧美の心

 現在ローテ消化中の作品に「キラ☆キラ」があります。
 片倉さんが原画を手がけ、milktubが音楽を担当している作品は過去にも数作品あります。
 んで、初期の作品のファンが知り合いにも結構いたりします。
 その人たちほぼ全員が、ずっと追いかけているのがすげえなぁと思ったりもしました(まぁ型月のファンにしても葉や鍵のファンにしても、初期もしくはスタッフがそれ以前に所属していたブランドから追い続けている人もいるから、すごいってこともないかもしれないけれど)。
 実は片倉さんの原画の作品、本格的にプレイするのは初めてなわけですが、何だろう。わかる気がしてきた。追い続けている人たちの気持ち。
 シナリオは全然違いますけれど、一応アニメの「グリーングリーン」はちょこ観していたりしたんですよ。
 なんか、共通して雰囲気が良いというか居心地が良い空間だなぁと感じました。
 こういう馬鹿騒ぎを楽しむような雰囲気のゲーム、今まで自分あまりプレイしてなかったんだぁなと。
 「男キャラが良い味を出しているエロゲは良い作品が多い」というのが持論である知人の言葉を思い出します。
 原画さんの魅力もあるんでしょうし、音楽のノリの良さもあるんでしょうけれど。
 「キラ☆キラ」は主人公が冷めた性格をしているため、一歩引いている状態で進行していきますけれど、気付けば熱くなって前に前に、なんてシーンもあり、そこがまた嬉しくなってしまう瞬間だったりして。
 なんつーか、実に見事に乗せられている自分が。
 とはいえ、まだ終えてません。まだ途中です。それ以前にまだ一つしかED観てません。
 終わったら印象変わるかもしれないけど。
 どこまで進行しているのかなーと聞かれてしまうとどうしましょう。
 今大阪、ぐらいは言っても大丈夫かしら。
 今月中に終えられるかどうか微妙な感じではありますが、やれるところまでやっていこうかと。
 そして今月出るゲームで注目しているタイトルはというと…
 「こなふる」「プリフロ」「君望」「かみぱに」辺りが私は注目どころかな。
 この期に及んで延期なんてのはないと…………どうだろう。

本日のオチ。
 なにしろマスターアップしたくせに延期するような面白いブランドもありましたしねぇ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お前が 助けたよ

 増刊誌から月刊誌に移動。
 その際アニメ化も発表。
 「パンプキン・シザーズ」のことであります。
 正直月刊ペースで大丈夫なのかしらと心配していたのですが、現状無用の心配だったようです。
 アニメは序盤こそは期待に応えてくれたんですが、回を追うごとにゴンゾクオリティを炸裂、終盤観るに堪えない出来で泣いたものです(まぁ中には好きな人もいるかもしれませんが、私は駄目だった)。
 そんなアニメも終了ししばしの時が経ちましたが、連載はまだ絶好調で続いております。
 そして最新刊の9が刊行。
 今回で今まで続いていた「カルッセル編」が完結しました。
 月マガ立ち読み可能な店で追いかけてはおりましたし未だに追いかけておりますが、改めてカルッセル編を通して読んでみまして。

泣いた。

 最後の最後に区長であろうとした「臆病者のマイル」に。
 気付かれないかもしれないのに、それでもひた隠した愛を貫き通したフランシア伍長に。
 そしてただただ格好良かった三課の面々とヴィッター少尉。
 あっという間に読み終えて、もう一度繰り返し読んでしまっておりました。
 そういえば、巻数で言えば10巻つまり次の巻に当たるであろう今月号も読み終えているわけですが、こちらではまた伍長が格好良かったりします。
 先日「ARIA」を読み終えた後、こういう素敵な物語をいつか書いてみたいものだなぁと思いましたが、今回も。

こんな格好良くもせつなくやるせない物語も書けるようになりたいものです。

 まぁ自分、救いを求めてしまう人なので、基本ハッピーエンドしか書きませんけれど。
 時々羽目を外してダークとか書いたりしますが。
 ともかく、今後も戦災復興部隊の活躍を楽しみにしながら読んでいきましょかね。

本日のオチ。
 HELLSINGみたいに原作に忠実なOVA出てくんないかなぁ。くんないんだろうなぁ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

確定申告

 というか、住民税ですな。
 危なく出し損なうところであった(えー)。
 いや、忙しかった+風邪で。熱で。
 何とか出しました。びっくりした。
 会社からの書類というかその他諸々が行方不明になっちまってねぇ。てっへっへ。
 駆け込みで恐縮ではありますが、今日投函した次第。
 何しろまだ熱で頭がくらくらクウラクランしておりまして森。
 このまま無理せず沈静化するのを待ちつつ木曜というか水曜終わりまで保たせたいんですけども。
 ま、咳は若干ではありますが落ち着いてきたので、どうにかこうにかしたいのであります。
 普段花粉なんざ全然気にしていない私ですが、今回はさすがに堪えまくりです。どう考えても発端は花粉だし。
 とりあえず今後は注意したいと思います。
 とか言いつつ、ピークは来週とか。もうちょっと我慢すりゃいーんじゃん。
 とか考えていたら横で妹が「どうせ私はGWまで我慢しなきゃいけないんだし」とのこと。
 お気の毒と言わざるを得ませんが、どうしてやることも出来ません。せめて家に花粉を持ち込まないように注意してやりたいところです。
 傍目で見て気の毒なぐらいに咳き込んだり鼻に難儀していたりするのです。

 3月末の発売タイトルで気になるのはAXLの「プリンセスフロンティア」です。
 私の中では「恋楯」以降気になるブランドとして定着してしまいました。
 もう少ししたら「キミの声が聞こえる」もやりたいと思います。
 んで「プリフロ」が気になる次第ですが、これには理由があります。
 どうにも頭の中に「鉄球姫エミリー」が浮かんでしまって困るからだが(笑)。

本日のオチ。
 多分「プリフロ」には鉄球を振り回しお下劣なお姫様は出てこないと思いますが、青山ゆかりボイスは健在のようです?(体験版をプレイしないで我慢する人)


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲ声優三大役3

 現在ローテにあるタイトルの一本が「キラ☆キラ」です。
 声優さんが非公開なのでわかりません。なんとなーく「この人かな?」と思うキャラもいますが、イマイチ特定に至っておりません。
 今度エロゲ声優マイスターのSuさんに会ったら聞いてみたいと思います。
 ゲームについては終えてから語ろうかと。私の初瀬戸口作品ですが、現状楽しめています。つか止まっている「SWAN SONG」も再開せにゃなぁ。
 現在久々にマシントラブルに見舞われていまして。
 vistaのマシンのドライブが異音と共に挙動不審に。
 そしてもう一台のマシンはBEEP音もけたたましく起動してくれません。
 メインマシンとxpが一台無事なので現状放置しておりますが、そのうち何とかしないとなぁ。
 実は今年に入ってから一度も秋葉原に足を運んでいないのです。一度赴いて色々仕入れてこないと。
 DVDメディアは池袋にあるドスパラでどうにかなりますし、HDもドスパラではそこそこ安いんですが、店ちっこいのでパーツが少ないんですよねぇ。
 ああ、池袋にメロン入ってくんねえかなぁ(メロンはパーツ屋じゃありません)。
 じゃんぱらプリーズ。

 ではタイトルのいってみましょか。

九条信乃=藤野らん=立花舞
雪村小町(それは舞い散る桜のように)
早坂日和(みずいろ)
藍原瑞穂(雫リニューアル)

 日和は説明不要じゃなかろうか。もう他に考えられないぽんこつっぷり。
 コマネチは日和のイメージしかなかった私にとって、マシンガントークが衝撃的だったので。みずぴーは自分自身予想以上にインパクトがありました。

一式ヒカル
智代(智代アフター)
高尾椿(ゆのはな)
香野麻実(世界でいちばんNGな恋)

 智代は名前を知るきっかけとなったので(それ以前はそれほど意識していなかった名前だったんですが、智代でちぃ覚えた)。
 椿さんは今プレイ中で。可愛いじゃないか彼女。特に酔っぱらった演技絶品。麻実さんは駄目っぷりが絶妙だったので。
 あまり引っ張るのもアレなので、後一回で終わっておきます。後は要望がきたら考える。

本日のオチ。
 後は「佐本二厘さん」「木葉楓さん」「佐々留美子さん」「風音さん」「涼森ちさとさん」の中から二人か三人選ぼうかと?


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

花粉から発熱へ

 というわけで熱出しました。
 今の時期に熱を出すなんてこと、ほとんど記憶にありません。
 でも一つだけインパクトがあるというか強烈に残っているやつがありました。
 今回その時とほぼ同じ。
 最初は花粉症が喉に着たのかなぁと思っていたところ、それが鼻に。
 そして気付けばダブルで体を熱で蝕んでいくという。
 あの時もしんどかったー。まぁあの時は無茶もしたからなぁ。

 で、どの時期かというと思い出すのは六年ほど前のこと。
 新海誠さんの存在を全国区に知らしめた(ように記憶している)「ほしのこえ」が下北沢トリウッドで上映されていた頃のこと。
 あん時は観に行った後で段々おかしくなっていって、翌日完全ダウトだったという。
 でも無理して行って帰らされて、下北沢に寄り道して映画館で一休みしてから帰ったっけ。懐かしいなぁ(笑)。
 下北沢もご無沙汰しております。一度マジスパ行きたいんだけどなぁ。
 新海作品はその後舞台を渋谷に移し、二作とも鑑賞しております。「雲の向こう、約束の場所」は長森先生たちと、「秒速5センチメートル」は仮面さんたちと行きました。その時初めて「マジアカ」プレイしたんだっけか。
 ちうわけで久々に苦しんでおります。この苦しみをみんなにも分かち合いたい(えー)。
 まぁ熱を出すこと自体はそれまでの間にもいくつかありますが、喉をやられると普段熱を出す時よりもずっと辛いのです。
 小児喘息持ちなので、咳が頻繁に出たりすると当時のことがフラッシュバックしてしまい、もう滅入る滅入る。
 吸引器を使うまではいかなかったのでまだ恵まれている方ではありますが、それでも目の前真っ暗になった中で星がちかちかする、なんてーことはざらでした。
 当時唯一食べられた梨が大好きなのはこれが原因です。そしてどれだけの数の漢方薬を飲んだことか。ゲンノショウコ超にげー。
 そんなわけで養生であります。明日様子見てまだ駄目っぽかったら月曜会社休もうかしら。
 つれー、マジつれー。

本日のオチ。
 でもネットは適度に回ってしまうのであった。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲ声優三大役2

 声優に明るくない人にはとことん不親切な企画ですが、そんなんよく考えてみればどんな企画だって似たようなもんだと気付きました。
 しかし、少し間を置くと新しい人がすぐに出てくる世界ですねぇ。これもどこも似たようなもんか。
 エロゲの声優さんよりもむしろ一般向けの声優さんの方が知らん人ばかりな私であります(笑)。特に最近出てきた人が多すぎて困る。
 まぁここんとこアニメも溜めちゃっているので、しっかりと追いかけていればそういうこともないんでしょうけど、追いかけようと思わないしなぁ(笑)。
 というわけで、流れにたゆたう感じで知っていくのです。流れ着いたものに手を伸ばし、それで把握する、そんな感じ?
 んなわけで今日も一昨日に引き続き声優三大役をやっていこうかと。
 飽きるまで続きますというかネタが浮かんだらちゃんと日記書くよ。

夏野こおり=藤原理加=涼宮琉那
陽坂美都子(世界でいちばんNGな恋)
鑑純夏(マブラブ)
三田村茜(この青空に約束を)

 名前が多い人なので、一つずつピックアップ、というわけでもなく結果こうなった。
 何しろ浮かんだのが「おさむくんおさむくんおっさむくーん」「タケルちゃんタケルちゃんタッケルちゃーん」「わたるくんわたるくんわったるくーん」だったもので(前者二人は実際にはそう呼ばれてないと思うが)。

青山ゆかり
有馬美月(月陽炎)
春日崎雪乃(恋する乙女と守護の楯) 
樹青葉(そして明日の世界より)

 三人目は迷ったんですけどね。乙女姉さんとか、セージとか。美月は外せません。跳ねっ返りでキックの使い手ヒロイン、というと真っ先に青山ゆかりさんが浮かぶ元祖ヒロインですし(自分「月陽炎」のプレイが少し人より遅い)。
 雪乃様はキックは使いませんが人を叱りつけるヒロインも青山ゆかりさんのイメージを印象付けている気が(くどいようだが「自分が」そう抱いているのである)。
 「かにしの」の鏡花さんはヒロインじゃなかったせいかすぐに浮かばず、「ラムネ」のひかりは他に誰かいたっけ、と調べていて思い出したぐらい記憶になかった(笑)。
 青葉は想いを秘めたまま追い詰められてヤンデレってしまう娘さんというインパクトが強かったから。気持ちもよくわかるというのも大きかった。んなとこです。

本日のオチ。
 さて、明日は誰にしましょうか(明日もやる気満々だ!)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ひまわりのチャペルできみと

 終了。
 これで今年六本目のフルコンプ。
 月二本を目標としているので、今月はゲームやらんでももう良いなと思いつつやってますが。
 もうそこいらで感想書かれまくっているタイトルでもあるので、今更取り上げるのもどうかと思いますが今更取り上げます。
 何しろ今ローテに入れている「ゆのはな」なんざ「ひまちゃき」よりも前のタイトルですがそれも終わったら取り上げようと思っているぐらいですからな。
 でもおそらく書かれまくっている感想と大差ありませんというかほぼ同じです(笑)。
 以前「持ち上げて落とすか落としまくって最後にフォローするか」という日記を書きましたが、それに沿って書くとなると、ファンの人が切れるぐらいの勢いで叩きそうではありますが、私だってファンなんだぞこんちくしょー。
 そりゃまあ「ファンならその程度の不満は飲み込むべきだ」という意見もあるかもしれませんが、それにしたって限度ってもんがあるだろうが。そして限度ってのは個人差があるんだ個人差が。

 んなわけで日和りたいと思います(えー)。

 相変わらず日常の奇天烈発想な主人公が色々な意味で飛ばすシナリオは健在です。個人的にツボだったのは誤答ラッシュ。
 私の界隈では評判だった天嬢のレース実況ですが、私は正直だれました。リトルバスターズのバトルみたいにスキップ可能にして欲しかったかも。だってあまり破天荒な展開がなかったんだもの。
 過去の話はエッセンス程度という認識で。気にはなりましたが深く掘り下げるとも思えませんでしたし(そも掘り下げたら本来のゲームからかけ離れていくし)、次回作以降でも同様もしくは「いつかその題材でやるのかも」と期待しとくべきかなと思ったり。
 他のライターさんの作品を引き合いに出すのもどうかと思いつつ、デレを押し出したタイトルというと「つよきす」辺りが頭に浮かびますし他にもいくつか存在しますが、デレっぷりは過去のどんな作品と比べても頭三つぐらい抜けている気がします。
 ただ、その突出したデレっぷりがいくらヒロインの魅力を高めようと、画面に唯菜かーちゃんが出てくると全部持ってってしまうのはどうなんだろう。個人的にはあの母さん大好きなので問題ありませんけど(笑)。
 何しろ発売されているヴィジュアルファンブックでは他のヒロインを全てデフォルメにしているというのに一人だけ等身でかい上、サービス満点で履いてませんし(笑)。
 声がないのは良いと思います。ドラマCDで聴くのはアリだと思いますが、この作品においてはテキストを追いかけつつ声聴くのは辛いかも。どうしてもテンポが悪くなっちゃいますから。
 音楽はまぁ、引き立て役以外の何者でもなく。それ単体で記憶に残っているものは何一つありません(ボーカル曲除く)。
 たかのん先生の絵は公開当初はどん引きした私ですが、終わってみると良かったです。他に考えられないぐらい。でも小雪だけは駄目だった…まぁこれは小雪が悪いわけでなく自分が悪いのですが。胸を必要以上に強調したキャラは自分全てにおいて駄目なのです。
 地味に嬉しかったのは「エロシーンマジ泣かせ」が無くなっていたことです。私はあれ、素で引く人ですから。他のシーンではありましたがそれはご愛敬で。後は姫の獣プレイがなければなぁ(笑)。
 このシナリオが駄目というのは特別ありませんでした。ただクライマックスへの持って行き方をどのシナリオも必ず「この時はそう思っていたんだ」という、不安伏線入れるというのはどうなんだろう。
 やっぱりデレのみに特化して終わるというのは難しいのかも。大山小山ありましたが、必ず何かしらありましたし。
 個人的に一番好きなキャラはいっさんです。そこ、納得して頷くな。確かに緑だけどさ!良いじゃないか彼女!自分の中で姫とルナのシナリオ評価が高いのはいっさんが救われているからなんだぞー。
 他に気に入ったのはモナ―の最後の一枚絵かな。
 後はサブキャラがとてもよろしかったです。猫タマ大好き。だからそこ、納得して頷くなっつの!確かに緑だけどさ!眼鏡外したらプロポーズもするだろう常考(えー)。
 まぁぶち抜きで唯菜母さんがいっちゃってますが。彼女反則過ぎる。だから彼女が際だつねねねえのシナリオも好きですよ!眼鏡外したタマも出てくるし(えぇー)。
 とまぁ、そんな感じです。面白かった。次は本当に「秋桜」のリメイクなのかわかりませんが、出るのを楽しみに待ちたいと思います。

本日の拍手。
ARIAはやはり、女性の感性があると思うのですよ。男の私には、敵わないなぁと思う部分ありますし。しかし、きちんと完結してくれて良かったです。

敵わぬでも一矢報いるような素敵な感性を発動させたいものです。完結は…恐らく初期からあのラスト、考えていたのかもなぁとか何となく思ったりしました。

もりたさん、青山ゆかりさんスキー止めたんですか(哀)?

とんでもございません。今もAXLのお叱りCDで叱られてきたところです。明日をお楽しみに。


本日のオチ。
 叩き材料は今日の日記以上にありますが、色々と問題があるので余所で取り上げるか非公開にしようと思います(なにー)。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エロゲ声優三大役

 なる企画が一部で発動しているようなので乗ってみます。
 最初は我らが久慈光樹さんがアイマスにのめり込んでいるようなので、そちら近辺のネタを出そうと思ったんですが、よくよく考えてみると私アイマスに関しては予備知識皆無なのでした。
 岩下さんとか健やかさんとか鳴海さんとかが声を大にしていたことと、池田せあらさんにアーケード版の魅力を語っていただいたことはありますが、実はさっぱりわかりません。
 知っていることなんてX-BOX360のキラーコンテンツであることぐらいです。あとはあれだけ夢中になる人がいるんだから、きっと面白いんだろうなぁ、というぐらい。
 氏は「光P」だそうですが、これが名字の方を取ると「久慈P」となり、まるで「ふたりはプリキュア」の黒い方の娘さん(服が黒いだけであり、別に腹黒キャラということではありません念のため)が憧れていた「ふじぴー先輩」みたいだなぁとか思う今日この頃です。花粉が飛んでます。
 360は決して欲しくないわけではなくむしろ逆に欲しいんですよ。だってあのマシン、途轍もなくSEGAハードの後継者臭が漂いまくっているんですもの(笑)。
 とはいえ、現状家庭用ハードに割ける予算がないのです。だからばびっと我慢しているのです。ばびっとはコウモリウサギの略です。
 そんなわけでエロゲ声優三大役の方に話を戻します。
 これはまぁ簡単に言えば「君のお気に入りエロゲ声優さんで「この人はこれ!」という役を三つ挙げてみよう、という企画ですな。
 私はそれほど詳しくありません。極めている人はとことん極めていますからねぇ。まぁ浅い知識からピックアップしてみようかと。

北都南
高屋敷青葉(家族計画)
高町 なのは(とらいあんぐるハート3)
霧夜 エリカ(つよきす)


他にもみやびーとかいますが、真っ先に浮かんだ三つで。因みに田村ゆかりさんが演じているのは「なのはさん」であり、ザフィーラの中の人の奥方が演じているのは「なのちゃん」です。

まきいづみ
藤枝 涼子(ままらぶ)
夏森 永久(てのひらを、たいように)
大江山 祈(つよきす)


どうにも「つよきす」が浮かぶのは何故だろう。涼子さんと永久は鉄板だと思います。

安玖深音
相沢美綺(遥かに仰ぎ、麗しの)
日向夕陽(そして明日の世界より――)
海老原みなせ(ぶらばん!)


最近大人気な音さんです。「リアリア」の桜とかもあったんですが、この三人で。ご陽気な娘さんばかりになってしまった。他に知っているのは「リアリア」の桜とかかしら。

 一応他にも知っている声優さんはいるので、数日これでお茶を濁してみようと思います(そういうこと言わない)。

本日のオチ。
三大緑川光
電忍アレスタ
Aランクサンダー
(こらこら、そこまでにしておきなさい
 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

アクアマリンの瞳

※今日の日記は「ARIA」の最終回近辺のネタバレを含みます。

 今「AQUA」を読み返しています。
 先日コミックの「ARIA」が最終回を迎え、明日その最終回が収録された完結巻が発売されます。
 現在アニメが放送中ですが、こちらの最終回が同じかどうかはわかりません。ですが、コミックの「ARIA」はこれでおしまいです。
 私は連載当初から読んでいたわけでなく、きっかけもいつからだったのか忘れるほどの浅いファンではありますが、この作品は大好きです。
 読んだ人たち言うところの「癒し」を感じさせる雰囲気が大好きです。
 何気ない日常からいくつもの「素敵」を見つけ出す灯里が大好きです。
 彼女の周りの人たちも、大好きです。
 そこには熱いバトルはありませんし、心を揺さぶるような激しい展開もありません。ただただ、穏やかな風が揺らすような、そんな何気ない日常を取り上げた物語。
 でも、時は流れて人もその時の中で変わっていって、成長していって。
 変わらずにはいられない世界の中で、新しい素敵を見つけるために、彼女たちは次のステップを始めました。
 かつて三大妖精と呼ばれた「深紅の薔薇」「天上の謳声」「白き妖精」と呼ばれた人たちの後を進んでいきます。
 「薔薇の女王」「黄昏の姫君」「遙かなる蒼」という名と共に。
 そしてまた、新たなる三大妖精となるであろう彼女たちの後を、また新しい子たちが追いかけていくことでしょう。
 残念ながらその物語は目にすることができないかもしれません。でもつい、想像してしまいます。
 灯里たちが過ごしてきた日々を時には辿り、時には違う道を歩みながら。
 そんなことを思わせる素晴らしいラストシーンだと思いました。
 「AQUA」の開始当初と完結した「ARIA」の時との絵。連載の長さ、月日の流れによって作画は変わりましたが、そこに包み込まれている「素敵」は変わりません。
 灯里が入社して最初にARIAカンパニーの制服に袖を通し、朝食を食べている姿を頬杖をついて見つめているアリシアさんの顔。
 新入社員であるアイが入社して最初にARIAカンパニーの制服に袖を通し、朝食を食べている姿をほお図絵をついて見つめている灯里の顔。
 もう何度も見比べてしまいます。そして恐らく見たら引くと思われるぐらいに、にまにまとしてしまう私でありました。
 天野こずえさん、長期の連載お疲れさまでした。素敵な物語をありがとうございました。

本日の心境。
 こんな物語を、いつかは作れるようになりたいものだなぁ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

僕の彼女いなくなっちゃった僕の彼女消えちゃった

 今日のタイトルは「水溶性」から。
 歌っていたのはLÄ-PPISCHです。
 そしてそのバンドのキーボード担当で曲も作っていた上田現氏が癌でお亡くなりになったそうです。
 ……悲しいのう。
 好きなバンドでした。LÄ-PPISCHの音楽は現ちゃんだけが作っていたわけではありませんが、現ちゃんの作る曲の方が自分のツボだったのです。
 今回挙げた「水溶性」もそうですしカラオケで時々歌う「ハーメルン」とか。
 「胡蝶の夢」もそうだったかな。
 恐らく大半の人は元ちとせさんの「ワダツミの木」を作った人、でうろ覚えているのではないかと。あの歌も好きでした。
 このバンドに嵌ったきっかけは妹だったりします。
 当時私は違うバンドが好きでしたが、結構雑食で、気に入ったバンドは片っ端から聞き囓っておりました。
 そんな中妹が夢中になっていたのがLÄ-PPISCHでした。当時は通称「P-ROCK」が盛り上がっておりまして(詳しいことを知りたい人は「バンドやろうぜ」「P-ROCK」辺りでぐぐってみるとわかると思う)。
 私はどちらかというとその中ではアンジーの方が好きだったんですが、釣られクマ―な勢いでLÄ-PPISCHも聴くようになりました。
 気づけばLD買っていたりアルバム買っていたり。ライブには行けませんでしたけれど。
 他のメンバーも曲を作っていましたが、一番好きなのは現ちゃんの作った曲でした。自分の中に沁みてくるような曲ばかりでした。
 もう彼が新しく作った曲を耳にすることはないんだなぁ……悲しいなぁ。
 心よりご冥福をお祈りいたします。あちらにいるミュージシャンの人たちとセッションでもしながら、新しい曲を作って欲しいものです。
 そしていつか自分やファンが逝った時、曲を披露してもらいたいものです。
 最近聴いていなかったアルバムを久し振りに出して聴こうと思います。
 一つ紹介させてくださいな。「ハーメルン」です。


本日の締め。
 こういう形で知られることになるのは悲しいですが、多くの人に知ってもらいたいって考えもある自分が嫌だ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

こどものおもちゃ

 通称「こどちゃ」。
 略して「こどちゃ」(同じだ)。
 懐かしいなぁ……先日ビデオを整理していたら出てきてしまいまして。
 ついふらふらと数話観てしまいまして。
 気付けば本来やらねばならんことを完全放置して休日を終えておりました。えへ。
 いやしかし、エネルギーあったなぁこの頃の大地監督。パワー有り余っていたってのが伝わってきます。
 最近で言うところの新房監督?いや個人的イメージですが。それにしてもパワフリャでした。
 TOKIOのボーカルも若かったなぁ。実は時々持ち歌ネタが尽きると歌ったりもするんですが。
 これがオンエアされていた当時、知り合いさんに薦めてみたところ「いや、あのテンポにはちょっとついていけません」と言われましたっけ…遠い日のこと。
 ハイテンションな演出が目立った作品でしたけれど、内実は結構ヘヴィでハードな物語でもありました。侮り難し。
 こんなはっちゃけたアニメをまた観てみたいものであります。
 …意外とやってるかもしれませんが(笑)。
 最近すっかり疎くなっちゃいまして。
 その上作られる作品数も半端ないですからねぇ。一体何時このバブルは弾けるのやら。
 いや、弾けられたら困りますのでいい感じで縮小していってもらえたらなぁと。あまり多くやられると追いきれないのです。
 来期も多そうなんだよなぁ…
 というか、そろそろHDレコーダーを導入しないとなぁ(未だにアナログですよ!)。
 世は次期メインメディアとしてブルーレイに絞られた感がある今日この頃、自分もそろそろ次世代への動きを見せないと。
 とりあえずゲーム機買おうゲーム機。
 そしてバーチャルコンソールで懐かしいゲームを楽しみまくる(素直にファミコン動かしなさい)。

本日のオチ。
 PSXとかどうだろう(誰も覚えてない誰も覚えてない)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

生きてく永遠に

 「君が望む永遠」が出てから結構経ちます。
 当時まだ知られていなかったメインの声優さんは現在方々で活躍をなされ、後にアニメになった主演孝之の中の人はボーカリストとしても知られるところとなりました。
 発売当初、回収騒ぎがあり、その後ソフ倫からメディ倫に変わりDVD版がリリースされ、ファンディスクがリリースされ、今回また登場となります。
 今回の名目は「vista対応」といったところでしょうか。当然お馴染みのシステムを最新版にして追加要素付仕様に。
 ファンディスクで作られた「君が望む第一章」を収録し、本編に存在しなかった「三章」を追加とのこと。
 これが最終バージョン…とは思えんわなぁ(笑)。
 今後も色々と継ぎ足して作られそうな気がしてなりません。
 同様に「マブラヴ」も作られそうな気がしてなりません。具体的に言えば「無印+オルタ+オルフェ」とか(いやそりゃ無理か)。
 そういえば今回の「君望」は立ち絵も新規に起こされているとか。
 新しい立ち絵を見てみましたが、やはり大分変わりましたねぇ。月日を感じます。
 そこはかとなく全員ロリっているような気もしますが。
 これも時の流れと言うやつなんでしょうかねぇ(笑)。
 んで、買うかどうするかと言われたりされるかもしれません。
 私、無印版買いました。さすがに無修正版ではありませんが。
 DVD版買いました。
 スペシャルファンディスク買いました。
 age会員でもあります。既に二度だか三度だか、更新もしております。
 なら、買うしかないじゃないか!((C)アスラン・ザラ))
 業が深いのです。ええ深いんですよチクショウ(何でやさぐれてんた)。
 もりたはまゆまゆシナリオ以外のきーやんを応援しています(ゲーム本編に孝之の声はありません)。

本日のオチ。
 文緒っちのシナリオ、追加してくんねーかなぁ…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ニコニコ動画

 どうしてこういちいち何かを弄る度にトップのレイアウトまで変えちゃうんでしょうかあの人たちは。
 まぁ変化がついたってのが分かりやすくしているのかもしれませんが。
 戸惑う以前にうっといと思ってしまうのは私だけか。私だけなのかもなぁ。
 SPに進化したようで。進化と言っていいのかどうかは私自身は何とも言えませんが、UPする人にとっては進化したのかも。
 ROM専っす。サーセン。
 メインは相変わらずMADです。後は昔のアニメのOP集とか。
 最新のはコメントが多くて観る気萎えてしまいまして。わいわい観るのが楽しいわけですが、わいわい過ぎる。
 権利問題でこの場で観ることを快く思わないというか不快に感じている人も多いとは思いますけども。
 だから、権利者も「一週間限定で配信」とか「一日だけ限定で」とか縛って流してくれりゃいいのになぁと思うことも。
 ニコの動画なんて画質あまり良くないし、そこまでして保存する人もそれほどいないだろうし。
 とか思っていたら高画質が作れるようになったという…おいおい。
 ガッカリ画質なら多少は緩和してもらえる、なんてーのは自分の勝手な妄想ではありますけども。世の中そんな簡単にゃあいかんわな。
 宣伝とか独自のアニメとかも流しているようですね。積極的というか押しの姿勢というか。
 これからも楽しめるようであれば嬉しいです。昔ほどにはいかないでしょうけど、それはそれ。
 気付けば以前観られた動画も削除されているものがいくつかあります。自主的なのか運営側の対応なのかは分かりませんが。
 プレミアムだったりするので、お金出している分は楽しませていただこうかしらね(笑)。

 ここのところ、力尽き率が上がっております。
 疲労が抜けないままh疲労を積み重ねているからなのかもしれませんが。
 もう少しこのままな感じ。あうぅ。
 とりあえず今月末ちうか年度末までじっと忍耐なのでありますよ。

本日のオチ。
 それで変わらなかったら何か手を打とう絶対手を打とう幸せなら手を叩こう叩けるわけねーだろが(意味不明転換


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

未整理の弊害

 時折ひたすら後悔します。そう、積み本から次のストックへと手を伸ばした時に。
 私の場合、未読の積み本がダンボールに三箱ほどあります。まぁそれほど大きな箱でもないんですが。
 んで、そのうち一つが「次に読む予定の本」軍団です。
 シリーズの最初のものとか、読み終えたシリーズの次の本とか、それ一冊のみ(続巻がないもの)とかが収納されてます。
 他の箱にはシリーズものの続きや続巻がないもので次に読む予定の箱に入りきらなかったもの。
 何ゆえこんな事態にと思う方は少ないかもしれませんが、理由は存在します。
 単に読むペースが買うペースに追いつかないってだけのことです(笑)。というか買うペースが早すぎる。
 例えばブックオフとかで気になっていた本や本屋で手に入りにくくなっている本とかを見かけると速攻確保してしまったり。
 お気に入りの作家さんが新刊を出すと速攻確保してしまったり。
 知人友人から直接いただいたり、てな具合で増えていっていると。。
 おっそろしぃのはこれ、小説だけなんですよね。コミックの方の箱も実は(えー)。
 いやさすがにコミックの方は一箱で済んでますが(笑)。
 しかし、改めてブックオフの恐ろしさを思い知らされるというか。
 基本書店で売られているものは可能な限り書店で買うようにしております。
 ブックオフの恐るべき破壊力は「書店では入手し辛くなっている本のセットが揃う」というところにありまして。
 ついうっかりシリーズものまとめ買いとかしちゃうんですよねー、てへ。
 最近は自重を覚えました。部屋が狭くなって困る。
 とはいえ、気を抜くと手元にあるから恐ろしい…もっと自重せねば。
 因みに最近読み終えたのはブックオフで買ったのではありませんが、やや古めの「Missing」です。これも全部揃ってるのに読み終えたのは一冊目。
 積んでいるものを完全に消化するよりも先に寿命が尽きそうです。えへ。

本日のオチ。
 管理しないから時々本がだぶります。てへり。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

俺たちから僕たちに

 ご存知の通りでしょうが、自分はオタな人です。否定するつもりはまったくありません。
 まぁ最近ではオタちうてもそれほど嫌なイメージは減少しているのではないかしら。
 単に幅広い意味で使われるようになったから、と思っているってだけのことですが。
 昔はオタというとアニメとかゲームとか二次元に夢中になる人の総称って印象があります。私だけがそう思っているのかもですが。
 ですが、今は「芸能」とか「軍事」とか「将棋」とか様々なジャンルで「貪欲に傾倒しちゃっている人」のことを指しているように思えます。
 とま、それらについて語ろうというわけではないのでこの話はここまでで。
 んでま、何が言いたいかといいますと、そんな私でもそれなりに他のことへも意識は向けているということを。
 というのも今回はちょっと毛色の違う話をしようと思いまして。
 芸能のお話。
 恐らく知らない人はほとんどいないでしょう。男性アイドルが所属する一番大きな事務所のことです。
 音楽番組とかで彼らの楽曲を聴いていて、ふと気付いたことがありまして。
 数多くのユニットというかグループを輩出しているあの事務所です。自分も学生時代から興味があろうとなかろうと聴いていた時期がありました。
 オタチックに説明すると、戦隊シリーズみたいなもんですな。一定周期で新しいグループが誕生しているという。まぁ彼らは解散しないグループの方が多いですけれど。
 それでも一昔前は新しいグループがヒットチャートに定着すると、その前のグループは解散しているみたいですが。
 朝の情報番組の司会をずっと続けていた人が所属していたグループぐらいからしか分かりませんが、それ以降も「毎年ミュージカルを行っているグループ」から「ローラースケート軍団」「バンド」など続いております。
 私はその「二年B組なんちゃら先生」で揃って出演した人たちが作ったグループ以降しか知りませんし、いつの間にか姿を消していたグループもありますし、全ての楽曲を調べたわけではありませんが。

いつから「僕」になったんだろうなぁとふと気付いたのであります。

 バンドやっていた人たちの歌詞には「俺」がありました。それ以前の例えばいい加減中年と言ってもいい年齢にも関わらず少年という名を冠したグループのデビュー曲にも「俺だけを見つめてくれよ」という歌詞があります。
 ですが、ローラースケート軍団が歌っていた曲ぐらいから、自分のことを指す歌詞が全て「僕」になっているような気が。
 これって事務所の指示なのかなぁ、とかふと思ったのでありましたとさ。

本日のオチ。
 さりげなく名前を出さないようにしていたのは、当然ファンが恐そうだからに他ならん。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

昨日、悲別で

 ひたすらに重苦しい雰囲気が漂いまくるドラマという印象がありました。
 でも逆に言えばそれぐらいしか覚えてません(笑)。
 というか、観た記憶すらほとんどありません(えー)。
 あと覚えているのは「22才の別れ」が主題歌に使われていたことぐらいかしら。
 せつない歌であります。17歳から付き合い始めて別れるまでの歌。
 とはいえ、付き合い始めたのはもっと前からかもしれませんが。
 誕生日に22本の蝋燭を立て、で別れ。
 17本目からは一緒に火を点け、五年の月日が長すぎた春、というような歌詞がある歌です。
 フォークソングですな。昭和の良き頃の歌。
 んで、何ゆえ唐突に、というところではありますが、私の日記なんざ常に唐突なので何を今更という感じではあると思いますが、一応説明を。

今日、○○才と別れました。

 ……………泣きてぇ(えー)
 まぁここ数年別れる年に対しては全部泣きたい気分で別れているわけですが。
 何しろもう一度やり直したくても出来ませんからな。
 縋り付こうが泣き叫ぼうがどうにもなりません。
 そんなわけで新しい年と出会いました(どうして素直に年食ったと言えんのだろう)。
 出会ったところで恋に落ちるということはないと思います。だって別れがせつないもの。
 ここは割り切って付き合うしかありません。所詮一年限定の付き合いなんですから。
 身体は許しても心までは許しませんよ!
 そんな一日。

本日のオチ。
 この年まで一応生きることが出来てる身体に産んで育ててくれた両親にはひたすら感謝であります。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ぺけくんぺけくん

 3月3日で思い出すのはみみみ先輩です。
 他の人はそんなこと欠片も思いつかないかもしれませんが私は思い出しました。
 いや、それだけですごめんなさい。
 そしてそんなアホなことを書いている翌日また一つ年を食う事実に驚愕。
 神様、今年は年据え置きで結構です(えー)。
 いや実際のところ、何も成し遂げてねーわ昨年収入少ないわと碌なことありませんでしたし。
 艱難辛苦なんて要りません。一生食わせてくれる世話焼きのお姉さんをください(最低だ)。
 そして明日もきっと同様の文面が飾られることとなるでしょう(更に最低だ)。
 パセラさんからバースデーカードが届きました。
 これで三年連続でバースデーハニトーを食するのは確実となりました(えー)。
 バースデーハニトーは花火付なのです。
 終わると焦げ臭いのです(最悪だ)。
 でもタダなので嬉しいのです(本音だ)。
 一人じゃとても食えないので、誰かと行く時にもらうことにするよ。
 まぁほぼ間違いなく歌会で使うことになるとは思いますが。
 ハニトーも時折頼みますが、今までで一番無謀だったのは6人ぐらいで三つ頼んだときでしょうか(笑)。
 記憶違いがなければ、右近さんとじろ~さんと修羅さんの三人がメインで一つずつ潰して、結局平らげたという(笑)。
 わっちには半分どころか三分の一も無理でありんす、とホロってしまうぐらいに無理。
 三人が糖尿病にならんことを祈るばかりです(いや本当よ?)
 さすがにもう三人ともこんな無茶は出来まいて。

本日のオチ。
 それでも修羅さんならきっと何とかしてくれる(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

3月のライオン

 「ハチミツとクローバー」が終わってからもうかなり経つような気がします。実際はそれほど経ってないはずなのに。
 というか、実は未だにスピンオフとかやる機会もある作品です。先日も掲載されてましたし。
 そしてテレビドラマも放送されています。自分は観ていませんが妹曰く「駄目」だそうで。妹とは感性近いところにあるので、自分にも合わない予感が。
 劇場版も結局観に行けませんでしたが、あれはどうなんだろうなぁ。
 アニメ版は良かったです。原作を丁寧に描ききったと思います。伊達に黒田洋介の看板背負ってないなオルフェ社長(何を偉そうなこと言いますかこいつ)。
 そして「ハチクロ」の作者羽海野チカさんの最新作が今日のタイトル「3月のライオン」です。
 今回はプロ棋士(将棋の人ね)の桐山君が主役の物語です。ちょっと控えめな竹本君と言う印象。
 でもまだ勿体無くて2話までしか読んでいないので、読み進めれば印象変わるかもですが。
 自分にとって「ハチクロ」は「身体に静かに滑り込んでくるナイフ」のような作品でした。気付かないうちに深いところまで切り込まれていた感じ。
 「3月のライオン」も同じ匂いがします。でも「ハチクロ」と決定的に違うのは、今の段階で「ライオン」の主人公桐山零君と自分のシンクロ率が高い。
 「ハチクロ」の時は山田さんに感情移入したり竹本君に感情移入したりしましたが、シンクロするまでにはならなかった。今回はシンクロ率が高い。
 それほど共通点ないように思えるんですけどねぇ。でもそう感じちゃったんだからしょうがない。
 ともかく、コミック待機でいこうと思います。最新のヤングアニマルで繋がるっぽいですが、ここは我慢で。

 後は先日dyeさんが薦めていた「とある飛空士への追憶」を歌会の時購入しております。まだ読んでおりませんがyoruhaさんも面白かったようなので楽しみ。
 「トリコロ」の特装版も購入しております。まだ季刊つえるぶは読んでおりませんけど。
 まぁトリコロ本体の方は電撃大王連載分なので既読だったりしますが、それでもにまにましながら読みました。
 体型ネタを容赦なくまきちーに叩き込むにわがステキです。
 でもそれ以上ににわママであるなごやんがステキすぎる。
 コミック刊行のため連載が止まっているトリコロですが、これで再開されるなぁと喜んでおりますよ。
 しかし電撃大王はすっかり「エロゲコミカライズ&電撃文庫コミカライズ&他社からの駆け込み寺」呉越同舟誌になってしまったのう。

本日のオチ。
 個人的には「良いぞもっとやれ」ではありますが(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。