スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水瀬名雪という名の狂気

 本来なら「ななさい」とか書こうと思っていたりもしましたが。
 どうにも頭でちらと浮かんでしまってしょうがないことを書こうかと。
 狂気。
 時折無性にダーク系のSSを書こうと思ったりします。
 正直自分のサイトに上げるにはカラーが違いすぎるので上げてませんけど。
 投稿系に出す気もあまり起きず、書き捨て書き捨てで。
 そして、つい頭に浮かんでしまうのはとある作品のヒロインです。
 他にもダーク系主人公になり得る人は沢山いるはずなんですが、何故か私の頭の中では彼女ばかり浮かびます。

 水瀬名雪。

 「Kanon」のヒロイン。主人公祐一の幼馴染みです。
 どうしてだろう。私彼女がすごく「壊れやすい」という印象を抱いていまして。
 同じ「Kanon」の中では天野美汐さんがダーク書き易い人という印象だったのですが、実際書こうとすると書けず、名雪さんだとすらすら書けてしまうのですな。
 ただ、ダークと言っても色々あります。私が書いているのはもうシンプルに「笑いながら人を殺す。殺せる」というものです。
 自分の心理状態がおかしいだけかもしれませんが、名雪だとすごく書き易い。他のヒロインじゃ無理です。
 というか、どうして殺そうとするのかが自分自身分からなかったり。先ほども書きましたけどダークというジャンルは幅広いと考えます。死んだり殺したりだけじゃ決してないはずなのに。
 原因は、あれかもしれない。
 以前「コンプティーク」か何かの付録で、名雪・あゆ・栞シナリオ担当であり「Kanon」の企画を担当された久弥直樹氏のプレストーリーみたいなものを読んだ記憶があります。
 その時名雪のプレストーリーではゲーム冒頭の待ち合わせ前の話が描かれていたような。
 アニメにもなりましたが、ゲーム冒頭は主人公祐一が七年振りに訪れた雪の街で、迎えに来る人を待つというシーンから始まります。
 迎えに来たのは名雪なわけですが、その名雪は平然と遅れてやって来ます。シナリオの詳細忘れちゃってますが、当時は「こういうキャラだししょうがない」と思ったわけですが、実は「知っててわざと遅れてきた」とされていたと記憶しています。勿論ゲームのオフィシャルと言う形での公開ではなかったと思いますが、シナリオライターさん自らが描かれていたことを思うと、それが真相なのかなぁと思えたわけで。
 そして東映版通称「あごKanon」では名雪が今で言うヤンデレ状態でした。秋子さんが事故に遭い、尚且つ祐一はあゆに惹かれているという状態。
 これを下敷きに考えちゃっているせいかもしれませんが、笑いながら、いや、目だけは空虚。口元だけ笑っているような状態で平然と周りの人間を殺めていく、という話をいくつも思い浮かべている自分がいました。
 どうしてこんな発想してんのかは分かりませんが、どうも最近名雪というとそんなシーンが浮かんでしょうがない。

本日のオチ。
 ただ、自分の記憶も曖昧です。本当に久弥氏はそんな話書いたんだろうか、東映版は実際は違うのかもしれない、とかも思ったりはします。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

出来ることを、やろう

 と、決意はするものの…
 最近はブログに書くようになっておりますが、以前はサイトの方で日記を書いておりました(理由は切実な容量問題である)。
 だから日記の方に直リンをしておられる方もおられるとは思います。結果サイトの方に足を運んでくださる方はあまりおられないのではないかと思っております。
 何しろ五月の末以降、サイトの方でSSを更新しておりませんので。連載ものはそれ以降もちょこちょこ更新しておりますが、読み切りという形では更新止まっておりまして。
 いくら同人始めてそちらの原稿があるからとはいえ、サイトのSSを疎かにするのはいかがなものか自分、と自問自答。
 確かに多忙ではあります。忙殺されてはおります。メッセンジャーに上がりたくても上がれずチャットに常駐したくても出来ません。
 人間のやることに限界があるとはいえ、少しずつでも何とかしたいと思っていた時期だってあり、実際何とかしてきたというのに。
 現状でも約200人ぐらいの方は毎日来ていただいているようです。その方々を退屈させないようにしたいと思っているのです。
 その一方ではMIXIをリアルタイム近況日記やら打ち合わせ連絡用やら歌会連絡用やらで活用し、リリカルなのはSNSではその場即興思いつき「15分で出来る会話式SS」をほぼ毎日書き流しております。
 おまけにちょっと前までは夏の祭典用原稿をひーこら書いておりました。
 いやーこりゃ余裕もなくなるってもんだなーあっはっは!

 …笑いごっちゃねーよ。
 そないなわけで、サイトの方も手を入れようと思うわけでござる。
 まずは手っ取り早く同人ページの方を更新しておこうと。夏の新刊もありますし、ゲストも二つ受けておりますし。
 うち一つは既に宣伝ページが出来上がっておいでです。さすがに手が早い。
 Leafはブランドの意向というか命令というかにより、ショップで二次作品は販売出来ないため、イベントか通販のみになりますので、出来れば会場の方に足を運んでいただければと。
 私のスペースでもいくつか委託販売引き受けておりますので、是非ともいらしてくださいやし。
 自分の作品の宣伝もそろそろ本格化させていこうと思っております。
 私の本にいたってはショップどころか通販する予定もないので、是非とも会場に。大体ショップに委託したって売れねーもの(笑
 というか、ショップに預けたくなるぐらいの量を刷れば委託もしますけどねー。そこまでするほどの量でなし。
 因みにタイトルは「Ein Schwur」です。ドイツ語で「誓い」になります。ネットって本当に便利ねー。

本日のオチ。
 裏表紙にドイツ語でとある文を入れました。訳してみよー(出る頃には忘れとるわい 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

歌会7月ノ巻

 そんなわけで毎月恒例の歌会、今日行ってきました(実際に書いているのは翌日であるが)。
 今回は「夏コミ原稿書いた人お疲れサマー」的な意味合いも込めての開催だったわけですが。

未だに原稿が終わっていない方がちらほらと(微妙に目を逸らしつつ

 そして私自身もギリギリまで原稿書いていたため、呼び込み告知をし忘れるというチョンボをやらかしてしまい、気付いてみれば歴代最少人数での開催となりました。
 とはいえ「本日の部活は中止なのです」という告知をするのは悲しすぎるので、強行開催と相成りました。前回は飛び込み派が多かったし、良いのではなくて?
 実は歯医者に予約を入れていたため、いつもよりも迅速に行動しなければなりません。スピーディースピーディーに動かねば。

「…あ、もしもしすみません、今日ちょーっと用事がありまして、そちら行ける時間がなくなってしまい…ええ、すみませんが来週に…はいお願いしますぅ」(えー

 時間がなかったんだよ!
 というわけで某四人組のピンクの巨乳持ちの扱い悪い子ばりに歯医者から逃亡し、待ち合わせ場所に。
 今回はとにかく何をするにも最少人数です。最初のラーメンも仮面の男さんとサシで光る麺を追い越して君にきっと会えるねと思ったら誰にも会えなかったのでサシで塩。
 最近都心に進出してきました西の雄「かむくら」がいつの間にか西口にも出店していて焦ったけど、今回は光麺です。だって広いんだもの。
 んでま、夏の予定とかあれこれ話をしつつ食事。終了後はパセラに。

 今回参加者が少ないため、「当初来る人少ないみたいですから予約していた部屋より小さめでOKっす」と連絡入れてはみたものの「それでも五名様は来られるかもしれないわけですよね。でしたらこのままで変更無しでお取りします」とのこと。すまんかった。
 ということで開始は二人と言う、昼開始システムを取った歌会としては最少人数での開始ということに。
 なので実にgdgdというかマターリというかな雰囲気に。部屋広いので二人ソファに寝っ転がりつつ画面を流れるアニメのOP観てました。
 パセラさんが夏休み特別期間ということでアニメの「ひぐらしのなく頃に」を配信していたので冒頭シーンだけ流してみたり(笑
 でもま、歌わんのもアレなので適当に歌ってました。先日の流れでジュンスカとかBACK-TICKとかレピッシュとか歌う私。気付けばアニソン一曲も歌ってねえ。
 じんぐじんぐにメールしながらだらだらとしていると入稿を完了させた右近さん到着。そして入稿どころかまだ原稿終わっていない木名瀬さん到着(笑)。実は今回これで全員であります。
 ということでここからはいつも通り、の前にパセラ自信の夏休みメニューでタイ風グリーンカレーを食す。んー、悪くないけどもう一工夫欲しかった。
 そして「ひぐらしのなく頃に 解」とのコラボということで作られている特製メニューもオーダー。「園崎家おはぎ」と「エンジェルモートパフェ」の二点。
 「園崎家おはぎ」はパセラお得意のパーティグッズ「ロシアン○○」で、「五個あるうちの一つだけ針(ハバネロ)入り」というもの。
 木名瀬さんが圭ちゃんになりました。辛いと言うよりも痛いそうで、正に針。エンジェルモートパフェは値段の割には量が多くて満足。甘いけどあれは安いと言ってもいいんじゃなかろうか。8月までは食べられそうなので興味のある人はパセラ行くよろし。私も8月中にもう一度行きますよ。頼むかどうか知らんが。
 結構飲み食いしたからお値段一人2200円。ま、たまにはよかろうて。
 しかしパセラポイント5000でWiiがもらえるのは美味しかったかもしれない。売約済みというか交換約束済みは残念だが。
 というかそれならX箱360を同じぐらいのポイントで交換してくれればいいのに。すんなり差し出すのに(現在ポイント7000超)。

 その後はお買い物。私はメガミの最新号と健速先生の小説デビュー本を。それとアニメイ塔に登るという右近さんと仮面さんにまだ買えていなかった「StrikerS」のサウンドステージ2を頼み、下で木名瀬さんと待つことに。
 そこに飲みから参加のよしおさんが既におられたので(メールでやり取りをしていたのです)しばし歓談。主にコミケ関連。
 買い物を終えた二人と合流し、先週と同じ某密会に実に適した場所に連れて行くことにというか、一度よしおさんをこちらに連れていってみようかなーと密かに思っていた次第。
 原稿が待っている木名瀬さんとお別れし、我々は飲み興じ。
 しかし本当広い店だな…そして今回案内された場所は「当たり」でした。前々回前回と少し蒸したため、夏は適さん店かも、と思っていたけど杞憂。今回の場所は逆に涼しいぐらいだった(でも店から出たら地獄)。
 んでまぁ今回も炙りトロサーモン寿司を「美味いっしょ?美味いっしょ?」と振れまくるお調子者がここに一人(最初にこれの美味さに気付いたのはまてつやさんである)。
 ここでは専らバカ話に終始してました。面白かった。やっぱり右近さんは面白い人だなぁ(誤解を招かんように言っておきますが、右近さんの話が面白いというだけであって右近さんがおばかというわけではありませんからね念のため
 四時間ほど時間を忘れ、あれやこれやとお話したのでありました。そして解散。外の蒸し暑さどうにかならんかとか思いつつ。

 というわけでの歌会7月分でした。正直不安もありましたが楽しかったので問題ありません。お付き合いいただいた方々に深い感謝を。残念ながら不参加だった方、次回は是非に。
 もりたは皆さんからの「混ぜろコノヤロウ」を心よりお待ちしております(いや本当よ?

本日の拍手。
「ベルカ、吠えないのか?」で、盛大に吹きました。ならば、「すずかの夜の種族」と裏ネタで切り返しw

ぬぅ、それは「すずかでSSを書け」という無言のプレッシャーでは!むむむぅ、アリサとすずかのカップリングとかは私には無理だー!


本日のオチ。
 そして無風蒸し暑い東京から帰還、東京より涼しい上風もある埼玉に戻ってきた私ではありますが、腰が限界を超えて這うように帰りましたとさ(とことん最後まで上手く行かない私でありました。ぎゃふん



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

限界バトル叩きつけて

 とか言いつつ「遊戯王」はまるで観ていなかったりするわけだが。
 ニコニコのとあるMADで曲の存在を知っただけなわけですよ。
 まー熱い歌ですな。いかにもJAMってな感じで。
 熱血が足りない時はJAMを聴くに限る。無駄に熱くなれるから(笑
 もっとも、やり過ぎるのはよろしくありません。自分自身熱血になってしまうじゃないか(毒され過ぎるにも限度というものがある
 とはいえ、時にはクールを求めるのです。スピードワゴンはクールに去るぜ(去ってどうする去って
 というわけでクールなOPのアニメってないかのぅ、と思って浮かんできたのは「カウボーイビバップ」とか。あれはクールでした。
 最近では「バッカーノ!」のOPがクール。オフボーカルですがそれが良い。
 「ひぐらしのなく頃に 解」のOPも好みです。
 「さよなら絶望先生」のOPも基本好みなのですが、いい加減前田は止めてください。同様に「らき☆すた」の白石も。度を過ぎると不快すら通り越す。
 
 そんなわけで「バッカーノ!」の放送が開始。
 序盤は序盤らしく実に分かり難い…て。
 いいのかあんなまぜこぜで!
 確かに実に原作らしい作りでした。実に豪華なキャストでした。実にイメージどおりでした。アイザックを除いて。
 というか正直アイザックは大塚デネブさんにやって欲しかったんだよなぁ、ミリアは別にキョン妹で良いのですが。
 でもま、あれだけのクオリティでやってくれりゃ大満足ですよぅ!
 このクオリティをキープしたまま最後まで抜けてもらいたいものです。
 そして「デュラララ!」とかも作って欲しいもんです。同じスタッフで。
 アニプレックスはガチだなぁ、と思った次第。
 いよいよ来週から本格的なバカ騒ぎが始まります。超楽しみ。

本日のオチ。
 しかしこうやって改めて観てみると、本当に人大杉。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

胸に宿る 熱き彗星は 始まりの鼓動へ…

 先日「無印→A's→StrikerS」というタイトルで「なのは」と「とらハ」について雑感かましたところ、大手サイトに紹介されてえらいこっちゃと戸惑っております(レスが遅れててごめんなさい)。
 いや、紹介してくださるのはありがたくもあるのですが、そうなるのならもっとちゃんと色々と調べてから書けばよかったかなと。
 先日dyeさんが触れていた「リスティの11人のクローン」とナンバーズとの関連性とかそこいらも含めて。
 ただ本気で調べなおすとなると、無印一作目からリリカル箱、さらにはサウンドステージからVFB、現状最終作でもあるOVAまで調べにゃならんという大事になる始末。
 加えてなのはの方もある意味性質が悪いですから、無印やA's、StrikerS本編だけでは足らず、その隙間を埋めるサウンドステージとコミックス、小説なんてーものまで全部拾う必要があるわけで。
 いくら夏コミ合わせの原稿をほぼ全て脱稿させたとはいえ、そこまでやっている時間はありませぬ。
 でもま、調べてみると面白い設定被りがそれこそ山のように出てきそうな気もしますので、時間がある時に少しずつ拾っていくのも面白いかもしれません。
 先日激動の17話がありました。地上波で観ることの出来るエリアでは明日の深夜で出揃いますよね。んなわけで軽く感想とか雑感とか。
 当然のようにネタバレで週末近くで疲弊しているため、隠すのが面倒なので剥き出しで行きますから、知りたくない人は引き返してください(不親切仕様である
 んではここからはネタバレで。

 ここまでで一区切りのようです。展開をA'sで例えるならヴィータやシグナムにボコボコにされ、リベンジに燃えるレイジングハートとバルディッシュが「ベルカ、吠えないのか?と言わせてやるためにカートリッジシステムを組み込めやコラァ!」と言う手前辺りでしょうか。
 今まで流れていた通称「シクアン」もここまでで、恐らく次回からはマッシヴな主題歌(MASSIVE WONDERS)が流れることでしょう。
 果たして前回OPには欠片も出番のなかったユーノやアルフ、そしてリイン1は本当に消えたままなのか?再登場はないのか?とか(でもこっからは風呂敷畳み作業になるだろうからなぁ、難しいかもしれぬね)。
 寧ろギン姉とスバルのリボルバーナックル激突とかの方がOPとしては映えるシチュかもしれない。
 んで前回、二人が戦闘機人のプロトタイプだったということは判明したわけですが、今にして思うとコミックスでのあのティアナとギン姉との会話シーンは伏線だったのかしら、とか思えたり(「この姉妹、二人揃ってホントにじっと目見て話すのよね」というシーンね)。
 次回からはパワーアップフラグ立ちまくった17話を経ての逆襲のターンになるのは確実ではあります。
 が、結局のところ隊長副隊長以下がナンバーズを少しずつ片付けていくという流れになりそうな気も。
 なのはやフェイトはともかくとして、はやてのリミッタは簡単には解除されないでしょうし、なのはについてはヴィヴィオが向こうの手に落ちているので、枷になるんじゃなかろうか?
 まぁ恐らく出番のなかったシグナム姐さんはリベンジに燃えるヴィータに衝撃のシグナムパンチをかまして頭を冷めさせ、自分がリインとユニゾンしてゼンガー(ゼンガー言うな)と戦うんじゃないかと。
 アリサやすずかを結界で守りつつ行われる海鳴海上での最終バトル!限界バトルたたきつけろ!((C)JAM Project)
 …いやほら、クライマックスは海鳴海上で行われるのが過去二作のパターンじゃないですか(笑

本日のオチ。
 スターライトブレイカーの全力全開は「海鳴の海上でないと発揮出来ない」って設定があったりしたら笑えるかもしれない。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

また深く、君の事好きになったから

 タイトルは一昨日の「こんな綺麗な夜空に巡り合えたのは」というフレーズの続きです。
 ではなんぞこれ、という人に説明。JUN SKY WALKER(S)というバンドがかつて存在しており、彼らが歌っていた「すてきな夜空」という曲のフレーズです。
 昔は良く聴いておりました。好きだったもので。
 とはいえ当時はバンドブームでもあり、JUN SKY WALKER(S)は確かに好きでしたが他にも好きなバンドは沢山というか山ほどというかありました。
 雑誌も良く買ってたもんなぁ「アリーナ37℃」とか「パチパチ」とか「パチパチロックンロール」とか「バンドやろうぜ!」とか。
 JUN SKY WALKER(S)こと通称ジュンスカは時々カラオケで歌っていたのです。歌いやすいの。
 特に良く歌っていたのが「すてきな夜空」「歩いていこう」「白いクリスマス」「レッツゴーヒバリヒルズ」辺り。
 先日久々に「すてきな夜空」を歌いまして。それで取り上げてみた次第。
 青臭い(褒め言葉ね)歌詞は今でも十分に通用します。どこかでカバーとか出すかもしれんね。
 最近ではすっかりメンバーたちも裏方回った感がありますが、また出てきて元気な姿を見せてもらいたいところ。
 ゆずのプロデューサーでもある呼人君は時折活動している姿を見かけたりしますけども。
 ということで久々にジュンスカとか聴いている私がいるわけですよ。
 こうなると当時聴いていたものを片っ端から聴き返してみるのも一興かも。
 例えばP-ROCKのアンジーとかレピッシュとか。
 例えばポストBOOWYだったBACK-TICKとか。
 ぐああああ懐かし過ぎて泣けてきた(笑
 当時のこととか思い出しちゃったりしますよね。
 …………あの頃に戻りてえなぁ(笑
 今だって悪いことばかりではありませんし、今のような形で生きてきたからこその出会いってのも確実にあるわけですが…戻りてえなぁ…
 私の運命のループフラグはどこに転がっていますか(ないから

本日のオチ。
 もしくは誰かデフラグかけてください(ぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

まだや…まだ終わりやない…

 土曜に入稿を済ませた後、カタログを買いに行きました。
 その後知り合いに会う機会がなかったので声をかけまして、乗ってくださった方とカレー食ったりカラオケ行ったり本屋冷やかしたり(いや私以外の方はちゃんと買い物しましてよ)炙りトロ食ったりエロゲ談義したりしまして。
 カレーは二度目でしたが、相変わらずがら空きで。大丈夫かと心配したくなるが、混むと嫌なので場所は秘密にしておこう(笑
 アキバで言うところのタニマ並みの空きっぷりである。しかもランチタイムに。バイキングなのに。
 というかバイキングなのに、ランチタイムなのに、11時半に入って3時に出るというのはどうかと思うんだ。その間何も言われないのもどうかと思うんだ。
 続いてとらのあな行って買い物。とはいえ私は既にカタログゲット済みだったので冷やかし。
 んでもってカラオケ。別に喫茶店でも良かったのですが、よくよく考えてみたら二時間個室で周囲気にすることなくカタログ開ける場所ってカラオケもってこいじゃないかと(笑
 そんなわけで歌うでもなく適度に歌って適度にぐだって過ごしました二時間。三人なのに六人部屋並みの広さがあったため、全員寝転がってました(笑
 Once&Foreverが既に歌えたのが嬉しかったり。今度はキーを上げて挑戦してみたいと思います。具体的に言えば週末辺りに(笑
 その後は書店行脚。ジュンク堂で海外SF作家講座を開いたり開いたりしていました。

 そして居酒屋さんに。先日訪れた炙りトロサーモンが激美味い店に。同席のお二人も初体験。うちお一人はその店入ること自体がお初。
 ワサビ苦手な方でも美味さは堪能出来た模様。最初にこれをオーダーしたまてつやさんに感謝(笑
 んで、中でひたすら話をしていたわけですが(というか今回の趣旨は「とことん喋り倒す」だったのだが)、エロゲにベクトルを振り過ぎてついていけない人が。
 ここいらが課題ということで。偏ってしまうと中々軌道修正が難しく。
 ディープな話は進めれば進めるほど奥深さにのめっていきますが、逆に言えば分からない人には輪をかけて分からないことになるわけで。
 反省しとります。もう少し浅く浅く。
 そして、今回のこととは関係なく改めて思ったことは「親しき仲にも礼儀あり」の精神。
 いくら親しくても相手方が自分と同じスタンスで接してくれるとは限らないわけで。
 それもしばらく不本意な形であるとはいえ、距離を置いてしまった立場の人間が礼節も弁えずずっと自分が距離を置かざるを得ない状態の間も親密になっていく過程を経ている人たちと同じ態度で接したわけで。
 そりゃ煙たがれもするわと改めて感じた次第。そのことに気付かないといけなかったのは半年以上も前のことでありました。
 ひたすら猛省し反省する昨今であります。親しさと馴れ馴れしさは紙一重であると勉強いたしました。

本日のオチ。
 昨日のタイトルについてはMIXIで触れたのでスルー(ぇー)。いや明日今度こそ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

こんな綺麗な夜空に巡り会えたのは

 土曜早朝に入稿を終えまして。
 まぁデッドラインは恐らくもっと先だと思うので、軽やかに「てへ、まだ出来てません。入稿延ばしていいすか?サーセン」とか言えば楽ではあったのですが、それはやりたくなかったのでどうにか頑張りまして。
 結局紆余曲折のどたばたがあってかなりわたわたさせましたが、無事入稿は完了しております。
 今回は色々と早めに手を打っておいたので思っていたほど苦労はしませんでした。ありがたやありがたや。絵描きさんに足向けて寝られません。
 今宣伝ページも準備中です。絵描きさんやら表紙やらはその時に改めて。
 この後もう一つゲスト受けているものがあるので、それを終えてからオリ書く予定です。
 んで時間的に余裕があったら久々に初心に帰ってコピー誌も作ろうかしらとか思ったり。
 キンコーズが空いているうちに作りたいところです(笑
 既にカタログが発売されてますが、そこを調べると私がどこにいるかわかりますつか、そういや自分のスペース紹介どころか通ったか落ちたかすら言ってなかったような気がする。
 東ク―42B「緑翠庭園」でございます。一つよろしうに。

 色々とステップアップを緩やかに行ってきましたが(普通一足飛びだ)、今回もステップアップしとります。
・フルカラー表紙
 ついに色をつけることにしましたです。
・サイズはB6
 今までコピー誌含め全部サイズはA5でしたが今回はB6です。
・タイトルがドイツ語
 前回で英語タイトルを初めて使ってみましたが今度はドイツ語ですよ。
・単独参戦
 お馴染みの相方が今回参戦を断念せざるを得なくなってしまったため、たった一人の戦争となりました。宿がねー。こりゃ前日遅くまで遊ぶのは無理かもわからんね。
 既に一ヶ月を切った祭典、さて今回はどんなことになるのやら… 

本日のオチ。
 タイトルの内容については明日触れます(ぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

それなんてエロゲ

 昨日Su-37さんと仮面の男さんとひたすら駄弁ってきました。
 主に仮面さんは聞き役に徹さざるを得ないような展開になってしまったのが大変恐縮ではありますが。ごめんなさい。
 その流れから我々二人を知っている人なら納得でしょう、エロゲについてあれこれと話をしておりまして。
 その中で「エロゲ30本挙げてみる」という話が。Suさんの日記でやられていることですが、そこで30本出すことの難しさを聞きまして。
 んでふと思ったわけです。「自分30本もプレイしてたっけか。つか印象に残るエロゲ30本もあるんだろうか」と。
 というわけで今日はタイトルをひたすら挙げるだけの日記になります(ぇー)。やってみよか。

・ONE ~輝く季節へ~
・痕 ~きずあと~
・月姫 
・YU-NO ~この世の果てで恋を叫ぶ少女~
・家族計画
・水夏
・Routes
・君が望む永遠(スペシャルファンディスク込み
・Kanon
・とらいあんぐるハート(1~3、マジ箱リリ箱含)
・パルフェ
・こなたよりかなたまで
・てのひらを たいように
・それは舞い散る桜のように
・CROSS†CHANNEL
・水月
・この青空に約束を
・銀色
・マブラヴ(オルタ込みでないと駄目だ
・遥かに仰ぎ、麗しの
・"Hello,world"
・リフレインブルー
・秋桜の空に
・雫
・腐り姫
・Forest
・Lien ~終わらない君の唄~
・Fate/staynight
・ショコラ
・BLUE
 入れようかどうしようか迷ったものもいくつかあります。どうやら自分30以上はプレイしている模様。
 なお、現状絶賛プレイ中の作品でもこの中に入れたい作品はありますが、はまだ入れてません。

本日のオチ。
 実は「AIR」はこの中に入れたくないタイトルだったりします。「CLANNAD」は18禁ではありませんから除外。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

なにぃ!?

 といえば車田正美です(ぇー
 自分はそれで育ちました(なんだってえぇー
 他にも「げぇ!?」とか「お、お前はーっ!」とかもあります。
 「リンかけ2」は欠かさず読んでおります。もっともさりげにスーパージャンプは粒揃いなのでほとんど全部読んでますが。
 でも「リンかけ」はどうやってこの先話を繋げていくつもりなんだろう。
 まぁやろうと思えばいくらだって話は作れるとは思いますが、どうにも先が見えません。
 現状の最終目標はスコルピオンとの再戦だとは思いますが、何か足りないものがたくさんあるような気がしてならんのです。
 気付けば巻も20を超えております。この勢いなら一作目の巻数は超えるでしょう。それどころか相当先まで行けると思います。
 けど、なーんか唐突に終わりそうな気がしてならんのだよなぁ。
 既に最後の切り札だと思っていた竜の遺伝子も登場していますし、一作目最大の敵でもあった12神絡みでアポロンが出て来ておりますし。

 どんな形になるとしても最後までは読み続けると思うので、頑張れ漫画屋。でも雑仕上げは勘弁な!
 さて昨日も触れましたがカタログが遂に発売を開始しました。
 昨日も触れましたが2400円です。
 昨日は触れませんでしたが冬の祭典の日程は29,30,31です。
 ……絶望した!社会人や地方人に厳しい日程に絶望した!
 いや参加するけどさ多分。
 ただ知り合いと会う機会を減らされるのは辛いというか悲しいというか。
 簡単には会えない人と会える場でもあるので、出来ればもう少し良い日程を…難しいか。会えない人はどんな日程でも会えないし。
 それに三日開催を考えればこの日程しかないんだろうなぁ…
 とりあえずは冬に備えてネタ出ししておこう(気が早いなオイ 

本日のオチ。
 そしてやつらがやって来る。今回もやって来る…なのはStrikerSProject……



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カタログ

 明日お台場漫画祭りのカタログが出ます。2400円てたけーなオイ。
 とはいえ、サークルは増加の一途であり、恐らく極力ギリギリまでは増やしていっているのでしょうからいたし方ないのかもしれません。
 本当消防法の限界にチャレンジしてんじゃねーかってな気すら。
 カタロムの方は翌週出ますが、正直どちらにも購入欲が出ております。
 カタログにはカタロムにないMRがあります。マンガレポート。
 カタロムにはカタログで面倒な検索が楽勝で行えますし、編集も楽ちんです。双方捨て難い魅力があるのです。
 ま、結局はカタログ買っちゃうんですが。そして一日終えるごとに一日目分、二日目分と処分していくわけですが。
 悲劇的といいますか笑劇的と言いますか、ここ数年ビジネスホテルを活用してベースキャンプ張っているのですが。
 何度となくうち捨てられたカタログを発見します(笑)この同類共め!(笑
 とにもかくにも楽しい思い出にしたいものです。嫌な思い出にはしたくないものです。
 抱き枕が買えなかったからって泣き叫んだりしないようにしましょうな(笑
 今回も出てくるんだろうなぁ…何出すつもりなんだろうなぁ。
 ヴィヴィオ抱き枕とか出したらと思うと気が気じゃありません。いや欲しいわけではなく。キャロ抱き枕でも欲しくないから。
 だからエリオでもねーっつってんだろが!(先読みギレ
 ただの抱き枕に興味はないんですよ!別に宇宙抱き枕でも未来抱き枕でも超能力抱き枕でも興味ありませんが。
 CDが出たら買うぐらいですかね。後はオリジナルビデオとか出されたら考えますが。
 グッズは特別興味ありません。私の意識を惹き付けるようなものが出れば別ですけども、果たしてそんなもんが出るかどうか。
 都築さん直筆設定資料集とか出されたら超困りますが。誰かに行かせてでも手に入れたいところですが。
 そんな悲喜交々も起こり得るイベントのカタログが明日発売されます。
 別に慌てて買う必要もありませんが、とりあえず早いうちに入れておこうかと。

本日の拍手。
来週StS第17話は、監督自ら絵コンテの気合の入ったものだとか。山場とも相まって非常に楽しみです♪

正直手当たり次第にばら撒かれている死亡フラグのことを思うと憂鬱なんですけどね私は…


本日のオチ。
 そういや今年は非本系つまり同人ゲームや音楽CDは初日だそうで。ということは初めてスーツじゃない峻さんがニトロキラルでお買い物することが出来るのか!おめでとう! 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

錆落とし

 日々過ごしていると、気付かないうちに色々なことで「ずれ」が生じることがあります。
 これは非情に厄介で、「気付かない」のが厄介で。
 「気付かない」ままずれていくから当然ずれていっていることに「気付かない」わけで。
 そのままどんどんずれていっても、日々「徐々に気付かないまま」ずれているため、分からないままずっと行ってしまうわけで。
 そのことに気付かないままどんどんどんどん行ってしまうと、取り返しのつかないことになるわけです。
 世に言うところのスランプってのは多分これ関係あるかなと。
 スランプとは違うんですが、自分がこんな状態だったと気付いたりしまして。
 ふと。唐突に。突然に。
 仕事中ほけーと、まぁ色々と滅入ることがあって自分を顧みながら省みていたわけですが。
 唐突に気付いたわけです。「そういや自分ってこんなんだっけか?」と。
 何時からか気付かないうちに「本来の自分」というものから逸脱していったんじゃないかと。
 色々と思い当たることがあるわけですよこれが。
 んでま、思ったわけです「取り戻せ」と。
 そりゃまぁ「いきなりは変われない」(らき☆すた15話)とは思いますし、変えなくてもいいところだってあると思うのです。
 んなわけで「省みて我ながらとんでもねえ」と思ったところは片っ端から削除していこうと。
 少なからず痛いところもありますし、嫌なところもありますので。そこいらは全て消去しちまえと。
 それで失ったものが取り戻せるかどうかまでは分かりませんが、とにもかくにも今のままでは自分自身嫌過ぎる。
 とまぁ、内部改革をしないと駄目だこれは、と思ったわけですよ。
 ここ数ヶ月の中で不快な思いをされた方々に深くお詫びをいたします。大変申し訳ありませんでした。
 失った信用や信頼を取り戻すのは不可能かもしれませんが、自分なりに本来の自分を取り戻していこうと思います。 

本日のオチ。
 オチはなしの方向で。


入稿前のどたばた

 印刷所さんに製本をお願いするのは今回の夏で三度目です。
 一度目つまり最初は「ちゅ○やさん」を夏に落として大騒動起こした某所で印刷お願いしました(実はその前の冬にも同様の騒動があったそうな)。
 無事に製本されていたのでほっとしたものでした。
 というか、本を出すことに決めたのもものすごい唐突だったりして。サークル「緑翠庭園」としては何度かイベントにサークルで参加しておりますが、全てコピー誌及び委託でした。
 そんな中チャットで美鈴まさきさんに「ここなんかどう」と言われたのが件の印刷所。美鈴さんもその騒動知らなかったそうですが。
 いや実際流動的だったのです。何しろ本を出そう印刷所に頼もうと思ったのが7月入ってからというか半ば過ぎ近くになってからだったような。
 基本夏の祭典というのはお盆に開催されます。今年は鉄道の陰謀でお盆からずれましたが基本お盆。そして巨大同人誌即売会である以上は当然本を出すサークルさんは印刷所にお願いするわけです。
 決して少なくはない印刷会社ですが、それでも書き入れ時であり、どこもかしこも夏と冬は異様な臨戦態勢を取ります。
 具体的に何かってーと予約受付をするわけですな。飛び込みでいきなり「本出してください」「どーぞどーぞ」なんてところはほとんどありません。仮にあってもイベント後に本が出来上がることでしょう。
 …昨年の夏にどうしてそこにしたかといいますと、予約受付なしで7月31日まで受け付けてくれたのはそこぐらいだったからなのよ(笑
 
 それで色々教わりました。テキスト部分は通称「ひざうえフォーマット」の提供をいただきそれを活用。それに「他人の代表」「Halloween」の各代表さんにアドバイスをいただき、表紙もMIXI内で必死こいて探していたら名乗りをあげていただきどうにか完成にこぎつけまして。
 学びました。原稿の作り方、表紙の加工の仕方、印刷所の手続き等々。まだ学んでますが。
 そして冬、昨年の冬。この時は表紙については以前「描きますよ」と言っていただいた神埼見張さんにそのままお願いしまして(とはいえ、当初は「CLANNAD」の本の予定だったワナ)。
 印刷会社も小説系に優しいポプルスさんにお願いすることにしました。さすがに勉強しましたよ。ええ勉強しましたとも。事前に予約入れましたよ。締め切りギリギリでしたけどさ。
 冬も滞りなく本が出せました。とはいえ忘れていることも少なくないトホホな状態でしたが、それでも思い出したり縋ったり(最悪だ)して頑張った。
 んでもって今年の夏。今回も本出します。出しちゃいます。
 ですが今回少し弾けました。今まで二回ともA5サイズのモノクロ表紙でしたが、今回はB6サイズでフルカラーにしちゃいました(カバーねえけどな)。
 今回もポプルスさんに印刷をお願いしてあります。というか入稿日土曜なんだけどな。まだ終わってないわけだけどな。
 表紙の方は今回もちょっと出足が鈍り、難航しましたが、MIXIと今年の春から始まった「リリカルなのはSNS」をフルに活用して引き受けてくださる方に会うことが出来ました。完成したら宣伝します。表紙もその時に。 
 んなわけで、タイトル通り入稿前でどたばたしているのです。後は裏表紙の加工が待っている。

本日のオチ。
 新機軸を打ち出したから冬も新機軸を打ち出して、ゲストでも頼もうかしらねぇ…え?オチでもなんでもないって?ゲストがオチたりするかもしれないじゃないか(笑えん笑えん 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

無印→A's→StrikerS

 という変遷を辿っている「魔法少女リリカルなのは」のお話。
 ご存知の通りこれの元ネタは「とらいあんぐるハート」のシリーズ三作目です。スピンオフからスピンオフしたような感じの作品ですな。
 真相はどうだか分かりませんが「とらいあんぐるハート」のシリーズはもう新作が作られません。権利問題とかディスカバリーやセブンエイトへの置き土産とか色々と取り沙汰されておりますが多分新作は期待出来ません。
 だからなのかもしれませんが、個人的に「リリカルなのは」シリーズは「とらハ」シリーズへの形を変えた再挑戦という印象があります。恋愛要素とは違う、流れというか設定で。
 以前もSu-37さんやじろ~さん辺りとお話したんですが(というか飲み会で「なのは」の話ってあまり出来る人いないんだよなぁ)、「焼き直しと言うかリトライしているんじゃないかねえ」と。

 まず一作目の「とらいあんぐるハート」ですが、これはヒロインの一人綺堂さくらさんと主人公相川真一郎くんとの関係について。
 さくらさんは吸血鬼さんで、人よりもずっと長い寿命を持っております。対して真一郎くんはどこにでもいる女装の似合う普通の小柄な男の子です。
 これがなのはさんとフェイトさんに置き換わるかなぁと。普通の魔力がとんでもない女の子とアリシアのクローンとして生まれた女の子。
 クローンである以上普通の人間と比べて寿命が短いという定説のようなものがあります(既にこの段階で穴だらけの理論である)から「長く続かない幸せ。でも二人はそれでも進んでいく」的なところが「とらハ」を踏襲しているのかなぁと。
 
 続い二作目「とらいあんぐるハート2 さざなみ女子寮」ですが、こちらは女子寮という舞台の割には全員が家族感覚っぽいです。 
 んでA'sには八神はやてという女の子の家族としてベルカの騎士ヴォルケンリッターの存在が。
 実際は主従関係ですが、はやては「家族」と言い切ります。「とらハ2」でも誰かがそんなようなこと言っていたような(こういうこと書くならちゃんと調べろよ)。
 ということで「血は繋がっていないけど家族の絆」ってのを踏襲したかと。

 そして三作目「とらいあんぐるハート3 ~sweet songs forever~」ですが、こちらは主人公の高町恭也つまりなのはさんのお兄さんの境遇が。
 無理がたたって剣士としての致命傷を負ってしまいますが、それでも再び剣士として立ち上がるという設定がありまして。
 アニメの「StrikerS」本編ではちらっとしか語られていないエピソード(ティアナになのはのことを教える際出てきたエピソード)ですが、ゲームの兄の立場を妹が踏襲してるってのも面白いと言うかなんと言うか。コミックスでも断片的にしか語られておりませんが、無茶がたたって「もう飛べないかもしれない」大怪我をしたけれど、必死のリハビリで再び飛べるようになった、というくだりは「3」踏襲してますよねぇ。
 さらに付け加えるならばゲーム「3」の後日談エピソードとしてOVA版が存在します。こちらはもう完全に御神の剣士として動ける立場にまで回復した恭也さん大活躍のお話です。
 香港の特殊部隊やフィアッセの幼馴染みのボディガードのエリスと協力して、なんてーのは教導隊に所属しつつも機動六課に協力しているなのはさんと近いですよねぇ。

 現状最新であり最終の「とらハ」がこのOVAということを考えると「StrikerS」はこの物語以降で都築さんが作りたかった物語の続き(シャレみたいやな)ではないかと思えたりもします。
 勿論「とらハ4」を望みたい希望は常に持っておりますが、それが叶わないとなると、なのはさんの今後に期待するしかないわけで。「StrikerS」も残り10話、いよいよ終盤に向けて大きく動き出しております。行き着く先はどうなるか分かりませんが、最後はせめて幸せな記憶となって残る作品であってもらいたいものです(意訳;誰も殺すなよ)。
 
本日のオチ。
 あー、原稿で止まってるけど久々に「とらハ」のOVA観てーゲームやり直してーSS書きてー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ふと気付いた

 7月16日は「ナイムネの日」にするというのはどうだろう。
 とても良い発想に思えますが。
 …駄目だこいつ、早くなんとかしないと…
 二日連続でこんなふしだらな日記なんて…一体僕に何が起こったというのか。
 最近オンライン交流が見事なまでに途絶えてしまい、すっかり忘却された人になっております。
 時間が合わなくてさー。メッセでオンラインになっている人もいますけど3時4時じゃさすがに寝オチかオンラインにしてるの忘れてる人だろー、と思い交友ままならず。
 かといって自分も少しは寝ないといかんので、僅かな時間を睡眠に充てちゃいますから結果、ここしばらくの間オンラインで会話したのなんて他人の代表の主催と南瓜の主催ぐらいです。
 一応自分でも嫌な面は猛省して妙なこと口走らないように若干でもなってはいるつもりなのですがー。
 近況報告みたいなものはずっとMIXIの方で行っているので、MIXI不参加の人やMIXIをあまり覗かない人にとっては益々私記憶から忘れ去られそうです。
 ウサギは寂しいと死んでしまう生き物だと言うのに、何ゆえ自ら賑やかな場所に行くことが叶わないのだろう。

 今しばらくこんな生活が続くと思うと死にたくなるのであった。
 とはいえ死にたくなると言うことは生きていられるということでもあり…
 ……良く分からなくなったのでこのお話はこれまでということで(えー
 「さよなら絶望先生」が恐ろしいほど無駄にクオリティ高い件について(笑
 やっぱり元作品との相性ってのがあるんでしょうか。「月詠」や「ぱにぽにだっしゅ!」当時の切れが戻ったといいましょうか。
 というか「ネギま」とはあまり相性が良くなかったというべきか監督の主張が原作信者に駄目出し喰らったと言いますか、「ネギ」では散々だったからなぁ。
 でもさー「リリカルなのは」(無印)だって彼監督さんだったんだよ?あれはあれで好きでしたですよ?
 ま、とにかく今回は原作を懇切丁寧にアニメにしているという印象があります。でも前田出しすぎ。
 期待はしていたけど大きな期待はしていなかったため、良い意味で裏切られた感じです。
 1クールなのが惜しいところ。でもこの品質ならシリーズ化も出来るかな。期待の一本に化けました。

本日のオチ。
 そして期待はずれに終わる作品もあるわけですが…ふぅ


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ふと気付いた

 7月17日は「ナイチチの日」にするというはどうだろう。
 とても良い発想に思えますが。
 …相当疲れてんなこりゃ…
 連休中ではありますが、休んでいる気が全然しません。まぁ仕事じゃないので良いんですが。
 いやまー、色々難儀っておりましてー。頑張っちゃいますが難儀っておりまして。
 壁を打ち抜くのって難しいのね、とか今更ながらに気付いたり。いや気付いてたけど。
 でも大分薄くなってきたので、明日一気に打ち抜きたいと思います。
 何の話か分からんでしょうが、気にしないでください。

 そういや週末にはカタログが出ますなぁ。本の方。CDは来週か。
 来週は色々と買うもの出てくるから、出来れば週末まとめ買いなんて面倒な真似は避けたいのだが。重いし。
しかし、カタログ代、どんどん高くなっていくよね。今回は2400円だったはず。
 今回も企業ブースが熱そうだよなぁ、とかも思ったり。調べてないので分かりませんが、定番どころは出てくることでしょう。
 気になるのは毎回大騒動になる「リリカルなんとか」です(笑
 今度は何をやらかすつもりなのやら(半分は購入側に問題があるようだが
 でもま、さすがに学習能力が身についてきたらしく、昨年の冬はさほど騒動なかったような。
 平穏無事に終えることが出来るのかどうなのか。
 今回出てきそうなのは「キャロ抱き枕」「ナカジマ姉妹orティア&スバルorエリオ以外一まとめ抱き枕」でしょうか?
 もしくはなのは&フェイトリバーシブルとか?全員ひっくるめたシーツとか?
 買う人はちゃんと一般で並んでちゃんとルール守って買いましょう。私はせいぜい出ていたらCD買うぐらいだと思いますが、グッズによります。少なくとも抱き枕は要らん。
 少しずつ少しずつ祭典モードに移行しつつあります。祭りが近いと気分が高揚しますからな。

本日のオチ。
 その前にやることやらないと。きっちりやらないと。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

新番組7月期

 大分出揃ってきました。
 どこいらが一番人気なのか、調べてないので良く分かりませんが、やはり出来の差にばらつきがあるようで。まぁしょうがないわなぁ。
 今のところ二期の「ひぐらしのなく頃に」は好評のようで。
 今回も歌が良いですね。前作同様好みです。実によろしい。
 一部で「MELLの無駄遣い」と言われている「スカイガールズ」のOPも好き。さすがとしか言いようがない。
 他にはWOWOWですが「ムシウタ」のOPも好みです。WOWOWで放送される私の大本命「バッカーノ!」にも期待してまっさ。
 そして「もえたん」のOPはまだ観ておりませんが、詩を最近すっかりこっち系(電波な歌詞の認知度高まったからなぁ)でも知名度上げた畑亜貴さんが担当しているので、きっとまともじゃないでしょう多分。

 そういや畑亜貴さんといえば最近では「らき☆すた」のOPですが、その「らき☆すた」のEDを集めたCDが発売されまして。
 フルコーラスちゃんと歌ってんのね。まぁ一部じゃキャラらしさを存分に発揮しまくって歌になってないのもありましたが(例;旧西遊記の主題歌)
 あと曲が流れないで歌の練習だけで終わってんのもありましたが(例;神男
 あのCDは平野綾さんという声優のポテンシャルを存分に発揮しているんじゃないかしら。とにかくすげえ。
 アニメのEDではワンコーラス流すだけですが、セカンドコーラスに入るとすごい芸を披露したりもします。
 ただつかさが「バレンタインキッス」歌っている時だけは自重しろと言いたかったですが。
 それと、実は酔っ払ってたりしてないか?と思うところもありました(笑
 ガチで歌ったバージョンも入れて欲しかった気がしますが、恐らくガチで歌わなかったからこそ許可下りたんじゃないかとも思えます。
 どうせならシリーズ化させて2クール目もやってもらいたかったような。
 白石がはっちゃけるEDが二回続きましたが、あんなもんは一度やりゃ十分だと思うが?ファンの人いたらスマンが、私はもうイラネ。
 二度目なんか早送りですよもう(笑
 無論次やってもそうするというかいい加減ムカついてくるので三度目流れたら予告も切り捨てる所存。
 どうせ実写流すなら「DC」みたいに四人の声優さんのプロモを(それはそれであまり好きではない

本日のオチ。
 DVD三巻の特典も白石絡みだとか。段々ココイチ行くのも嫌になってきた(ぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

よしなに

 密かに忘れそうになっていたことがありました。
 最近色々と忘れて困る。
 んで何を忘れそうになったかと言うと

POPLUSさんに予約(ぇー

 いや、しょうがないんだよ!
 見積もり確認した状態で満足しちゃったんだよ!
 ごめんなさい嘘ですが。単に銀行に行く時間が取れなかっただけであります。
 でもま、お金は入れました。予約も入れました。
 原稿は入れてませんが(ぎゃふん
 大丈夫!大丈夫ですよ多分!(何で多分やねん

 いや確かにまだ何も準備終えてないけど!
 そういや夏に使った金庫というかミニレジ、収納に問題があるから金庫買おうとかも考えてたんだけど!
 というか色々と忙しくてPCの前に長時間座る余裕がないんだけど!
 …………果てしなく不安になってまいりました(ぇー
 でも何とかなるよきっと!
 小人さんがたくさん出てきてくれて、いつの間にか終わっているんだよ!
 だって入稿来週予定なんだもん!
 ……大丈夫か本当に……
 こうなったら今から15人ぐらいに頭下げて書いてもらうとかどうだろう(えぇー
 そんなこと考えている週末の仕事時間でありましたとさ。 

本日のオチ。
 そして「原稿書け」と言わんばかりに三連休は台風襲来。空気読んで暴風雨圏の迷惑を考えてください4号さん。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

気力転身!オーラチェンジャー!

 熱血度が足りんという話をちょっと前にしておりましたが、濃い友人曰く「特撮でも見たら」とのこと。
 それも「昔の」と現在のではなく昔の古のかつての名作を観ろとのお達し。
 確かに昔は熱血が多かった。「るぁいだぁ、へんしんっ!」てな感じでした。今では「ヘシン!」ですからな。
 というわけで昔の特撮、とりあえず戦隊ものをいくつか観まして。歌聴きまして。
 それが先日取り上げた「戦隊名乗り集」とかですよ。
 というかそれを観て熱そうな戦隊セレクトして観たり聴いたりしていたわけです。
 どうやら現在消されてしまったようですが、検索ワード絞り込んでつべを探れば拾えるかも。
 んでま、昔がどれぐらい熱かったのかをちょっと分かりやすい形で紹介しようかなぁと思いまして。
 まぁ言い換えればネタがない。もう少し踏み込んで言い換えれば原稿煮詰まった時の気分転換。
 まずは新しいものを。現在放送されている「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の前の作品「轟轟戦隊ボウケンジャー」の名乗りシーン。

 見得きりは割と抑え目でした。
 そして最終回、彼らは生身で見得を切りました。

 イエロー観てるとぶん殴りたくなります(笑
 少し話題を変えて。最近「仮面ライダー電王」観ていて改めて思うのが「役者さんの声が弱いこと」です。声に迫力がない。電王の上手いところは主役の良太郎くんが声を敢えて貧弱にしている(ように思わせてくれる)ため、関俊彦さんを始めとするイマジンたちの声、声優さんの迫力を再認識させてくれました。
 でもま、勢いで突っ走ったものだってあるわけです。例えばこれ「百獣戦隊ガオレンジャー」の変身名乗り。

 熱いけどバカ。それが魅力(褒めてんのよ?
 そして未視聴だったいくつかの作品の中で、一番熱さを感じさせてくれたのが「五星戦隊ダイレンジャー」でした。とにかく役者さんがガチ過ぎる。
 最新作「ゲキレンジャー」が拳法をメインとした云々はちょっと前にも触れましたが、こちらは本格的でした。
 別に「ゲキレン」にケチつけるつもりじゃないんですが。ほら、素材違うし。獣拳はオリジナルだし。ダイレンの方は実在拳法モチーフにしているから凄いなぁ、ということで。
 んではどんな変身で名乗りかを。

 宣伝ものですが。つかこれ相当後にやったな。麒麟レンジャーの切れが半端ねえ。あんなきびきびした酔拳ヤダ(笑
 んで、実は彼らが「生身見得きり」の元祖(もっと前にもいたかもしれんが覚えてない

 実はMIXIの方では何度も紹介していたり。だって格好良いんだモン。音楽と相俟ってもう最高。時代によって変わって行くものはたくさんありますが、こういう熱いものは受け継いでもらいたいもんです。頑張れニキニキ。

本日のオチ。
 手抜き日記にしようと思っていたのに寧ろ手間食って困るワナ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

セブンイレブンに絶望した

 今日のお昼は鮭イクラおにぎりでした。
 最近食欲があまりなく、昼に至っては「食わんでもいいか」と思うほどになっておりますが、食わんでいると同僚が怒涛の勢いで食わそうとするのでおにぎり一個だけ食って誤魔化してます。
 んで今日は鮭イクラ。今日は7月11日ってことでセブンにし、鮭イクラを見つけて「ん、これいくか」と思ったわけです。
 …イクラが入ってねーよこれ…
 同僚のにはあったのに!失望した(食欲が失せつつあるとはいえ、こういうことになれば話は別である)。
 今度回転寿司でも行くかぁ、と思った日のこと。ひどく蒸し暑かった日のこと(もう誰もこれの元ネタ覚えてねーだろ

 さてでは昨日のお話の続きであります。
 サークル「緑翠庭園」の夏原稿のお話。
 ずれにずれている「蒼天」の話にしようとし、結局固めきれず今回も断念しました。
 となると別のお話を、ということになるわけです。
 冬はフェイトさんが主役でした。アリサと「翠屋」次期店主を賭けて戦う、というお話でした。
 「蒼天」ははやてさんが主役のお話です。微妙にシグナムさんや恭也が目立ってますが、軸ははやてさんです。
 となるともう、次の主役は誰になるかなんてーのは明らかです。

 昨年夏――――はやて
 昨年冬――――フェイト
 今年夏――――ヴィータ

 ……あれ?
 まぁ、いいかぁ(えー
 というわけで今回の主役はヴィータさんです。好きなんだからしょうがない。
 なのはさんの活躍はここででも楽しんでください(実は今回書いている話に関係があるようなないような)初スターライトブレイカーのシーンですな。


本日のオチ。
 そろそろ容量と相談しないといかん領域に達しつつあるので焦る。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

なっとー

 納豆は嫌いではありません。寧ろ好きな部類。
 刻みネギとか入れたいですな。後は芥子とかも。刻み海苔もいいですな。
 鶉とかも入れましょうか。
 とかいう話は毎年「納豆の日」こと7月10日に必ずやっているような気がするので終わる。
 原稿進めてます。
 既に一つは終えておりますが、まだ二つ残っています。

 今日は自分のサークルの原稿のお話。
 サークル緑翠庭園としては既に何度かイベント参加しておりますが、オフセット印刷を印刷所さんに頼んで作るようになったのは昨年の夏コミからでした。
 現在「魔法少女リリカルなのは」をメインとして本作ってます(サークルではなくサイト「KEYSTONE」としては鍵も葉も月も他のも色々やってるよー)。
 夏に出したのは「A's」本で「蒼天~騎士・剣士~」という本でした。当時物議醸しまくっていた混むフレックスさんにお願いしたので正直気が気でなかったのですが、どうにか無事出せました。弱小の方が救われたのかも、という話も。
 「蒼天」は「とらハ3」とのクロスオーバーです。なので恭也とかかなり目立ってます。
 続きものですが、未だ出てません(笑…いごっちゃねー!
 ずっと書いてますが、書いては消し書いては消しを繰り返してます。流れ自体は頭の中にあるんですが、まだその域に到達出来ていないのが現状です。
 なので冬に出す予定が夏に、そして今年の夏も断念しました。はうあうあ。
 で、冬に出したのが「Dreamers」という「A's」の本。こちらはフェイトさんメイン。
 この冬は小説同人に優しい(という印象が私にある)POPLUSさんにお願いしました。予約入れて本作ったのも初めてだった(混むには当時予約無しで受け付けてもらえるギリギリの時期に申し込んだ)。
 どちらもコミケ特需でしょうか。予想よりも出てくれて嬉しい限りであります(完売はしてませんよ?
 なのでコミケ以外の会場に参加する時は手持ち在庫で挑めると言う嬉しいんだかやるせないんだか分からんことになってます。まぁ身の程を弁えていますから、それほど刷ってませんが。
 とはいえ、昨年夏に出した「蒼天」は冬もそこそこ捌け、春先のサンクリではじろ~さんが委託で出してくださったりもしたもので、残り少なくなりつつあります。増刷はどうせ需要ないでしょうけど、でも続き出すなら在庫あった方がいいよなぁ、どうしよ。
 そして今書いているやつについてですが、紙数が尽きてしまいました(えー

本日のオチ。
 なので明日取り上げます(なにー



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大切な人を失ったことはありますか?

 という最初からクライマックスな「CLANNAD」劇場版の予告が「らき☆すた」で公開されてました。
 さすがに映像は綺麗です。それと公式で聴ける「メグメル」のアレンジバージョンは割と嫌いではありません。
 でもなー、監督が前科モンだからなー(笑
 劇場版「AIR」で自分が褒めたいと思ったのは観鈴ちんのエロ可愛さぐらいだったからなぁ。
 ネタアニメとして観る分にはかなり素敵なMADでしたが(そこまで言うか)、原作好きとしては微妙どころか色々駄目過ぎた。
 もっとも「好き?」と言われるとこれまた困るわけですが。
 麻枝氏のシナリオは琴線を刺激しますが、硬質な印象があるのです。
 というか8ぐらいまでの「FFシリーズ」における「死ねば感動」という認識(が一部であった)をそのまま持ち込んでいるとしか思えなくなっちゃいまして。
 自分は「ONE」も「Kanon」も麻枝氏のシナリオよりも久弥氏のシナリオの方が好きでした。軟質というか柔らかさ(私的な印象なので伝え難いですが)があって。
 「ONE」で麻枝氏というと長森、七瀬、椎名の三名でしたが、どのキャラも魅力的ではありましたが投げっ放し度は久弥シナリオ以上だったと記憶してます(単に忘れているだけかも)。

 特に感じたのが長森シナリオの「公園の待ち合わせすっぽかしイベント」です。あれってフォローありませんでしたよね?ずっとというか未だにあれが気になってます。
 もっとも、最初にプレイしたのがみさき先輩だったので、それでやられてしまったのかもー、とか思いましたが、茜で完全に撃沈されたのでやはり久弥シナリオ派ではないかと。澪も好きでしたし。
 「Kanon」では麻枝シナリオは舞、真琴。久弥シナリオ(というか「Kanon」は企画久弥氏でしたな)が名雪、あゆ、栞。
 一番泣かされたのは真琴シナリオでしたが、これも結局のところ「死が二人を分かつ」形になっているような(最後は希望持たせてますが、それで本当に復活したら美汐さんが不憫過ぎるだろう…)。
 泣かされはしましたが、好きなのはあゆであり名雪であり栞であるわけです。舞のシナリオを一番最初に終えたんですが、どうもぴんとこなかったりします。あれもなんだか良く分からんうちに奇跡起こって卒業になってたしなぁ。そこいら投げっ放しだったような。
 「AIR」「CLANNAD」「智代アフター」に至ってはもう説明する必要もなかろ。回を追うごとに引いていきますよ自分。
 そんなわけで「リトルバスターズ!」も不安の方が大きかったりしますというか最近麻枝氏については音楽の方にしか期待が向かない。
 シナリオ内でヒロインと交流を広げ、関係を深めそれまで培った絆を死という絶対の形で強固にするという手法ではない形を見せてもらいたいものです。
 実際プレイして泣かされてるわけです。それだけ引き込むシナリオなのは間違いありません。だからこそ、同じ手法にばかり行くのは勘弁願いたいというかだから書くの止めるつもり(麻枝氏は「リトルバスターズ!」でシナリオ辞めるという話があります)なのかは分かりませんけども。
 そして冒頭の話題に戻るわけですが、もう「AIR」みたいなのは勘弁してください大御所。

本日のオチ。
 まさかこの後「智代アフター」も映画にして、あのシーンでまんま「ジョー」を再現するつもりじゃ(ないない


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

熱い…熱いよ……

 熱血度が落ちまくっていたつい先日。
 少しずつ熱血度を高めてまいりました。
 が、ここに来ていきなりクライマックス。
 やはり熱血はスーパーロボットで充填されるのだなぁと改めて思った次第。
 そう「鋼鉄神ジーグ」で一気に高まった!何だあの熱さは!
 最近古の作品を復活させる動きがいくつもありました。その中にはスーパーロボットものもありました。
 でも「ライディーン」にしても「ダンクーガ ノヴァ」にしても最近の風潮に合わせた若干オサレチックな仕上がりになっておりました。
 ところが「ジーグ」は違いました。正調な続編という売りは伊達ではなく、昔の古臭さや暑苦しさを見事なまでに継承しておりました。
 「ゲッターロボ」が時を経て「真・ゲッターロボ」として蘇った時と同じ感覚です(そういやジーグの監督さんってゲッターの二話から変わった監督さんでしたっけか)。
 次回で最終回を迎えるわけですが、この手の作品が一番盛り上がるのはラスト一話前であり、今回もそのまんま怒涛の盛り上がりを見せてくれました。特にラスト八分ぐらいからは神。
 
 まさか新旧揃い踏みを持ってくるたぁ思わなかった!やられた!
 締めの「次は、どいつだ!」も素敵。
 まぁ一つだけ残念なのは、宙の声が古谷徹さんじゃなかったことでしょうか。今の氏であの暑苦しさを聞かせてもらいたかったんですが。
 これで「鋼鉄神」の方がスパロボ参戦になったら声変わっちゃうんだろうなぁ。
 いや、悪くなかったんですけどね新宙も。
 というか最近この人の声はかなり自分にとってもいい線ついてきます。
 出会い(最初に存在知った)のが「オクレ兄さん」だったのであまりぱっとしなかったんですが弓で化けました。あの「倒してしまっても構わんのだろう?」で。
 宙のチェンジサイボーグ辺りからはこの人クール系だけでなく熱血もいけるのね、と思ったものでした。熱すぎる。
 正直最初の辺りでは「また昔の名前だけ引っ張り出してきて前のことなんざ欠片も取り上げないだろ」と思っていたのを謝りますごめんなさい。
 やっぱりスーパーロボットは新旧揃い踏みオオアバレが基本だよ!本当涙出そうになった。
 ジーグになる二人(組)の違いが面白かったです。先輩格の余裕っぷりと現行組の若さ溢れる熱血っぷり。戦い方もちゃんと変えてあって良かった。
 そして「ダブルスピンストーム」ですよ!ああもうスパロボでも絶対再現しろコンチクショウ。

本日のオチ。
 でもやっぱり宙のビルドアップは旧OP流してもらいたかった…いや贅沢ではありますが。きっと職人がコメント乱舞の某所で披露するでしょうが。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

シールド展開

 無事完了。
 いや何がと言われると困るわけですが、まぁアレですよアレ。
 わかんない?いやー困ったなー、アレに決まってんじゃないですか。
 入稿の延期申請ですよ(えー
 最初の見積もりでは16日にしたわけです。んで「16日は弊社休みだから17でおっけよ」(意訳)なる返信いただいたわけですが。
 本当に大丈夫か不安になってきちゃいまして(笑
 それで急遽「20日でも平気っすか?ねえ平気っすか?」というメールを出してみたわけですが。
 返事が来ない。
 あららー?と思いつつも返事が来ない。
 なので確認のため直接電話かけてみました。

「メール、届いていないみたいですね」

 あんですとー!?(そういや「アユマユオルタ」はどうなりましたか)
 仕方がないので直接交渉

「仕様に変更はないんですよね?それでしたら大丈夫ですよ」

 よし、シールド無事展開。
 とはいえ、これで意地でも20日までに仕上げねばならなくなったのです。
 仕上げられなかったら誰かさんと同じ轍を踏むことになります。それは避けねばなりますまい。
 頑張らねば、正念場は来週の三連休、ここで一気に片をつけようと思っております。
 多分大丈夫よ?多分だけど。
 あとは書き終えてどんだけ脂肪(余計なところ)を削り落とすか、にかかってくるのです。

本日のオチ。
 入金忘れないようにしないとなぁ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

気力だあぁぁぁぁぁ!

 という具合に気力を高めたい気分ではありますが、ままなりません。
 もちべーしょんがー、もちべーしょんがあがらないー。
 そんな私でございます。大丈夫かマジで。

 そこで気力を高めるべく「五星戦隊ダイレンジャー」とかちょこと観ております。
 いや、本放送時は完全に特撮から離れていたもので、全くの未視聴でありまして。
 きっかけはニコニコ動画でした。最近ようやく周囲に気を使って削除ラッシュをかけるようになりましたが、一時かなり沢山アップされた「OP集」の中でやたらと高い評価コメントがあったので気になっておりまして。
 とはいえ、数度たまたま見かけた「忍者戦隊カクレンジャー」を「俺の神」と言う人いたりして「えー」とかも思ったわけですが(たまたま、だったのか私的にはちょーびみょーだった)。
 んで初視聴なわけですが(ニコニコでは削除されまくってますが実はtu○eに全話上がっているらしいとの噂を聞きつけまして。というかこれDVDになってないんですなまだ。なってたら仕事帰りに借りてくんのにさー)、熱い熱い。
 最近では戦隊ものですらあまり生身アクションやってくれなくなりつつありますが(東京ドームシアターで夏からちょこちょこライブってますけど)、ここいらは良くやってましたな。
 てか、実はこの作品に興味がわいたきっかけもニコニコのコメントからだったりします。
 「ダイレンジャー」のOPが流れるたびに「ゲキもこれぐらいやってくれれば」とか「ゲキでは絶対不可能な」とか書かれておりまして。
 んで「ゲキレンジャー」のOPも「ダイレンの足元にも及ばない」とか「ダイレン見習え」とか書かれておりまして。
 どちらも拳法使いの話だから比べられるのは分かります(過去にも「カクレンジャー」と「ハリケンジャー」の忍者繋がりとか「ファイブマン」と「ゴーゴーファイブ」「マジレンジャー」の兄弟繋がりとかもありましたし)。
 でも一つだけ決定的に違うことが。
 主役というかメインを張るレッドの差。
 ゲキレッドさんの上半身裸シーンを観ましたが、骨浮きすぎ。悪いわけじゃないけど拳法の使い手という設定においては違和感あり過ぎです。いくら獣の力を使う拳ったってなぁ…
 それに対し、ダイレンジャーの赤、リュウレンジャーの中の人は動きの切れからして全然違う。それも無理もなく、実はアクターさん本当に拳法やっておられるそうで。
 さすがにそこまでやれとは言いませんが、せめて体を鍛えることへの説得力ってもんを…ねぇ。
 ワイヤーアクションは当時と比べて段違いにレベルが上がり、CGも段違い。でも生身の肉体を使った迫力はどうやったって本物でしか表現出来ません。
 役者さん自身の力によるファンタスティック・テクニックを魅せてもらいたいなぁと思う次第。

本日のオチ。
 無理か(ぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ジェットコースター・ウェザー

 職場で体調崩す人間、続出。
 そりゃまぁ無理もないかなって気も。
 何この急激な天候の変化。山か。
 気温下がる上雨ばっしゃばっしゃ降ってきたかと思うと
 雲一つない青空の中ぎゅんぎゅん上がる気温。
 そりゃ体調の一つも崩れようってもんで。
 私は今のところ幸いにも体調崩してませんが。
 「自分の尺度では体調を崩していない」というだけで周囲から見たらどうなのかまでは知らん(笑
 よくあるじゃないですか、自分は至って普通なのに「顔色悪いよ」とか言われるのって。
 まぁそれもある程度進行してくると何も言われなくなるかもしれないけど?

 厄介なのは「距離」なのですな。
 自宅と職場の距離。これが問題。
 何しろ通勤に二時間かけます。電車乗り継ぎ+駅から歩いて二十分ほどでトータル約二時間。
 その距離たるや…まぁそれはさておいて。車通勤の人はこれ以上の距離かけて通ってるんでしょうし。
 で、その距離が厄介であるというのは何かというと、雨。
 職場で降ってないからって傘持たずに帰宅すると、地元の駅では土砂降り、なんてーことが過去何度あったことか。
 そしてその都度雨が止むのを何度待ったことか(お前には学習能力がないのか
 数日前も見事にそれにやられました。ちくしょー。
 お陰で色々と大変な目に遭いました。
 もっとも、通り雨的なものだったらほんの僅かな距離でも土砂降りにやられたりするので、割り切った方がいいのかなぁ、とか思います。

本日のオチ。
 大体体調崩すのに雨あまり関係ないしねっ(朗らかに



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

現実逃避

 煮詰まると逃げる。これ基本。
 昨日も触れました。原稿からの現実逃避。
 逃げちゃ駄目ですが逃げないと駄目な時もあるのです。
 というわけで逃げてます。一つ終わったんだから逃げても問題なかろ。
 とはいえ、20日までに自分の原稿どうにかしないといけません。
 いけません(一応念を押しておく
 でも、今は逃げないと駄目なターンなのです。

 というわけでゲームに逃げるわけですが。
 とりあえず「ナーサリィライム」の一人のシナリオを終えました。
 何度か触れましたが自分のプレイスタイルは「最後までやり遂げる意志を貫き通すため、一番気に入ったキャラ、人気のキャラは最後に回し、まずは個人的にどうでも良いキャラから始める」なのです。
 一番割を食うのはちっこい娘さんです。「かにしの」のみやび嬢は設定上最後にした方がいいと思ったので例外的に最後に回してますが。
 あとまだプレイをしていませんが「ゆのはな」も一番最後に一番ちみっこいゆのはをやるとは思います。でもそれ以外、は大体ちっさい娘さんから始めます。
 「この青空に約束を」も静からでしたし。「SHUFFLE!」のプリムラは結構後でしたけど。
 んで、これに則って最初に終えたのはクルルなわけです。クルル終えました。
 感想なわけですが…んー…なんと言いましょうか、地味?
 一応「ナーサリィライム」ってどんなゲームか紹介しますと、特殊種族との交流がごく普通な中での学生主人公さんの学生生活。女系家族(双子の同い年の娘さんたち)と二人のおにゃのこ(うち一人がクルル、もう一人がジョシダイセー)の家に居候、隣に住んでいるのはツンデレ娘、そんな中での生活で起こる物語という設定なわけですが。
 地味で平凡人畜無害風主人公かと思いきや実は頭脳明晰その気になれば運動もいけるというスーパー主人公さんで、通常優しさを売りにしたキャラなので好感度上昇しまくる中、一人にヒロイン絞られてー、てな話です。
 クルルというのは同居人の一人でライカンスローブの血が入った娘さんなわけですが、主人公の先輩だけどちみっちゃいキャラです。
 まぁ可愛いんですが、可愛いんですが、物足りないというか平坦といいますか。
 事前にそういうゲームだと聞いてはいたので割り切ってますからいいんですが、このまま全員こんなんだったら多分「えっと、こういう話のゲームやったんだけど、タイトル思い出せないんだよなぁ」的なものとして落ち着きそう。一応念のため。「今のところは」そういう印象ですが今後どう引っ繰り返るか分かりませんですよ?

本日の拍手。
忠告。マルドゥックは2巻の終盤を読んだら止まりません。時間が無い時は注意を。

肝に命じておきます。忠告感謝であります。


本日のオチ。
 一応全員終えたら総評するかもしれませんし、しないかもしれません(ぇー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今ここにいる

 電車の中で寝オチつつ、本読んでます。
 気付くと船漕いでるのが困り者。勿論あやふやなところ手前に戻って読んでます。
 だからゆっくりで。帰りの電車は問答無用で寝てますし、行きの途中ぐらいしか読む暇がないのです。
 原稿の現実逃避はゲームでやってるしな。
 しかもエロゲだしな(最悪だ
 なので読書時間があまり取れないのが悩みっちゃ悩み。
 トイレの中にも読みかけ本とか入れてますが、もっと読む時間が欲しい。
 どうにか工面したいんだけどなぁ、仕事の休憩時間は目を休めたいのです。小さい活字読むの辛いの。
 しかもその間も色々と本は出るわけで。今月ももうすぐ「バッカーノ!」の新刊とかミステリ文庫で出た水銀燈っぽいグリモアリスの二巻が出てしまいますし。
 他に何が出るんだっけか。「空鐘」の外伝と「学園キノ」と「悪魔のミカタ」ぐらいかな?(悪魔のミカタは既に3冊目が9月にラインナップされている。さすがに早い人だ)

 んで、今読んでいるのは「マルドゥック・スクランブル」です。
 「ベロシティ」じゃなくてスマン。スクランブルである。
 GONZOが豪快に裏切ってくれたのも記憶に新しい作品です。すげえ期待してたのに!
 というかGONZOとレンジ師匠のコンビというと「青の六号」とか「ラストイグザイル」とか比較的外れのないというか安心して観ていられるセットだと思っていたのですよ。
 なので「マルドゥック・スクランブル」にも期待していたのですよ!
 復活希望。超希望。
 ま、まだ一冊目の半分強程度しか読んでないわけですが(笑
 面白いですな。これからいよいよ本格的に物語が動き出す、というところかと。
 現状寝オチではなく、睡眠時間確保のためいいところで打ち切って寝るという態勢ですが、もう少し物語が転がるとどうなることやら。
 速攻二を手に取るかどうかは微妙ですが、割と早くに読み終えそう。

本日のオチ。
 ところで文庫の表紙の左上に神宮寺三郎がいるんですが、登場するんですか?(ぇー



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

イーモバ

 イーモバイルの略。
 通話出来ないスマートフォンとでも言いましょうかね。あ、でもすかいぺは使えるんだっけか。
 SHARPが作った端末は、そのまんまウイルコムのW-ZERO3のアッパーバージョンという印象があります。
 というかどうしてウイルコム新機種、ZERO3(es)のアッパーバージョンにしたんだろう…ZERO3のアッパーも出せよ。
 さてイーモバですが、比較的順調にシェアを増やしているのかどうか、全然分かりません(笑
 というか全然話題に上がらないよねこれ。
 まぁある程度は着実に増やしているとは思いますが、もう一押しが足りないような気も。
 実はこっそりとユーザーになっていたりします(笑
 言ってなかったよね?(笑
 歌会とかで会っている人は既に見ているのでありますが公に使っていることばらすのは初めてかもしれないし違うかもしれない。

 んで触れてみてどうかといいますと。
 人に勧めるのはちと抵抗がありますな。
 まずともかくバッテリが貧弱すぎる。グラフィックが美麗な分差っ引かれているような。
 常時ネット繋ぎっぱが売りですが、常時も何も単体じゃ三時間保ちません。大容量必須。
 それとある程度の早さは出ますが、まだ電波が弱いというか拾うアンテナが少なすぎ。
 まぁ潜在能力全てを引き出すような真似はしてませんから全てを語れないわけですが、もう少し様子見で良いような。
 私の場合は丁度ウイルコムの年間契約が終わるので切ったわけですが、別に切らなくても問題なかったかな、てな気もしてます。
 ただプラスティックケースのZERO3に比べて重量感があるのはよろしいです。あと意外と持ちやすい。
 ZERO3みたいに縦横切り替えを機械の方でセレクトしてくれりゃ良かったんですが、いちいち設定で直さないといけないのは面倒だよなぁ。
 聞きたいことがありましたらまた改めて。私の場合はとにもかくにも最大のデメリットがあります。

本日のオチ。
 家に電波が届かねぇよ…… 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

難儀

 たまには今住んでいるところの周辺の話でも。
 とある路線の終点に住んでおります。そして勤務地は終点から乗り継いでいくのであります。
 利点の一つは「始発から終点まで乗りっ放しなので、乗り過ごしがない」ということかな。
 何しろ朝の通勤ラッシュ、私が活用する私鉄はかなーり混みますので、終点に大量の人間吐き出します。だから寝過ごすことはまずありません。
 もっとも、早上がりして下り電車を使う場合はそういうわけにもいかず、下手すると往復しかねないわけですが。
 あともう一つは「結構人少ないので余裕で座れる」ってのも。前住んでいた場所では絶対に無理でした。始発各駅停車なら座れましたが、無理。何しろ終点前最後の駅でしたし。
 でも利点なんざそれぐらいです。終電はそこまで行かないとかそこまで行ける電車は日付変更前だとか、十分に一本ぐらしか出ないとかデメリットだらけ。
 んで駅周辺。
 一応定番どころは揃えてます。ドトールはありますしミスド、ケンタ、松屋吉野家ココイチは網羅。ロッテリアなんてーのも。
 でもマックとマツキヨは過疎で話にならんのか撤退してくださいやがりました。それとGAIA(パチンコ屋)まで撤退しやがりました。
 
 居酒屋もいくつか。定番どころとしては和民とか白木屋村さ来、あとはかまどかとかあります。
 ファミレスはCOCOSとガストが、焼肉屋はお馴染みの店としては牛角が。
 本屋もそこそこ揃っている店が三店舗ほど。駅ビルとしてはPePeがあります。
 カラオケはシダックスと小さいのが。ネカフェは自遊空間があります。
 それなりに生活するにゃ困りません。コンビニもセブン、ファミマ、サンクス、ミニストがありますし99もあります。
 とはいえ、郵便局が分かり難いところにあったり、ゲーセンがなかったりぶくおふがなかったり、おまけにDVDレンタルの店がなかったりと痒いところには手が届きません。
 んで、何が言いたいかというと、過疎化が進んでるから誰か住みに来いと(笑
 いや便利ですよ実際。安いですし。池袋には電車で一本だし急行使えば一時間かかりませんし。
 近場で遊べる人が少ないというか本当の近場では遊べる人がいないのです。
 誰かこっち着てー、と常々思っている、というお話でした。

本日のオチ。
 タイトルを見て絶対来ないなと思ったけど後の祭り。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。