スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日


 6時起床。妙なことに気付く。
 PCが再起動されていて、連絡受け用に立ち上げておいたチャットを含めIEが総落ちしてた&携帯の電源落ちてるー!ボギャー!
 そこへフロントから電話「内線入っております、お繋ぎします」

「携帯切れてますよ」うん、気付いた。

 そんなわけでフロント近くの充電器に行く。
 使い方が分かりません→フロントのあんちゃんに教えてもらう→充電開始→部屋に戻る。
 お湯張って入浴。自分は湯船浸かり派です。シャワーも浴びますが湯船には浸かります。
 湯上りして自分の意識を覚醒させ、部屋移動「何汗かいてんですか」「風呂入ってたんや」「後で行くから乾かしなさい」「あいあい」
 MIXI日記を更新させ、旅立ちを済ませたこあとるさんが入室。部屋の片隅にあるものに気付き、呟く。

「ダンボール…」

 毎回荷物を送り返すためにフロントで購入するダンボール、今回も購入したわけですが、誤算。要らなかった。結果広げることもなく片隅に放置。持っていきたかったけど電車じゃ無理。さらば220円。
 荷物を整理し部屋を出る準備。さらばホテル、良い部屋だった。もう少し駅から近ければ完璧なのに。今後も活用したいのに。するかもしれないけど。
 鍵かけて部屋を…

「小銭入れがない…」

 さっき携帯の充電の時持っていたからどこかにあるはず!「先行ってる」「あいあい」探す。ない。
 まぁいいやどうせ200円ぐらいしか入ってない。諦めてフロントでチェックアウト→充電器の携帯を取り出…小銭入れがこんなところに(この三日間の私はドジっ子属性発揮しまくりである)。
 駅のロッカーに不要なものを押し込み埼京線と見せかけたりんかい線に。意外と空いているがやはり同類は存在した。
 Suさんと木名瀬さんに状況をメールで聞く。
「早く入ったほうがいいですよ」との報。出るの少し遅かったかもしれない。
 駅到着8時40分ほど、会場到着50分ほど。コンビニで携帯の充電器を購入し(メール3つ出しただけでバッテリが一つ消えていた)一息。


この「一息」が後々自分を果てしなく後悔させることに。


 スペース到着9時ちょい。既に方々では準備を完了させ、挨拶周りをしているところも。
 チラシを整理してもらいつつ荷物を確認、そこに御馴染みの

「登録証と見本誌お願いします」

 ……昨夜作るつもりだったのに、力尽きていたことを思い出し、青ざめた暁。準備そっちのけで見本誌作成と登録証書き込み。

「えーっと、「他人の代表」さんの本いくらだっけ!いくらだっけ!」

 大慌てでウイングゼロを立ち上げて確認しようとし、ページが開く前に「ん、自分のが300円で木名瀬さんが400円、まき先生んとこが500円だな」と思った数日前の自分を思い出す→とりあえず登録証は完成。
 実は「他人の代表」さんは委託コーナーに本を出していたため、見本誌作る必要がないことを後に聞かされました。ぎゃふん。
 ご存知の人はご存知でしょうが、9時半になると館を閉鎖し、館内移動が出来なくなります。だから別の館にいる人に挨拶に行くにはそれまでに準備を終えていないといかんのです。大パニック。

「誰がどこにいるんだっけか!」「知らんがな」

 大パニック。そこに先ほどのスタッフさん。

「えっと、登録証と見本誌…」「これ登録証です!見本誌は後で本部に持っていきますからっ!」「じゃあお願いしますねー」

 見本誌三冊作り、ウイングゼロと挨拶用の新刊用意して本部移動。途中で企業ブースパンフを発見。今回はレイジングハートをぶら下げた都築さん描かれた表紙、欲しかった…でも諦めた。時間がないんだ凱にーちゃん!
 見本誌を提出し、思い出す。

「そういやじろ~さんのところに既刊在庫預けてあるんじゃん!」

 ウイングゼロ起動!ページチェック!

「落ちるのかよ!」

 今回妙に繋がりが悪い。例の特別ディスクのせいか!せいなんだな!ちくしょー!じろ~さんのところや知り合いさんの場所の確認出来ないじゃないかよー(さすがにカタログは持って本部に向かわなかった)!
「もうすぐ閉鎖しますよー」時計を見ると28分、別館移動断念。るろおさんごめんなさい…
 とにもかくにもじろ~さんのところに。他の人は後!でも必ず!
 スペースに戻る…前にトイレ。危険領域です。
 大渋滞…駄目だちくしょー!戻れ!
 じろ~さんが荷物届けてくれてました。木名瀬さんもおられました。申し訳ございませぬ。
 設営に(汗)残り20分ありません。この段階で全てのところの事前挨拶を断念しました。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
 右近さんが新刊引っさげて挨拶に来てくれる。でもこちらの準備がまだなので渡せなかった。ごめん後で必ず。
 隣が来ない。助かった。悪いと思いつつ助かった。
 会場入りと同時に購入したポップスタンドのビニールが剥がれない「こういう時は落ち着くのが一番」ひっちゃぶく。
 そういえばポプルスさんにサービスでポスターを作ってもらっていたんだっけ…貼る場所がありません、使用しないまま終了(笑)。
 ようやく準備完了、こあとるさんが買出しに出撃、私は開場待ち→開場。
 まったりと少しずつゆっくりと確実にお客さま来場。
 ここで先に結果言いますとやや赤程度、十分ではありますがもう少し頑張りたかったかな、という感じ。
 やっぱりカラーにした方がいいのかなと感じました。来年中一冊カラーで出してみよう。
 それと意外に前作「蒼天」の出が良かったのが驚きました。委託された本より出た(笑)。世の中は確実に八神はやての世界になりつつあるなっ。
 いろいろな方が挨拶に来られました。誰が来られたかはMIXI参照で(ぇー
 今回も前回同様飯を食っている余裕がない。立ち上がる余裕すらない。膝が超痛い。寒い上かけるもんなかったからなぁ。
 コスプレイヤーも数人見かけましたが、「圭ちゃん酷いよ…クマー!」みたいな魅音だの女装なのは軍団だのと、目の保養どころか目がかすむようなのばかりで、瀕死。
 さりげに物欲はかなり消えましたが、興味を惹かれる本もいくつか確実に存在しました。サイトの絵とかで知って欲しいなと思う本がいくつもあったことを思い出しました。
 が、カタログをチェックしていないことも思い出しました。泣く泣く断念しました。動けないし時間が経ちすぎてたし。頼んでも受けてもらえなかったし。
 前日の電池切れが致命傷だったなぁ…ここまで尾を引くとは……
 帰省するこあとるさんと挨拶に来てくれたDEEPBLUEさんが3時前に離脱。お隣もお帰りになり孤立無援、ウサギは寂しいと死ぬのです。
 ちょっと前に挨拶&お土産をくださった倦怠感さんが「行くところあるなら行きましょうか」と温かいお言葉を。「場所分からんのです…」
 「でもせめて久慈さんとことブルマのところには挨拶行かないと」「じゃあ留守番してますよ」温かいお言葉を。
 同エリアというか隣だから楽だ。取り巻いていたESさんヲチさんみのりふさんポン太さんJINGさん仮面さんに軽く挨拶し、久慈さんに挨拶。

「もりたさんに足りないのは若さだから」ぎゃーす!

 健全な新刊を渡し、えろい新刊をいただく。ブルマの前にサンクリで御迷惑かけたたるみさんにもご挨拶。そして峻ちんがいないので剛久さんに「なのは」読んでない峻ちんに本を渡す(久慈さんだって「なのは」は「とらハ3」の北都南なのはしか知らん)。
 スペースに戻ったところで修羅さんから電話。

「終わったらどうします?」「飯でも行くか!」「よしそうしよう」

 そして3時59分、館内アナウンス。

「コミケット代表米澤氏の冥福を祈り、黙祷」

 米澤お父さん、あなたは逝かれてしまいましたが、今回も無事コミケは終えられそうです。ゆっくりお休みください。見守りください。

「コミックマーケット71を終了します」拍手。

 撤収に。じろ~さんがまた荷物を預かってくださる、ということで移動。お預け…ぐあ。

「携帯の電気切れてるがな」

 バッテリ保たな過ぎだFoma!くっそー、来年になったらauに切り替えてやる!もっさりした立ち上げしやがって!バッテリすぐにへたれやがって!
 というわけでじろ~さんの携帯をお借りして修羅さんと連絡。まだあちらも終わってないようなので自分から向かうことに。
 じろ~さんとお別れし、修羅さんのいる西館に。倦怠感さんとはここでお別れ。今年もありがとうございました。
 ぽつねん、とした西館で修羅さん発見。荷物整理して宅急便手配して移動。
 当初は修羅さん絶賛の赤羽の店に行く予定でしたが、諸事情により池袋に。
 修羅さんのカートをドア脇に押しやろうとした時、鞄が転げ落ちる「ぎゃー!なのはA'sさんがー!携帯がー!ウイングゼロがー!」
 池袋で待つポン太さんと合流。

「腹に溜まるもんがいいっすね。日本食で」

 というリクエストをいただく。一日中立ちっぱという修羅さんのためにも、というか限界な私のためにも近場が最重要課題。
 となると思いつく場所はあそこしかない!金曜にSuの男さん(混ぜるなキケン)と行った豚料理の店だ!
 待つこともなく入れた。良かった。
 腹減ってる上喉も渇いている、何より荒んでいる私、何も考えることなく中生頼む。お二人もそれぞれのものを注文し、乾杯。ウン   マー!
 そして届く料理。二人の感想を抜粋。

「なんっじゃこりゃあ!」
「こんな美味い豚汁飲んだの始めてですよ!」
「今までのエリンギは何だったんじゃあ!」
「味玉が美味すぎる!」
「(満足そうに目を閉じながら)うんめ~」
「(何も言わず笑い出す)」

 紹介した甲斐があった。若干高めというか相場ぐらいだけど、飲みすぎなければ手ごろ価格で楽しめる。次の歌会ここにしよう絶対しようそうしよう。
 時間が迫り、まずポン太さんが頼んだ主食というか締めのご飯が届く前に撤退。そして私も特急の時間が迫ってしまい二度連続で中途撤退。修羅さんごめん申し訳ない自分もいっぱいいっぱいだったもので。 
 せめて先に締めておこう、ということでレシート見せてもらいました。三人で4300円ほど。まぁ普通ですな。というかこの値段であれだけ美味いもん堪能出来れば文句ない。
 ロッカーの荷物を引っ張り出して電車に乗り、家路を目指しましたとさ。
 この三日間お会いした全ての人に、私の本に大事なお金を出してくださった全てのお客様に、感謝を。来年はもっと魅力的な自分でありたいと思います。また相手をしてやってください。ありがとうございました。よいお年を。



本日のオチ。
 そしてこれを書いている私は今寝込んでいるわけだが。 



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

二日目


 まずは速攻、必要なものを揃えるところから。
 前日にある程度のものは揃え、ロッカーに突っ込んでおいたので他に必要なものを。
 チケット、筆記具、ノート、カタログ、看板、敷布等等等等。
 気付けば電車に乗らねばならん15分前(10分前までに家を出ないと乗り遅れるのです)、大慌てで服を着替え、部屋を出て

「ぎゃー!ノートと携帯とウイングゼロが階段から転げ落ちたー!」(ノートの鞄に全て入れてあった)

 青ざめつつ確認している時間もないため家を飛び出て電車に。
 重い荷物抱えてどうにか停泊地池袋到着。電話を入れる。

「DEEPBLUEさんと伯爵にいるから来なさい」

 うげー、あそこ階段上らないといかんのに…とか思いつつどーにかこーにか到着。下で待つことに。

「お金ないなら奢るから、とにかく上がって来い」

 うー、膝痛いのにー、引きずるように荷物を抱え、店の中に。DEEPBLUEさんが爽やかな笑顔で

「死にそうですね」はい、その通りです。
 こあとるさんとDEEPBLUEさんが和んでいる脇でホットミルクを飲む私。密かに膝を摩る私。何でこんなに満身創痍やねん。
 もうすぐ岩下さんと鳴海さんが来る、とのことですがとりあえず荷物を預けちゃいましょう、とホテルに。
 ホテルはサンシャインの近くにあり結構歩きますが、距離以外はいいところでした。部屋も綺麗だし意外と広いし。
 鏡が大きいのもポイント高い。冷蔵庫空なのも良い。テレビが地デジでしかもアクオス。侮れんこのホテル。
 とはいえ時間がまだチェックイン前、仕方がないのでこあとるさんの部屋(氏は前日から停泊している)に荷物を置き近場に到着した鳴海さんと合流。ハローワーク前の公園でした。仕事探そう、うん来年は仕事探そう。今の仕事続けてたら夏まで生きていないかもシレン。
 サンシャインの中のパスタ屋で量少ない割には結構なお値段のパスタを食している時に岩下さん到着。お会いするのは二年ぶりぐらいかもしれない。
 しばしあれこれお話しつつ、4時過ぎたところで店を出ることに。ここで私は一旦抜けます。
 5時半にD.Maki先生から委託を受けた同人誌を受け取りに新宿に赴くのです。
 本当なら久慈さん主催の「なげさんお帰り会」に参加する予定だったのですが、予想以上の疲弊っぷりを敏感に察知していただき「今日は休まれてはいかがですか」と心温まるメールをいただき、それに甘えさせていただきました。後ろ髪はかなり引かれたけど明日に支障が出たらいかん。
 そしてD.Maki先生と合流、こちらの方にも連絡を滞らせてしまい、大変迷惑をかけてしまいました。もっとお話したかったのですがこれもしょうがない。また後日改めて必ず、と本を受け取りまして。

剥き出し(紙帯してあるだけ)で30冊。

 こういう時に限って常備している手提げ(ポケットに畳んで入れてある)を忘れてくるワナ。時間の余裕のなさがあちこちに弊害を。
 仕方がないのでそのまま電車に(笑)。折角だしロッカーの荷物と入れ替えておこう。

……ロッカーの鍵、荷物の中(ホテルに入れた)だった……

 とりあえずこあとるさんに電話

……出やしねえ。気付いてないかもしれない。

 岩下さんに電話

……気付いてないかもしれない。

 DEEPBLUEさんに電話

…………繋がったのはいいが、バッテリが少ない。

 私が何をしましたか…艱難辛苦を与えすぎです神様。どうせならカミナギと真紅をください。
 盛り上がっているところを恐縮しつつお開きにさせ、ホテルに。ついでにチェックインを済ませて預かった本を置き、転落したノートPCをネット(LAN完備である)に

……LANケーブルが置いてないじゃねーかよ…

 順調に行くと見せかけて蹴躓く連鎖。げんなりしつつホテルを出、駅に向かうことに。岩下さんが手持ちのケーブル貸してくださいました。ありがとう岩下さん。
 ロッカーの荷物を出し、重さに再度膝が悲鳴を上げる中、空腹が限界突破。あの程度のパスタでは保たん。朝抜いてたし。
 というわけで「食いたい飲みたい」と我侭三昧(今思うと酷いな自分)。「食いもんはもういいからコーヒー飲みたい」という意見と合致すべく店を探し、しばし全員を池袋に引きずりまわすことに。
 中途「ここでいいよもう」と吉野家を差されて荒む。というか正直申し訳なくなってきたので食わずにホテルに戻ろうかと思った時、岩下さんが「甘太郎にしましょう」と言ってくださりそちらに。
 そこでの話題はレゲーです、レトロゲーム。超懐かしい。膝を摩りつつ会話に興じました。自業自得とは言えしんどかった。
 店を出る直前に冬月さんから電話。ホテルでお話しましょ、ということに。ここで鳴海さんDEEPBLUEさん岩下さんとはお別れ。
 ホテルに到着、私の部屋でサークルチェック、というかこあとるさんが回る予定の指定したサークルの本を私が要るか要らないか、確認しただけですが。よくよく考えてみたら未だにカタログ自分じゃ開いてすらいねえ。
 冬月さんが到着し、お話。ハルヒダンスの話やらトレスの女王様のお話やらで盛り上がる。
 こあとるさんが「ちょっと飯食ってきます」と言ったところで冬月さんも「んじゃそろそろ帰ろうかな」ということでお別れ。残った私は電池が切れてそのままばたり。風呂すら入ることも出来ずに力尽きました。時間が12時半近かったし、しょうがない。前の日だって3時間ぐらいしか寝てないんだもんさあ!

本日のオチ。
 この時もう少し気力を振り絞っておけば、翌日があそこまでサイアクだと思えずに済んだであろうと思える選択ポイントだった…続きは明日。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

一日目


 そんなわけで一日目を終えました。
 まぁ行ってすらいないわけですが。
 当初は昼ぐらいまでに終わる仕事が片付かず、結局2時近くまでかかったのが敗因ってやつです。
 その気になれば、会場までは1時間かかりませんから行こうと思えば行けたんですが、すぐに蜻蛉返しになるので止めました。私はポン太さんほどフットワーク軽くありません。
 なので、会場参加組の知り合いさんを召還して飯でも食おうと思い、思いついた二人にメールを。
 一般参加企業狙いのSu-37さんからはOKの返事。サークル参加の仮面の男さんからもOKもらいました。本当はLockianさんも誘おうと思ったんですが、あの人の携帯アド知らんのだ。
 携帯番号は知っているけど携帯アドを教えてくれない人がいて困る。具体的に言わないとFoolさんとか柴田星一さんとか。
 ということで場所は私に優しく二人にも電車一本で片付く池袋に。
 先に到着していた私はリサーチを。一風堂にでもしようと思っていたのです。どんな具合かと思っていたら

行列(でも実は二郎の方が列長かった)

 寒風吹き荒ぶ中での行列はイヤン。ということで断念。とかしていたら仮面さんから「池袋着いた」というメール。待ち合わせ場所にビックエコーを教えてそこに→合流。
 仕事疲れでへろへろな私、徹夜作業で原稿仕上げてへろへろな仮面さん、ということで個室にしようと思った結果、必然的にビックエコーに潜り込む。
 で、ゆっくり休息をとろうと思っていても、何故か気付けばマイクを取る二人(笑)。
 しかしそんな状態で歌ってもまともに機能なんざするはずもなく、どちらもかなりのへべれけダンス。
 気付けば「Neko-mimi-mode」とか歌ったかもしれない。
 カラオケが丁度終わる時間にSuさんから池袋到着の報を受け、合流。店探し。
 適当にふらつきつつ思いつかなかったので、ビックエコーの近くにある居酒屋に飛び込むことに。

 これが結果、大正解。疲労が一気に消し飛んだ。
 角煮の絶品さも然ることなら、その付け合せに置かれていた味玉がヤバ過ぎる。メンチカツのじゅーすぃーさもありえない。味付けが濃い目なため、飲み物を求めてしまうがこれはしょうがない。とにかく風が囁きかける美味い美味すぎる。
 そして美味いもん食ってアルコール入れて満腹中枢を刺激されると人間どうなるか。答;眠くなる。
 仮面さんが触手化してました。ふらふらくねくねと脇の壁に絡みつく始末。まぁ突貫コピー誌完成させたのだから気も緩んだのでしょう。クールな仮面さん久々に見たわ。
 最後に頼んだヒレカツ茶漬けが私のタイムリミットギリギリジンジンで到着。一口だけ食わせてもらって一人撤収しました。お金足りてたのかしら。
 付き合ってくださった二人と美味いもん出してくれた店に感謝しつつ、私は二日目の停泊地への準備をしなければ、と思うのでありましたとさ。
 
本日のオチ。
 でも家に着くなりダウン→テンカウント以上→気付けば大変→明日の日記に続く。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

販促3

 さて、いよいよ明日から冬の祭典、今年最後の空騒ぎがスタート。
 いや、空騒ぎじゃなく大騒ぎでしょう。
 おそらく徹夜組もいることでしょう。やれやれだ。
 しかし、今年は本当に無茶をやる。
 冬の三日開催は望まれていたことではありますが、まさか大晦日開催とは…
 でも、客足に影響ないんだろうなぁ(笑)。
 んでは宣伝を。メインです。主力です。主戦です。

 私のサークル「緑翠庭園」では今回もサークル参加しております。んで、今回も「魔法少女リリカルなのはA's」の本を出します。
 タイトルは「Dreamers」で、A5サイズの小説本です。夏に出した「蒼天~騎士・剣士~」と同じサイズです。
 因みに印刷所は違いますがスタイルは同じです。ニ段組。字の大きさも同じ。
 内容ですが、メインはフェイト・テスタロッサさんです。彼女が中心のお話。
 テーマは「夢」です。タイトルまんまですな。
 フェイトのみならず、なのは、はやて、すずか、アリサたちの将来の夢のお話です。夢というか希望というか願望。
 後は本を読んでいただければと。一応オールキャラ登場させてます。一言程度しか喋らない人もいますが。名前しか出てこない人もいますが。
 表紙は、宣伝ページを見ていただければ一目瞭然の「あの人」です。実は以前「CLANNAD」で智代のコピー誌出そうと思っていた時に絵をお願いしていたのですが、今回こういう形で実現しました。あははー。
 「CLANNAD」でやる際はまた改めてお願いします。実現したら買ってください。実現しなかったら忘れてください。現状やりたい気持ちはありますが実際に出来るかどうかはまた別問題です。
 お値段は300円です。高くはないと思いますが安くもないような無難な値段かもしれません。
 東メー13bでお待ちしております。多分今回も開場したら動かないと思いますので。動くかもしれませんが多分動きません。というか動けません。
 尚、スペースでは今まで出したコピー誌も一緒に並べておきます。勿論夏に出した「蒼天」も出しますので買い損ねた人は是非ともお買い求めいただければと。
 コピー誌の方はお陰さまでかなり在庫が少なくなってきました。ひょっとすると今回でいくつか在庫が無くなるかもしれません。まぁ再販は簡単に出来ますが。
 後は先日紹介した木名瀬さんの「てぃぶれいく2」を委託で出しまして、もう一冊「他人の代表」さんのオリジナル小説も委託で出しますので、こちらも併せてお買い求めをお願いします。
 数はそこそこ用意してます。だから売り切れるなんてーことはないんじゃないカナ。売り切れたら嬉しいけど。
 ジャンルはほのぼの系です。シリアス要素は隠し味程度しかつけてませんが、買ってやってくださいましな。

本日のオチ。
 そして夏はシリアスに戻る。乙女にしか出来ない技ね。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

おかしな二人。あと書き


「パルフェ」は魅力的なヒロインが多く登場しました。
 サブヒロインも含め、みな魅力的でした。
 ヒロインじゃないキャラも魅力的でした。板橋店長とか大介の親父とかかすりさんの親父とか。
 勿論主役の仁も好きです。
 でも一番好きなのは里伽子女史です。揺るがない。
 人によってはカトレアさんでしょう。絵に描いたようなツンデレっぷりはステキです。
 人によってはかすりさんでしょう。ノリの良さ、さりげなく気遣いの出来る性格。
 人によっては明日香ちゃんでしょう。エロかわいい。
 人によっては恵麻姉ちゃんでしょう。ダダ甘お姉ちゃん。
 でも私は里伽子さんが好きなのです。
 ……あれ?
 一人抜けたような気がする。まぁいいか(ぇー
 いや、嫌いじゃありません。嫌いじゃあありません。ですが…まぁ、触れてやらないでください。色々事情があるのです。

 「ショコラ」では香奈子さんが好きでした。厳密に言えば翠と香奈子さんがセットで好きでした。
 翠香奈子大介、というトリオは無敵でした。
 でも今回の恵麻里伽子仁、というトリオはちょーっと劣るかも。いや、人によっては無敵なのかもしれませんが。
 恵麻姉さんからさえちゃん、の「丸戸駄目年上ヒロインズ」はしっかりと確立されてしまいましたなぁ…
 けど駄目だ。弱い。翠と恵麻さんじゃ違いすぎる。主人公に向けての蓄積された想いってのは共通するかもしれませんが、ずっと秘めていた翠と大っぴらな恵麻さんじゃ重みが違う。
 そんなわけで翠に対する気持ち分も里伽子に圧し掛かりまして。もう非の打ち所がなく里伽子らぶ。 
 彼女には幸せになってもらいたいのです。身を引いてもらったら嫌なのです。
 だから脳内補完しました。それがこの作品です。
 ちょうど木名瀬さんが「パルフェ」の本を出されるとのことなので、押し付けてみました。メッセで無理やり渡したんですが、喜んでいただけたようで何よりです。
 これをお読みいただいた皆様にも受け入れられたら嬉しいです。感想などありましたら送っていただければと。

本日のオチ。
 本の方にあとがきを入れてないからこっちに入れてみるテスト(笑)。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

販促2


 時期が時期だけに販促期間となっております。
 まぁ、ほら。分かれ(笑)。
 というわけで販促その2です。
 …昨日のその1は自分関係なかったりしますけどな(笑)。
 でも好きなクリエイターさんが出す本なので紹介しないわけにはいかなかった。
 そのせいで阿鼻叫喚の坩堝に輪がかかるかもしれませんが、そこまでは関知出来ませぬ。
 そんなわけで今回は自分が関わった作品を。
 木名瀬さんが夏に「パルフェ」の本を出されました。「てぃーぶれいく」という本。
 中身は右近さんのカトレアツンデレSSとじろ~さんのかすりさんお笑いSS。それと木名瀬さんのほのぼの系コミック。
 当時私にも声がかかりはしたのですが、実に華麗にスルーしてしまいまして。

 いや、その頃まだプレイしてなかったもんで(笑)。一応終わらせていたのが明日香かすり由飛…玲愛まで終わってたかなぁ…
 ちょっと日記調べてみます。
 載ってねぇや(笑)。MIXIの方にはあるかもしれないけどそこまで調べるのは面倒です。だからこのことは…うぐぅ、忘れて…
 まぁとにかく、その頃はまだSSを書ける段階になかったのです。
 でも内容は理解出来ます。一応終えたヒロインの話だけでしたし。んでお二人の作品を読んでいると…

自分でも書きたくなってたよ、えへ。

 というわけでこっそりこそこそと書き進めてました。冬は「まるねこ本」(丸戸ねこにゃん、という戯画看板コンビ本)にするという話が出ていたので、こっそりと「大まかでどれぐらいの容量ですかー」とか聞きつつ。
 丁度メインヒロインの里伽子シナリオを終え、無性に里伽子の話を書きたかったのです。だから書いたのです。大体20kほど。
 でも実際に本を作る段階になるとお誘いがかからないワナ(笑)。
 だから完成したもんを自分から押し付けてみました(笑)。
 幸い気に入ってくださったようで、本に収録してくださることに。
 他にもじろ~さんがかすりさんSS、そして右近さんがカトレアのエロSSを書かれているようです。メインの木名瀬さんは明日香ちゃんのコミックだそうで。
 そして私は先述の通り里伽子のSSです。タイトルは「おかしな二人」、うちのスペースで委託受けてますので足を運んでください。右近さんのところにも委託されるようですが、多分あちらが先に売り切れることでしょう。だからうちおいで。

本日のオチ。
 これで自分の本の宣伝を明日しなかったら笑うしかない。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

販促


 の前に、現在読んでいる本の紹介なんぞを。いやラノベだけど。
 一冊は「君の歌は僕の歌」もう一冊は「ランブリングカレイド」です。どっちもファミ通文庫。
 でも刊行日時にはえらい開きがあったりしますが。
 前者は桜庭一樹さんのちょっと前に出した本。そして後者は一年ほど前に高瀬彼方さんが新人さんを使って書かせた本(笑)。
 いいだろー、間違ってないだろー!(笑)
 あと、ちょっと復習という意味も込みで「時空のデーモン めもらるクーク」を読み返していたり。
 そういや感想書いてませんでしたか。

 その前にちょろっと紹介なんぞを。
 「時空のデーモン めもらるクーク」は「ショコラ」や「パルフェ」「ままらぶ」なんぞで御馴染みの丸戸史明さんの同人小説です。まぁぶっちゃけラノベ。
 今年のコミックマーケット70夏で頒布、全力で売り切れたのが記憶に新しく。
 んで週末に開催されるコミックマーケット71冬二日目に再販がかけられるそうです。ショップ委託も1月の下旬には始められる予定だそうで。ようやく読みたいと思う人が読める環境になりそう。
 さらに追加、そのコミックマーケット71冬二日目には「めもらるクーク 外伝」も頒布されるようです。
 まーた二日目が大変そうだこと…
 ま、三日目が一番大変なのはいつものことなわけですが。
 でも企業も大変そうなわけですが。
 今回の目玉はやはり「Fate/Zero」と「なのはストライカーズ」辺りかしら。他にも色々あるでしょうが、キラルとか。
 企業狙いの人は二日目に行くが吉、そう思っていた時期が確かにありました。
 ですが、最近はそういうこともないような気が。
 というのも一部の企業で初日にほぼ全部の在庫を吐き出してしまうところがあったりするからです。
 多分もうそういうことはないと思うけどね、制限かけるみたいだし。
 というわけで安心して二日目に行くといいと思うです。
 丸戸さんの本を狙うなら真っ先に行かないと無理かもしれない。
 でも会場は決して走ったりしないように。超キケンです。欲に目が眩んだキミ等がどうなろうと知ったこっちゃありませんが、キケン行為が多いと開催が危ぶまれます。だからみんなのためにも衝動は出来るだけ抑えて上品に向かってくださいマシ。 

本日のツンデレ。
 どうして自分の本の宣伝をしやがらないのですか。人間が考えることはよく分かりませんです。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

メリー


 さんの羊。
 今日は鳥を食べる日です。だからケンタッキーでフライドチキンを買わず、焼き鳥を食べました。
 今日はケーキを食べる日です。だからコージーコーナーでショートケーキを食べました。
 あとは何かありましたっけか。
 ああ、イルミネーションですな。飾ってみました。白と青のコントラストがステキ。
 幸せそうなかぽー全てに蹴りをかましておこうとはさすがに思いませんでした。僕平和主義ですから。
 でもやさぐれるのも嫌なので家にいました。引き篭もってました。
 外に出たのは「クロスボーンガンダム」の新作コミックと牛角で昼飯食った時だけです。
 と、いうわけで今日は久々にじろ~さんと牛角に。
 不調というか立ち上がらなくなったPCを診ていただき、持ってきていただいたのです。
 んで、近所の牛角行ったんですが…手持ちがありません。あははーっ。
 今年ほど金欠な年末は珍しい。首が回りませんよ!
 でも「megamiマガジン」は買うけどねっ!その予算はキープしてるけどねっ!
 んなわけで「金ないから他所にしましょう」と言ってみた。
「俺が食いたいから奢りますよ」
 ……私の身の回りには気前のいい人ばかりです。
 周囲に借りばかり作っている私の明日はどっちだ(乾笑
 いつか、必ずお返しを。
 今日の有馬は取り損ねましたが(笑)。つかそれ以前に買ってすらいませんが。
 とにかくいつか必ずお返しを。
 普段ならもう少し話が弾むんですが、どうにも疲弊が、疲弊が、ということでローテンションでした。本当申し訳なく思っております。
 私自身はとても楽しかったので余計に申し訳なく。
 イベント終えたら「お疲れさま会」とか開きたいもんです。夜にちょこっと集まれる人だけ集めてみようかしら。  

本日のオチ。
 イベント後はファミレスでお疲れさま会、これは昭和時代からのおやくそくですよ! 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

遠くには幼かった日々を 両手には飛び立つ希望を


 現在「Kanon」が大人気放送中です。
 間もなくDVDの一巻も発売。観ているとSS書きたくなる。いや書いてるけど。
 放送は12話となりました。真琴のエピソードを終え、現在他のヒロインたちのフラグを立てつつメインは舞。
 12話では舞踏会がメインでした。ダンスシーンは必見です。本当細かいよなこの製作会社は。
 来週はおそらく生徒会に佐祐理さんが、って辺りじゃないかしら。舞の話はあと2回か3回でしょう。
 しかしキャスティングの「久瀬」はいい加減何とかしてやろうよ(笑)。
 と、ここいらで「Kanon」の話は終わり、今回取り上げたいのはそちらではなくこちら。
 「Kanon」より後の作品でありつつも「Kanon」より先に京アニによって映像化された作品です。

 そう、「Air」です。
 こちらも現在放送されている「Kanon」同様Bsiにてのみの放送でした。観た人により絶賛されたのも懐かしいですな。

 DVD全巻購入した人も少なくないでしょう。私もその一人であることは言うまでもなく。
 放送終了後のDVDも好評で後に「summer」編の特別版が作られました。
 その後京アニは「フルメタルパニック2nd」「涼宮ハルヒの憂鬱」を経て現在「Kanon」を製作中。もっとも一部じゃ既に作画は全て終えているような話も聞きます。
 この後も「らき☆すた」を始めとして数多く作っていることでしょう。恐らくその中には「CLANNAD」もあるんじゃないかしら、つかあって欲しいものです。
 さて「Air」に戻ります。
 今回噂の次世代メディアの一つであるブルーレイディスクでも登場することになりまして。
 色々とトラブルがあって延期延期を繰り返し、先日ついに発売されました。
 まぁ表示されているモニタ次第じゃ映像の美麗さは伝わらないわけですが、見所は他にもありまして。
 特典用映像として新規にOPが作られています。
 縁あって見せていただきまして。

 思わず泣きそうになった。

 いやま「鳥の詩」聴くと無条件で涙腺緩むんですが、映像加わるとほら、破壊力倍増じゃないですか。さすがにテレビオンエア版は慣れましたが。
 お馴染み「鳥の詩」のワンコーラスなのですが、ゲームで使われた原画と同じレイアウトのものあり、国崎最高!の格好良い映像ありとステキ絵でした。
 どうせ動画系のサービスサイトに上がっていることでしょう。すぐ消されるけど。隙を伺って速攻観てみてはいかがか。

本日のオチ。
 個人的にはブルーレイよりもHD DVDの方がいいと思ってんだけどな!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

まばゆい光はもっとこっちの方へ射せ!


 「げんしけん」がコミックでも完結。ということで買いました。
 勿論同人誌とドラマCDついてるやつの方な。
 まぁ多分ドラマCDは聴かないと思うけどな(ぇー
 書き下ろしもあり、最後まで楽しませてもらいました。
 でもま、あれだよねぇ。彼らまだ恵まれてる方だよねえ(笑)。それはまぁ、この場ではスルーする。
 特典の同人の方も読みましたが、豪華っちゃ豪華な布陣。
 つか表紙のちゃん様描かれたところの荻ちんが可愛すぎる。
 荻ちんが出てから彼女がひたすら前に押し出される作りになっていたような気が。
 笹ヤンに春を迎えさせるキャラという印象も少なからずありました。というかそう感じました。
 でもま、いいですなこの二人。とてもお似合いだと思います。
 そして、影の主役は紛れもなく斑目だったのではないかと。
 いいじゃないですか報われない恋。それも絶対「ありえない」((C)星崎希望)恋。
 春が来た田中・大野のコスプレカップルもお似合いだと思います。
 アニメ版だと妙にセット扱いされることが多いような二人が声当ててましたが(笑)。因みに他作品で言えば「北川・香里」とか「ギル・セイバー」とか。
 そのアニメ版は、ちょうど斑目たちが卒業するところで終了してしまい、荻ちんは出てくることなく終わってしまいました。
 んでここで炸裂するのが最近流行りの「えげつない商売」です。
 「げんしけん」の内部企画で発動していた「くじびきアンバランス」のDVD-BOXの購入特典として「げんしけん」の特別編が作られるそうで。そしてその中で荻ちんは登場する、と。
 以前から「二期が作られる」だの「荻ちんが出るOVAが出る」だのと言われてましたが、こういうことらしいです。超今更の話題ですが。
 現在放送されている「くじびきアンバランス」ですが、実は観てません(笑)、一応録画はしてんだけどね。溜まりっぱ。
 またぞろ録画しただけで観ていない作品が溜まり過ぎ状態になりつつあります。困ったものだ。

 とはいえ、録らずにいると後悔してしまう出来のものもあるので、それも困る。
 結果、観ずに消してしまうかもしれませんがひたすら録画、ということに。
 幸い1月からの新番組はさほど興味のない作品ばかりなので、ここは少し消化しとこうかしら。
 
本日のオチ。
 とか思っているうちに春が来る。世の中とはそういうものである。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

倒すか、倒されるか


 昨日、比較的アンチファンの多い某チャンピオンの初防衛戦が行われました。
 結果は判定勝ち。
 さて、どう思ったか。
 これはあくまで私見です。私的です。押し付ける気はありません、あくまで「私が思っていること」です。
 正直私は彼に負けて欲しいと思ってます。彼みたいなタイプは敗北をバネにしてくれそうな気がするもので。
 なのでどちらかというと相手を応援していたりします。まぁ彼にとっちゃいい迷惑でしょうし彼のファンにとっちゃ余計なお世話もいいところですが。
 で、今回の防衛戦、彼は大分今までと印象を変えました。ビックマウスはなりを潜め、ファイトスタイルも正面から打ち合うスタイルではなくなっておりました。まぁ足はあまり動いてませんでしたが。
 印象としてはアマチュアボクシング、有効打を着実に重ね、判定で勝つ。実際は違うかもしれませんが、私の中ではこれってアマチュアボクシングのスタイルだと思ってます。
 んで、よく「プロとアマチュア」で差別化されてますが、別に「プロが上」で「アマチュアが下」なんてーことは私全然考えてません。
 「プロは観ている相手を喜ばせてなんぼ」「アマチュアは観られることを意識していない」という印象です。実際は違うかもしれないよ?
 だからアマチュアボクシングみたい、という言い方は別に悪意持って言ってるわけじゃないのです。寧ろ高度なテクニックだと思う。相手を常にコントロールする必要もあるわけだし。
 ただ、私自身は「物足りなかった」と思ってます。
 理由は簡単「打撃戦が観たかった」から。
 野球でも「息詰まる投手戦」と「派手な乱打戦」がありますが、私は「派手な乱打戦」をボクシングに求めているのです。
 だから今回の彼の試合はイマイチ消化不良でした。まぁこればっかりは彼だけが悪いわけじゃありません。対戦相手だって悪い。だって攻めていかないんだもん。
 挑戦者が積極果敢に攻めない段階で駄目だ。見た感じお互いカウンター狙いだったような。というか、あそこまで足止めたまま戦うってのもある意味すごい。
 私が彼に求めているのは「倒すか倒されるか」です。いや、彼だけじゃなくボクシングの試合ではそれを求めています。
 判定まで引っ張るのも立派な戦略です。実際彼のみならずそういうタイプのチャンピオンは何人もいました。
 でも私はやっぱり倒すか倒されるかのスリリングな試合が観たかったのですよ。だから物足りなかったなぁと。
 というか、ちょっと前までそんな「判定まで保たせるタイプ」のチャンピオンばかりだったので、KOを売りにしたK-1観ていたわけですが、最近じゃヘビー級の方もやっぱり判定まで保たせるファイターばかりなんだよなぁ…
 さてとにかく、彼は防衛を果たしました。
 恐らくこの後は彼本来の階級に進むと思いますというか進んで欲しいです。
 私はどちらかとうとアンチ派ですが、応援はしてますよ。いや本当に。あそこまで昔気質のタイプは珍しいですもの。
 
本日のオチ。
 しかし、いい加減弟の歌の方はどうにかならんもんか…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

運転手と客


 トラック運転手がいました。長距離トラックの運転手です。
 もうすぐまた長距離の仕事をこなさなければなりませんが、まだ少し時間的に余裕がある日を過ごしておりました。
 そんな時、友人から電話がかかってきました。その友人は特別親しいというわけでもありませんが、それでも大事な友人でした。

「今度荷物を運ぼうと思うんだ」

 じゃあ自分が手を貸してやるか、と思いその手助けをしてあげようと思いました。友人からは「そちらの仕事を優先でいいから」と言われ、それならと引き受けました。

 が

 どうにもおかしな雰囲気が。というのもその友人、具体的な目的地を明かさないのです。大まかな教え方をするのみ。
 そのくせ目的地への到着日だけははっきり「○○日まで」と告げてくるのです。
 おまけに段々雲行きが怪しくなってきました。

「○○に寄って○○が欲しい」
「○○のルートを通って欲しい」
「△△の辺りで途中経過の報告書を用意してもらいたい」

 自分の移送の仕事の合間に、という感覚で引き受けたのは良いけれど、このままだと明らかに自分の仕事にも支障をきたします。
 せめてもう少し友人の意図を聞きたいのですが、いくら聞いても要領を得ません。
 どうにかこうにか友人の頼みに出来る限り応えてあげたいとは思っておりますが、要領を得ないまま刻限は確実に近付いてきます。
 さて、こういう場合どっちが悪いのでしょう。

・安請け合いをした運転手
・無茶な頼みをする友人

 どっちもどっち、って気がしますが。
 難しい問題だなという気もしないこともありませんが、どうだろうなぁ。
    
 とりあえず必要なのは「事前の入念な打ち合わせ」だと思う次第。友人の意図が全て伝わらないとこなせない依頼ではないかと。
 犬が西向きゃ尾は東、ではありませんが二人とも同じ方角を見ていなければ、どうやったって何かしらの問題が持ち上がるんじゃないかしら。
 というか同じ方角見ていたって何かしらの問題は持ち上がると思うのです。だからこそその問題を少しでも少なくするためにも入念に打ち合わせをするべきなんじゃないかなぁ、と思うのです。
 
本日のオチ。
 それが簡単に出来ない人はどうしたらいいか。それが問題なわけですが。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

月は東に日は西に


 取り掛かり始めてしばしの間を置いたりして、ようやくフルコンプしました。長かったなぁ…
 んで、周囲で終わらせた人がいたようないないような、とはっきりしない中、人様の感想を調べてみようと試みたわけですが。
 面倒くさくなったので止めた(えー
 いやまぁさすがに古いゲームとしかもう言えませんし。
 つか、久々野さんがゲームレビューのページ消すんだもんよー!(笑)
 確実にやっている人は感想あげてないし、もういいや畜生(笑)。
 そんなわけで感想っていうか雑感です。まぁ一言で言えば「オーガストらしいゲーム」としか言いようがありません。
 具体的に挙げると

・萌えヒロイン
・ほのぼの展開
・豪快な設定
・投げっ放しなオチ

 以上。
 古いゲームですし家庭用ゲームにもなりましたしアニメにもなりましたからいちいち隠しませんが、知りたくない人は引き返してくだされ。オチまで「はにはに」の話しかしません。長くは書かないけど。

 今回のぶっ飛び設定は「百年後の世界から避難してきた人たちがいる」というもの。百年後の世界は凶悪なウイルスが蔓延し、人類の大半が死滅しているそうで。んで一部の人間を現代に避難させている、と。
 んでま、主人公は普通の人。いや普通じゃないんだけど普通。
 五年前の記憶を失ってはいるものの、親戚の家で従姉妹とその両親と共に毎朝幼馴染みに起こしてもらったりして平和に暮らしている、と。 
 その中で従姉妹の親友やら保健の先生やら担任の先生やら転校生やらと仲良くなっていく、と。
 まぁこう書けば普通です。実際恋愛対象が絞り込まれるまでは普通なんだよね。
 そして件の豪快な設定に翻弄されるわけです。本当に唐突に。
 二人目以降はさすがに「あ、あんたもか」程度で済んでしまうわけですが。
 んでま、個別のシナリオに進んでいくわけです。
 これがまた質にばらつきがあるというか何と言えばいいのか、ちゃんと筋道を立てて作っている話もあれば、全然波風が立たないなぁと思っていたらいきなりクライマックス→そのままEDという豪快なのもあったりして…ある意味すごい。ある意味酷い。
 キャラ的に言えば保奈美やら恭子先生は好きです。あと茉理。美琴も嫌いじゃない。
 いや別にちっこい娘さんが嫌だってわけじゃないんですが、それでも好みで言えば少しマイナス、かも。

 キャラの順位は

保奈美≧恭子、茉理>美琴>ちひろ>結

 シナリオ順位は

恭子≧茉理>ちひろ>結>保奈美>美琴

 かな。下位の二人はシナリオのクライマックスが被っているためですが、とにもかくにも様々な過程をすっ飛ばしすぎで思い入れもへったくれもありませんでした。それまでが悪くなかっただけに酷さ倍増。
 結先生の話は強引にもほどがある(笑)。他の三人はまぁまぁということで、単純に好みの差です。
 
 個別感想

藤枝保奈美
 確かに「最強の幼馴染」の看板は伊達じゃなかった。どこのU1ですか。料理が出来てスポーツ勉強出来て世話好きな上ノリがいいとは完璧すぎる。シナリオさえ良ければなぁ…

仁科恭子
 年上の大人の割には可愛いところを見せてくれたりします。だけど祐介へのガード甘すぎ。ちゃんと隔離しておかないから色々と大変なことになっちゃったでしょーが!

天ヶ崎美琴
 ノリの良さは一番でした。ですがそのノリの良さが災いしてどうも「悪友以上の仲」へ進展することに違和感が。シナリオで損している人。

渋垣茉理
 可愛いです。ええ可愛いですとも。自分のシナリオ以外じゃ意識すらしていない態度も含めて可愛いです(笑)。

橘ちひろ
 大人しいキャラのまま、特に目立つこともなくひっそりと終えてしまった印象が。一番重要なことしてんのにね(笑)。

野々原結
 諸悪の根源(笑)。まぁあなたが事故を起こしたわけじゃぁないかもしれんが、立場上事故を起こした人でないとも言い切れず(笑)。

 とりあえずヒロイン限定で。まぁこんな感じ。
 次はどのゲーム消化しようか検討中。「SHUFFLE!」か「ぶらばん!」が有力かな。「舞HiME」は現在他の作業で使っているマシンに入れてあるので進められないのです。

本日のオチ。
 一番驚いたのは保奈美役の人は「デモンベイン」のアル・アジフも演じているということかしら。多彩な声優さんってステキね。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

入金完了


 とにかくポプルスさんには初めて申し込んだので、勝手が良く分かりませんでした。
 まぁ、印刷所に本の発注をすること自体二回目です。もう一度コムフレに申し込んでも良く覚えておらんので手間取ったでしょう。
 夏ん時は自分で見積もり額出して振り込んで、振込みの控をFAXするという面倒な作業がありました。
 んで今回ポプルスさんの場合は見積もりが郵送されるのでその額を振り込む、ということだったみたい。
 みたい、というのはまだ見積もりが届かないからなわけですが。
 じゃあ何で知ってんだお前は、と突っ込まれたら簡単に答えます。直接電話で教えてもらったから。
 ついでに見積額をメールで送ってもらったので、それを入金した、というわけですな。
 因みに本日ポプルスさんはお休みです。そして未だに見積もりが届きません。
 何度も言いますが初めてなので不安が付き纏いますが、まぁまだ10日もあるから大丈夫だろ。たいした部数も刷らんし。
 というわけで宣伝ページを作ろうと思います。まだ作ってませんが。忙しいんだよ!(逆ギレ)

 とにかく色々と落ち度がぼこぼこ出てくるから困る。
 もういい加減宿も諦めモードです。こうなったらネットカフェ組に混ぜてもらって起こしてもらうしかないかもしれん。
 委託も受けているんですが、そちらの打ち合わせというか本の受け渡しについての段取りもまだ。
 一応スペースに必要なものはある程度前回揃えたのでそちらは問題ないと思いますが、今度はどれだけの装備になるかを考えないと。
 夏の在庫を運ぶカートは既に購入しております。無駄にでかいやつ。
 両替も夏に用意したのを流用すればよい、と。
 …こう書くと結構順調に思えるから恐ろしい(笑)。
 もう少ししたら宣伝ページの他にもTOPで宣伝します。一時的にTOP画像も新刊の表紙にしたりします。多分します。
 今回は少しぐらい外に出たいところ。夏は本当に一歩もスペースから動けなかったからなぁ。
 とりあえずの野望として挨拶周りをしてきたいです(どんな野望やねん)。挨拶できなかったところがいくつかあったもので。
 それ以前の付き合いの方、MIXIで知り合った方、挨拶しておきたい方もおられます。そこいら回っておきたいなと。
 ……まぁ、あれだ。一般が入る時間前ぐらいは少し自由に動きたい、と。
 一般入って撤収するまでは諦めてますけどな(笑)。

本日のオチ。
 しかし、せめて打ち合わせする時間ぐらい都合つけたいもんだよなぁ…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

橘りうた

 
 いや、ショタ漫画の第一人者のことを取り上げたいというわけではなく。
 だからといって奇才長森浩平先生の物語を彩った作画担当の方を取り上げようというわけでもなく。
 つまりは昨日歌会だったということで。
 今年の締めです。オーラスオブジイヤーです。
 その割にゃ全然気持ちが入りませんでしたが(笑)、いや行く前の話ですが。
 でも行けば絶対テンション上がります。んなわけでぐでれーっとした気分のまま家を出ることに。
 というのも、先日ついカッとなって購入した「なのはA'sさん」の挙動が不審で出せなかったってのもありまして。帰ったら調整してやらんと。おのれ白い悪魔。色は黒だけど。
 池袋到着は10時30分。途中JINGさんに「今日のラーメンどこにしよう」とメールを送りました。

二郎

 食えるかそんなもん(笑)。いや食える人は食えますが食えません。

 その後も「光麺」とか言われましたがぴんと来ず。そして帰ってきたのが「すみれ」でした。
 北海道に本店を置くお店。行列系の一つです。場所は東武の中。ここに決めました。さんきうじんぐじんぐ。
 最初は池袋に出来た「一風堂」にしようかとも思ったんですが、オープン早々なので断念しました。今度ゆっくり行こう。
 そして同時に公開初日だった「犬神家の一族」の鑑賞を断念しました。開始時間があと一時間早ければなぁ…
 待ち合わせ場所に。誰もいなかったので持参しなかったホットペッパーを探しに放浪。時期が時期だけに見つからず。
 待ち合わせ場所に戻るとSu-37さんがおられたので身体を張って元気っぷりを披露し、疲弊(駄目ジャン)。
 ウイングゼロの壁紙にしている冬の新刊の表紙を見せていたりしているうちに仮面の男さんが到着。それから間もなく変身動物ポン太さんが到着。ラーメン面子は以上、ということで移動。
 「すみれ」は北海道ラーメンのお店です。JINGさんにとっては比較的馴染みのあるお店。まぁ本人はいないわけだが(笑)。
 11時オープンなので比較的スムースに入店。出る頃には行列が。ナイスタイミングだったようです。
 味はまぁまぁ美味しかった。濃い色をしている割には味はさほど濃くなくほどほどで良い。今度塩ラーメン食いに行こう。
 食後まったりとしていると右近さんから「池袋着いた」というメール。のんびり歩いて目的地に。途中本屋に立ち寄りそこにあったホトペをゲット。
 パセラ前には右近さんが。ザックには角張ったものを詰め込み、手にも角張ったものが。
 フェイトさんとなのはさんのフィギュアでした。袋に入れないで持ち歩いている辺り漢だと思った。近寄りたくないけど。
 ケースから見ただけですが、出来いいですなぁ。この質でヴォルケンリッター組が出てしまったら買ってしまうだろうなぁ。
 ザフィーラの耳と尻尾はシャマルさんにつけたいと思いますが。フォーク持たせますが。
 後の人は遅れてくるという連絡があったのでこのまま入店。
 …しかし。
 最近池袋のパセラも液晶モニタで映像を流しているんですが、どうもアニメに特化されているような…つか何で店員の一人がザフトの赤服なんだよ!(笑)
 部屋に辿り着くと何故かそこにはJINGさんが。

「実は昨日から待っていた」

 漢だなと思いました(注;この日記は一部嘘があります)。
 そのJINGさんが「COLORS」(「コードギアス 反逆のオレンジ」のOP)を入力し、本日の歌会開始。
 「COLORS」の間奏部分に同じFLOWが歌う「DAYS」(「交響詩篇エウレカセブン」一期OP)のラップを被せてみたところ、ジャストフィットでした(笑)。
 後はまぁ、思い思いに熱唱。途中でLockianさんが、そして木名瀬さんが到着。
 「ひぐらしのなく頃に」の替え歌で「原稿の待つ頃に」とか言う話をしていたところに来る辺り、木名瀬さん始まったな。
 右近JINGチームが揃うと「踊る赤ちゃん人間」のクオリティが跳ね上がる。
 原稿をまだ抱えている仮面の男さんが熱唱。溜め込んだものを吐き出したようです(笑)。
 木名瀬さんとSuさん、そしてLockianさんがこぞってエロゲソングばかり歌いだす始末(笑)。
 今回私は変な歌は歌ってませんよ?ラッパーですから。ラップばかり歌ってましたから。

 マイクの音量が低かったり超仏頂面の店員がいたりと色々ありましたが、終わってみれば一人頭約1600円ちょっと。まずますやね。
 ここで木名瀬さんと右近さんとはお別れです。見送って移動。
 まずは新○書店に。JINGの人は行く意味を疑問っておりましたが実はあるのです。今回何も買いませんでしたから余計にそう思ったのかもしれない。GXの表紙に「広江○威」の名前があれば買ってたんだけどなぁ。
 そしてジュンク堂に。見所は仮面の人の大人買い。
 コミックが出て間もないのでコミック中心に。そして小説コーナーへ赴く氏を見守りつつ我々は出口で待機。
 そして出口で待機する前、こんなやり取りが。

「あの人「パンプキンシザーズ」取ったかなぁ。まぁ目立つ場所にあるし、取っただろう」
「いや、そこを忘れるのが仮面さんですよ」

 飲み参加のDEEPBLUEさんとメールやり取りしつつ、SuさんやLockianさんと話をしていると仮面さんがエスカレーターから降りて来て、レジに向かわずまた地下へ。

「「パンプキンシザーズ」忘れた」

 思う壺だぜ!上手くいったぜ!((C)踊る赤ちゃん人間)
 和みの一時を過ごし、買い物を終えた仮面の男さんそしてDEEPBLUEさんと合流。
 さて問題。

飲み会場どうすべえ。

 実は事前に予約を取っていませんでした、えへ。パセラの中であれこれ検討したんですが、予約不可能な店やら電話が繋がらない店やらで結局飛び込みということに。
 しかし忘年会真っ盛り、おまけに週末土曜、加えて繁華街池袋、ということでほとんどお手上げ(というほど回っていませんが、空腹だったんだよ!)。
 仕方がないので見えたホルモン焼きの店に。呼び込みするぐらいだし空いてんだろ。
 
がら空き。つか我々が初客。

 そして納得。

・微妙に値段が高い
・微妙に狭い
・微妙どころかかなり店員のリアクションがサムイ
・量が少ない

 こりゃ駄目だ(笑)。二次会というかすぐに行くような場所じゃありませんでした。
 唯一の例外がカレーうどん。これが何故か超絶品。これだけは褒めてあげたい。つかカレーうどんの店にしろよ(暴言)。

 いくらなんでも物足りなさ過ぎ、ってことでファミレスに移動。いい感じでビルディが空いていたので飛び込み。サイゼリア混んでたねん。
 みんながセットで飯を食う中、一人チョコレートパフェを食べる私。だって乙女ですもの。
 中途タイムアップのポン太さんが離脱。デザートが届かず残念でした。つか店員がコールラッシュに半ギレで「デザートですね」と。分かってんなら持って来いよ(笑)。
 そこでベタなトーク全開。
 常々思うのが共通の話題を作るのは難しい、ということでしょうか。誰かと盛り上がる脇で誰かが入れない…うーむ。
 もう少し広い視野で話題を考えねば。精進します。
 22時30分でタイムアップ。解散となりました。時間的にもちょうど良かったらしいというか限界っぽかったみたいです。
 
 今年も色々と楽しませていただきました。今回も参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
 そして今年一年の間に一度でも参加してくださった方々にも深い感謝を。
 参加したいという人はまた来年もやるつもりですので遠慮なさらずアプローチしてください。お待ちしとります。

本日のオチ。
 家着いたらばたりこと。そしてこれを書いていたらいつのまにかばたりこと。疲れ、溜まってたのね…



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

何もかも忘れてしまおう


 というわけにはいかないのが常というものです。
 本当に何もかも忘れるためには、記憶そのものを完全に消し去るしかないわけですし。
 と、そこまで深刻に考える話題ではないのでした。つまりは今の時期の風物詩ってやつの話。
 そう、「忘年会」です。
 これは本当に極端に印象が変わるイベントです。
 とことん喜んで積極的に参加する人と毛嫌いしまくりで絶対に参加を避けたがる人。
 後者の場合参加を避けることが出来れば問題ありませんが、参加したくないのに参加せざるを得ない場合が多々あります。
 具体的に言えば新入社員の場合です。他にも現場が変わってやら部署が変わってやら、とか色々あると思います。
 仲間内でやる分にはいいんですが、会社の方でやるのは本当苦痛が伴うことが少なくありません。
 楽しまないと損と言いつつも、楽しめるような状態じゃないことの方が多いですし。特に新入社員。
 ここぞとばかりに本音を引き出さんとあれこれ画策するのもいれば、日頃の鬱憤晴らしや入社当時自分がやられたことのお返し等、いちいちちょっかいをかけてくる人が多すぎます。
 逃げられるものなら逃げたい、そう思っている人もいるみたいですが、社会というか付き合いってのもあります。
 社会に出ても逃げを打ちまくるというのは止めた方がいいと思うなぁ。辛いことではあると思いますが。
 本来なら学生の時に培うべきことなのですが、引き篭もる人も少なくないから培われずに社会に出てしまうというオチが。
 まぁ、あれだ。本当に辛いなら速攻潰れたフリでもしておきなさい。
 そうすれば「あいつは飲めない」と思ってくれるかもしれません。
 もしくは「風邪気味なんです」とか言えば速攻周囲が飛び退いてくれることでしょう。

 現在非常に性質の悪い「ノロウイルス」が蔓延しているようで。先日も池袋の某ホテルで騒ぎになりましたが、まだ収まる気配はないようで。
 周囲に咳き込んでいる人がいると無意識に避けてしまう自分がいたりして。いや悪いとは思うけど今風邪を引くわけにはいかんのですよ。
 皆さんも風邪にはくれぐれもご注意を。忘年会終わった後はかなり夜も更けていることでしょうし、温かくしておきましょう。 
 んで、会社の忘年会のストレスは身内系で発散する、この方法で一つ。
 だから我慢するのです。そして鬱憤を溜めて溜めて一気に晴らす。乙女にしか出来ない技ね。 

本日のオチ。
 今日が歌会だったからそういう話題になった。楽しかった。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

わっちあれ食べたい


 宝島社が行った「このライトノベルがすごい!」の2006年版で二冠を獲得した作品。
 それが電撃文庫より出版されている支倉凍砂氏作の「狼と香辛料」でした。
 作品部門と女性キャラクター部門での栄冠です。すげえなおい。
 作者さんはこの作品でデビューを果たしました。ラノベスレやら周囲の評判(dyeさんとか仮面の男さんとかJINGさんとか)でも好評で、いつかは読もうと思っていた作品でした(というか周囲からせっつかれてもいた)。
 んでようやく読みました。行商人ロレンスと豊作の神狼娘ホロの物語。
 面白かったです。ええ面白かった。何よりホロ可愛いです。
 老獪でありながら可愛くもある、この卑怯者(笑)。
 もう少し商売の駆け引きを取り上げてくれるともっと面白くなったかも、と思いつつ、これぐらいがいいのかなぁとも思えました。
 そしてどれだけ支持されているかは上記の賞で証明されているわけですが、納得です。「すごい!」ってのとは違うと思いますが面白かった。
 現在3巻まで発行、年明けには4巻が。また追いかける本が増えてしまいました。嬉しい悲鳴ですが。

 そしてこちらも出て以来ずっと追いかけ続けている「バッカーノ!」のシリーズ。最新シリーズであり最新刊、の一歩手前の「1934 獄中編」を読み終えました。
 こちらは後編である「娑婆編」が出るのを待ってから読み終えようと思っていたんですが…チクショウ、「完結編」があるらしい。
 とはいえ、一度ギアを入れてしまった以上止められません。年内には読み終えちゃうんだろうなぁ…装填(次に読む本)はしないけど。少し後になると思うけど。
 このシリーズも長くなってきました。そしてこのシリーズは毎回毎回新しいキャラが登場します。
 …段々過去のシリーズ読み返さないと過去何やったキャラだったのかを思い出せなくなってきたよ(笑)。
 いや、フィーロとかエニスとかジャグジーとかシャーネとかヴィーノとかマイザーとかアイザックとかミリアとか、覚えているキャラはいくらでも出てきますが、脇までは覚えキレネ。
 今回はアルカトラズにフィーロが放り込まれる話ですが、まぁその脇でも色々と動いておりまして…相変わらず交通整理が上手いなぁと感心しつつ「あれ、こいつ名前は覚えてるけど何やったやつだっけ?」てのもちらほら出てきて困りました。
 とにかく追いかけてから感想は改めて。「バッカーノ!」で取り上げたいのは寧ろ違う話題。
 このライトノベルというジャンルはメディアミックスのターゲットの温床みたいになってまして、元々最初におっぱじめたのは角川であり、そこからあちらこちらでも真似というか追随するようになっております。昨今ではエロゲとかもメディアミックスされやすいようですが。
 んでこの「バッカーノ!」は電撃のメディアミックス戦略に乗った模様。今月末からコミック連載が始まり、アニメ化も決定したそうです。
 作るのはアニプレックス。「銀盤カレイドスコープ」で「やっちまった」ところです。
 ……暗部を真っ先に紹介してどうする。
 「鋼の錬金術師」で評価を上げたところです。なので期待します。素直に期待します。
 ま、数日前の日記でも取り上げているのでこれぐらいで。
 とにもかくにもスタッフが気になるところです。 
 
本日のオチ。
 途中で逃げるような監督にしないように。途中で監督が逃げたくなるような環境を作らないように。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

さようなら


 この時期色々と終わるものがあります。
 当然終わるものがあれば始まるものもあるわけですが、今回は終わる話を。
 …いや別に私がサイト閉じるとかそういうことじゃないので構えずに(笑)。
 今年巡回するようになったところに「仮面ライダーカブト」の役者さんのブログがありまして。二人だけなんだけどね。加賀美くんと矢車さんの。
 加賀美くんのブログはまぁ、普通。普通に普通のブログです。普通に撮った写真一枚とそれに纏わる話。時々はっちゃけますがそれほど飛びぬけることもなく、まぁ普通に楽しめる程度。
 問題は「兄貴」こと矢車さんの方(笑)。こちらのはっちゃけ具合は半端じゃない。
 弟分の影山さんと一緒にはっちゃけるはっちゃける。本当楽しい日記です。まぁかなりベタなので万人には決して薦められないんだけど(笑)。
 そんな二人をブレイクさせた「仮面ライダーカブト」も来年早々に幕が下ります。終わります。
 つまり演じた二人の「カブト」の演者としての仕事も終わるわけです。オールアップ、というやつ。
 先日矢車さんの収録が終わったそうです。ぼろ泣きだったとご本人も語られております。
 そして加賀美くんの方も収録がオールアップとのこと。こちらもぼろ泣きだった模様。始まりがあれば終わりもある、とはいえ楽しい思い出を刻んだ世界が終わってしまうのは寂しいものです。
 全ての撮影が終わったかどうかは調べてないので分かりませんが、天道くんのところで撮影終了という話はまだのようなのでまだっぽい。でもま、間もなく終わることでしょう。
 因みに彼のところを巡回しないのは毎日更新してないからである(笑)。
 「カブト」も残りあと数回、具体的に言えばあと5回ぐらいですかしら。大晦日放送するのかな。新番組の変なライダーが始まるのが1月28日らしいので、ラストは21日でしょう。
 …伏線回収し切らないで終わりそうだな…
 というか、この期に及んでまだ某上氏を使うのか…貴重な残り話数が…
 とりあえず風のメークアップアーティストといろいろな意味で頂点に立つ男の幕引きってことなんでしょう。一話で詰め込めよどうせ投げっぱなんだから(暴言)。
 「カブト」の個人的感想まとめは番組が終了してから改めて。どうにか平成ライダーランキング三位で終わりそうな気がしてきました。

 そしてさっきちょこっとだけ触れた次回作の話を。
 まだライダーで引っ張るんですかナンダイ(ナムコとバンダイの合体語。漢字は無茶な玩具戦略をかましまくる。というところから「難題」とかどうか)は。
 西山さんが紹介していたサイトによると「仮面ライダー電王」だそうで。電車でGoってことですか難題。TAITOの助けも借りますか。
 スタッフが明かされていないので何とも言えませんが、現状あまり期待出来そうにないのは私だけでしょうかしら。
 いい意味でひっくり返してくれることに期待。 
 
本日のオチ。
 でも決して過度な期待はしない。それがダメージを最小限にとどめるコツ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

めがっさにょろにょろ


 どうもこればかり取り上げられているような気がしてならん鶴屋さん。
 というわけで「ハレ晴れユカイ」のエヴァ様版とゆえゆえ版を聴いてみました。
 なに?良く分からない?しょうがないなぁ、じゃあもう一度言うよ。
 「ハレ晴れユカイ」のエイミィさん版と翠星石版を聴いてみました。
 つまり鶴屋さんバージョンと朝倉さんバージョンを聴いたってことだ!
 微妙にオリジナルのSOS団版と歌詞を変えているようで。
 しかし朝倉さん版は割りといい感じなんですが鶴屋さん版はいちいち「めがっさ」付けすぎな気がする。
 それと鶴屋さんというより完全に声優さんが歌っているような。まぁいいんだけど好きだから。
 んで、次は喜緑さんとキョン妹だっけ?また「ハレ晴れ」なのかしら。
 そろそろ手詰まりな気がする「ハルヒ」商法ですが、どうなんでしょか。
 ま、いいんだけどね別に(ぇー

 そろそろ冬の祭典のデッドラインを超え始めている模様。
 何のことかと言いますと入稿のデッドラインです。つまり「落ちるか落ちないか」ってこと。
 まぁ印刷所によってはまだ間に合う場所もいくつかあるようですが、ほとんどのところは今週が山でしょう。というか今日明日が最後じゃなかろうか。
 とりあえず私は間に合いました。多分本は出ます。ええ出ますとも。
 まだ入金してないんだけどね!というか印刷所からメールが着てないからしょうがない。まぁ明日ぐらいにゃ来ることでしょう。
 既に表紙も本文も入稿は済ませてあるし、確認のメールは着ています。だからお金さえ入れれば大丈夫よきっと。
 今回も夏と同程度印刷します。だから売り切れることはまずないと思います。というか絶対ねえ。
 夏は半分残りました。でも個人的には御の字です。まさかここまで出るとは思いませんでしたし。
 しかし、前回は本当何もしなかったもんなぁ。印刷所の予約すらしてませんでした。まぁ本を出すのも冗談半分というか興味本位だった感が自分でもありましたし。
 文字通りの手探りでした。だからこそ全て後手に回って大変なことに。一部からお叱りも受けましたし励ましもいただきましたし。
 今回は少しだけ頼ってしまいましたが、それ以外は一応どうにか一人でこなせた…んじゃないかなぁ(笑)。
 とにかくちゃんと入金済ませて告知ページ用意しますよ。 

本日のオチ。
 とりあえずスペース番号ぐらい告知するべきだと思うんだ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

入稿終えまして


 少し気が緩んだ感じ。
 とはいえ、既に夏に書こうと思っている作品を練っていたりもします。
 問題は予算だよなぁ(笑)。少し長くなりそうですし。
 文庫形態にしたいと思いつつも、文庫形態にするとかなり厚くなりそうなんですよね。
 まぁ前出したものと違う形態にするもおかしいかもしれないので、少し考えます。
 んで冬の祭典ですが、一応タイトルどおり入稿は済ませました。後は振り込むだけで本は出ます。
 今回小説同人じゃ御馴染みのPOPLUSさんに初めて出してみました。どうなるやら。
 夏に頼んだところでもいいかなと思いはしたんですが、野郎あれだけのトラブルを巻き起こした分際で値上げしやがりまして(笑)。
 前回と同程度の予算で前回と同程度の冊数を刷れないから断念しました。特に不具合もなかったし無事納品してくれたので(笑)今回も頼もうかと思ってたんですけどね。
 他にもいくつか考えたんですが、とりあえず今回は定番で。
 仕上がり次第で今後も考えます。1000円でポスター作ってもらえるしね。
 そんなわけで入金を終えたら宣伝します。表紙も公開しちゃいますよ。

 さて、無事終えたので冬に向けて色々と準備をしないと。
 具体的に言えばカタログチェックと宿です。
 …………どうしよー(汗笑)。
 本来なら11月辺りに打ち合わせしておくはずだったのに、気付けば12月も半ばですよ!
 起きる→仕事→帰宅→睡眠→仕事のバッドスパイラル。
 日記やらテキスト打ちはウイングゼロで行っておりますが、ウイングゼロはネットやるにはかなりきついのです。重いから。
 んなわけでMIXIチェックするぐらいにしか使ってません。なので宿探しなんざやってる暇ありません。
 しかも打ち合わせをする時間すらありません。
 こうなったら最後の切り札の三択で行くしかないかもしれん。

1、ネットカフェ(夏の在庫持参つまりカート持ちなので難しいか)
2、カプセルホテル(同上)
3、パセラ

 …………これしか、ないかもしれん(ぇー 

本日のオチ。
 日曜まで使える日がないのです。いやマジで。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

天ヶ崎美琴ですっ


 現実逃避精神が極みに達しました。
 明日デッドラインなんだけどな!明日駄目だったら落ちるんだけどな!
 でも逃避です。徹底逃避です。頭皮じゃありません逃避です。
 というわけで「月は東に日は西に」を再開させました。原稿やっている間は絶対やらんと誓っていたのに。
 でもやる。だって逃避なんだもん!
 そんなわけで残り二人だった「はにはに」を進めました。
 んでもって一人終わらせました。タイトルの天ヶ崎美琴嬢のシナリオです。
 感想。

なんじゃこりゃあ!

 以上。本当に以上。
 結先生シナリオも大概にせぇ、と思いましたが美琴シナリオはその上をいきました。やるなオーガスト(褒めてません)。
 ここまで力技を駆使されると唖然とした後笑いがこみ上げてきます。正に「全力で放り投げるシナリオ」でした。
 全然フォローがねえ。謎解きがされてねえ。綺麗にまとめてみせているようですが、こりゃすごいわ本当(笑)。
 そして何が一番恐ろしいかというと「ま、オーガストだからしょうがない」と思わせてくれるところだな(笑)。
 プレイをした人には私の気持ち分かってもらえるんじゃないかしら。
 現状ランキングは恭子先生>茉理>ちひろ>結先生>美琴です。
 シナリオがまともだからこのランキングなのかキャラがいいからなのか、自分でも分からなくなってきたよ(笑)。
 結先生も美琴も嫌いじゃないですが、あのシナリオが台無しにしてくれちゃってます。
 さて、ラストは「パーフェクト幼馴染み」にしてキャラコンでぶっちぎりトップに君臨していると言われている藤枝保奈美さんですよ。
 これが終われば多分おまけのシナリオがあって、それでコンプですよ!
 ちなみに「運命の系統樹 修羅」の方はメインは後二人ですが、止めてます。さすがに二つ進めると本当に原稿書けん。
 さて、ほなみんいってみよっか!

本日のオチ。
 え?入稿?済ませたに決まってんじゃねーか!(逆ギレ)


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

君は本当にばかだなあ!


 「Gosick」の新刊が出ました。
 分かりやすく言うとヴィクトリカの新刊が出ました。
 薄いけど、出ました。
 次はかなり先になりそうだけど、出ました。
 次はかなり先になりそうだけど、読み終えました。
 …そこ、何疑ってるか。私は優先すべきものは優先させる主義なのです。
 だから原稿を全力で後回しにしています(なにー)。
 いやまぁ順調ですよ順調。
 今回もA5のニ段組構成です。総計52ページです。テキスト総量はメモ帳にして80Kほどです。
 …多分それぐらいになるんじゃないかしら。推測です予測です予想です可能性です。
 というわけで今回もA5ニ段組で臨んでいるわけですが、ちと気になること。
 文庫形態だとどれぐらいテキスト容量になるのかしら。

 私は「くじういんぐ」さんのところ(雑記長7月分掲載)で使われていた通称「ひざうえフォーマット」を活用させていただいております。
 それをメモ帳でテキスト作ってワードからフォーマットに貼りこんだ後PDFにフォント埋め込んで印刷所さんに送っています。
 んで、表紙やらを差っ引いて大体46,47ページぐらいになる容量が80Kほどになります。
 何度も書きますがこれは「ニ段組」の場合。当然文庫本形態にすると一段組になります。容量の差が出てくるわけです。
 単純に倍になると考えると同程度の容量で90ページ以上の本になるわけですが、本当にそうなるのかしら。
 まぁ同じところに掲載されている文庫用フォーマットで確認してみりゃいいわけですが、面倒なので誰か教えてください(なにー)。
 いずれは文庫形式に移行したいと考えてはいるのです。憧れの形態さぁ…
 フルカラーPP加工、栞付…いいなぁ(遠い目)。
 いずれは出すと思います。いつになるかは分かりません。どのジャンルになるかも分かりません。明日は明日の風が吹く。
 とりあえずもっと精進して絵師さんのハートをゲットするような話を乱発させてコネを増やしたいと思います(本音は隠しておきなさい)。
 そして積極的にアプローチをせねば。
 引っ込み思案な人は大変です。精進精進。

本日のオチ。
 今やってる原稿は終わったんだろうか(何故疑問系か)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最高だね!


 お気に入りの小説の中に「バッカーノ!」があります。
 成田良悟氏作電撃文庫のライトノベルです。
 とにかく並外れた交通整理能力(キャラ出まくる割にはしっかとまとめてある)に惚れてます。くそうどうやりゃあそこまで見事に…
 氏のデビュー作にして一番多く刊行されているシリーズです。
 でも人気そのものは「デュラララ!」の方が上かもしれない。
 そんな「バッカーノ!」ですが今月のガオでコミック連載が始まるとか。
 新刊についている宣伝を見た感じじゃ列車編っぽいなぁ。
 というかこの作品、具体的に誰が主人公かと言われるとすごく困る作品なんですよね。
 まぁいいんです雰囲気が好きなんです話が好きなんですキャラだって誰が主役でも好きなんですっ。
 そしていよいよアニメ化とか。楽しみです。

 コミック版もかなり期待出来そうな感じではありますが。後書きで作家さんをとある方向に洗脳しているっぽいし(笑)。
 問題はどこいらをやるか、なのですよ。やっぱり列車編なのかしら。
 テレビアニメの方もどこをやるのか気になります。でも期待しても良さそうなので期待します。
 でも出来ればマルティージョファミリーをメインにやってもらいたいところ。
 だって一番好きなのエニスなんだもん(笑)。
 だからエニスが出るフィーロ絡みの話をやってください。
 まぁとにかく期待してます。作っているのが権造さんじゃないので。
 アニプレックスらしいのです。
 「鋼の錬金術師」や「ROD THE TV」のアニプレックス。なので期待しちゃいます。
 権造さんじゃなきゃいいや(笑)。
 いや実際権造さん以外にも地雷抱えている制作会社多いわけですが。
 まぁ権造さんでも良い権造さんもおられますから。でも最近は悪い権造さんの方が多い気がする。
 そろそろ良い権造さんが出てこないと評価最下層に落ちるぞ。 

本日のオチ。
 京アニは別格だからしょうがない。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

キャベツ!


 今期は「元が18禁PCゲーム」という作品が跋扈しております。
 「処女はお姉様に恋してる」「はぴねす!」「Gift」「夜明け前より瑠璃色な」「Kanon」ぐらい?まだあるかもしれない。
 そして放送の回を重ねる毎に評価されていきました。ランク付け、ちうやつですな。
 「Kanon」は別格として、評価高いのは「おとボク」でしょうかしら。
 そして下まっしぐらなのが「あけるり」…オーガストはとことんアニメナイズに恵まれてません。一時のLeafを思い起こさせます。
 んで空気扱い(笑)なのが「はぴねす!」でしょう。何しろほとんど話題に上がらん(笑)。
 そんな中文字通り「化けた」のが「Gift」のようです。
 最近一部の人で盛り上がっている「黒化」が発動している模様(ヒロインの一人が壊れてダークサイドに落ちていく様のことですな)。
 その前に黒化で盛り上がったヒロインというと「SHUFFLE!」の楓さんがいらっしゃいましたが、「Gift」のヒロインさんもいい勝負しているようです。
 まぁ、観てないんですけどな!(えぇー
 
 「Kanon」は一番最初に真琴シナリオが終わるという形に。
 ある意味一番明確に「奇跡」を見せてくれるシナリオなので、真琴を最初にしたのは正解かもしれません。
 でもこれで美汐さんはOPでしか観ることはなくなったことでしょう。文月そらさんの「Kanon」視聴は幕を下ろしました(笑)。
 真琴のシナリオが終わったので、これでこの後の放送で真琴の絵は黒いシルエットで覆われるか「完了」の判子が押されていることでしょう(どこの「ガン×ソード」だ)。
 しかし、きたわー。細部まで覚えているはずなのに、やっぱり来るもんは来ますのう。涙腺決壊ですよ。
 美汐さんも可愛かったしな。
 ここからどう繋げていくのか不安ではありますが、まぁ知っている人にとっては気にならんことですし。
 次は舞に行く模様。多分間に佐祐理さんの話も挟むんでしょうな。どうやら先に麻枝シナリオを潰すようです。
 というか、必然かも。何しろ舞と真琴は久弥ヒロインである残りの三人とはほとんど絡みませんし。
 予想としてはこの後栞にして、名雪とあゆのシナリオは同時展開、なんじゃないかしら。
 個人的には前も書きましたが名雪エンドを希望したいんですけど。
 いっそのこと「もう一つの結末がDVDに」でも許す。名雪エンド編とあゆエンド編、二つエンディング用意してくれても全然おっけーです。
 とりあえずは舞シナリオです。実際に「みまみま」をやるとどうなるのか、田村ゆかりさんの演技に注目(どこに注目してんだお前は)。

本日のオチ。
 タイトルのことに全然触れていないような気もしますが、みんな知ってるでしょうから割愛で。知りたい人ははてなのワード検索でもしてくれれば分かるよ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

くたばれくそめがね


 今年は個人的に好きな著名人(というか業界人)がこの世を去られる率が異様に高いです。。
 さすがにもう打ち止めにしてもらいたいところ。
 とか思っていたら今度は馴染み深いところが潰れてしまいました。
 代々木アニメーション学院がお倒れになられた様子。あらあら。
 あそこが倒れたらどこがびっくりエイターを教育するんですか!(知らんがな)
 やっぱり学費返還システムに問題があったのか(知らんがな)…
 まぁ、そのシステムそのものにも色々と問題があったようですが、条件が厳しかったりとか?詳細知らんので何とも言えませんけど。
 あそこから巣立った声優さんは何人かおられるようですが、あちらから巣立ったクリエイターっていらっしゃるのかしら(笑)。
 それにしたってショックはショックです。別にそこを卒業したわけじゃないですけど。
 私が「代々木」と聞いて思い浮かべる三つのうち一つがこういう形で消えてしまうのは寂しいものがあります。

 ちなみにあと二つは何かと言いますと「代々木ゼミナール」「ファルコムショップ」です(後ろのは何だ後ろのは)。
 昔良く通ったんだよ!あそこで「ぽっぷるメイル」とか買ったんだよ!テレカとか持ってるよ!
 ミスリリアのポップとか飾ってあったんだよ!(笑)
 JDKバンドのCDとか流してたんだよ!(笑)
 懐かしいなぁ…今もあったらものすごい(あるはずもありません)。
 某wikiで調べてみたら、今ファルコムショップがあった敷地は居酒屋になっているそうで。
 しかし98年まで営業してたってのもすごい。
 ファルコムというとふと思い出すのが「ブランディッシュ」です。
 よく詰まってねぇ(笑)。ファルコムさんに往復はがきを出すとヒントくれるんですよ。もらったんですよ。
 二回も(自分で考えろよ)。
 ああ、戻れることならあの頃に戻りたい…
 そして「ブランディッシュ2」を直したい(フリーズしてディスクが壊れた)…
 昔のPC談義はまた改めて。語ると長いよー。

本日の拍手。
字幕は識字率の高さが関係するので、海外輸出を考えてしてないと予想。でも、字幕版も見てみたいです。

戸田○○子ですか(激しく違います)


本日のオチ。
 タイトルに深い意味はありませんよ?


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

誰も生きてここから出られねぇ。誰一人としてだ。


 「ブラックラグーン」のアニメ二期も佳境に入ってきました。
 今回は五巻の中でも一番痛快なシーンです。
 逆にこれを入れたせいで話がちょっとばたついたとも言えますが。でもこのシーン入れないと駄目って気も。
 そんなわけでボウリング場での殲滅戦のお話。
 しかし冒頭の台詞の抜けっぷりは色々通り越して笑えるレベルですな。
 この作品、基本的に原作読んでないと把握し切れないと思います。そういう意味じゃ原作を喜ばせる作品だなぁと。
 英語漬けです。特にこの日本編は日本語と英語とロシア語が混ざって大変なことに。
 これでシェンホアとか張さんとかいたら中国語まで加わってさらにとんでもないことに。
 おまけに双子とか入れたらルーマニア語まで入って駅前留学も真っ青ですよ(笑)。
 まぁ実際はレヴィの英語、バラライカのロシア語が時々入ってくる程度ですが、とにかく何が問題かと言いますと。

字幕がないから意味良く分からない(笑)。

 雰囲気で十分伝わりますけどね、銀さんは確かに「ジャンボ」ですから。
 んで、銃撃戦ですが、これが中々スピーディで迫力はありましたが、もっと頑張れたんじゃないかなーと贅沢に言ってみる。
 いや期待してたのよ。もっと派手に行くんじゃないかって。
 確かに銀さんの弾切りシーンはとてもステキでした。その後の銃切り刻みも。
 でも乱戦の時が…いや、あれでも十分かなぁ。個人的には物足りませんでしたが。
 けれど、演出はとても素晴らしかった。雪緒がロックを責めるシーンの演出は秀逸。
 まさかあそこから絵まで引っ張り出してくるとは思いませんでしたわ。予想外。
 そして大体予想していた通りのところで締め。次回も大体予想はつきます。あそこらまで、だろうな。
 となるとやはり全25話ってところ?
 こうなると三期にも期待したいです。
 でもなぁ、現状タマ使い果たしちゃってるんですよね。
 最新のロベルタ再び、なお話はまだまだ全然話が動いていません。こりゃ三期をやるにしても相当先のことになるだろうなぁ。

本日の拍手。
バービーは「あいまいtension」「ショート寸前」「さぁどうしよう」「勇み足サミー」が好きです♪
そういえば、「chibi」はカラオケで歌って、「カミソリ手に…」で周囲に引かれたのもいい思い出です

あー、確かにあのパートは引くかもしれませんねえ…因みに私が好きなのは「ラサーラ」「ダメージ」「泣いたままでListen to me」「ナイーヴ」辺りです。


本日のオチ。
 そして新たなメイド、ファビオラがオトコノコじゃねーかって気がしてなりません。まさか…ねぇ。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

決して誰一人気付くわけもないよ


 バービーボーイズが好きであるというお話は以前しましたが、好きな曲がまたいくつもありまして。
 バービーの曲の魅力はやはりポップな曲調と男女の洒落たやり取りの詩ではないかと思うわけでして。
 それは粘着する男を女がすかしたり、また逆であったり。
 ねちっこくくっついたり、別れ話を切り出したり、と、歌の中にドラマがありました。
 その中でもお気に入りの曲の一つに「chibi」という歌があります。
 これは恋人が相手にしてくれないでとことん落ち込んでる女の子に「キミは魅力的なんだからもっと積極的になりなさい」と励ます歌です。
 締めが励ましで終わるので、最終的に彼女がどうなるかは分かりませんが、こういう歌もいいなぁと。
 バービーはタイトルからして何の捻りもなかったりする歌がいくつもあります。
 例えば「ごめんなさい」って曲があります。こいつはまぁ、いくら断られてもひたすら誘って「ごめんなさい」って曲です。
 例えば「負けるもんか」って曲があります。こいつはまぁ、恋人がいる男の家に転がり込んで誘惑して落とす歌です。タイトルは男の心情からきています。
 他にもいくつもこういう感じの曲があります。
 …今度カラオケでメドレーでも入れてみるか(やめい)。
 世間的にはさほどメジャーでもないバンドだったかもしれません。タイアップもあまり使われなかったし。
 三ツ矢サイダーだったかに使われた「女ぎつね on the Run」とか後何かで「三日月の憂鬱」とか使われていたぐらい?
 実はバラード系の歌とかすんごく好きなのです。「ラサーラ」とか。
 んで、何ゆえいきなりバービーかといいますと、CD整理したらアルバムが何枚か出てきたもんで。それでつい。
 多分日記ネタが尽きてくると、こうやって持っているちょっと前のバンドのアルバムを取り上げるかと。
 具体的に言えばストリートスライダースとかBOΦWYとかユニコーンとかレピッシュとか。
 アンジーとかジュンスカとかBACK-TICKとか(これ以上若い子を置いてけぼりにするのは止めなさい)
 たまには古い歌もいいものよのう(正直この時代のバンドを「古い」というには抵抗がある)。

 サンデーとマガジン立ち読みしてます。買う時もありますが。
 サンデーは「ガッシュ ファウード編」が、マガジンは「ネギま 超編」が佳境。
 そして発売された最新1号(もう2007年版かよ)を読みました。

本日のオチ。
 「ガッシュ」の方は見開きドアップに痺れたよライク!「ネギま」の方は…


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

絶対に、ノゥ!


 最近何故か唐突に「スクライド」熱が再燃しております。
 寒いから熱いのを求めているのかもしれん(笑)。
 主題歌は先代のipodまきちーにもipodなのはさんにも入れていたりします。
 EDの曲も入れてます。
 ついでに言えば「無限のリヴァイアス」の主題歌もEDも入れてます。
 英語バージョンも入れてます。
 最新の「コードギアス」の主題歌もEDも入れてます。
 自分さりげに谷口信者かもしれん。
 でも「ガンソード」だけは入れてません。だってマクロスなんだもん(違う)。
 さりげにエロかったコミック版、実は部分部分しか読んでません。
 ちょっと前に某スレで盛り上がりましたが、「スクライド」というとお気に入りのキャラが次から次へとお亡くなりになってしまうせつない作品でもありました。
 君島ん時も辛かった…
 でも、シェリスん時は比べ物にならんかった…
 そしてそれと同等にクーガーの時も…熱い裏にせつなさ炸裂でしたよ。12通の手紙ですよ。
 続編になったらいきなり死んでるんですよ。地方の彼女候補生全員顔合わせ修羅場モードですよ(脱線しとる脱線しとる)。
 そんなわけでシェリスが一番のお気に入りです。
 かなみも嫌いじゃありません。でもボクロリコンじゃないから(暴言)。
 ああいう作品をまた観たいものです。
 どうでしょう黒田さん。

 そして先日ちょこっと巡回してて知ったんですが、谷口&キムタカコンビは「勇者王ガオガイガー」でも組んでいるそうで。これは米たに監督の作品なので、当然演出としての参加だそうですが。
 んで、すんごく納得したことが。なるほどー、「あの」「弾丸X」の演出谷口さんかー。
 あれも熱かったよなー、また観返そうかなぁ。
 と、入稿前にトンデモナイことを考えていたりする今日この頃。

本日のオチ。
 「締め切り前に原稿を書け」「ノゥ!」(えー



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

リア・ガーネットを倒します


 まだ読んでないので本当に倒せたかどうか分かりませんが「銀盤カレイドスコープ vol7」を読み終えました。
 作家さんとしてこなれてきてるなぁ、と思いつつ読んでます。粗さがなくなってきたといいましょうか。
 しかし、でかいシリーズになったもんだなぁ。メディアミックスも果たしましたし。まぁこれはセレクトの妙でしょう。
 何しろトリノ五輪がありました。女子フィギュアの人気もありました。逆にこれを読んで女子フィギュアに触れた人も少なくないんじゃないかしら。
 今女子フィギュアは黄金時代と言ってもいいでしょう。荒川は引退しましたが村主、安藤、浅田、中野と表彰台狙える選手がいるわけで。
 まぁ今は小説の方だからリアル世界は置いておきましょう。とりあえず今回の浅田真央はすごかった。目立ったミスを帳消しに出来るほど素晴らしかった。ちょっとジャッジ甘いとも思えたけど。
 さて「銀盤」」です。当初はレベルが同等もしくは上といっても端役扱いでしかなかったタズサのライバルたちも気付けば肩を並べるほど人気を集め、下の世代のキャンディなんてのも出てきまして。
 色恋沙汰も最初の二冊で山を越え、多少の山はありましたがこちらにはほとんど話を振られることもなく、ひたすらスケートしていました。競技してました勝負してました。
 どちらかというと4以降の「銀盤」はタズサを後ろに控えさせて、妹のヨーコや先述のキャンディとかをメインに据えていたような。
 そういう意味ではやっとタズサの出番が来た、という気もします。そして今回はその下地作り。本格的に話が動くのは8ですかね。
 残り二冊でこのシリーズも完結。箱に放り込んだのでいつ読めるか分かりませんが。
 しかし今回百合百合してますな。思わず脳内で川澄&能登の百合シーンが思い浮かびませんでした(どっちやねん)。

 そしてもう一冊「ドリームノッカー」も読み終え。
 ゲームライターの御影さんの小説です。電撃文庫から出てます。「G's」か何かで連載されていたものが一冊にまとまったんだっけ?
 さて感想。一言で言えば。

「お兄ちゃん(「ドリームノッカー」)の身体からあの女(「水夏」)の匂いがするよ!」(C)当真未亜

 こんな感じ?(どんな感じだ)
 いや、漂いまくってます「水夏」の雰囲気が。まぁ同じ人が書いてんだからしょうがないか。
 面白かったです。色々と凝らしているなぁと。ただちょっと分かりにくいかもしれない。それ狙ってんだろうけど。
 「ef」が大変だとは思いますが、また書いてもらいたいなぁ。
 …まさかとは思うが、「ef」を途中で放り投げてまた別のブランド行ったりしないだろうな(疑心暗鬼)。
 まぁサーカスの時と同じことはやらないと思いますがやったら全力で笑います。
 既に分割って段階で笑えるんだから、これ以上笑わせないでくれたらいいなぁと。 

本日のオチ。
 そして積みから崩し次に装填する二冊は、今月後半が発売される「バッカーノ!」と「狼と香辛料」でしたとさ。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

フェイト・テスタロッサ、行きます!


 「なのはA's」12話、分離した「闇の書の意思」を魔法使い全員でボコるシーンがありました。
 挿入歌が流れる中、結界を張り、主力の全開パワーを叩き込み、視聴者全員が恐怖しました(笑)。
 何ゆえなのかは分かりかねますが、自分の力を叩き込む際に何故か名乗る人たち(笑)。
 その中でも一番力強かったのがフェイトさんでした。まぁ声優さんに声量ありますから。
 それが印象に残っていたもので、今回のサークルカットはこのフレーズを一部使わせていただくことに。
 そう、今日はカタログの発売日です。
 今回初めてオンラインの申し込みをしてみまして。オンラインの申し込みは今年の夏から始まったシステムです。
 初っ端はちょっと使うの怖いなと思い回避したんですが、オンラインで申し込みをし、当選なされた某「他人の代表」さんの話を聞きまして。
 今回二回目だし、と思ってやってみたですよ。因みに普通に申し込むよりも千円ほど高くつきますが、「期間内なら書き直しも可能(当然見直しも出来る)」「申込期間も長く設けてある」「何よりも楽(次回以降も書き込み内容に変化がなければ流用可)」ってのがでかい。
 というわけで恐々やってみました。
 これが、あっけないほど楽。すんげー楽。
 いつもなら一時間ぐらいかけてるんじゃないかってほど緊張しながらの申し込み書への書き込みなんですが、ものの十分かかりません。
 これで受かってくれたら御の字、ってところなわけで。
 見事に御の字でした。今回も無事にスペースをいただけました。ありがとう同人の神様。
 と、いうわけでカタログを購入されるととある番号で「フェイト・テスタロッサ、いきます!」と書かれたカットが見られることでしょう。
 頑張って本出すよ!
 ジャンルは今回も「リリカルなのは」さんです。まぁ上記のカットで名雪エロとかギル様総受けとか書いたら詐欺もいいところですが。

 そして、コミケで「リリカルなのは」というと、思い出されるのがアレですアレ。
 言うまでもありません。企業ブースですな。
 夏はすごい騒ぎになりました。君らちょっと転売厨を甘く見すぎ。
 「早く全部売っ払ってとっととこんなとこから撤収しよう」とでも思ってたんじゃなかろうか、ってなぐらいに 邪推してしまうんだけれど。
 今年の冬も参加するそうで。また吐きながら「売ってください」と泣き叫ぶ人がいるかもしれません(デマという話もあるが、泣き叫んでいた人は実際にいたという話も聞く)。
 そんな阿鼻叫喚の祭典、今年は29~31というカミカゼ仕様です。 

本日のオチ。
 そして夏に鉄道イベントが入っていたという次回夏は17~19だそうですよ奥様。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。