スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うりゅ~~~

 昨日放送された「ARIA」の登場人物の一人藍華ちゃんの泣き声から。
 両脇に編んだおさげをバッサリ、というエピソードがようやくオンエアされました。
 この作品のエピソードは分かりやすい形で別れているように思えます。
 役割分担がはっきりしているといいますか。
 のほほんとほわっと暖かくなるエピソードをARIAカンパニーの二人が。
 びしっと厳しく引き締めるエピソードを姫屋の二人が。
 そして…………まぁいいや(ええー)。
 とにかく晃さんは優しさではなく厳しさを前面に押し出して指導するタイプです。
 最新の9巻も晃さん絡みのエピソードはちょっと苦いものがありました。ですが晃さんがそれを受け止めているところがまた素敵。
 昨日放送されたのもその一つです。「いくら憧れても決してアリシアにはなれない」と突き放しすぐに「お前はお前でネオヴェネツィア最高のウンディーネになれ」と言う…ああ格好いいなあ!
 さすが兄貴だ!(兄貴言うな)

 今日は仕事休みだったので巷で大評判の「時をかける少女」を観てきましたですよ。
 二回目の上映時間に行ったんですが、さすが夏休み。ほぼ満席でした。
 というか上映館が少なすぎるからなぁ…
 リピーターも多いみたいで、既に観た人が観ていない人を連れてきた、という感じのグループもいました。
 それと意外と年配の方も見られました。さすがに小さい子はいませんでしたが。
 んで感想ですが、まぁもう周囲が絶賛したまんま。とだけ。
 何故か「ほしのこえ」とか思い出したり急激に観たくなったりしました。
 この作品の舞台も夏だったりしますが、夏ってこういう思い出作るのに適してんのかなぁ、みたいな?
 まぁ普通に「夏の終わり」で攻めることをしない辺りも素敵だったりします。「Air」の往人ママの「夏はまだ、始まったばかりなのに…」というフレーズを思い出した。
 リピーター多いの頷けます。これだけ気持ちよく映画館出られるのってあまりありません。とてもよく出来た青春映画です。
 出来ればミニシアターで観たいかもしれない。でも音響だけは絶対いいものを使っているところで。だって音楽いいんだもぅん。声優さんの演技が素晴らしかったんだもぅん。
 もう一度観たい、そんな気持ちにさせてくれる映画でした。もう一度行くかもしれん。

本日のオチ。
 折角顔も似せてるっぽいんだから、原田知世に演じてもらえばよかったのに(意味深) 



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

立ち上がる間もなく襲い来るこんぺと原稿


 そんなわけで昨日は月イチ恒例の歌会でした。
 元々この企画を始めたきっかけは都内出張の久慈光樹さんだったりします。
 普段あまり界隈の仲間と集まる場所に住んでいない影響か、こちらに来られた当時は頻繁に飲みやら歌やらで集まりをかけたものでして。
 氏が出張期間を終了させ家の方に戻られた後も「楽しかったから続けたいな」と思ったからでして。
 昨年は無茶やりました。全てがオールナイトへ直結させたものだったので。
 集まって飲んで騒いだ後のオールナイト+飲み放題。意外と高くつくものです(まぁやり方次第じゃ安くあがるわけだけど)。
 飲みで3~5千円+オールナイト+飲み放題パック4千円弱、つまり大体7~8千円かかります。
 それで今年は切り替えました。まぁもう若くもありませんし(笑)。歌会の度に書いているような気もするが気にしない。
 まず昼前に腹ごしらえでラーメンを。私の歌会拠点は池袋なので店には困りません。唯一困ることといえば「気付けば違う店に」ってことぐらい入れ替わりが激しいぐらいです。
 そして12時~5時まできっちりと歌。余程少人数でやらん限りは歌は途絶えません。逆に少人数の時はまったりと歌いつつまったりと会話に興じたりしております。
 その後1時間弱本屋で本を物色してから居酒屋さんというか飲んで食える場所に移動。
 6時~9時前後まで過ごして解散、という流れです。時間に余裕がある時はもう少し長くいます。喫茶店行ったりしてさらにまったりと。
 それを毎月一度行ってます。主催って形になってますが、実際のところ私は声をかけたり告知ページ作ったりしてお友達に来ていただいて店に予約入れて精算の時にお金払うぐらいしかやってませんが。
 いつまで続けるかは分かりませんが、誰からも相手にされなくなるまでは続けたいと思っております。

 さて今回。

 まずは事前に日程を決め(今回は夏のイベントの原稿締め切りの問題もあるため7月最終週にしました)、カラオケ会場パセラに予約。電話を入れたのは水曜日。いつもなら木曜とか金曜に入れますが今回は来月のこともありちょっと早めに確認の電話を入れまして。

「ギリギリのお部屋になるかもしれませんが、よろしいでしょうか」

 そういや今夏休みでしたな。失念してました。夏の予約は後日改めて、ということに。今回はひっそり細々とやりそうな感じですが、今のうちなら大き目の部屋も取れそうなのでアプローチはお早めに。
 遡ること数日。よしおさんからメッセージをいただきました。『29,30日とひでさんがこっちに来るので会いませんか?』というお話。そんならちょうどこっちで集まるので何でしたら一緒しませんか、というお話になり

気付けば飲みだけは13人という大所帯に(笑)。

 つかこの人数って現状のアフターコミケオール参加予定者の倍近いんですが(笑)。まぁ気にしない。

 んで当日。

 まずはラーメンです。待ち合わせ場所にふらつく足取りで辿り着きました。
 遅刻の危険を孕みつつどうにか10分前に到着。
 そこにはまてつやさんと仮面の男さんが談笑を。少し離れたところでSu-37さんがおられました。
 私に気付くなり来てくださるお三方。皆さん揃って開口一番「お疲れのようで」否定しませんとも。
 初顔合わせのまてつやさんとSu-37さんにお互いを紹介しつつ、ひょっとするとまだラーメン参加組がいるかも、ということで10分ほどそこでお話。
 メインどころの話は野球でした。絶好調の中日にご満悦の中京コンビ、対照的に凹む広島出身者。
 巨人はどうして駄目なのか、とこの場にみのりふさんがいたら思わず泣きながら駆け去りそうな話をひたすらやってました。
 誰も来なかったので店に移動。今回は私が角煮を食べたかったので「名無し」に、まてつやさんがオーダーした「カレーとんこつつけ麺」が注目の的。
 食後に本屋へ。ここのところ激務で本屋どころじゃなかったため、買いそびれていたもの(「悠久展望台のカイ」「ムシウタbug 4th」「ガーゴイルおるたなてぃぶ」「幸福喫茶3丁目」など)をまとめて購入。
 そこに着信。カラオケから参加組の人から「もう来てるから」との報。すぐさま店に。

うわ混んでるなぁ。

 いつものことではありますが、開店前のパセラは混み混み。まぁ我々予約組なので最悪15分までに着けば問題ないんですが。
 そこに見慣れた後ろ姿。待ち合わせ時間に右近さんがいたのは何の冗談かと思いました(失礼な)。横には変身動物ポン太さんの姿も。
 さらにその奥からJINGさんが。「名前呼ばれたから」と既に受け取るものを手に持っていて笑った。というかHNで予約入れておいてよかった。
 というわけで歌スタート時の面子を改めて。
 と思ったけど全員揃ってから思いついたことを取り上げ混みで紹介します。
 入って間もないうちに木名瀬さん到着。
 2時間ほど後にみのりふさん到着。これで全員です。んではざっと紹介を。

・Su-37さん(ニュース系サイト「独り言以外の何か」の管理人さん)新しい曲メインで攻めておられました
・仮面の男さん(お馴染みの人)ゼーガペインをメインにこちらも新し目に。
・まてつやさん(お馴染みの人2)飛び道具使いすぎ。今回のMVP。
・右近さん(お馴染みの人3)エロゲ歌いすぎ。
・JINGさん(お馴染みの人4)晴れハレユカイ踊りすぎ。
・木名瀬さん(お馴染みの人5)エロゲ歌いすぎ2。
・変身動物ポン太さん(お馴染みの人6)さりげにすごい歌を歌う人。
・みのりふさん(お馴染みの人7)相変わらずマイペースな人。そこが魅力。
・もりたとおるさん(お馴染みの人8)一番目立たなすぎ。

 以上の面子です。んで気になったこと。

君らKOTOKO歌いすぎ。何だよ7曲連続KOTOKOって!

 確かトータルで10曲超えてました。ぶっちゃけマイナージャンルもいいところなのに、しかも合唱率が妙に高い。
 もっと驚いたのは「Sense off」のED曲「Birthday eve」の合唱率の高さ。7人が歌えるなんてありえねえ!
 そこいら差っぴいても今回エロゲ率が異様に高かったです。これも全部「前自分のところのオールではアニソンばかりだったから今回はエロゲメインで」という気持ちで臨んだ右近さんが悪いということにしておいてください。
 自分が何歌ったかは全部把握してません。覚えているものだけ列挙すると

・Proof(ファフナーED)
・ひぐらしのなく頃に
・K(替え歌。とても受けが良かったので夏にまたやろうと思いますっ)
・we survive
・God knows(ハルヒ挿入歌)  
・未来世紀丸秘倶楽部(ブギーポップED)
・19時のニュース(こどものおもちゃOP)
・夏はマシンガン
・君のアシタ(ふたご姫Gyu!OP)
・らずべりー(ゲーム「ラズベリー」OP)
・Separation(ファフナーED)
 
 他にもSuさんと二人で「プリブレ」歌いましたが…まだ何かあったような気もするがよい。「ひぐらし」の直前に某印刷所から電話かかってきた時は素で焦ったっつの。
 わいわいと楽しい時間を過ごしつつ5時。一人頭1600円。まぁまぁかな。
 よしおさんが待つ場所に移動、合流、ご挨拶。少し本屋回った後でここ数度お馴染みとなったお好み焼き店に。
 この店は基本的に最大5人程度で囲むテーブルしかないため、近くにテーブルが固められたエリアに案内をしてもらいました。こちらも一応事前予約したさ。
 というわけで4,5人ずつ3つのテーブルに分かれることに。紹介。

テーブルその1(チーム「よしおさんと愉快な仲間たち」)
よしおさん(首領)
柏木義晴さん(くらなどSS祭りに良く参加していただくSS作家さん)
かげさん(同上)
ひでさん(日本ファンタジー大賞を受賞した仁木英之さんとはこの人のことだ)注;名前間違えていたので修正。ごめんなさい。何と混同したのやら…
みのりふさん

テーブルその2(チーム「エロゲとイベント討論会」)
木名瀬さん(議長)
Su-37さん(司会進行)
右近さん(傍聴人その1)
もりたさん(傍聴人その2)
ポン太さん(傍聴人その3)

テーブルその3(チーム「本が片付けられない」)
仮面の男さん(誕生席)
まてつやさん(中日といえばこの人)
JINGさん(白い恋人といえばこの人)

 こんな感じで分かれました。んで各自思い思いの会話に興じることに。
 合間時折テーブル変えましたが、じっとして絶対動かない人もいました。少しは動け君ら(笑)。もっとも移動しようにも狭いので動くのに気が引ける方もいればトークに熱中して他が目に入らない人もいたようですが。
 割と頻繁にあちらこちらに顔を出してくれたのがよしおさんやひでさんでした。私もま、少しは移動したよ。
 8時にポン太さんが離脱。翌日お仕事だそうで。お疲れ様でした。
 9時にまてつやさんが「そろそろ僕も」ということなので解散することに。
 一人頭2500円ほど。意外と食ったり飲んだりしたと思ったのに予想以上に安く上がった。
 ただ店的にはどうだったんだろう。私は結構気に入ったのでここ数度使っているお店なんですが、他の方の反応が気になります。
 去っていくよしお軍団を見送り、我々はとらのあな方面に。
 ついでに覗いていこうかと思ったんですが、買った特急の時間が近かったので木名瀬さんにお付き合いいただき我々は帰還することに切り替え、他の面々ともお別れ。
 木名瀬さんと二人で昔のPC環境の話などをしつつ、途中で木名瀬さんとお別れし、家に帰りました。
 今回も楽しかった。参加してくださったみなさんありがとうございました。体調気遣ってくださりすみませんでした。
 来月は歌会という形はお休み。アフターコミケのオールナイトということになります。次の歌会は9月ですね。

本日のオチ。
 家に帰るなり気絶しました。気付けば朝チュンでした。横にドリィもグラァもいませんでした。よかったよかった。 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

…変身


 色々な作品で使われている言葉ですが、やはり一番有名なのは「仮面ライダー」のシリーズでしょうか。
 この作品、現在の「カブト」で35周年を迎えました。
 最初は単に「ベルトの風車に風圧を受けると仮面ライダーに変身するのだ」と、ナレーションのみで具体的なポーズも叫びもありませんでした。
 変身ポーズに「変身」コールは2号ライダー一文字隼人から登場しました。
 いきなり「本郷の親友」と名乗り登場した一文字は、本郷の協力者であった立花のおやっさんと滝(一応彼も「SPIRITS」の主役だよね)の眼の前で変身します。
 「お見せしよう……変身」
 ここから「変身」ブームが(もっと前から「変身」という言葉自体は使われてたんでしょうけど)。
 復帰した一号も変身ポーズを身につけ、演じた藤岡弘、氏の力んだ掛け声はその後のライダーたちへと受け継がれていきました。具体的に言えばてつをまで。
 平成の世というか「クウガ」以降はあっさりとした感じに。気合を入れた掛け声とはちょっと毛色の違う「変身」が聞かれるようになりました。
 最近で一番気合の入った「変身」は「ブレイド」の剣崎くんの「ヘシン!」でしょうか(笑)。気合入り過ぎてまともに「変身」と言えないような状態に(単に滑舌が悪いだけだそれは)。
 前作「響鬼」では「変身」という単語は使われませんでしたが、最新作「カブト」では復活しております。
 んで今も視聴していたりするわけですが…不思議。
 「カブト」という作品は二人の脚本家さんが執筆しております。
 一人はメインライターであるところの米村氏。
 そしてもう一匹一人は定番井上氏。「クウガ」以降の平成シリーズには必ず顔を出す邪魔なもとい厄介なもといウザイもとい人です。
 これが面白い。
 予告カットを見るとどちらがシナリオ書いたかイッパツで分かってしまいます。
 なんつーのかなぁ、絵面から滲み出てくるというか湧き出てくるというか。
 氏のポリシーに基づく大暴走シナリオは「カブト」の中では比較的抑えられているようですが(この方一応メインライターさんの脇を固める役どころの時は割りと抑え目にしているのは分かる)、それにしたってなぁ…
 まぁここでも氏については何度か取り上げてますので割愛します。
 んで、何ゆえまたその話を、と思ったでしょうが理由あり。
 なーんか、また「カブト」で話書きそうなんだよなぁ…
 いい加減「牙」に専念しなさいよおぼっちゃま。

本日のオチ。
 来週は劇場版が公開されます。どこで観ようかなぁ(観るのかよ。観ますよ?一人乗りツッコミ) 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

既に満身創痍だ


 立ち上がる間もなく襲い来る仕事と睡魔。
 そんな日々を過ごしている今日この頃です。
 というか、一体全体どうなってんだか。
 今日は今年の同人活動が如何に呪われているかのお話。
 まずサンクリ。春のおっきいのに申し込みました。受かりました。
 周囲から「過去最大規模」と言われており、周囲も気合入れて本を作っている雰囲気がありありでした。
 私も色々と案を練って……挫折しました。原因は喘息。
 小児喘息持ちで、普段は出ないんですが一度出だすともう苦しいなんてもんじゃありません。吸引機のお世話にはならずに済みましたが、何も出来ませんでした。
 ということでサンクリは参加自体断念しました。チケットも郵送で送り返しました。
 そして夏の祭典です。ここ数度落選しておりますが、諦めずに申し込みはしておりました。
 周囲が当選で歓喜の声を上げる中、私も歓喜の声を上げておりました。
 でもま、ちょっと驚かせようと思ってカタログ発売まで身内にすら伏せてました。
 一応原稿というか案だけは練ってましたが、書き出すまでには至りませんでした。頭の中で二転三転したもので。
 何とはなしに「今度はオフってみようかな」と思っていたぐらいで、それも本当にオフにするかコピーにするか迷っていました。
 知り合いの絵師さんに「仮にお願いするのならいつぐらいまでにすればいいですか?」とメッセージったりしつつ、案だけ練る時間が過ぎていきました。
 そんな中、喘息再発。
 どうも今勤めている会社の環境に体が耐え切れなくなってきているみたいで、ここ数年下手すれば十数年出なかった喘息が今年に入って二度目の発症。
 しかも今回は治るまで異様に長くかかりました。6月半ばぐらいからほぼ一ヶ月ぐらい咳き込む日が続きました。
 当然会社も休みましたしテキストも打ちません。本にするなら、と思って探していたCG系サイトさんを観て回ることも出来ずにいました。
 そのしわ寄せが押し寄せてきたのが7月半ばから今の今までです。
 絵師さんを探しつつテキストを進めてました。お世話になっている絵師さんは物語を絵に詰め込んで表現をしてくださる方なので、仕上がりどころか仮組すら終わっていない作品に絵をお願いすることも出来ずにいました。
 それで先日ここでも呼び込ませていただいたりしたわけです。
 現状その問題は解決したんですが、今度は印刷所のトラブルが。自業自得とはいえ本当大事な時期にばかり喘息が起きます。祭典中だけは勘弁してもらいたいものです…

本日のオチ。
 落ち込んでいる場合じゃありません。悪あがきまくろうと思ってますよ。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

俺も アリガト


 密かにお気に入り作品となった少女マンガがあります。以前も取り上げたかもしれませんがまぁ気にしない方向で。
 「幸福喫茶3丁目」なわけです。花ゆめコミックな。
 しかし本当花ゆめはバカにならん。
 「カレカノ」もそうだし「フルバ」もそうだし「ホスト部」も花ゆめだった。
 まぁだからといってさすがに花とゆめを買おうとまでは思いませんが。
 最近本を待つということが出来るようになったのです。成長したなぁ。
 でも我慢できずに読んでしまう作品もありますけどね。それはそれで。
 現在一番お気に入りが「幸福」だったりします。
 なんつーか、癒しです。明るい癒し。
 人によっちゃ合わないかもしれませんが、今の私には必要なのですよ明るい癒し。
 以前は「フルバ」がそうだったんですが、ちとへヴィな要素も増えてきているので、まだ「幸福」はそれほどでもありませんし。
 まだ3までしか出てないしなぁ。
 とか考えていたらいつの間にか4が出ていた模様。やはりまだ俄かファンなのでここいらの情報入手が遅いです。
 明日も行けそうにないので明後日の歌会の合間に仕入れておこうかな。
 んで読んでようひたすら(笑)。
 とりあえず私と同じ傾向の趣味を持った人は名前で笑うと思います。
 いや一人いるんです。仏頂面というか不機嫌そうな顔をしているキャラが。
 それでいてケーキ作ってる時の顔がいい顔していたりするわけですが。
 そしてさりげなく優しいところもあったりするわけですが。
 でも名前で笑います。

 しんどうさつき

 やかま進藤でーっす!
 ……疲れてます。とても。  

本日のオチ。
 寝オチ。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ゲストなんかいりません!


 一部で大評判の「うたわれるものらじお」を象徴する台詞から。
 いやーしかし本当なんでまたこんなノリになっちゃってんだか。楽しいからいいけどさ。
 最近またwebラジオが注目されるようになったような。
 つぅか花盛りですラジオ。本当多い多い。
 私が聴いてんのは「TH2」と「うたわれ」と「ぱにらじ」ぐらいですが、まだ沢山あるんですよね。
 しかしやっぱり大事なのはパーソナリティです。つまらんキャラの人にやらせても面白くもなんともありません。
 それとコンビ(大抵二人で番組やってる)の相性ってのもありますな。打てば響くのもいいですし打つと変な反響したりとかも楽しいものです。
 そういう意味では「TH2」と「うたわれ」は双方共に後者って感じ。どちらも面白いので言うことありません。
 んでま、こうなるとやはり聴きたくなるのはお気に入りの作品のラジオ番組だったり。
 昔「とらいあんぐるハート」のラジオはありましたが、ここはやはり「リリカルなのは」のラジオを希望したいもの。
 三期も望まれていますし、いっちょどうですか関係各位。
 パーソナリティはやはりなのはとフェイトでしょう。これ以外は考えられません。
 軽く想像してみる。


「なのはとラジオ、楽しいよ。出来ればずっと二人でやっていたいな」
「それは嬉しいけど、ユーノくんとかクロノくんがゲストで来たがってるみた」
「ゲストなんかいらない!なのはと二人だけでずっとやれればいいの!」


 ……何故違和感がないんだ…
 まぁそれはともかく本当にやってくれんもんか。もう一稼ぎ出来ますぜ関係各位(しつこい)。
 その「なのは」ですが夏コミの企業スペースに名を連ねています。
 結局稼ぐ気満々じゃねーかと突っ込みつつ嬉しかったりするのでどうしようもありません。別に並ぶつもりはありませんし、資料価値がなければ欲しいとも思いませんが。
 でもまさかとは思うが「サウンドステージSP コミケスペシャル」とか出されたらどうしよう。
 倦怠感さんにお任せしよう。右近さんにお任せしよう。これで僕は安心。
 冬はイベント終了直前でも長蛇の列が途絶えなかったと聞きます。
 くれぐれも同じ轍を踏まないでもらいたいものですな。
 
本日のオチ。
 というか本気で企業分けようよ。やるからつい行ってしまうのが悲しいところだけどやって欲しくないのです。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

私に騙されなさい


 と、時々ぶちかますのが映画評論でお馴染みの双子の片割れ。
 んでま、駄目な作品はとことんこき下ろすのがこの人の特徴でもあります(まぁ毒舌系は大体駄目なものは容赦ないが)。
 そのこき下ろし最新作が「ゲド戦記」です。
 というか方々でこき下ろされまくっている一品ですな。
 私も最初興味あったんですが、ここまで酷く言われると逆に観に行きたくなる、というほど暇でもないので華麗にスルーすることにしました。
 代わりにというわけでもなんでもないんですが、周囲で大絶賛されている「時をかける少女」の方は行きたいなぁと思ってます。
 「ゲド」については最初から不安視されてませんでしたっけか。ただでさえジブリっぽくない上に今まで監督なんかやったことのないのが監督やるってことで。
 んでその予想は見事に的中したってことですかね。予想ちうか不安ってところ?
 さて、こうなると気になるのが今後のジブリです。
 前にも言ったかも知れませんが、個人的には今のジブリあまり好きではありません。どうも大作志向が強く出すぎているような気がして。
 希望としては、今後もうジブリはぼっちゃんがメインで頑張ってもらうということで。
 んで宮崎さんはまたちっさい工房みたいなところにスタジオ作って映画作ってもらいたいんですよね。
 トトロ系のほのぼのしたやつ。もしくはラピュタみたいな冒険もの。
 宮崎さんの魅力を全面に押し出したものを作ってもらいたいんだよなぁ。「コナン」とか「カリ城」とかで夢中になった頃に。
 まぁ大きくなればそれだけ色々と柵も多くなるでしょうし、仕方ないのかもしれません。
 だからこそ、今宮崎さんには自由に好きなもん作ってもらいたいなぁと思うわけですが。
 ここまでずっこけるとまた現場に引きずり戻されそうだよなぁ。
 頑張っていただきたいものです坊ちゃま。
 というか頑張れよもっと。
 ここでまた父上にご登場、なんてのはみっともなさ過ぎる。
 周囲も一作やっただけで駄目出ししないでもう一本ぐらい作らせてあげてもらいたいものです。
 まぁまだ興行的に失敗かどうかまでは分からないわけで。
 とにもかくにも超えるべき存在はあまりにも大きい。逃げずに超えてもらいたいものですな。 

本日のオチ。
 まぁ二作目も観るかどうか怪しいんですけどね!(ぇー 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

な、なによ…別にあんたのことなんてなんとも思ってないんだからね!


 …自分でもどうかと思うんだ。
 7月24日ってだけでそういう発想が浮かぶってのはどうなんだか。
 多分疲れてます。きっと疲れてます。かなり疲れてます。疲れているのはいけないことだと思いますっ。
 んで、本当に疲れているかどうか確認したいと思います。
 先日この秋からBS-iで放送される「Kanon」のプロモが公開されました。
 最初のとは違い、今回のは番組中のシーンを抜粋した感じのものでした。
 そこで疲れているかどうかの確認質問。

 おばさんくさいピンクの髪の娘さん、いた?

 いなかったように見えます。いや一応ものみの丘らしきシーンで祐一と誰かがいた絵はあったんですが、あれが明確におばさんくさいピンクの髪の娘さんなのかは定かではありません。
 名雪はいました。「夜はおやすみなさい、だよ」のシーンみたいなやつがありました。
 舞も佐祐理さんもいました。名雪かどちらかと激突したらしきシーンで。
 あゆもいました。夕日に溶けていくようなシーンが実に素敵でした。
 秋子さんもいました。穏やかな笑みを浮かべてました。
 香里もいました。ちょっと髪がぺったりくっついていたような気もしますが、香里でした。
 栞もいました。抜粋シーン調べるのが面倒だから割愛しますが、いました。
 真琴もいました。多分ファーストコンタクト。空腹からへなーっと力抜けて祐一に倒れこむシーンだと思いました。
 …………やっぱり一人足りないよね?いないよね?
 なんとうぐぅな娘さんだ…
 もとい不遇な(何度となくこのやり取りは行ったなぁ…)
 まぁ好意的に捉えましょう。
 つまりはおばさんくさいピンクの髪の娘さんは切り札なんですよ。隠し玉なんですよ。
 きっと常にバックに薔薇を背負いながら登場したりするんですよ!
 これで地味なおばさんくさいピンクの髪の娘さんも華やかに!

本日のオチ。
 一応念のために言っておきますが、私あの娘さん大好きですよ。名前忘れてますが(あんですとー!) 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

憂鬱な目覚め 隠せない絶望 それでも世界は美しくて


 「蒼穹のファフナー」EDより。時々無性に聴きたくなる歌です。
 「忍空」のEDにも「それでも明日はやって来る」なんてーのがありますが、明けて欲しくないなぁと思うことってありますよねぇ。
 明けて欲しくねえなぁ……
 でも「明けない夜はない」という言葉もあります…うがー…うだー…うなー(猫化して現実逃避を図ってみる)。
 いかんいかん。
 ネガティブはいかん。前向きに行かねば。
 というわけで、ようやくタブレットの封印を解いてみました。
 附属のソフトをインストールして、繋いでみました。うわー、カーソルがペンに合わせて動くー。
 …って、えらい過敏に反応するような。
 ……とりあえず少し絵のようなものを描いてみますか。
 …………描きたい場所にカーソルが移動しません。
 ………………うわー、超シビアー。
 とりあえず要修行ということで。
 というか、いつまでも現実逃避をしている場合ではないのです。
 俺頑張るよ遠坂(眼の前に浮かんだ幻を見つめつつ)。

 最近自分が書こうと思っている長さよりも明らかに長くなってしまうようになりまして。
 これは自分の表現能力が上がったのか、それとも単に書こうと思っているものが想定している尺内に収まらないのかどちらなのか。
 とにもかくにも、長くなるのです。ただ長く。
 だから最近15k以内とか難しくなってきてまして。以前は四コマとか頭ん中に浮かべてそれを書いていけば余裕で収まったんですが、簡単にはいかなくなってしまっていて。
 ま、書いていることそのものは楽しいからいいんですが。

 幅も少しずつではあるけれど、広がっているようには思えます。ここでは上げませんが、寄贈もの用に違うジャンルとか。ダークとか(誰がダークを欲しがるんだ)。
 色々と刺激を受けることもありますし、勉強させてもらうようなこともありますし。
 なってみせましょう一人前のSS書きっ(どうやら現実逃避に「ARIA」の9巻を読んでいる模様)。 

本日のオチ。
 それでも憂鬱な目覚めと隠せない絶望が(バッドエンド)



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ドライブ・イグニッション!


 「魔法少女リリカルなのは」は「とらいあんぐるハート」のシリーズから生まれました。
 シリーズ最終作「3」のファンディスク「リリカルおもちゃ箱」でその産声を上げました。
 「3の一年後の設定」ということで誕生したこの物語は、主人公高町なのはが妖精チックな外見のリンディさんと出会い、彼女の世界を救うために必要なイデアシードを集めるため、リンディさんに託された杖レイジングハートを使ってイデアシードを集める、というものでした。
 途中クロノという名の男の子に邪魔をされますが、実はクロノはリンディさんの息子さん。彼は自分の国ミッドチルダを守るためにイデアシードを集めていました。ただとても大きな問題があるため、それを阻止しようとしてリンディさんもこの世界にやってきたのだそうです。
 出会いと戦いを繰り返すうちになのはとクロノはお互いを意識するようになります。
 そして二人に別れの時が訪れ…ってな感じのお話。
 ここから数年、「リリカルなのは」はテレビアニメという予想外の形で復活します。設定も変わり、スケールも大きくなりました。
 クロノくんやリンディさんも若干立場を変えて登場します。まぁアニメの「なのは」はゲーム人口の数倍下手すりゃ数十倍認知度高いので説明の必要ないかもしれませんが。
 フェイトというもう一人の主人公を加えることにより、物語に厚みと深さが増した印象があります。ゲームのなのはに友達いなかったしねぇ。久遠ぐらいか。レンや晶も友達みたいなもんだけど。
 田村ゆかり効果か水樹奈々効果か、それとも珍しくコナミのクセにゲーム化に動かなかったせいか(笑)高い評価を得たまま放送終了しました。
 そして一年後、「リリカルなのはA's」として復活。
 違う術式を使った騎士たちとの対決。敵の事情、こちらの事情。フェイトとの再会。デバイスのパワーアップetc。
 ありがちな「少女マンガ式設定」に「少年マンガ向けの熱いバトル」という要素を盛り込み、このシリーズは昇華されました。
 前シリーズを上回る人気を得て(でも評価そのものは前シリーズの方が高いような気がする。特に主題歌)昨年末番組は終了しました。

 んで何を唐突にそんな話を、と思った人も多いことでしょう。実はちゃんとした理由があるのです。
 こちらでは全然言ってませんでしたが、実は夏の祭典に久々にサークルで参加します。場所は東N-46a。サークル名はお馴染み「緑翠庭園」です。
 そこで今回初めて「リリカルなのは」で取ってみました。別に鍵から逃げたわけじゃないんですが、今回とらハ系なのはで取ろうかなと思いまして。
 そして今回初めてオフセット印刷本を出そうかなと思って現在足掻いてます。喘息の発作が起こったりしてものっそい対応が遅れました。お陰で間に合うかどうか果てしなく不安になってます。
 その中でも一番の問題が表紙です。ご存知の通り私文章畑なので絵についてはド素人です。
 最悪自分で描いたものを、とも思ったんですが(やっぱり字だけよりも華が欲しいしねぇ)、テキストが上がらないのに絵に手を回している余裕なんかどこにもありゃしません。
 というわけでこの場も使ってお願い。

 この本の表紙の絵を描いてくださる方を募集します。というか描いてくださいお願いします。
 物語のタイトルは「蒼天 ~騎士・剣士~」です。ベルカの二人、はやてとシグナムをメインに据えたシリアス系の話です。
 描いていただきたい絵は「はやて」もしくは「シグナム」もしくは「リィンフォース(闇の書の意思。でも武装スタイルじゃなくて非武装の姿)」の誰か一人でもいいですし三人でも構いません。
 お願いする上めっちゃ厳しいんですが、29日の朝7時までというのが限界だったりします。
 大変申し訳ありませんが報酬は出来上がった本ぐらいになってしまいますが、お手すきの絵師様、おられましたら力を貸してくださいませ。
 因みにモノクロA5サイズです。フルカラーは今回見送ります。 
 心からお待ち申しております。

本日の拍手。
バファリンはなかなか効かねえッス…… クスリには相性があるので何とも言えませんが、
ノーシン辺りは結構強めに効く印象です。 (自分の場合猛烈に眠くなっちゃうんですけど)
常用は眠くならないEVEで、持続4~6時間ってところですかね。 (クスリマニアですんません)


ノーシンは使ったことないんですよねぇ、ノーシンなら眠くなるかもしれないなぁ。
ところで、ノーシンというと何故かRyo-Tさんを思い出してしまうのは私だけでしょうか。彼のブルマ愛称、結構自分の中では浸透しているようで。


本日のオチ。
 「落ち」なんて縁起でもないっ! 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

……まだまだ錬金術には可能性がある…か!


 なーんかまだまだ終わりそうにねえなぁ(笑)。
 そんなわけで「鋼の錬金術師」も14となりました。激動の13巻から待っていた人も多いでしょう。
 そしてさらに激動の14巻。そして物語は…って言えるわけないだろうがー!(笑)
 読み終えた私としては、書き下ろしの短編が良かった、とだけ。まぁガンガン追っかけてたんですけどね。
 この辺りはもう完全にアニメ版の世界とは違う物語。アニメ版は実に良く纏められていましたが、スケールのでかさは原作が上ですな。
 んでもって思うわけです。

 …あぁ、そういえば「シャンバラ」買ったのにまだ一度も観るどころか封すら切ってねぇなぁ…

 ロクデナシか私は。
 いやほら一応劇場で観ましたし。初日に。しかも初回を。
 だからまた観たくなった時にでも観ればいいかなぁ、みたいな?

 巷で大評判の「うたわれるものらじお」を聴いています。
 どうしてあそこまでハクオロの中の人はおろおろするんでしょうか。ハクオロだからおr
 しかし「TH2」といい「うたわれ」といい葉っぱはラジオの人選上手いな(いや別に葉っぱで人選してるわけじゃないだろうけど)。
 今日で三回目ですが、さすがに狼狽度は若干下がったようですが、それでもまだまだ弄ばれてますな。
 webラジオはあちらこちらでやっているわけですが、面白いものはやっぱり面白いですな。
 構成さんと出演者の歯車が噛み合うと本当面白い。
 これからも地味に盛り上がるんだろうなぁ。
 ラジオではないんですが、とてもアホで面白いのがKeyの「リトルバスターズ」のSPECIALコーナー内「恭介の一問一答」です。
 これが本当アホで面白いんだ。先日のバファリン四連発は素で噴いた。
 ちょっと自分、お疲れのようです。
 というか、最近バファリン効かないような気がする。
 昔は飲むと即効眠くなったんだけどなぁ、今はそれほど眠くなりません。
 いや常用なんかしてませんよ? 

本日のオチ。
 賞味期限切れ、というわけでもないようです。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

あなたの側でなら私は生きていける


 「SNOW」が新キャラと人気サブヒロイン芽依子様のシナリオ(PS2版からの逆移植)にエロをくっつけたものを加えてPCで再リリース。
 8月25日だっけかに出ます。買います。だって好きだもの。
 色々と物議を醸しました。久弥さんおるでみたいな話もありました。真偽は定かではありませんが。
 最初の二人さえしのげば後は良いお話です。というかさっきも書きましたが好きです。
 現在久々に復活した公式サイトで新バージョンのOPデモ落とせますが(激重な上136Mぐらいある)、久々に聴いた「SNOW」に思わず涙腺緩みました。
 まぁ出る前にスタッフが丸ごと逃げたりとか新規に加えたスタッフがまた逃げたとか、宣伝用CGとして作った澄乃の髪の毛に担当が死んだとか伝説も築きました。本当に出るのか疑問に思われ続けました。でも出ました。
 そして出たものが意外と普通に良い作品だったので拍子抜けしてしまった、という感じでしょうかしらね。
 ただなぁ、普通こういうのって値段下げないか?
 みなさん曲芸商法の悪影響を受けすぎです。新キャラが追加されても大本は同じなわけだし、値段下げようよぅ。
 というわけで「SNOW」のお話でした。昨今「エロゲアニメ化しまくりラッシュ」です。「SNOW」はPS2で一般向けキャスティングされてますし、いっそアニメにしてみてはどうか。

 先日一台PCがいかれまして。
 それでいつもお世話になっているじろ~さんに診ていただきまして。
 診断結果は「過電流でマザーからおかしくなってると思います」とのことでした。
 何しろHDの基盤が数箇所焦げてました。こりゃ動かんわけだわ、あっはっは(笑)。
 「保障期間内だし、店出した方がいいですよ」とのことなので迷うことなくお店に。というか出していただいてしまいました。何から何まで本当頭上がりません。
 んで無事に戻ってきまして。見た感じマザー取り替えたようにも見えますが動けばいいのです。同じ不具合が出なければいいのです。
 でも問題が。
 ……何入れてたんだっけ(笑)。そりゃすっかり忘れるわ!
 とりあえず覚えているソフトは突っ込みましたが、全部ではないような。
 まぁ要らんものまで復活させる必要はないわけで。それを思えばいいのかなと思ったりしますが、問題が一つあります。
 立ち上げている時間がありません(ぇー)。
 今かなり立て込んでまして、手を加えてやっている時間的余裕がないのですよ(泣)。
 一部でかなり盛り上がっちゃっている「趣味か商売か」話の続きも書きたいけど、時間ないので時間取れた時にでも改めて。

本日のオチ。
 ノートなんてここ半年ぐらい動かしてすらも。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

深い深い森の中で


 ちょっと前に「落ち込んだりもするけど私は元気」と書きましたが、こうも立て続けに追い討ちをかけるようにあれやこれや起きるとさすがに滅入ります。
 色々追い込まれちゃってノイローゼになりそうです。
 一つ一つ片付ければ済む話ですが片付かないから済みません。
 なーんか悪循環なんだよなぁ…面白おかしく扱ってくれるのも余裕があるうちならまだ笑えますが、こういっぱいいっぱいだとそこいらのものを叩き壊したくなります。
 いかん、どうにかせんといかん。
 ということで気持ちを切り替えましょう。嫌なこともあればいい事だってあるかもしれない。今はないけど。

 「陰陽ノ京」をようやく読み終えました。もっとも積んでいる期間が長かっただけで読み始めたらあっという間だったわけですが。
 面白かったです。さすが渡瀬草一郎のデビュー作。まぁ何で出た当初読まなかったかというと単に陰陽師全盛だったので乗るのが嫌だったってだけなんですが。
 要らんツン起こさずにもっと早く読んでおけばよかったと思う反面、これだけ間を置いて読むからのめれたんじゃないかなとも思ったり。
 何でかというと今氏がリリースしているシリーズ「空ノ鐘の響く惑星で」は現在立て続けに10まで刊行されてますが(確か合間に何かを挟んだりはしていなかったはず)、「「空鐘」ばかりでつまらん。他のが読みたい」と停止状態なのです(笑)。5で止めてます。
 だからちょうど良かったのかなと。「空鐘」は11で終わりらしいので、そろそろ復帰してもいいかなと。
 そしてラノベばかりもさすがに食傷気味なのでと、時折ラノベ以外の本も読むようになりまして。
 とりあえずと「妊娠カレンダー」とか読んでみました。まずは表題作のみを。
 ものすごく濃密というかなんというか、いい表現思いつかないんですが「纏わり付くような感覚」が。
 重かったってのが印象。へばりついて重くなるみたいな?面白いとかいう表現は私はこの作品には持ち込みたくありません。
 でも嫌ってわけでもないのが面白い。次の作品もこれから読んでいきます。感想書くかどうかは分かりませんが。

 「ひぐらしのなく頃に」がいよいよシリーズ中一番スプラッタな「目明し」に突入。
 魅詩の二役こなす雪野五月さん頑張る。
 そして意外と駆け足な展開に。というかいきなり冒頭あんなシーンで驚いた。
 アニメ「ひぐらし」は罪滅ぼしで終わる予定なのですが、どんなグランドフィナーレにするつもりなんだろう…まさか屋上対決終わって爽やかに締め、ってわけでもなかろうに。
 というか、どうして悟史の声を石田彰にやらせなかったのかと(ry
 いやいっそのこと鈴む(どちらかというとK一を鈴村にやらせるべきではなかったかと)
 なお、「目明し」一話の感想は言いません。というか言いたくありません。正直お奨めも出来ません。

本日のオチ。
 「ひぐらしデイブレイク」の略称ってやっぱり「ひでぶ」とかなんでしょうか…北斗の拳みたいだな。 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今夜こそは僕の話を聴いてよDJ


 昔懐かしいECHOESの名曲より。
 ECHOESというと真っ先に「ZOO」が浮かぶ人の方が多いと思うんですけどねー。
 つか、もうECHOESなんて名前知らん人の方が多いんでしょうけどねー。
 今じゃすっかり作家になってしまい中山美穂を嫁にもらったりしている辻仁成がボーカルやってたバンドの名前です。
 私は鴻上さんのオールナイトニッポンなんぞを聴いていたことがありまして。
 んでラストにこの歌が流れるわけです。タイトルは「ONE WAY RADIO」だったと記憶しております。
 鴻上さんは二度オールナイトニッポンのDJやられておられましたが(三度目もあったかもしれないが二度目だけそれもちょっとだけしか聴いてねえ)、最初の時はRCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」だったとか(未確認)。
 まぁ実にECHOESらしい歌でした。正直それほど好きなバンドじゃなかったんですが、この歌は好きでした。買ったわけでもないしその番組でしか聴いたことがなかったんですけどね。
 私密かにラジオっ子でした。よく聴いてました。FMじゃなくAMを。
 かなりの文化放送フリークでした。といっても今みたいにアニラジになってからはほとんど聴いてないんですが、それ以前は良く聴いていたのです。
 何が好きかって絶対にトップに立てない辺りが(最悪だ)。唯一吉田照美さんが気を吐いているぐらいってのは今でも変わってない辺りがせつねえ。
 そんな文化放送は四谷にあります。それもとても分かりにくいところに。おまけに元教会だったそうで、良く「出る」とか。
 近くにあるたい焼き屋さんが美味しいと評判だったそうでうぐぅ。一度食べてみたいなぁと思ったまま今日まで。まだやっておられるのかしら。確か名前は「若葉」だったような(確かあそこらの住所が新宿区若葉なんだよね)。
 その文化放送も今度お引越しします。場所は浜松町。都産貿があるあそこです。
 立派なもんを建ててるみたいですが、建物負けせんように頑張ってもらいたいところ。

 自分でもいかんなぁと思っていることがありまして。少しずつ直そうと思い少しずつ直ってはいっていると思うのですが、まだ気を抜くと出てしまうとても悪い癖がありまして。
 それは何かと言いますと「水を差すこと」だったりします。
 いい感じで盛り上がっているところに「でもさ」と入れてしまうんですよね…いかんなぁ。 
 それで一度ちょっと仲違いしたこともあったり、白い目で見られることもあったりと、碌なことありません。
 時には水を差す必要がある場合もあるんですが、そこいらの空気をもう少し読みたいところ。
 とりあえず今度こんぺやる時は口を挟まんように努めたいと思います。高いレベルでやることの意義深さが沁みているもので。
 いい加減ネット暦も長くなってんだから少し落ち着こう自分。
 というわけで落ち込んだりもしていますが、私は元気です。  
 
本日のオチ。
 現金が欲しいですっ(眼を血走らせながら) 


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

どこにいたいの そばにいたいの あなたのそばに ずっといたいの


 未だに一度も観てませんアニメ版「ディスガイア」のOPから。
 歌だけはヘビーローテーションなんですけどねー。もう放送終わってんですけどねー。
 ゲーム「2」の話もちょっと聞きました。話は一作目ほど面白くないけどゲームとしては面白いそうで。
 まぁその前に一作目やらないと(笑)。
 でもPS2動くかなぁ(笑)。いい加減カビ生えててもおかしくないぐらい触ってません。
 そもそも買ったの発売日だし。
 それにしても最近ゲーム専用機から遠ざかったなぁ。
 先日買ったDS Liteすらまだ箱から出してないほどですよ(笑)。
 すぐに遊べるようにMD,PCE,DC,SS,GC,は手元にあるんですけどね。
 PSとFXとX-BOXは動くかどうか。
 というかばってん箱は確か問題があるからケーブル変えろって言われていたのを放置していたような…怖くて使えねえ!まぁ使うつもりもねえ!(笑)
 とりあえずPSのパッドはPCで活用しております。
 でも一番使っているのはセガサターンのUSBパッドなわけだが。

 夏の祭典の聖書ことカタログが発売されまして。
 まだ私買ってないわけでどこに誰がいて誰が出ているのかなんか全然分かりませんが。
 意外なところから丸戸史明さんが小説本出したりとか「リリカルなのはA's」がまた企業で出たりとか「ひぐらしデイブレイク」が同人ソフトだってーのにアニメの声優さんをそのまま使うとか色々と楽しみネタはやってきておりますが、カタログ見ていないのでまだまだ楽しみネタがあるのかもしれません。
 そして冬が三日開催になるとか三日目が31日になる可能性があるとかという、喜んでいいのか困っていいのか複雑なネタもあるようで。私個人としては別に大晦日に開催しても構わないんですけどね。
 今年の夏はどんな出来事があるのやら。悪いことなければいいんですが。
 気のせいかもしれませんが、最近は一時よりも本を買いやすくなっているような。
 やっぱりショップ委託ってのは大きいのかも。私はショップで買うよりも出来るだけイベントで買いたい人ですけど。安いってのもあるけどやっぱり「イベントで買う」のが良いんですよ。
 直接描いた方にも会えたりお礼言えたり出来ますし。長いこと粘着してるわけでなく、買う時や買う前に少しだけ言う程度ですが。
 それと何度も書いてますが滅多に会えない方と会える機会でもあります。
 色々な楽しみ方が出来る夏と冬の祭典。今年ももうすぐ暑い夏がやって来ます。  

本日のオチ。
 え?宣伝しろって?まだ素材が上がってなげふんげふん! 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

何やってんだ『なんでんかんでん』


 「仮面ライダーカブト」が面白いです。
 序盤はまぁ、普通の平成ライダーで、「響鬼」で築いた別路線を見事に「アギト」からの路線に戻してしまったわけですが(もっとも「響鬼」自体後半で色々粉々に前半部分のいいところを粉砕してましたが)。
 んで、いつものように謎伏線絡めまくりで子供置いてけぼりの展開でした。
 まぁ子供向けのベルトやギミックはあったし、戦闘シーンのクロックアップ演出、締めのライダーキックの格好良さで子供にも人気高いみたいでしたが(玩具の出来もいいという話)。
 劇場版のシナリオ執筆のため、今回のシリーズでライダー初のメインライターの米村氏が場を開け、そこにお馴染みの人があれこれかき回しましたが(それがまた味になっちゃってる辺りがこの作品の面白いところではある)、現在また米村氏が復帰。
 シリアスとギャグが紙一重というか、線引きが曖昧なので駄目な人には合わないかもしれませんが、こうなるともう私には+補正かかります。受け入れちゃったんだからしょうがない。
 メインであるカブトの天道よりも、加賀美くんの成長物語として観た方が面白いなと思ったまま観てましたが、しっかとそれが狙いだったような展開に。
 しかも彼自身おかしくなることもなく、加賀美くんのままでした。歪むことがないのが嬉しい(まぁ誰かさんがシナリオ書くと笑いを取るへタレキャラにさせられちゃうわけですが)。
 ガタックになってからの彼は本当魅力的です。もうカブトなんかどうでもいい(笑)。
 ザビーの本来の適格者はすっかり出番なくなりましたが、そろそろ復帰かな?劇場版も彼だし。
 ドレイクは風のように去っていきましたが、こちらも復帰。はっきり言って要らん子に思えますが(問題発言)。
 サソードは今日の放送で初めて天道との差別化が出来たような。いいやつとして散るのかなぁ。
 これでライダーも打ち止めかなと思ったんですが、どうやらホッパー(バッタ)のゼクターも出るらしく、まだまだ色々ありそう。
 平成ライダーは「アギト」以降劇場版も作られました。脚本は全て平成ライダーにずっとひっついているあの人です。そうあの人。
 「アギト」では全てうっちゃって(諸悪の根源が「少し様子見」という判断をして終わり)
 「龍騎」の劇場版では圧倒的多数の敵に向かって龍騎とナイトがサバイブ状態で突貫するという「さらば宇宙戦艦ヤマト」のオマージュ(柔らか表現)のような終わらせ方をし)
 「555」ではやはり肝心のオルフェノク関連の謎解きを全てほったらかした上ラスボス休眠させたまま終わらせ
 「ブレイド」…はまぁどうでもいいや(えー)劇場版観てないので突っ込めないのです。
 「響鬼」はザンキさん以外誰一人得してなかったんじゃねえかというぐらい話破綻させた、あの人。
 ですが今回の劇場版は米村氏です。上記の通り米村氏です。
 もう初日に行っちゃおうかなぁ!
 そしてもう一つの古来伝統ヒーロー番組「ウルトラマンメビウス」はゾフィーあんちゃんが久々に登場。
 語ろうと思いますが紙数が尽きましたので後日に(ええー)

 因みになんで「なんでんかんでん」の名前出したかというと「カブト」のシェフ軍団の中に混ざってたからです。あそこら最近大変らしいから小遣い稼ぎとか?(こらこら)

本日の拍手。
タブレットがあればスキャナーはあんまり必要ないですよー。長崎県代表・桃字漆
タブレット片手、ショートカットの為にキーボードをもう片手に作業。というのになれることの方が重要でっす


おおう!桃字さんご無沙汰しとります!お仕事順調なんでしょうか。桃字さんがお仕事順調だと別の意味で心配なんですが!(笑)
タブレットのクセをどうやって乗り越えるかが課題ですかしら。一応インストールは済ませましたが、梃子摺っております。頑張ってみるです。アドバイス感謝であります。


本日のオチ。
 でも劇場版メビウスは観に行こうかなぁと思ってます。ウルトラ兄弟の雄姿を久々に観たいので(オチでも何でもないじゃねえか) 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ふみゅ~~~ん!


 みつみのちゃん様が最近「午後の紅茶 茶葉二倍」に嵌っておられるとLeafのスタッフ日記にありました。
 実は私も嵌ってます。ミルクの方なんですが、好きなのです。
 地元のドラッグストアで一本99円で売られていたのを発見した時は衝動的にかなり買い込みました。
 どれぐらい買い込んだかは内緒です。秘密です。謎です。
 でも本当美味いのよ、「午後ティー」の分際で(笑)。
 皆さんも飲んでみてくださいな。無理にとは言わんが。

 そいや、全然話変わりますが「ARIA」のコミック9巻に栞がついてきてました。
 誰率が一番高いのか、知り合いさんのが気になるところ。
 因みに私は藍華ちゃんでした。満足。

 そして栞繋がり。
 秋の期待の新作「Kanon」の新しいPVが公開されてました。
 これまた素晴らしい仕上がり。期待しないわけにはまいりません。
 というか「風の辿りつく場所」ってやっぱり名曲なんだよなぁと改めて思った次第。
 「ラスリグ」のオルゴールバージョンは今聴いても涙腺が危なくなります。
 今回のPVはキモ的なそれ系のシーンは極力抜いてあるみたいです。
 でもやっぱりいつ観てもいいものはいい。何度も観返してしまいます。
 つか、今回もBS-iだけなのね…「Air」と同じか…
 そろそろこっち関係の環境も整えたいなぁ。
 何が必要なんでしたっけ。そこいらから調べねば。UHFのアンテナとチューナだけでいいのかな。
 ま、その前に昨日言ったスキャナを買わねばならんわけですが。
 この時期に出費は可能な限り抑えたいので、ま、買うとしても9月以降かなぁと。
 多分放送開始は10月でしょう。それまでに環境整えられればいいなと思っております。
 本当、楽しみです。

本日のオチ。
 復習に東映版「Kanon」でも観返すかぁ!(えー


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

だああああああああ!


 と、唸り喚きたい気分でずーんと。
 いやまぁ、色々やってるわけですよ。
 んでもって、色々と詰まっているわけですよ。
 喚きたいこともあるってわけですよ。
 ちょいと代表的に一つだけ。
 少し勉強しようと思いまして。
 何がというとCGの。
 絵心はない私ですが、絵に興味はあるわけです。
 「幸福喫茶3丁目」の進藤さんや潤じゃありません(あちらはケーキ作りということで使われた言葉だけど)が、「絵を描くというマホウを使えるようになってみたいなぁ」と思ったわけです。
 んでま、勉強しようと思い、昨日ちらりと本屋に立ち寄りました。つか本屋じゃねえ。ビックカメラのPC館のブックコーナーです。
 ちょこちょこと置かれているCGの描き方本を読んでみようと思いまして。んで分かりやすかったら買おうかなと思いまして。
 見つけました。結構多いものです。「萌える女の子の描き方」なんて身も蓋もない本までありました。
 んま、そんな高度な本は今はいいのです。初心者用のいいものはないかなぁと。
 数冊見繕い、パラパラと。

「まずは下書きをスキャナーで取り込んで」(見繕った本全てこれが書き出し)

 だあああああああ!
 スキャナ持ってねえんだよぅ!(笑)
 というわけでいきなり頓挫しました(えー
 これぐらいで燃え盛る炎は消せないぜ!
 と思い、他の本を見てみても全部「スキャナで下絵を取り込んで」から。
 どういうことなの陽一!母さんどうにもならないわよ!
 サイトを回った方が参考になるもの、見つかるかもしれません。
 とりあえず今度スキャナを買いに行こうと思いましたとさ。 

本日のオチ。
 もう少し大きなところ行くべきだったか。今度聖域ジュンク堂に寄ってみよう。 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

まぁ、なんとかしよ


 「魔法少女リリカルなのはA's」よりメインヒロインともいえる八神はやての台詞。
 都築真紀さんお馴染みの「ほわほわ関西弁キャラ」の最新版です。
 んで、ちぃと私の「とらハ」シリーズツボキャラを振り返ってみます。いやまぁ、基本的に「とらハ」シリーズのキャラで嫌なやつって一人もいなかったりするわけですが。
 悪役ですら主役を輝かせるという意味で好きよ。唯一例外といえば一作目に出てきた氷村ぐらい?
 んでまず一作目。千堂瞳ちゃんです。これは文句ない。何しろ素敵とにかく素敵。
 そして二作目は椎名ゆうひ。都築さん的にも最終的に耕介が射止めたのはゆうひっぽく。
 そんでもって三作目は鳳連飛。緑髪で将来ものすごく発育よろしくなる娘っ子です。
 んでふと気付くわけです。
 どっちも「ほわほわ関西弁」の使い手であると。
 んで納得するわけです。
 そりゃあ私はやて好きになるわけだわ(笑)。
 というわけで現在使っているマシンの壁紙ははやてさんとちびリィンです。
 んでもって先日組んだマシンには「ぱるくす」さんのチームヴォルケンリッターが壁紙に。
 なんてこった。すっかりなのはもフェイトも立場がないではないか(笑)。
 いやなのはもフェイトも好きですけどね。
 でも気付けばはやてとかベルカの騎士たちのSSばかり考えていたりします。
 書いては止め書いては止めを繰り返してますが。
 お陰で40K超えで詰まったSSが三つも。どこかで使うか。コピー誌とかで。
 というわけで、さりげに「なのは」のSS書いています。需要はあるかどうか分かりませんが、好きでやってるので止まりません。
 でも別に「とらハ」も書いてますよ?
 というか「なのは」と「とらハ」のクロスとかも書いてますよ?
 いずれ何らかの形で出したいと思いますゆえ、楽しみにしていただけたら嬉しいなぁ。 
 楽しみじゃなくても「楽しみです」と言うのが乙女の嗜みというものです。  

本日のオチ。
 世に出るのはボク自身も楽しみにしてます(駄目だこりゃ) 



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

みーすてーりー


 変な夢見ました。疲れてんのかもしれない。
 どんな夢か言いますので夢判断お願いします。
 それは本当謎な夢。

 吉本新喜劇の人たちと徹カラする夢でした。

 どんな夢だこりゃあ!(笑)
 私そんなに飢えてんのかよ(笑)。
 しかしよりにもよって何で新喜劇なんだろう。これが最大の謎。
 私舞台で新喜劇なんて一度も観たことありません。
 おまけに生粋の関東暮らしなのでテレビでの新喜劇だってほとんど観てません。
 それが最大の謎。
 最大の、謎(くどい)。
 毎月歌会やってんだから、飢えてるってほとでもないと思うんだ。
 何か潜在的なものなのかもしれない。
 自分の中で何か新しい力が(いい加減妙な妄想止めなさい)。

 祭典に向けて動き出さねばなりません。
 というわけで相方が夏のベースキャンプの予約をするとの連絡が。
 やっぱり埋まり始めているみたいです。
 うちらは大体池袋近辺に取るんですが(りんかい一本だしね)、ツインとかもう無理っぽい。
 冬は夏以上にフットワーク軽くしないといかんかもしれませんな。
 そして祭典といえばいつの間にか恒例となった祭典後のオールナイトカラオケがあります(あるのか)。
 現状まだ何もやってませんが、そろそろやるなら予約入れないと冬の二の舞になりかねません(危なく分割開催だった。しかも12人程度で)。
 MIXIの方ではさりげなくアプローチしてますが(誰からも返事来ないけどな!)、こちらでも。
 「やるなら参加したい」という人はメッセージお願いします。おおよその人数が把握出来ていないと何も出来ないのですよ。 

本日のオチ。
 角煮で攻めるか便利な池袋にするか、それとも敢えて行くのが面倒な神田にするか(そんなこと考える前にやることやれよ) 


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

落ち込んだりもしますけど、私は元気です


 昔後藤さんが「空元気でも元気」みたいなこと言ってました。
 空元気です。勿論空元気ですとも。
 どうも悪循環スパイラルに嵌ってしまったみたいです。頭痛い。
 活かさないといかんな。自分追い込みすぎで回り引かせている。どうもこの悪循環がいかん。
 とりあえず暫くは恥ずかしい言動「禁止」ということで。戒め戒め。

 一年で一番嫌な時期になりました。
 特に名古屋辺りは一番嫌がられる時期だとか。いや相撲の話。
 良く大相撲名古屋場所は力士にとって一番過酷な場所であると聞きます。湿度、気温、そういった事情で。
 本当しんどいらしいですね、私名古屋行ったのって幼少期に従姉妹が住んでたのでその時行ったぐらいです。その従姉妹も今は引越してしまったので行く理由もなくなってしまい、行ってません。
 行ってみたくはあるんですが、きっかけがなく行かないままだったりします。
 もっとも、同じ理由で行きたい場所はそこかしこあるんですが、同じ理由で行かないままです(笑)。
 いつか行こう。うん。夢の中ででも(えー

 実は私、ageのFC会員だったりします。
 きっかけは「君が望む永遠」のDVD版のシングルCDは「FC会員のみの販売」という話を聞いたところから。
 ま、そんなに高くもない(ような気がした。少なくとも「サクラ大戦」の会員よりゃずっと安い)ので気にせずすすっと。
 んで、入会特典として「アカネマニアックス フルボイス」なんてーのもいただきました。
 その後もFC限定ディスク「大空寺危機一髪!」なんてータイトルも出ました。
 そして今回またまたFC限定ディスクが登場するようです。
 これってつまりは新規会員受付期になったということで。新規会員の特典としてFC限定ディスクが贈られ、それ以前にFC会員になっている人には安価で売りますよー、というやつなのです。
 今回は「贖罪」と「継承」のフルボイス(以前ゲーム誌につけられていたものに音声を追加したもの)だけかと思ったんですが、ついてました。
「アユマユ オルタナティブ」(仮)ってのがつくそうです。
 これは「マブラヴ オルタナティブ」の世界であゆあゆとまゆまゆは何をしていたのか、というショートストーリーだそうですわ。
 これまでの流れを考えると、ショートストーリーとか言いつつ意外と長いので、買ってみるのも一興かな。

本日のオチ。
 そうやってまた踊らされているわけだ。いいよ踊ってやろうじゃないの!


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

なっとー


 というわけで納豆です。北大西洋条約機構でもいいんですが、ここは日本人に馴染み深い納豆で。
 私納豆好きです。甘納豆も好き。
 やっぱりここはフルコースで。
 まず芥子。
 そしてネギ。
 刻み海苔。
 うずらの卵。
 もう無敵。
 最高。
 と、これで10行稼ぎました(なにー)。

 いやぁ、今日色々とわたわたとしておりまして。中々日記書いている余裕がないのです。
 んなら書くなと突っ込まれそうですが、やっぱりほら、穴開けたくないじゃないですか。
 そんなわけで今日の日記は駄目駄目日記です。いやいつもそうだけど。
 しかし何もないのもあれなので、何か書こう…んじゃ「カブト」のお話。
 ジダン残念でした(何でジダンやねん)。
 いや実は密かにイタリア応援してました。最近セリエAもいい話ありませんし。ここは一つ盛り上げてもらいたかったので。
 でもフランスも頑張った。ジダン頑張った。最後ちょっとアレだったけどジダン頑張った。
 MVPは当然の結果だと思います。今までお疲れ様でした。
 そしてカーンもお疲れ様でした。
 多分デルピエロもお疲れ様でした(マテコラ)。
 中田選手もお疲れ様でした。
 これでまた一つの時代が終わったと言う感じですかね。そしてまた新しい時代へ、と。
 それまでの「備え」が出来る国がまた出場権を得て上に行くのでしょう。日本頑張れ。

本日のオチ。
 あら、「カブト」書いているスペースなくなりましたよ。てへ。 



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

だってそんなところ行っているうちに完売したらどうするんだ


 という主張をする人がいる。
 来月の数日後に開催されるイベントで良くある会話です。
 その言葉の前に問いかけがあります。
「風呂入れ」という。それに対しての反論が↑。
 物欲全開させる気持ちは分からんでもありませんが、最低限マナーってもんがあると思うわけだ。
 かといって開場待ちの駐車場で風向きなんか一切気にしないで消臭スプレー撒きまくるのも困り者だけど。
 今週末いよいよカタログが発売。来週はカタロムも発売。皆さん臨戦態勢を整えつつありますか。僕はありません。
 もっとも、どうにかこうにか依頼原稿は仕上げました。今回ちょっと申し訳なくも締め切り破ってしまいましたが。それでも自分のものは提出済ませてあります。
 んで、ここんとこ連敗続きのサークルとしての参加については、まぁカタログを直接見て確かめてくださいとだけ。
 今は体調を整えることに精一杯です。本当しんどくて大変なの。

 さて、先日同人について取り上げたところ、久慈光樹さん(愛称くじみー。勝手に命名)から反応がありました。D.Makiさんからも取り上げられていたような。
 どうもお二人のどちらかに充てて書いたのではないかと思われている感がなくもありませんが、お二人に充てるのなら私直接言ってますよ(笑)。メッセンジャーでやり取りもしてますし。最近はマルチタスクをこなす余裕がないので会話してませんけど。
 んでお二人の雑記を読ませていただきました。やっぱりそれぞれ大きなサークルということもあり、苦労されていることが書かれてあります。
 お客さん重視の姿勢は大変立派だと思います。そのための苦労もよく伝わってきます。
 50万近く金かけて趣味の範疇と言えるのかというツッコミもありそうですが、趣味だからこそ金かけられることもあるわけで。車だって趣味の範疇だし、ギャンブルだってそうですな。
 んでま、それだけかければイベントで売れないって愚痴るのも納得出来るわけです。氏は長野ですしMaki氏(ソウルキャリバーみたいだな)も三重だか愛知だか岐阜だか、そこいらだったはずですし。
 わざわざ遠路はるばるやって来るわけで。その分の遠征費もかかれば宿泊するのなら宿泊費もかかるわけで。
 この話題を取り上げたきっかけは、ガンダム系の同人やってる知人からだったりしますが、その知人は群馬の人です。高崎線一本でこっちに来られます。
 上記の二人を見習わせてやりたいところではあります。この話はまた改めて。いい加減な形で書くのも失礼ですし。

 ところで話は変わりますが、ジャンルってのがありますな。売れ線のジャンル、マイナージャンル。多種多様。
 これについても疑問に思うことがありまして。
 「売らないと続かないから」という理由で鞍替えするサークルさんを時たま見かけます。それが好きなジャンルであるのならまだ良いんですが、明らかに「興味ないけど売れてるジャンルだから」というスタンスで作ってるところを見かけます。
 やっぱり規模が大きいと維持するのが大変で、そのために、ということなんでしょうか。そこまでして出さんでも、と思うんですけどねえ。
 同じような理由として「書きたいけど売れないジャンルだからやらない」と公言されるのも悲しいところが。

 「やっているのはマイナージャンル、全然売れないジャンル。それでも出す。だって好きだから」

そんなサークルに憧れます。いや「維持するためにはどんなことでもする」という姿勢を否定するつもりはありませんが。 

本日の拍手。
赤羽線…そんな風に呼ばれていた時期が、あの路線にもありました。

お年寄りですな。そんな昔のこと、ボク知りません。

本日のオチ。
 「そんなサークル」を「損なサークル」と思わないこともないけど、いいじゃん好きでやってる人たちなんだから!



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

ぶらり途中下車の旅


 時々観る番組です。「ふたご姫」がCM中の時とか。
 馴染みの路線とかやられると思わず観たくなるよね。どこ取り上げてくれるのかな、とかで。
 ……いやまあ確かに嘘はついてないけどさぁ。
 と、言いたくなることが多い番組です。
 今日も埼京線取り上げてました。毎日使っている馴染みの電車です。
 埼京線そのものは痴漢が多いとか混雑時にガラスが割れたりとか強風で遅延とか色々と問題のある電車です(まぁ遅延に関しては常磐線にゃ適いませんが。人身事故では中央線に負けますが)。
 スタートが新宿ってのはいいです。本来は恵比寿からですが恵比寿からやるなら山手線でも出来ますし。それに埼京線が引かれた際最初の終点は新宿だったのでそれについては文句ありません。
 んで開始。因みに埼京線の停車駅は新宿→池袋→板橋→十条→赤羽→北赤羽→浮間舟渡→………武蔵浦和→…………大宮。って感じ。そこから先も川越まで続きます。でもま、大宮が一つの終着駅。
 今日途中下車した駅(途中観てないけど多分これで全部だろう)。

 板橋。十条。赤羽。北赤羽。武蔵浦和

 スタッフ手抜きスンナ。全部近場じゃねーか。
 というか、三十分構成と一時間構成で作られている番組ですが(今回は一時間)、三十分構成の時の序盤十分をスタート駅で腹ごしらえすんなや。
 観てみたい場所とかあるじゃないですか。行って欲しい場所とかあるじゃないですか。
 食い物屋とか工場とか、ええねんそんなん。いや時々面白いところもあるけれど。
 でもなぁ、もう少しなぁ…それともあれか?ロケハンの予算ないんか?
 折角一つの路線取り上げるのなら、もっと足伸ばそうよ。タイミングが悪いだけなのかもしれないけど、私が観る時はいつも最初の二つぐらいで終わるんですよねぇ。
 と、思う私はおかしくないと思う。うんおかしくないおかしくない。

 先日アキバ行ってskype用のヘッドフォン買ってきました。
 物色しました。まぁ別に高いのを買おうとは思ってませんでしたけど、ヘッドフォンにマイク付いたやつを。スタンドじゃなくてヘッドフォンにくっついたやつを。
 んで色々見てみると、マイク端子とスピーカー端子が埋まる形式のものが多いんですな。それは避けました。
 ちょうどUSBタイプのがあったのでそれを捕獲。値段的にも1800円程度だったのでお手ごろでしたし。
 そんなわけで活用しようと思っております。
 折角買ったのに使わんなんてアホなことしてどうする。 

本日のオチ。
 まぁ私タブレット手に入れたの5月なのに未だに箱からすら出してませんが。
 しかもskype導入してませんが! 



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

古の幻獣


 そんなわけで癒し漫画「ARIA」の9巻が発売になりました。見かけたら即捕獲のコンセプトに基づき、捕獲しました。
 とらのあなでは最近味を占めたペーパー商法(作者さんにメッセージイラスト付コメントを書いてもらったペーパーを購入特典にしている)やってますが無視。他の店で買いました。
 んで読みました。癒しに飢えてますから。癒し欲しいですから。
 今回は珍しくちょっと苦い話もあったりします。本編とちょっと外れたARIAカンパニー設立秘話なんかもあります。満足。
 それと藍華ちゃんと晃さん率が高い巻でもありますな。
 現在放送中のアニメで取り上げられたエピソードもあったりします。そろそろストック厳しくなってきてるみたいですな。
 アニメオリジナルエピソードは前期にも一つありましたが(AQUAに水が牽かれるエピソード)、結構素晴らしい出来だったので期待しても大丈夫じゃないかしら。
 そんなわけで今回も甲乙つけがたい良作揃いでした。堪能。

 イラストレーターの堀部秀郎氏がお亡くなりになったそうで。
 さほど馴染みのない方も多いかもしれませんが、私にはそれなりに馴染みある方だったりします。 
 というのも氏が表紙を担当していた「P天」こと「PCエンジェル」を一時期定期購読していたのです。
 後は一時elf作品の原画も担当されていたり、NECインチャの「インタールード」とかの原画もやられておられました。
 しかし、36ですか…本当早すぎる。
 急性心不全とのことですが、スレを読んでいるとなんとなく不摂生と薬の過剰摂取というのが正解のような(日記で取り上げられていることに過酷な労働状況が書かれているので)。
 私自身今ちょっと体調を崩しているので、改めて健康でいるということがどれだけ幸せなことかというのを痛感しております。
 何しろ悪循環にしかなりません。健康である時と同じことを無理にでもやろうとしてその挙句さらに悪化させるわけですから。
 「休めばいいじゃない」と言われても簡単には休めないというのが辛いところで、それは誰しも社会に出れば嫌でも出くわす局面だと思います。
 健康第一なんてのは誰だって分かること。でもだからといって体調が悪い時にほいほい休めるわけじゃありません。
 言うのは易しいですが、実践するのは難しいのです。まぁ家庭でも持てばその考えも変わってくるかもしれませんが。
 そんなわけで少しでも休めるのなら休んでおこうと思い、安静中です。   
 皆さんも休めるうちに休んでおいた方がいい。休みたい時に休めないことが多いんだから、休める時には休んでおかないと。
 若いうちは休み期間は目一杯遊ぶことを考えちゃいますけどね。時には休養も間違いなく必要です。若い時の無茶が祟ることだってあるんですから。
 改めて堀部秀郎さんのご冥福をお祈りします。不本意ではあると思いますがゆっくりとお休みください。 

本日の呟き。
 苦労しながら絵を仕上げていく絵師さんたちのことを思うと、安易に頼めないってのが本音だったりします。別に活字書きの立場を卑下しているわけではありませんが。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

急にボールが来たので


 既に懐かしい。
 今年の流行語大賞は「イナバウアー」で決まりかと思っていたのですが、これも有力ですな。やるなヤナ。
 というわけで今年の流行語大賞はこれにしましょう。んで会場に来てもらいましょう。タキシードで。
 この一ヶ月、とにかく周囲を席巻したワールドカップですが、ようやく4強が決まったわけで。
 ポルトガルがちょっと意外だったのとフランスが予想外の健闘をしたこと、それとイタリアが気付けば勝ち残っていたという感じでしょうか?
 下馬評どおり順当に勝ち上がったのはドイツだけのような気がします。
 そして決勝はイタリアとフランスが、三位決定戦にはドイツとポルトガルが激突となりました。
 もうここまで来るとどっち勝ってもかまわんのでとにかくいい試合見せてください。
 そしてヤナは急にボールが来てもいいように十分な備えの練習でもしといてください(笑)。
 それと各プレイヤーはヤナの名台詞を超える台詞を勉強しておくように(ぇー)。

 7月の新番組も出揃いつつあります。
 まだ「ハチミツとクローバー2」ぐらいしか観てませんが、周囲じゃあれこれ言われてますな。
 特に言われているのが「つよきす」ですかしら。何がすごいって非難以外聞きません。
 誰も褒めてねえというのはある意味すごいんじゃないかしら。
 未プレイの人からも褒められないってのは大丈夫なのかと。まぁ1クールだから打ち切られるなんてことはないと思いますが。ドン・ドラキュラじゃあるまいし。
 逆に評判がいいのは「ゼロの使い魔」でしょうか。メインと振り回されるキャラの声がまんま「灼眼のシャナ」の持ち出しだってことすら喜ばれている雰囲気すらあります。
 まだこれから「NHKにようこそ」とか「無敵看板娘」(埼玉は今日からかな)とかありますが…今期はあまり力入れて観たい作品ないかなぁ。
 「ゼロの使い魔」は興味ありますが、他は根こそぎ切るかも。
 4月から続いている「ARIA」や「うたわれるもの」「桜蘭高校ホスト部」「ふたご姫Gyu!」など、楽しい作品もあるわけで。
 まぁ「ひぐらしのなく頃に」みたいに大事なところバッサリ切るような不可思議な作品もありますが、4月から半年使って放送(「ふたご姫」は一年だが)する作品はいいのが残ってます。
 そして10月から始まる作品の方が期待度高いんだよなぁ。「Kanon」を筆頭に「武装錬金」とかあれとかそれとかこれとか。
 「おとボク」についてはまぁ、あれだ。どれだけ違うかを斜めに楽しもう(笑)。
 もっともそれまでにせめて一人ぐらい終わらせておかないとなぁ(笑)。

本日のオチ。
 でもきっと忘れてる。あいつはそういうやつだ(あいつって誰だ) 


テーマ : なんとか生きてます
ジャンル : 日記

ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪


 現在「撲殺天使ドクロちゃん 5」を読んでおります。
 おりますが………あはははは…
 ごめん、段々辛くなってきた(笑)。
 というか、本当ずっと同じパターンで続けてんのねこれ。
 コッテリラーメンばかり延々と出されりゃ飽きるって。たまにはあっさり風味を出そうよ。
 以前仮面の波動さんが「そろそろ違う芸風を見せないとまずいんでない?」(意訳)みたいなことを書いておられましたが全く同感です。
 というか5冊目まで読んでやっと気付いたのか自分(笑)。
 いやー侮ってました。しかもちゃんと積み状態とはいえ全部買っている自分を褒めたいのかこき下ろしたいのか非常に微妙です(笑)。
 先日の「撲殺天使ドクロちゃんです」(電撃系作家のアンソロジー集)はまぁ、あれだ。楽しみだ。それぞれの味付けってもんがあるし。
 久々に読むと新鮮味が…全然ねえやチクショウ(笑)。
 いいと思うんです。このまま突き進んでもらいたいなとも思うんです。
 ちょーっと私にゃ辛くなってきたかなー?
 とりあえず手持ちの7までは読んでおこうかと思います。
 来月8出るんだよなぁ…出る頃にはこんなこと書いたの忘れて軽やかに買ってそうだ(笑)。

 本編がVS超編から延々と続いている「魔法先生ネギま!」ですが、来月発売の15巻にOVAのダイジェストがついてくる限定版が登場するそうで。
 んー、どうしようかなぁ。クオリティは高そうなんですけどねぇ。「ぱにぽにだっしゅ!」のスタッフが手がけてるんでしたっけか。
 声は同じらしいんですが、まぁそれについては不満は特にありません。敢えて言わせてもらえばネギの声だけ斎藤千和とのデュアルボイスシステムにしてくれれば。
 んで千和嬢には「先生だぞー、先生なんだぞー、はぅはぅはぅ」とスペシャルボイスをつけてくだされば言うことありません(周囲が文句言いまくりそうだ)。
 そんな「ネギま」ですが待望のテレビシリーズも決まったようで。
 タイトルは「ネギま!?」だそうですが。「魔法先生」が取れて後ろの「!」に「?」がくっついたのね。
 まぁこれはあれだ。前シリーズとの差別化なのでしょう。どうせなら「真・魔法先生ネギま!」とかにすりゃいいのに。
 「月詠」「ぱにぽにだっしゅ!」でやったような書き割りとか舞台セットみたいな芸は出来ないでしょうな。どうするんでしょう。
 とにかくお手並み拝見です。

本日のオチ。
 7月期はアニメ少な目だなと安堵していたのに、10月期は多そうだなぁ… 



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

臓物をブチ撒けろ!


 「エルルゥおね~ちゃん、こわい…」
 というアルルゥの声が聞こえてきそうな「武装錬金」の斗貴子さんの名台詞から。
 何でアルルゥが怯えるかというとエルルゥの声優さんだからです斗貴子さん。
 「Air」の美凪から遠くにきたもんですなぁ。
 まぁそれを言うならデジキャラットからヴィータまで演技力を高めた中の人というのもある。
 もっとすごいのはプチキャラットからそのアルルゥやら真紅まで高めた中の人の方がはるかにすごい。
 そんなわけで秋から放送される「武装錬金」の公式サイトがオープンし、プロモが観られます(でけぇ音鳴るので注意)。
 さすがにプロモだけあっていい感じに仕上がってます。まぁメインどころ程度しかキャラ動いてないんですが。
 つか、声やってる二人が妙に気合入りまくってるような。すんげえ声です「ぶそうれんきんっ!」とシャウトですよ。
 とにかくスタッフ(特にプロデューサーと監督、シリーズ構成)には原作を熟読してもらいたいところ。
 「原作のイメージに捉われたくない」という意味不明なことをのたまうようにはなってもらいたくありません。
 そんなんで作ったところで映像化を望んだ原作のファンをどれだけバカにすりゃ気が済むのかってな程度にしか話作れません。
 普通に考えれば分かる話だと思うんだけど。何でその作品が盛り上がったかっていえば原作ファンの後押しでしょうに。
 原作をプレイせずに作ったらどんなもんが出来るか容易に想像出来ます。特に解釈を間違えればもうどうしようもありません。
 版元は映像化されることを手放しで喜ばずに最低限原作を愛してくれるところに映像化頼んでくださいというか最低限原作をプレイしなければ映像化許可すんなや。
 過去どれだけの作品のファンが泣かされたのかを知ってもらいたいもんだわ。
 もっと知ってもらいたいのはそれらが重複している私みたいなファンも少なくないってことだわ(笑)。
 本当運ってあるんだなぁだと思います。運が良ければ原作にしっかりと還元されるわけで。
 大成功とも言える作品がつい最近二つ終わりましたし、現在進行形でも絶賛したい作品がいくつかあります。
 別に作画が崩れてるとかそこいらに文句つけるつもりはありません。そりゃ観るに耐えんぐらい酷いのは言いますけど。
 一本事前から評価最悪なのが始まりました。なるほどこりゃ酷い。
 評価的に飛びぬけていたところが全て台無しにされている上、凡百程度の出来にしかなってません。
 それほど思い入れはない作品なので声高に文句言ったりはしませんが、ファンの人気の毒になぁ…

本日のオチ。
 つか、これ以上泣かされるのは真っ平ですよ本当に。 


テーマ : 戯言
ジャンル : 日記

商売なのか、趣味なのか


 同人のお話を。
 私のような弱小コピーサークルは(まぁ脱却を図りたいと思ってますが)採算なんか度外視してます。
 恐らく大手というか生活の支えにしちゃっている人以外の大半の中規模程度のサークルさんも似たようなものだと思います。
 まぁ自転車操業ってやつやね。
 で、この中規模程度のサークルさん辺りが、考え方としてのボーダーラインかなぁと思ってます。つまり趣味か商売か。
 ここは漫画や絵、活字という媒体は関係ありません。いや関係あるかもしれないけれど、論点がずれるから今回は無視で。
 採算を度外視するとはいえ、その幅を少しでも狭めたいというのは本音だと思います。
 だからといって本の値段を上げるかというと決してそういうわけではない人も多いんじゃないでしょうか。
 ここいらの匙加減がすごく難しいとは思いますが、実際のところどうなんでしょう。
 今は整った同人(コピー誌じゃなくてオフセット。中にはコピー誌の委託も受けるオンラインショップみたいなところもあるらしいけど)であればメロンブックス辺りは委託を受けてくれます。
 となると価格の設定が微妙になってきます。ショップ委託分の差額は仕方ないとしてもイベント売りであまり安く設定するとショップで買った人に申し訳が、ということになりますし。
 ま、そこいらはいいや。その後の話がしたい。
 世の中建前と本音があるのは重々承知してますが、ものすごい勢いで売り上げに拘る人がいます。
 中規模系でも売れ行きが鈍い場合は「このイベント駄目、売れない」と即座に判断してしまう人。
 販売努力を十分したんでしょうけど、それだけの報いがなかったということなのかもしれません。
 でもそのことを全面に出して嫌悪感露骨に表されるのは辛いもんがあります。
 それってもう商売の領域なんじゃないかしら。いや確かに趣味だからって全く売れなきゃ困るわけです。さっきも言いましたが自転車操業の人ばかりですし、次へ繋がらない。
 本を二百とか五百とか七百とか刷った人の苦労を知らないからこういうことが言えるんでしょうけど、同人で食ってるわけでもないのに商売っ気出すような発言されると戸惑います。
 中小規模のイベントだって、壁配置じゃなくったって売れているところは売れているわけですし。
 「趣味の範疇でやっている」と公言するのなら「売れなかったこと」に対して嘆くよりも自分の努力が足りないことを思い知るべきではないかなぁ。
 と、自分も思うようにして頑張っていきたいなあと思うわけです。綺麗ごとですけどね。
 今の自分の状況で同人印刷五百以上なんて数、とてもじゃないけど無理ですが(笑)。
 肩肘張らずにマイペースで少しずつ成長していければいいなぁ。

本日のオチ。
 いいなぁ(そこはかとなく羨ましさが漂う雰囲気にシフトチェンジ)


テーマ : つぶやき。
ジャンル : 日記

来ないと死刑だから


 というイベントが二週後に近づいてきました「涼宮ハルヒの憂鬱」ですが、本日最終回となります(千葉と埼玉の話な)。
 そのイベント、場所が板橋です。小規模系イベントを開催するのには適したというかかなり良い場所だと思います。
 知らん人のために言いますが板橋ってのは埼京線に乗れば池袋の隣の駅なのですよ。
 他にも三田線や東武東上線でも近いところに降りることが出来ますが、一番アクセスが良いのが板橋駅。
 何しろ駅から降りて歩くこと二分程度で着いてしまいます。本当目と鼻の先。
 板橋駅降りてー、池袋とは反対側に向かって歩いてー、生協が見えたらその裏。そこ。
 思い起こせば昨年の夏、私たちはベースキャンプを板橋にしました。APAホテル。
 そして数名でその生協の上にある居酒屋で盛り上がったものです(因みに「さくら水産」もあるがそっちではない)。
 そしてそしてもんのすんげえ雨に降られ、歩いて数分程度のホテルに行くのに久々野さんとタクシー乗ったもんです。
 一人ソッコー帰りやがるし(笑)。いや別に怒ってないけど。
 そんな懐かしい思い出(僅か一年足らずだというのに、懐かしいとしか思えん)の場所です板橋。
 池袋の隣だってーのにすげえ駅の周りが閑散としてます板橋。
 何が言いたいかお分かりですね?
 バカ騒ぎなんかやらかして周囲に迷惑かけまくって、この手の会場としての使用禁止、なんてことをしないようにしてくださいな>参加者の方々。
 私は行かないです、ええ行きません(笑)。
 昨年同場所で開催された「ふたご姫」のイベントだって行かなかったもん!(笑)
 というか、今年もそろそろそこいらを考えねばならん時期なのだよなぁ。
 のんびり構えているといい物件があっという間に埋まります。
 一度やってみたいなぁと思っているのが、合宿所態勢。
 一週間ぐらい前から数名でそこに陣取るというもの。ほら、ウイークリーマンションとかあるじゃない。
 勿論イベント直前に取ってイベント後数日使うというのもありかなと。
 まぁ実際のところ後者の案は仕事を持つ身の上地方から来る人たちのことを考えると難しいわけですが。 
 それでも一回やってみたいなぁ。楽しそうじゃないですか。

本日のオチ。
 確か今週はキャリーオーバー発生してたな。よし!気合入れるか!(入れてどうなるものでもありません) 



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。