狭量というより声が聞こえてしまう

 住みにくい世の中です。
 特に、ネットが普及したことにより、便利になる反面、雑音も増えました。
 仕方の無いことではあります。
 今まで井戸端会議で、主婦の方々がひっそりと話をしていたことなどが、見られるようになったようなもんだし。
 あと、ちょっと前までは自分の懐に収める的にチラシの裏に書いていたことを、壁にペンキで描いているような状態だし。
 そして、風評被害とかはそれを真に受けて広げちゃう人たちも問題ではないかなと。
 現在冬季五輪が開催中です。
 皆さん頑張っておられますが、残念ながら色々な事情でメダルに届かなかった人がいます。
 こればっかりは運ですし、お疲れ様と労いたいと個人的には思います。
 「無念の○○位」とか「届かなかった○○位」みたいな記事は好かん。

 そして、結果を出せた人がいます。
 そんな人たちを今の首相が祝福している記事が載ります。
 そうすると、選手の政治利用とか言う人が出てきます。
 「その選手が優れているだけで、日本人が優れているわけじゃない。訂正せよ」なんて人も出てきます。
 それに対して炎上とかするわけです。まぁ気持ちは分かりますが。
 こんなの前からあったことだとは思うのです。
 ただ、ネットという、最近スマホ等で簡単に覗けることが出来る世界が広まってしまったので、目に入りやすくなっただけかなと。
 なので、いちいち引っかかってたら疲れるだけだと思います。
 実際、創作する人にとってネットの情報は多すぎて進行の妨げになる、と言っている人もいるようです。
 でも無視も出来ないよねえ。
 何しろ、未だに福島への風評被害がなくなってない。
 東北の生協は復興支援でも未だに福島を省いているという話だし、未だにあることないことでっち上げて復興の足を引っ張っている困った人たちもいる。
 そりゃ、ある程度規制は必要だと思えても来ますわ。
 本当、そんなに嫌なら日本から出てきゃいいのにね……


本日のオチ
 冗談で済むような軽いネタすら通用しない世の中って嫌だよなあ……

ブックオフ

 あちらこちらにある中古書籍のお店。
 最近では家電モア使ったりタブレットやゲーム機ソフトなども。
 他にもCDやDVD,BDといったメディアも扱っているお店ありますな。
 自分の広いんだか狭いんだか分からん行動範囲の中にも、いくつか存在します。
 でも、その一方で…
 潰れている店もいくつかあります。
 自分が通っていたというか、時折覗いていたブックオフでなくなってしまったのは
 浮間舟渡店
 蓮根店
 入間市店

 他にも何軒かあった。
 そして、今月末。
 また時々通っていた狭山ヶ丘店が。
 ご時世、なのかしら。
 電子で読む層が増えてきたとは言え、まだまだ需要はあると思うんですけどね。
 もっとも、新刊読めという話ではありますが。
 でも、立ち読み出来るのはありがたいのよね。
 ゲーム関連はお高いですけども。
 本好きとしては寂しいものです。
 「ものを読む」媒体をもっと盛り返せないもんなんかねえ。


本日のオチ
 地元に近い店がどんどん減っていくのが辛いので、今入間市店あったところ空き物件なので、復活せんかなあ(無理だろー

組み立て

 自分はこの辺りに問題がある。
 最近特にそう思うのです。
 今に始まったことではない。
 でも、最近は意識するようになりました。
 何か、というとですね…
 頭の中で語りたいことを組み立てる技術というかスキルが足りてない。
 技術とスキル?
 …………取りあえず置いといて。
 なんというかですね……
 浮かんだ言葉をとにかく出していく。

 そして後で繋げる。
 こんな流れになっていると。
 普通はもう少しわかりやすく、中で組み立ててから喋るなり書くなりするんだと思います。
 自分、その辺りがどうにも欠落というか欠損というか。
 せっかち、というほどでもないはずなので、やっぱりスキル不足なんだろうなあと。
 時々自分で読み返して違和感があった。
 そのことにようやく…ようやくですわ……
 気付いたので、意識して直そうとしているところ。
 言うてもすぐに抜けちゃうので、もっと意識しないと駄目だなあ。
 ま、頑張っていきます。


本日のオチ
 そして夏コミの申し込み終えました。何で書くかはこれから考えます(おいちょっと待て(いや決めてるけどね

二次創作

 つまりは、その「受け継いだ人たち」を良く思うか思わないか。
 これに尽きると思うのです。
 それは自分にもブーメランとして帰ってくる可能性のあるお話。
 最近、というか今に始まったことではありません。
 「時を経て再び登場する○○」みたいなものが増えています。
 それは「プレイボール」みたいに逝去されたオリジナルの作者さんの後を継いで描かれる方とか。
 それは「マジンガーZ」みたいに数十年も前に終わった物語の続きをオリジナルメンバーではない人が作る場合とか。
 これは以前「ウルトラマンメビウス」にもあったことですが。
 ウルトラマン80が地球を離れて以降、怪獣が出ることもなく地球にウルトラマンがいない状態が何十年も続いた後の話、とか。
 あとは、ヤマトとか。

 ガンダムオリジンはまあ、ちょっと違うか。
 あれは当時のスタッフの一人が監督やってますし。
 ともかく、昔の作品が今になって蘇るというものがいくつもあります。
 今回はリメイクではなく、「世界観を引き継いだ物語」について。
 物語の世界観や設定を引き継いで新しい物語を創造するのは、とても難しい作業だと思います。
 難しいし、デリケート。
 というのも、元の世界観や設定を愛しすぎちゃっている人たちがいるから。
 その人たちがちょっとでも気に障るものを作れば、それはもうものすごい勢いで叩かれます。
 なので、そういう人たちを納得させ満足させるものを作らないと、と考えるのは必然かと。
 でも、自分はもうある程度押さえていれば充分じゃないかと思います。
 だって、オリジナル原理主義の人たちにはどれだけ細心の注意を払って作ってみせても、意味ないし。
 あの人大破基本もうそういうのを根っから認めてません。
 どんだけ良いものを作っても、自分が「うわこれすげえ細かいところ気にしてる。このスタッフ尊敬する」と力説しても
「まぁ所詮二次創作だし」
 で片付けちゃうんですよ。
 大元の製作会社がゴーサインを出した作品ですら、そういう扱いをする。
「これは原作公認の二次創作」とか堂々と言っちゃう人たちです。
 無理っしょ。もう諦めましょう。
 そういう人たちはもう切り捨てるしかありません。
 だって、既に自分から切り捨ててるんだから。続く作品という可能性を。 
 全員を満足させるものは不可能です。なので、ある程度は割り切らないと駄目だな、と思う今日この頃でした。


本日のオチ
 自分にもこの日記が突き刺さる何かが、いつか出るんだろうなあ……出来ればそうありたくないなあ……

 数日前はすごい量降りました。
 もっとも、もっと前にはこれ以上降りました。
 それに比べればまだまだ可愛いもんで(笑
 それにしたって、充分かなり降りました。
 会社休むぐらいには。
 でも、まだまだ(ぇー
 自分好きなもんで。
 ここは迷惑とか考えずに発言していますので、その辺気に入らん人はスルーして下さい。
 実際に遭遇すれば、自分だって難儀します。
 実際、前大雪降った時は、自分カラオケ行く予定が潰れましたし。

 楽しみにしてたんだよ!
 しかも、終わった後参加した人から言い店ないか聞かれたから焼き肉屋紹介したんだよ。
 そこ行った写真とか撮って送ってこられたよ!(笑
 なので、苦い思い出もあるのです。
 あるのですが、それでも好きなのです。
 雪が積もる街が。
 特に夜中。
 しんしんと降る中、街灯が映し出す幻想的な風景が。
 音を吸収された、静かな街が。
 なので、ばっちこいであります。
 まだまだ1月、もっと降っていいのよ(問題発言


本日のオチ
 この間電車が立ち往生した時騒いだ連中にブーメランが突き刺さったのは痛快であるな
プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!