mixi

 実は今もひっそりと。
 続けているのですな。
 のらりくらりと楽しんでます。
 ちゃんと活用している人もいますしね。
 そこでしか交流のない人もいますし。
 というわけで、今も活用しています。
 もっとも、日記書くぐらいですが。
 それも、平日のみ。
 てのも、理由がありまして。
 最近PCじゃ開かないのよね。

 深い意味はありません。
 別にPCで開くと問題が発生するとかではない。
 単純に純粋に、開かないだけです。
 なので、土日は日記書きません。
 それどころか、mixiを開かない。
 というのも、土日は逆にスマホをあまり活用しないからです。
 なので、まず開かない。
 そんな感じ。
 いい加減止めようと思っているんですけどね。
 なんとなく、続けています。


本日のオチ
 や、mixiそのものは止めるつもりないですよ?何故かずっとプレミアムに入ったままなのです(ぇー

何故無視出来ないんだろう

 ネットのお話。
 最近とにかくクレーマーが多い世の中。
 ちょっとした「自分とは違う」を周囲巻き込んで総攻撃を仕掛けるという。
 なんでだろうねえ……
 そりゃまあ、自分だって気に入らないことは少なくありません。
 ちょっと違うどころか全然違うことだってある。
 理解出来ないどころか、理解したくもない事だってアル。
 でも、それを無理矢理「それは違うから俺と同じにしろ」と言うつもりは全くありません。
 方々で毎日のように起こっている炎上騒動は、途切れる事がありませんけども。
 あれ、何気なく呟いたことが割と大きくなりがちな気がします。

 ネタ感覚でチャラく呟いた場合は、それほど大きくならないように感じます。
 ああいや、題材によっては大炎上しますが。
 呟く側がツイやネットの書き込みを本当に「その時思いついた落書き」感覚でやっていれば、という意味。
 つまり、自分が呟いたことへの反発とか全然気にしてないってこと。
 そういうスタンスで呟けば良いと思うのよ。
 元々Twitterなんて「緩い繋がり」が売りだったんだし。
 譲れない気持ちがあるのは尊重しますが、そこに変な反発で反応すると、騒ぎが大きくなる印象。
 特に見知った人ならともかく、何処の誰かすら分からない、余程の事がなければ一生会う機会のないような人の反発とか、気にしなくてもよくね?
 と、思うのでした。
 息苦しい日常生活過ごしてんだから、ネットぐらい伸び伸び気楽に関わりたいものですなあ。


本日のオチ
 それが出来れば九郎はない、ってことなんだよね、結局は……

mixi

 ソーシャルとしてはかなり早い段階から始められたサービスです。
 自分もやってます。
 ……………ほんとだよ?
 確かに、以前に比べるとかなりお粗末な更新ではあります。
 当時は毎日日記書いてたし。
 鬱時期には、書き込みようスペースを確保、なんてこともしてたぐらいに。
 今では平日に軽く書く程度。
 実際、PCでは殆ど見なくなりました。
 出先にスマホで軽く覗き、その時についでに書き込むようなスタンスです。
 これも全部ツイが悪い(ぇー

 手軽すぎるのよねー。
 しかも、mixiしかやっていない人も大分減りましたし。
 自分はそこそこ思い入れもあるので、未だに覗いてますし書き込んでもいますが。
 完全にツイに回っちゃった人も少なくないですし。
 ツイとmixiって、呟きを連動出来るのですが、連動はさせてもチェックはしていない人とかもいますし。
 これ厄介です。
 というのも、自分がチェックしたものを紹介しないで呟くので、何について触れているのかさっぱり分からない。
 ツイですらそうなのに、外サービスであるmixiでやられてもさっぱりです。
 もうちょっと配慮というかなんというか……
 それだけもうその人はmixiから遠のいてるんだろうなあ、ってことよね。寂しいやね。


本日のオチ
 しかし、どうして未だにプレミアム会員なのかは我ながら謎(ぇー

電子書籍

 今ひとつ踏み込めません。
 時代ってことを思えば、踏み込むべきなんでしょうけども。
 どうしても、抵抗が。 
 いやまあ、嫌だとは思いません。
 確かに紙媒体の方が好きです。
 好きですが、この流れに抗う意味で抵抗があるわけではないです。
 ただ、まだ抵抗があります。
 理由がある。
 企画。
 なんというか、規格が乱立しすぎ。

 しかも、出版社が取りやめちゃうと、もうどうしようもない。
 買ったものなのに、取り戻すことも出来ない。
 どこか電子書籍を一括管理する組織みたいなものがあり。
 出版社が取り扱いを止めても、手元に置いて読めるような企画がないと、泣き寝入りじゃないすか。
 ああ、この場合の企画って、ビューアーのことね。
 ビューアーが統一されれば、何処のビューアーでも読める。
 でも、独自の企画にしかない書籍は、そこが出すのを止めたらもう読めない。
 そんな不安定な状態じゃあなあ……
 kidleならそこでまとまってくれれば、ねえ。
 今はどうだか分かりませんが、なんかまだまとまってる気がしないので、当面は本格的に導入出来ないかなあという感じ。


本日のオチ
 流れはどう考えたって電子なんだから、慌てることはないとは思いますけども。

MAD

 最近すっかりご無沙汰。
 昔…というほど昔でもありませんが……
 前は結構喜んで見てたんですけどね。
 なんかすっかり遠のいた。
 理由ははっきりしています。
 著作園問題。
 まぁ、当然のことではあるのですが。
 特にDVDからデジタルものは劣化しないということがあり。
 加えてBDが登場してより一層強まって。
 そして野良のプロがたくさんいるネット世界。

 劣化しない高品質なMADが投稿系動画サイトにたくさん上がってくれば、権利持っている人たちは当然穏やかじゃないでしょう。
 それは理解出来ます。
 なので、権利を主張すべく動くのも理解は出来る。
 でもさー……
 良い動画は残して欲しいじゃない。
 それこそ、権利持ってる人が許可するぐらいでさあ。
 作った人との間にはそれなりの約束事みたいなものを取り決めてさあ。
 なんとか、残して欲しいものがたくさんあったんですよ。
 軒並み消えたんだけどね……
 今後もその流れは変わらないと思うと、もういっそ見なくても良いかな、ってなるのは必然ではなかろうか?


本日のオチ
 それでも時々見たくはあるのよね。
プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!