リリカルなのはVivid

 来月掲載分で最終回だそうです。
 作者の藤真先生からの情報なので、間違いありません。
 まー頑張ったと思います。
 コミックスの完結感としては20ジャストだそうな。
 長かったねえ。
 間にアニメ化もされました。
 そして、この物語のアフター的物語「Vivid Strike!」のアニメも作られました。
 先日、敗北していた相手ミウラに勝ち、その後のエキシビジョンでなのはにも勝ちました。
 終わらせるタイミングとしては、ここしかない、と以前日記でも触れましたが、そういうつもりだったんだろうね。
 まー言ってはあれですが、ヴィヴィオの船長物語としてはやり遂げた感あるので、これ以上話を引っ張っても蛇足にしかならんと思っていたりしたもので。

 無論、自分の勝手な認識です。
 ここから湿布怒濤波瀾万丈な展開だって作ろうと思えば作れると思います。
 でもね……
 自分見て、感じちゃってるのです。
 StrikerSのようにとっちらかって終わるのを。
 Vividと同時期に始まったのに、とっちらかる以前の段階で連載休止させたForceを。
 Vividにはああなって欲しくないのよ……
 しかも、Reflectionの封切りがありましたし(藤真先生のVividの次の作品は、これの話らしい)。
 また、物語をなのはの方にシフトさせているような気がするのよね。
 なので、なのはさんが成長した話はもう切って、あの頃のなのはさんの続きを描きたいのかなあと思うのでした。


本日のオチ
 どちらにしても、楽しみなので応援していきたいと思います。これからも。

プリヤ

 プリズマイリヤのことですな。
 Fateのスピンオフ。
 定番の「ちっこい女の子が魔法使いになっちゃう」というある意味テンプレとなった、スピンオフです。
 最初にこれ始めたのってなんだろう。
 自分の記憶だと「プリティサミー」辺りではないかと。
 そこからなのはだったりとか、その他諸々出てきたような。
 小麦ちゃんもある意味…さておき。
 コンプエースの原作コミックは、ミユとの出会いを描いた無印、クロの登場による二期、そして現在異世界での戦いへ入った三期に続いております。
 アニメの方も現在その三期までは放送済み。
 そして来月、劇場版が登場します。

 が
 良いのかこれ(笑
 この話をやるのは良いし、個人的には嬉しいです。
 あのエピソードを劇場の大画面で見られるのは純粋に楽しみです。
 が
 ぶっちゃけあの話は士郎の話です。
 しかも、イリヤの兄である士郎じゃありません。
 ミユの兄である士郎の、キリツグの息子である士郎の話です。
 ぶっちゃけFateみたいなもんです。
 本当に、いいのか?(笑


本日のオチ
 まぁ言うても楽しみです。純粋に。

ロボ

 「黒子のバスケ」の藤巻氏の新作。
 題材はゴルフ。
 大丈夫か斗心配な題材ではあります。
 松山選手が大活躍しておりますが、逆に言うと彼ぐらいな印象ありますし。
 自分はそれほど詳しくありません。
 なので、物差しとしては適してんのかなと思いますが。
 掴みはそのスポーツやっている人の共感得られれば良いかとは思います。
 が、連載を長期にするためには、やはり全体的に興味を向けさせないといけないんじゃないかなと。
 まぁ、自分一応そこそこルールは知ってます。
 昔「ホールインワン」とか読んでたし。

 サンデーの「蒼空しょって」とかも好きだったし。
 一応石川選手とか池田選手ももう少し頑張って欲しいなと言うスタンスで見てますし。
 とはいえ、女子の方はさっぱりですし。
 やっぱり、スタンス的には良いんじゃないかなと。
 楽しんで読んでます。
 ただ、人気的にはどうなんだろうなあとは思う。
 バスケと違って、大変だと思うのよ。
 しかも、あまり見せ場になるシーンがね…
 だからその分余計に応援したくはあるのです。
 キャラも大分増えてきたし、今後も頑張っていただきたいもの。


本日のオチ
 でも、段々掲載が後ろの方に……頑張れ頑張れ。

仮面ライダーW

 ちょっと前に、恐らく児童向け月刊誌でチラと予告されていたと思います。
 ネットに流れてきた伽婦画像なので、ソースは確認しておりません。
 でも、それを踏まえての登場のようです。
 「仮面ライダーW」の続編。
 それも、正当な続編。
 これはかなり新しい。
 というか、今までもなかったんじゃないでしょうか。
 昭和も含め、「続編」と銘打って作られた「その後」のエピソードってのは、始めてかも。
 まぁMOVIE大戦が分割形式だった頃は、その後の話が含まれてましたが、それは別と考えて。
 これまでも「今も戦い続けている」的な形で登場したりはしていました。

 でも、ガッツリとその作品そのものの続編ってのは、戦隊ですらないと思います。
 「仮面ライダーSpirits」がそれっぽくはありますが、あれは東映公式じゃないからねえ。
 しかも色々なライダーのその後を語ってはいますが、厳密に言うとZXの物語なわけで。
 あともう一つ、「クウガ」ってのがありますが……あれはパラレルなんだよね?
 そんなわけで、色々な意味で斬新ではあります「W」の続編。
 連載がスピリッツで行われるのは「特撮ガガが」の実績からでしょうかしら。
 どんな話になるのか、Wが出るかどうかも含めて楽しみです。
 何しろタイトルは「風都探偵」ですからね。仮面ライダーWじゃないわけで。
 色々と妄想が膨らみます。
 実写化もしてもらいたいもんですわ。


本日のオチ
 まぁ本音言うと、実写でやらないのでほんのりガッカリしてはいる。

ヤマノススメ

 アーススターの看板コミック。
 てーきゅうの方が有名かもしれませんが。
 ………………そうかぁ?
 アニメがやたらとシリーズ重ねているハイスピードハイテンションギャグアニメですが、自分はもうついていけん……
 気付けば八期とかになっているような……確か八期だよね?
 五分アニメでアリ超低予算アニメであると聞きました。
 声優さんは大物いたりしますが、大御所というわけでもないので、予算はそれほど要らんのかもしれない(憶測だスマン
 そんなてーきゅうとは大局的に、結構力入れて作られている感のあるアニメです。
 一期は五分アニメでしたが、質が良い丁寧な仕上がりでした。
 原作が今住んでいるところが舞台ってことで、注目はしてたのです。

 とはいえ、あの作品は登山ありき。
 なので、常に舞台が飯能というわけでもありません。
 でも主人公たちの活動拠点(つまり日常生活を送っているところ)がそうなので、聖地扱いはされているようです。
 実際、地元の一部ではポップ作られたりグッズ作られたりという、熱狂k的な推しをしているお店もあります。
 一部ごく一部ごくごく一部ではありますが、そこだけまるで大洗のようです(点在してるけどな
 二期は十五分。ここでファン増やしたように思えます。
 そのままアニメは終了しましたが、三期を望む声は小さくなかったような。
 実際、原作の方はキャラが増えしかもその中にはアニメ映え間違いなしのやかまし系ちっこい部長が。
 自分も部長がアニメに間に合わないのが残念だったなと記憶しております。
 実は明日、その聖地飯能でファンミーティングが開催されます。主要声優三人(ここなさん以外)も登場するというこのイベント。「もしや」の声高まりまくり。


本日のオチ
 しかもファンミ用の反則ペナントまで作られている本気っ振り。これはあるかもわからんで? 
プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!