逮捕だルパーン!

 というわけで、先週終了したキュウレンジャー。
 その後を引き継いで、新しい戦隊シリーズが始まりました。
 一話を見た感じだと、思ったよりも地味というか。
 仮面ライダーのシリーズが毎回一話でかなり派手な絵を見せるためか、逆におとなしめな印象です。
 敢えて押さえているのかもしれません。
 だって、戦隊割ってるんだもん。
 二つの戦隊を併用するって、割とデメリット多いような気がします。
 最終的に共通の敵にぶつかる形になる可能性はあると思いますが。
 でも、ルパンと警察、という絵面考えるとどう考えてもルパン三世みたいになるとしか思えん(笑
 戦隊Vシネなんてどうするのさ…

 ああ、でも最近はVS形式じゃなくなってるんだっけ?
 今のところ一話なのでなんとも言えません。
 主題歌が久し振りにとんがり目だなという感じ。
 あとは、ルパン側にいる温水氏が超胡散臭い(笑
 それと、変身グッズが共通なのがこれまた超胡散臭い(笑
 この辺りで、何か仕込んであるのかどうなのか。
 ま、ともかく今は棒気味な主人公たちのお芝居も含め、楽しみたいと思います。
 当然追加戦士もいるだろうし、どうするのやら。
 ニチアサのトリとして、頑張っていただきましょう。


本日のオチ
 「今度こそ逮捕だルパーン!」とか決まり文句になるパターンすかね(怒られるわ

キュウレンジャー

 よくよく考えると、ラッキーで全部なんとかなった作品という印象が(笑
 でも強かったよねラッキー力。
 あいついればなんとかなる、という絶対的な安心感があった。
 レッドを任される人の宿命みたいなものを、見事に一年背負いきった。
 しかも、今回はメンバーが多い。
 ご苦労様でした。
 そして、来週からはまた新しい試みが。
 とはいえ、戦隊が分断というか、一つ以上あるのは過去二も二つほどありました。
 一つはハリケンジャー。
 あれは別流派のゴウライジャーがありました。

 あとシュリケンジャーがいたけど、あれはまあ別枠で。
 こちらは当初敵対というか、正義同士でも反目し合う感じの立ち位置でしたっけ。
 そういう意味では、もう一つのゲキレンジャーの方が近い。
 あれはビーストアーツとアクガタという二つの流派にこれまた別れていましたが、こちらは紛れもなく敵対していたので。
 とはいえ、どちらも結果的には合流して一つのグループになってましたが。
 今回は戦隊名からして完全に別。
 どうなることやら。
 それでも最終的には共通の敵の元、合流しそうな気もします。
 来週からは、こちらにバトンが


本日のオチ
 引き継がれ……あれ?

ラブ&ピース

 仮面ライダービルドが面白くてですね。
 エグゼイドも尻上がりに面白くなっていきましたけど、最初からクライマックスという意味では久し振りでは。
 最初からテンション高く話にのめり込んでいるのは、W以来です自分。
 その前だと電王になります。
 正直最初から最後まで今ひとつ燃え切らずに終わった作品は、最近では一本しかないですが…
 今ひとつ煮え切らないまま終わった作品は何本かあるのです。
 敢えて言いませんが。
 言いませんが、想像している通りだと思うよ?
 因みに。
 オーズは今回のMOVIE大戦で思わず泣けるほどには思い入れがあります。

 フォーゼはライダー部大好きです。
 鎧武は、尻上がりで気に入っていました。
 それ以上は言わんとく(ぇー
 あとは想像すると良いと思うよ。
 ビルドはデザインも飛び抜けて気に入っておりまして。
 エグゼイドは確かに最終的にお気に入りではあるのですが、やはりデザインは自分的にはちょっと、ってのがあってね。
 演者さんとかは好きだけど、どうしても、ってのはあると思うのです。
 ビルドの演者さんも全員お気に入りではありますが。
 いよいよ物語に北都が加わっていきます。
 三人目のライダーも登場。楽しみはまだ止まらない。


本日のオチ
 オトヤン変わらんなあ……若い。 

ビルド

 いやー本当小気味良いというか。
 毎週楽しく見させていただいています。
 戦闘シーンが時折ワンパターンというか手癖な気はしますが。
 エグゼイド辺りから一応見せ方も多少考えているんだなーと思うこともありますし。
 まあそれでもやっぱりワンパターン感否めないんですが。
 それでも、話が面白いので楽しんでおります。
 毎回毎回、色々仕込んで来て楽しいことったら。
 そして今回は、謎多き存在であるブラッドスタークの正体についてのお話。
 まー正直なところ、それほど意外でもないかなという感じではありますが。
 それでも、それなりに引いて終わったので、来週は盛り上がるかなと。

 今現在は東都の話で、ここからは別の場所が舞台になるという話も聞きましたが、そこは未確認。
 でもそれはそれで、楽しめそうではあります。
 何しろ、スタークの正体が明かされたところで、まだ謎はてんこ盛り。
 葛城のこともそうですし。
 戦兎が本当に佐藤太郎なのかも分からない。
 まだまだあれこれありそうです。
 先輩的に言えば「お楽しみはこれからだ」というところでしょうか。
 ……そんなこと言ってる先輩いたかな(ぇー
 そして、週末はいよいよ映画も封切られます。
 今週からは映画宣伝用OP映像に、こちらもどうなっていくのやら。


本日のオチ
 次回は封切られた直後の日なので、容赦ないネタバレ映像が視聴者を襲うと思われます。身に行く予定の人はお早めに。

草加イズム

 平成ライダーのシリーズに、仮面ライダーファイズという作品がありました。
 仮面ライダー555と書いてファイズ。
 平成ライダーは十年で一区切りされ、現在二期がラスト直前の状態。
 一期がクウガ、アギト、龍騎、555、剣、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド。
 二期はW、OOO(オーズ)、フォーゼ、ウイザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド。
 二期と一期では色々と違いがありまして。
 二期はシリーズ構成がほぼ単独、唯一三条さんがWとドライブを担当していますが、他は全て違う人。
 それに対し、一期は一人の脚本家さんが三本ほぼ全話シナリオを書くという、ものすごい人がいました。
 ただ、クセが異様に強いというか、強すぎる人で、賛否真っ二つ。
 構成を担当していない作品もほぼ全ての作品で脚本を担当している人。

 井上敏樹氏。
 氏は、自分が気に入った役者さんは、肝いりとも言えるような勢いで推すことがあるイメージがあります(私個人の印象ですが)
 話を555に戻しますが、555も井上氏が全て脚本を担当した作品です。
 ある意味氏の決定版というか、氏らしさが凝縮されたような作品という印象があります。
 その決定版中の決定版なキャラクターが、村上幸平氏演じる草加雅人とい人物。
 普段は割と人当たりの良い好青年です。
 が、一度自分を否定されると態度激変。
 「俺を好きにならない奴は邪魔なんだよ」という言葉を発した主です。
 今、割とネットで問題視されている人がそんな感じに思います。
 自分が気に入らない作品は排除されるべき、という噛み付き方をする人が増えたなあ…嫌だなあ……


本日のオチ
 そういう意見を今まで気にしなかっただけなのかもしれませんが、気にしちゃうと駄目だねえ……
プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!