選挙報道

 選挙でした。
 自分は期日前に行きました。
 出かける予定があったのですが、台風直撃により、それは叶わず。
 結果的には期日前行っておいて良かったわけですが。
 これ書いている時はもう結果出ています。
 なんというか、まあ妥当という感じ?
 民意が反映されたってことなんでしょうなあ。
 マスコミの煽動も限界が来ているんじゃないかなって気がします。
 今回に関しては、野党もマスコミに足を引っ張られたんじゃないかなって。
 モリカケ問題。
 あればかりの追求にうんざりしていたのは解散前のことでした。
 獣医学部を待ち望んでいた人たちの文字通り心からの叫びも結局今の今までちゃんと報道されていません。
 そしてもう一方は大元が逮捕されたにもかかわらず、某政党の某議員の方は完全スルー。
 そんな中での解散。
 責任逃れだなんだかんだと、そればかりを取り上げていたのはマスコミでした。
 実際、野党はそれだけを取り上げていたわけではなく、立憲の代表さんはちゃんと政策を訴えていました。
 でも、テレビに出ればまたモリカケ問題に引き戻されたりしたような。
 いい加減うんざりしている中で、またそれ続けんの、という気になればそりゃあ応援する気もなくなります。
 自民公明が政権を奪回する前のあの暗黒期間をようやく持ち直しプラスに変え、やっと少しずつではあるけど景気の回復が下の方に広がりつつある中で、政策も訴えずモリカケモリカケと言っている人たちに何が出来んの、ってことですよ(自分個人では、ですが)
 ネットが普及し、マスコミが都合の悪いことをどれだけ削って報道しているのかが誰にでも分かるような状況になっている中、いつものように応援演説を編集して現政権の足を引っ張ろうとしていたようですが、それを把握済みの人たちがブロックに回っていたようで、その様子もネットではよく見られました。
 これからもこの流れは続くでしょう。
 それに最近では、局に不満を訴えても意味がないからと、スポンサーの方に苦情を出す人も増えてきた様子。
 高須氏のように、常時ネットを意識しているスポンサーもいるわけで。
 今までみたいにメディアの頂点気取っていると、どんどん顧客が離れていくんじゃないかなって思うのですが、さて、どうすんのかねこれ。このまま続けんのかね。


本日のオチ
 自分も決して手放しで今の政権が良いとは思っていません。が、それを脅威に感じる対案出す側があんなのじゃあどうしようもないっすわ……

草加イズム

 平成ライダーのシリーズに、仮面ライダーファイズという作品がありました。
 仮面ライダー555と書いてファイズ。
 平成ライダーは十年で一区切りされ、現在二期がラスト直前の状態。
 一期がクウガ、アギト、龍騎、555、剣、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド。
 二期はW、OOO(オーズ)、フォーゼ、ウイザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド。
 二期と一期では色々と違いがありまして。
 二期はシリーズ構成がほぼ単独、唯一三条さんがWとドライブを担当していますが、他は全て違う人。
 それに対し、一期は一人の脚本家さんが三本ほぼ全話シナリオを書くという、ものすごい人がいました。
 ただ、クセが異様に強いというか、強すぎる人で、賛否真っ二つ。
 構成を担当していない作品もほぼ全ての作品で脚本を担当している人。

 井上敏樹氏。
 氏は、自分が気に入った役者さんは、肝いりとも言えるような勢いで推すことがあるイメージがあります(私個人の印象ですが)
 話を555に戻しますが、555も井上氏が全て脚本を担当した作品です。
 ある意味氏の決定版というか、氏らしさが凝縮されたような作品という印象があります。
 その決定版中の決定版なキャラクターが、村上幸平氏演じる草加雅人とい人物。
 普段は割と人当たりの良い好青年です。
 が、一度自分を否定されると態度激変。
 「俺を好きにならない奴は邪魔なんだよ」という言葉を発した主です。
 今、割とネットで問題視されている人がそんな感じに思います。
 自分が気に入らない作品は排除されるべき、という噛み付き方をする人が増えたなあ…嫌だなあ……


本日のオチ
 そういう意見を今まで気にしなかっただけなのかもしれませんが、気にしちゃうと駄目だねえ……

期日前投票

 今回の選挙、どうやら台風直撃コースらしく。
 まだ先が分からない状態とはいえ、雨なのは間違いない様子。
 雨量の問題ってのもあります。
 風も強いかも。
 当日に台風が関東まで影響出るかはまだ未知数。
 なので、期日前投票に行く人が増えている模様。
 当日の投票率が若干不安ではありますが、それだけ今回は選挙への意識が強いのかなという感じ。
 それと、この間の都知事選よりも、なんとなくですが、若年層が興味を持っているように思えます。
 そして、今回から18歳から投票可能になるので、これで世の中どう変わるのか、というのが気になるところ。
 若い子がどんどん投票行ってくれれば、政治屋さんたちも若い子を無視出来なくなってきます。

 今お年寄り重視な世の中になっちゃってるのは、紛れもなく投票の影響なんですもの。
 投票してくれない人よりも一票入れてくれる年代層を意識するのは当たり前の話。
 なので、とにかく若い子には選挙行ってもらいたいです。
 でないと、何年か前みたいにまーたデフレスパイラルに落とされるかもしれません。
 何しろ、国を良くしようと思うよりも、足を引っ張ることしかしない人たちです。
 この何ヶ月、色々な諸問題があるにも関わらず、某学園関連の責任問題以外何もしてこなかった(ようにしかマスコミが報道してくれない)人たちです。
 まともな政策持ってるとはとてもじゃないけど思えません。
 今も、自分たちの政策を訴えているのはごく僅か。
 相変わらずの追求ばかり。
 これじゃあ任せる木にはならんなあ…
 ま、取りあえず自分は自分の権利を行使してきますわ。


本日のオチ
 地元、臨時投票所とか用意してくんねえかなあ…投票所と期日前投票の場所同じなんだよね…距離あんだよね……

亜種特異点

 昨日の続き。
 今年に入ってからのFGOは、来年から始まる第二部へのプロローグというか、断片的な幕間の物語的ニュアンスで展開。
 という話だったような気がします。
 それが四つ。
 新宿。
 アガルタ。
 剣豪。
 セイレム。
 現在三つ目の剣豪まで来ています。
 年内に四つ目行けるかは若干疑問に感じますが、予定では年内に四つ。
 そのPV。
 
 そして、新宿が最初の幕を開けました。正直ラスボスって新宿関係あんのかとは思いますが(プレイしていませんが、FGOに触れてれば本編忠に誰なのか分かってしまうのです。だって夏イベ出てたし。

 ぐだ子がCM出たのこれが初めてなのでは。とにかくこれで二人のオルタが同人的にも大注目され、特にジャンヌオルタさんのポンコツツンデレっ振りは各方面から大絶賛となりました。本編未プレイですので、当然知識はそっちから。
 今自分、全てを放り投げて剣豪の方を先に進めているのですが、難易度的には新宿からやるべき、という声を受けてそうしようかなーと思い始めています。
 続いて、アガルタ。

 今アポクリファで大人気のアストルフォも登場するイベント。というかCMは彼が全部持ってった感がある。
 こちらでガチャ引いたら割と引きが良く、アサシンさんとキャスターさんが来てくれましたが、今まだ育成枠に入ってないのです。キャスターは手駒イマイチなので、少しずつ鍛えてますが、なんとなく彼女鍛えるの精神的に申し訳ない(笑
 んで、今剣豪のCMが流れておりますが、何故か本家の動画が消されているという衝撃的展開(笑
 他にも上がってはいるんですが、先日ニコ生でやったやつの物故抜きばかりなのはどういうことだYouTube。
 当然セイレムはまだCMが出ていないので、以上、と。
 他にもこれまで空の境界やプリズマイリヤ等、コラボなCMも作られておりますが、今回は割愛で。
 今はとにかく鍛えているのです。もう少しガチャが緩ければ課金もしますが、五万出して星4なら上等、とか言われているとね……


本日のオチ
 手に入る石とかじゃ滅多に出ないし、特に弓出ないし(もうあっちこっちで延々とそればっかり言ってる

FGO

 ちょっとCMで振り返ってみたいなと思います。

 全体PV。この段階で既に第一部の特異点は既に出てたのね。当時自分それほど熱心じゃなかったので、スルーでした。
 んで。昨日も触れた通り、物語はカルデアから始まり、最初の場所冬木、続いてフランス、イタリアと続き、その次が大航海時代。

 大海賊フランシス・ドレイクと共にこの時代を周布。段々面白く感じるようになりました。

 第四弾は倫敦。ライアーソフトでスチームパンクシリーズのシナリオを担当していた桜井さんのシナリオ。アポクリファのキャラが何人か参戦しています。

 ケルトVSアメリカという壮大なストーリー。愉しかったです。ここまでは。ここまでは!


 この作品が絶大な支持を得るようになったのは、恐らくこのシナリオから。難易度がアホみたいに跳ね上がりますが、その分シナリオが読ませる読ませる。誰が見てもきのこ謹製だとすぐ分かる感。何しろ「あの」円卓」です。「あの」セイバーだった人が神格まで高めちゃったif物語。敵対勢力として存在するファラオな人たちも実に良い味を出しておりました。このシナリオを終えた時、恐らく脳裏にFateのセイバールートのラストシーンを思い浮かべる人も多いのでは。


 Fateでは好き勝手暴れ回った慢心王ことギルガメッシュ。彼が少し精神的に成長し、賢王として人類を守るために戦う地バビロニア。彼に対する目が180度変わること必至。跳ね上がった難易度は若干下がったけどやっぱりしんどい。でも面白い。人によっては7章が一番好きと挙げたりも。自分も甲乙付けがたく、ウルクに住みたい。世の中のボスという存在が全て賢王ぐらい正当に評価をしてくれたら、もっと住みやすい世の中になっているのでは。

 これらを経て、第一部が完結。そして現在第二部への繋ぎと言われたエピックオブレムナント四本のうち、三本までが公開中。
その第一弾の新宿編だけ貼っとく。


 この後、アガルタの女、剣豪七番勝負と続いており、先日その剣豪が公開されました。残り一遍は今年中に間に合うのかしら。


本日のオチ
 剣豪をいきなり始めたもりたさん、一人倒したところで既に青息吐息っすわ!(ぇー
プロフィール

もりたとおる

Author:もりたとおる
流浪のSS書きの日記ページです。

なお、表サイトはChromeだと文字化けするようです。
文字化けしてしまう人はChromeのオプションから「フォントや言語を変更」→「エンコード」→「日本語(shift_JIS)」を「日本語(EUC-JP)」に変更してください

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! 【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中! ASa Project 『プラマイウォーズ』 応援中! 紅い瞳に映るセカイ 応援中!!